IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: hiruma@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【2月22日開催】IBM Notes/Domino Day 2019 Spring

日時: 2019/2/22 午後 01:30 - 2019/2/22 午後 06:00

場所: ヒューリックホール東京

詳細: 2018年10月10日 IBM Notes/Domino は5年ぶりのメジャー・バージョンとなる V10 をリリースしました。Notes/Domino V10 は、近年のクラウド・サービスで実現してきた機能に加え、現在のアプリケーション開発に求められる新機能やモバイル対応を実現します。これはNotes/Dominoの開発において、2017年に発表したHCLテクノロジー社とのパートナーシップの成果です。そして誕生30周年となる今年、Notes/Domino は HCLテクノロジー社の製品として次のステージに進みます。皆様のご参加をお待ちしております。

共有

今すぐ登録する

WebSeminar:Notes/Domino に関するHCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後について

日時: 2019/1/28 午後 04:30 - 2019/1/28 午後 05:00

場所: Webにて

詳細: HCL 社による買収を発表いたしました Notes/Domino に関しまして、最新バージョン V10 を実現したこれまでの HCL社とのパートナシップと、今後の予定などをご紹介させていただきます。

共有

今すぐ登録する

Notes/Domino に関するHCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内について

Notes/Domino に関するHCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内について

2019/1/17

HCL社によるNotes/Dominoの買収にあたり、これまでのIBMとHCLのパートナーシップについて詳細をご案内する資料です。

共有

詳細はこちら

Domino V11 JAMが開催されました

Domino V11 JAMが開催されました

2019/1/18

2019年1月10日に日本IBM本社にて、講師に、Andrew Manby氏、Barry Rosen氏、Mat Newman氏の3氏を迎えてDomino V11 Jamが開催されました。

共有

詳細はこちら

「脱Notes」を決断する前に検討すべき「3つの課題」

「脱Notes」を決断する前に検討すべき「3つの課題」

2019/1/18

「働き方改革」が注目され、従業員の生産性向上は企業の経営課題になっている。加えて、グローバルな競争力向上を目的にコミュニケーション基盤、コラボレーション基盤の見直しや機能の追加に取り組む企業は多い。その中で、長らく企業の情報基盤を支えてきたNotesの刷新を考える企業は少なくないが、いざ移行しようとすると「大きな落とし穴」にはまる企業が後を絶たない。いろいろのノウハウをご紹介します。

共有

詳細はこちら

隠れ資産「Notes 業務アプリ」のフル活用でデジタル変革を実現する方法

隠れ資産「Notes 業務アプリ」のフル活用でデジタル変革を実現する方法

2019/1/18

「デジタル変革」へ取り組みは企業の喫緊の課題だ。そのため、基幹システムやトランザクションデータから、ビッグデータ、AIを使って新たなビジネスのチャンスを掴む、といったことに注目が集まる。しかし、日本企業が数十年蓄積してきたノウハウやナレッジが、日々の業務フローと非定型情報の中に凝縮されていることを忘れている人は多い。

共有

詳細はこちら

米IBMのCEOが語る「企業革新の3大条件」

2018/12/27

本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。今回は、米IBMのGinni Rometty 会長・社長兼CEOと、NECの上坂利文サービスプラットフォーム事業部長の発言を紹介する

共有

詳細はこちら

量子コンピューター時代にどう備えるべきか

2018/12/27

スーパーコンピューター(以下、スパコン)でも答えが出せない問題を瞬時に解いてしまう量子コンピューター。すでに“最新のスパコンを凌ぐ”量子コンピューターは実用化の計画段階に入ったといわれる。では、それにより何が可能になり、ビジネスはどう変わるのか。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexaの人事管理ソリューション

2018/12/27

IBM Kenexa (ケネクサ) は、産業組織心理学とグローバルに蓄積された膨大なデータをもとに、人材の資質や能力を客観的に評価するアセスメントやコンピテンシー定義および評価手法を提供し、人事業務における意思決定を科学的アプローチで支援します。

共有

詳細はこちら

株式会社イノス様におけるNotes/DominoとAIの連携事例

2018/12/27

株式会社イノス様におけるNotes/DominoとAIの連携事例に関して、ビデオにて事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

IBM Verse

2018/12/27

IBM Verse は、業務効率の改善とワークスタイルの変革を支援するクラウド・メールです。人と人との関係性を分析する最新のアナリティクス技術により、業務の優先順位付けを行い、価値の高い業務により多くの時間を使えるようにします。PCだけでなくモバイル端末で利用でき、いつでもどこからでもチーム・メンバーとリアルタイムに連携できます。

共有

詳細はこちら

IBM ECM と Boxの連携 新しい Box Zones

IBM ECM と Boxの連携 新しい Box Zones

2018/12/27

IBM と Box は、最近、企業が Box を採用し、IBM クラウドのヨーロッパおよびアジアの一部のリージョンにそのデータを保管することを選択できるようにする Box Zones を発表しました。セキュリティー、パフォーマンス、コントロール、およびローカル・データセンターのインフラストラクチャーを維持しつつ、IBM クラウドの利点を活用しましょう。

