Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: hiruma@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBMのAI Watsonが車掌な自動運転バス『Olli』がワシントンDCで運行開始。車掌は運転をせず乗客との会話役に

IBMのAI Watsonが車掌な自動運転バス『Olli』がワシントンDCで運行開始。車掌は運転をせず乗客との会話役に

2017/8/03

IBMとアリゾナ州のEVスタートアップLocal Motorsが、IBMの人工知能Watsonを搭載する自動運転バス「Olli」を発表しました。Watsonは乗客に行き先をたずね、3Dプリントされた車体を持つ乗車定員12名の小さなEVバス Olli に、その場所へ行くよう指示します。

共有

詳細はこちら

妻との相性をWatsonで分析してみた

2017/9/18

古今東西、夫とは妻に頭があがらないものなのだろうか。テレビのなかでは勇ましい政治家が、じつは妻の金使いに悩んでいたり、豪胆な武将が恐妻家だったり。そんなエピソードは多くある。古くは、かのソクラテスも妻には弱かったという。

共有

詳細はこちら

【Q&A】こちらAIビギナー、アドバイス求む!

2017/10/20

社員200名程の食品メーカーでマーケティング関連の業務に携わる30代の課長補佐の「API困ったさん」。上司からAI導入に関する提案を促されるも、何をしたら良いかわからない毎日。ある日、Q&Aサイト「THINK 質問スレッド」にアクセスし、AI導入やAPI構築に関する疑問を書き込み始めました。どんな回答が集まったのでしょうか?

共有

詳細はこちら

量子コンピューティングは実際、何に役立つのか

2017/10/20

今回の記事では、普段米ZDNetにビッグデータに関する記事を寄せているGeorge Anadiotis氏に敬意を表して、いつもの路線から離れ、未来の技術について扱ってみたい。量子コンピューティングという言葉に、SFのような印象を持っている読者も多いだろう。

共有

詳細はこちら

人類と人工知能が共存する未来への第一歩--IBMが「AI倫理」を解説

2017/10/20

日本IBMは10月13日、「AI Ethics」(人工知能の倫理)に関する説明会を開催した。IBM ResearchでAI Ethicsののグローバル・リーダーを務めるFrancesca Rossi氏は、昨今の「AIが仕事を奪う」といった論調に明確に反対した。

共有

詳細はこちら

AI Business Forumのご案内

AI Business Forumのご案内

日時: 2017/9/29 - 2017/10/25

場所: OSAKA 10月11日帝国ホテル大阪/TOKYO10月27日ザ・プリンスパークタワー東京にて。

詳細: AI は多くの企業で実装段階に入り、その成果を競う時代に突入しています。IBM Watson と IBM Cloud を活用し、あらゆる産業でイノベーションがはじまっています。日本 IBM とソフトバンクでは、これから AI を活用したいと考えている全ての企業に向けて、最新の導入事例や技術動向を交えながら AI 活用をスタートする最適な方法をご紹介します。

共有

今すぐ登録する

IBMとおむつ最適化支援AI--ワイズマン

IBMとおむつ最適化支援AI--ワイズマン

2017/9/29

ワイズマンは9月26日、排泄介護の必要な利用者向けに最適なおむつプランを提案する新サービス「おむつ最適化支援AI」を11月下旬より販売すると発表した。おむつの使用履歴や利用者情報などの記録を分析し、利用者ごとに最適なおむつの交換プランなどを提案する。

共有

詳細はこちら

自然言語や性格分析も!知っておきたい Watson API まとめ

自然言語や性格分析も!知っておきたい Watson API まとめ

2017/9/29

さまざまな事業領域で活用が進む「IBM Watson」。最近では「カスタマーサポート」や「ビッグデータ活用」などでの事例を目にする機会も増えている。自社でもAI を導入し、効率化を図りたいと考える企業担当者も多いだろう。自社のビジネスにWatsonを活用するための鍵となるのは「API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」と呼ばれるアプリケーションを連携させるための仕組みだ。IBMは、画像認識や音声認識などのWatsonの機能をAPIとして公開しているため、すぐにWatsonを試すことができる

共有

詳細はこちら

AI による企業価値創造の3つのポイント:差別化のため重要性を増す「AI教育」

AI による企業価値創造の3つのポイント:差別化のため重要性を増す「AI教育」

2017/9/29

今、世の中は、モノの製造のあり方を変える3Dプリンティングや、人間のような判断能力を備えたロボティクスをはじめ、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、量子コンピュータ、生命情報学といった、さまざまな先端技術によって大きく変わろうとしている。そうした技術と密接に関わり、新たな価値を創造していくうえで、中核的役割を担うのがAI (人工知能)だ。まずは、経営者が、この新たな事業環境下で自社の戦い方であるグランドストラテジーを示すことが重要になる。

共有

詳細はこちら

IBMが16~17qubitの量子コンピューターを開発、商用で50qubitsのシステムも視野に

2017/9/25

既存のコンピューターを超える性能の、量子ゲート方式の量子コンピューター(Universal Quantum Computing:UQC)が早ければ2~3年後に実用化される見通しになった。10年前は「実現は1億年後」と悲観的な見通しを立てる研究者もいたほどのSF級の技術が、いよいよ手の届くところにきたようだ。

共有

詳細はこちら

RPA (ロボティックプロセスオートメーション)による定型業務からの解放

2017/9/15

Cognitive、AIと並び話題のロボティック・プロセス・オートメーション(以下、RPA)。ビジネス・プロセス・アウトソーシング(以下、BPO)の現場では、すでにボリューム・ゾーンの定型業務にRPAを導入することでオペレーターの工数削減、すなわちコスト削減を実現しています。今やその流れはBPOの現場にとどまらず、多くの日本企業でもさまざまな業務においてRPAの検討、導入が進んでいます。

共有

詳細はこちら

購買部門における「Watson」を活用したコスト削減術

2017/9/15

要求事項の増加と並行してより一層のコスト削減が求められる今、バックオフィス部門である購買部門にも改革の波が押し寄せています。そんな中、購買部門の競争力を大きく向上させるための鍵を握っているのが、人の意思決定をサポートする「IBM Watson(以下、Watson)」の存在です。

共有

詳細はこちら

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

「学習済みWatson」が拓くコグニティブ・ビジネスへの近道

2017/9/15

Watson Summit 2017でも「コグニティブとクラウド」の会社になると宣言した日本IBM。そのビジネスの鍵はIBM Watsonだ。Watsonは、専門的な知識を集めた知識データベースの「知識ベース」、WatsonのAPIで構成される「プラットフォーム」、Watsonを利用する企業やパートナーと作り出す「ソリューション」の三層で成り立っている。この中でも「知識」、つまり膨大なデータを「学習させる」ことはWatsonを活用するための大前提となる。今回は日本IBMがWatson Summitで発表した新しい「学習」の取り組みである「学習済みWatson」を紹介する。

共有

詳細はこちら

「あと5秒で雨が止む」IBMがAIでアプローチする、まったく新しい天気予報の形

「あと5秒で雨が止む」IBMがAIでアプローチする、まったく新しい天気予報の形

2017/9/10

予定も立てやすくなりそうです。事前の予想では猛暑になるといわれていた今年でしたが、蓋を開けてみれば東京では3週間近く雨が続くなど、アウトドア派にはちょっと残念な夏となってしまいました。天気を当てるというのはそのくらい難しいということなのでしょうが、AIの力はそれすらも変えてくれるかもしれませんよ。

共有

詳細はこちら

IBMカンファレンスレポート:人工知能と協働する世界におけるデータとアタマの使い方

IBMカンファレンスレポート:人工知能と協働する世界におけるデータとアタマの使い方

2017/9/10

先日、日本IBM、タレンタ株式会社との共催セミナーで開催されたカンファレンス『⼈⼯知能との協働時代に突⼊〜企業はどう変わっていくのか』に招待いただき、HRテクノロジー領域における本命ソリューションと言われる『IBM Watson Talent / Kenexa』の最新事例について聞いてきました。で、ちょっと改めて「これは使う側の考え方自体を進化させないとだなー」なんて感じましたので、聞きかじりまとめてみます。

共有

詳細はこちら

感情分析で色が変わるドレス —— IBMが示すクリエイティブ分野でのAI活用法

2017/9/11

2017年9月2日に開催される、マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTERでIBMのAI技術を使った「コグニティブ・ドレス」によるウエディングショーが実施される。「来場者参加型」ウエディングショーを鮮やかに彩るコグニティブ・ドレスの仕組みを紹介しよう。

共有

詳細はこちら

ツイートの感情を読み取って色を変える「コグニティブドレス」の可能性

ツイートの感情を読み取って色を変える「コグニティブドレス」の可能性

2017/9/11

若い女性に人気があるファッションショー「東京ガールズコレクション」が開催された。今回は、ツイートの感情を「Watson」で分析して、色が変わる「コグニティブドレス」がランウェイを歩いた。