共有

詳細はこちら

Notes/DominoとIBM Verseのハイブリッド事例

2018/12/27

株式会社イグアス様、業務アプリケーション基盤とメール/カレンダーをIBM Notes/DominoとIBM Verseのハイブリッド構成で実現。業務効率が向上し、運用・管理負荷も削減。

共有

詳細はこちら

『テクてく Lotus』コミュニティー

2018/12/27

Lotus アプリケーションの開発に携わる方、Lotus ソフトウェアの運用管理を担当されている方を対象としています。毎月開催している『テクてくLotus 技術者夜会』がリアルなフェース・ツー・フェースで集うオフラインの場とした場合、こちらはオンラインで好きな時に集える場になります。

共有

詳細はこちら

アジャイルなデジタル・ビジネス向けに設計された新しいIBM Dominoで、次世代のアプリケーション開発を

2018/12/27

このたびIBMは、今日のデジタル・ビジネス向けに迅速なアプリケーション開発を実現する、次世代のDominoプラットフォーム(US)(「Domino V10」)の提供開始を発表しました。Dominoのプラットフォーム、データベース、およびアプリ開発ツールは高速で、企業の重要なプロセスを自動化するために利用されています。

共有

詳細はこちら

「パーソナリティ調査」ワークショプ – 自己認知と他者認知

2018/12/27

あなたは、あなた自身のことをどれくらい理解していますか?あなたは、理解している(あるいはしていない)あなた自身を、職場でどれくらい開示していますか?しあわせをより強く感じながら仕事を続けていくには、より深く自分の特性を理解している必要があり、そしてしあわせをより多く感じながら仕事を続けていくには、より広く自分を開示していく必要がある。

共有

詳細はこちら

IBM Notes/Domino V10 概要

2018/12/27

IBM Notes/Domino V10の新機能をまとめた資料です。2018年10月開催の「IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn 東京・大阪・名古屋」の講演資料をもとに作成しています。

共有

詳細はこちら

Notes/Domino V10

2018/12/13

Notes/Domino V10が発売となります。最新情報はこちらのページでご案内します。

共有

詳細はこちら

ProVISION[No. 94] ビジネスのためのクラウド

2018/12/27

かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、おそらく考えていなかったでしょう。現在、クラウド・サービスはさまざまな企業で利用されていますが、IBMでは、クラウドを企業で利用する上で必要な要件を満たした「ビジネスのためのクラウド」の特徴を、「あらゆる企業アプリに対応」「すぐにAIが使える」「徹底したセキュリティー」の3つと考え、企業でのクラウド活用を強力に推進しています。

共有

詳細はこちら

IBM Notes/Domino ライセンス・ガイド

IBM Notes/Domino ライセンス・ガイド

2018/12/27

お客様の展開シナリオや、ご利用形態の変更、今後の計画に応じたライセンスなどを確認いただくためのライセンス・ガイドです。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexa Employee Assessments

2018/12/27

個人、管理者、リーダーの特性、スキル、適性を評価し、適材適所の人材配置を行うこと、成功を収める上で極めて重要です。行動科学に基づくIBMのアセスメントは、個人の能力、素質、企業文化への適性を測定します。IBMは、採用からオンボーディング(戦力化)、リーダーシップの特定に至るまで、1,000を超えるカスタマイズ可能なアセスメントと1,500を超えるすぐに使用できるアセスメントを提供します。

共有

詳細はこちら

Notes 小ワザ集

Notes 小ワザ集

2018/12/27

覚えておくと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。第192回 受信ボックス上でのメッセージ冒頭部分を表示する。第191回 [最近使用した連絡先] ビューの連絡先の削除。第190回 IBM SmarterCloud for Social Business (旧名称 LotusLive)連携 。など多数紹介しております。

共有

詳細はこちら

なぜ今、IBMの傘下に入るのか――Red HatのCEOが語った買収劇の背景 (1/2)

2018/11/16

「大きな投資」とだけ語ったIBMのロメッティCEO:「組み合わせといい、金額の大きさといい、この買収には驚いた」――。米IBMが10月28日(米国時間)にソフトウェアベンダー大手の米Red Hatを総額340億ドル(約3兆8000億円)で買収すると発表した後、複数の大手ITベンダーの首脳や幹部に感想を聞いてみたところ、異口同音にこんな第一声が返ってきた。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexa事例株式会社ソラスト様

2018/10/01

医療事務、介護サービス、保育サービスを展開する株式会社ソラスト(以下、ソラスト)は、医療事務事業の年間採用者の40%近くが1年以内に離職する状態を改善するため、応募者個人の特性や希望する働き方を把握するオンライン・アセスメント「IBM Kenexa職業的パーソナリティー調査(以下、IBM Kenexa)」とデータ分析ソリューション「Behavior Based Customer Insight(BBCI)」による応募者の適性診断を導入しました。IBM Kenexaのパーソナリティー調査結果を蓄積し、そのデータに基づいて、BBCIで業務と社風に合った人材モデルを構築しました。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。