共有

詳細はこちら

自然文の解析ができるWatsonを活用すれば、ほとんど利用されていなかった大量の成長履歴データを学生のために生かせるのではないかと直感的に感じました

2017/9/05

理工系総合大学として、「自ら考え行動する技術者の育成」を教育目標として掲げる金沢工業大学は、学生が主体的に学び、自ら成長していく自己成長型の教育方針で知られています。約10年前から開始したポートフォリオシステムでは、100万件以上にのぼる学生の成長履歴を自然文で蓄積。これを活用した「自己成長支援システム」により、学生一人ひとりにあったアドバイスを、的確にタイムリーに提供する“コグニティブ・キャンパス”の実現を目指しています。

共有

詳細はこちら

J-WAVE「INNOVATION WORLD」にIBM Watsonを活用したAIアシスタントが登場!

2017/8/25

ついにラジオにAIが登場する日がやってきた。J-WAVE(81.3FM)はIBM Watsonを活用したラジオAIアシスタント「Tommy(トミー)」が毎週金曜22時オンエアの「INNOVATION WORLD」にレギュラー出演すると発表した。番組のナビゲーターはAR三兄弟・長男の川田十夢氏が務める。初登場となる2017年8月25日(金)の放送ではミュージシャンの佐野元春氏をゲストに迎え「Tommy」が佐野氏の代表曲の歌詞を分析し性格診断を行う。

共有

詳細はこちら

パティシエぼう然! ワトソン提案のマヨネーズ入り手作りチョコ

パティシエぼう然! ワトソン提案のマヨネーズ入り手作りチョコ

2017/8/25

2月14日はバレンタインデー。今回は、日々仕事を頑張る日本アイ・ビー・エムの新入社員が、日頃からお世話になっている上司に、初の手作りチョコをプレゼントするまでの奮闘の物語をお届けします。

共有

詳細はこちら

iPadで認知症患者の遠隔診療 将来は診断にAI活用も 順天堂とIBM

iPadで認知症患者の遠隔診療 将来は診断にAI活用も 順天堂とIBM

2017/8/03

順天堂大学医学部附属順天堂医院は7月28日、通院が難しい患者向けにiPadを使った遠隔診療サービスを脳神経内科で開始すると発表した。パーキンソン病や認知症など、神経疾患や慢性疾患の患者の通院にかかる身体的・経済的負担を軽減するのが狙い。

共有

詳細はこちら

1次産業向けにAIを活用した新たなIoTソリューションを提供

2017/8/24

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と、1次産業向けにAIを活用した新たなIoTソリューション(以下、本ソリューション)の開発および営業活動について協業し、本日より開始します。

共有

詳細はこちら

チャットボットでビジネスを変える、生花店の取り組み

チャットボットでビジネスを変える、生花店の取り組み

2017/7/30

誕生日や記念日などの特別な時に、花屋に行き、花束を選び、それを相手に贈る。人に花束を贈るこの光景が、人工知能(AI)の活躍によって変わりつつあることをご存知であろうか? 周知のように、現在、人工知能の活躍が目まぐるしい。科学技術は年々進化の勢いを増し、わたしたちの生活の中にも浸透してきているのだ。

共有

詳細はこちら

IBM、業界初の汎用量子コンピュータのクラウドサービス「IBM Q」を発表

IBM、業界初の汎用量子コンピュータのクラウドサービス「IBM Q」を発表

2017/7/30

IBMは3月6日、業界初の商用利用可能な汎用量子コンピューティングシステム「IBM Q」を発表した。同社のクラウドサービスとして提供されるもので、併せてロードマップやAPIなども公開している。

共有

詳細はこちら

インダストリー4.0で目指す新しい工場システム

インダストリー4.0で目指す新しい工場システム

2017/7/30

ドイツが提唱する「インダストリー4.0」が大きな注目を集めている。製造大国ドイツの生き 残りをかけた国家戦略であると同時に、今後の製造業のあるべき姿を示唆していると受け止められているからだ。インダストリー4.0の背景にあるのは、モノ の成熟によるライフサイクルの短期化である。昔は10年ごとにモデルチェンジしてきたものが、今は1年でモデルチェンジしなければならない。しかも、グ ローバルべレルで多様化する消費者ニーズに対応するマスカスタマイゼーションも求められる。

共有

詳細はこちら

希望の映像がすぐ見付けられる――Watsonが変える映像活用

希望の映像がすぐ見付けられる――Watsonが変える映像活用

2017/7/30

「こんな映像が見たい」「あのシーン、何で見たんだっけ……」そんな映像探しが、“映像ならではの特徴”を学習したWatsonによって大きく変わるかもしれない。IBM InterConnect 2017で話を聞いた。

共有

詳細はこちら

IBM Watson Internet of Things(モノのインターネット)

IBM Watson Internet of Things(モノのインターネット)

2017/7/30

コグニティブのIoT(モノのインターネット)は、現実世界におけるあらゆる人の経験を変革します。

共有

詳細はこちら

Watsonが実現した“今どきの接客”とは? 一堂に会した最新のコグニティブ活用ソリューション・現場レポート

2017/8/03

「コグニティブ・コンピューティング」というワードをご存じだろうか。日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)が「第三世代のコンピュータ」と位置付ける、新しいコンピュータの形だ。第一世代を複雑な演算処理ができる“高機能計算機”とするならば、第二世代は現代の私たちが現在使っているPCやスマートフォンを指す。

共有

詳細はこちら

ソフトバンク、新卒採用に「IBM Watson」活用 エントリーシート確認時間を75%削減

2017/8/03

ソフトバンクが5月29日、新卒採用選考のエントリーシートを評価する際に、人工知能「IBM Watson」日本語版を活用すると発表した。人事担当者がエントリーシートの確認作業に割く時間を75%削減できる見込みで、その分の時間を応募者との対面でのコミュニケーションなどに充当する。

共有

詳細はこちら

チャットボットでビジネスを変える、生花店の取り組み

2017/6/08

誕生日や記念日などの特別な時に、花屋に行き、花束を選び、それを相手に贈る。人に花束を贈るこの光景が、人工知能(AI)の活躍によって変わりつつあることをご存知であろうか? 周知のように、現在、人工知能の活躍が目まぐるしい。科学技術は年々進化の勢いを増し、わたしたちの生活の中にも浸透してきているのだ。

共有

詳細はこちら

Watson の仕組み

2017/5/31

Watson が質問に答える方法。Watson は新たな主題についての質問に答えられるようになるために、まずその主題について学習する必要がありますWatson はまず新たな主題について学習します。

共有

詳細はこちら

スマートファクトリーによる生産現場改革事例ビッグデータでQCDを改善する5つのアプローチ

2017/4/18

モノづくりの現場のデジタル化が進むにつれ、発生するデータが爆発的に増加している。IT技術の進化によって大量データがリアルタイムに処理できるようになったことで、データを駆使した新たなモノづくりのブレークスルーを目指す大きな変化が起こっている。データから状況を理解し、推論によってアクションを実行。その結果を繰り返し学習することで、さらなるビジネス価値を生み出す工場―「スマートファクトリー」の出現である。

共有

詳細はこちら

ニッポンのモノづくりをもっと元気に!強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

ニッポンのモノづくりをもっと元気に!強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

2017/4/18

製造業は次世代に受け継がれるべき基幹産業です。しかし、日本の生産人口は減少し続ける中、いかにして「匠」の技術を継承していくかが喫緊の課題とっています。一方、工場設備にはさまざまなセンサーや通信モジュールが実装され、生産ラインの状態監視や故障の未然防止などに役立てられています。さらには、モバイルやウェアラブル・デバイスなどを活用した技術により、モノと人との協調による生産環境の改革が進められています。

共有

詳細はこちら

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社様事例

2017/4/24

内視鏡下手術の世界にイノベーションを。ソフトウェアの継続的エンジニアリングをIBM Rationalで実践。こうした法規制上求められるトレーサビリティーの確保、ドキュメントと紐づけてソースコードを特定できる版管理、品質管理にいたるまですべての機能を包括し、継続的エンジニアリングに対応できるツールとして、IBMのRationalソリューションが第一候補に挙がりました 。

共有

詳細はこちら

人工知能を搭載したスタイリストアプリ「SENSY」がリリース

2017/6/08

スタートアップのカラフル・ボードが、スマートフォンアプリ上で駆動するファッションスタイリストロボット「SENSY(センシー)」をアプリとしてリリースした。人工知能を活用して個人の好みを学習し、ユーザーに合ったスタイリングを提案してくれるファッションアプリで、アートディレクションとメインUIのデザインは、真鍋大度率いるライゾマティクスが担当した。

共有

詳細はこちら

IBM IoT Foundation

Internet of Things(IoT)のビジネス活用を柔軟に検討するため、ブラウザ画面上に用意された部品をマウス操作のドラッグ&ドロップでデバイスと結びつけることで、簡単にIoTアプリケーションを作成し稼働させることができます。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。