IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: hiruma@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Automotive Forum名古屋

日時: 2019/5/30 午後 01:00 - 2019/5/30 午後 04:30

場所: 名古屋マリオットアソシアホテル(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4)

詳細: 自動車産業に押し寄せる「CASE」の波は、自動車業界だけでなく、周辺の産業までも巻き込んで破壊と変革を引き起こし、ビジネスの在り方を根本的に変革しようとしております。また、データ活用に基づいた新しい製品・品質プロセスが今、段階的に拡大しています。予測型メンテナンスや遠隔ソフト更新などは、投資効果が分かりやすいため、すでに世界の多くの自動車産業で本格展開されつつあるのが現状です。ご多忙のこことは存じますが、ご参加をお待ちしております。

共有

今すぐ登録する

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革

2019/5/07

先進的なデジタルテクノロジーは、製造業のSCMをスマートファクトリーにおける生産工程以上に深く、劇的に変化させる可能性を持っています。SCMは開発-生産-販売-物流すべてのシステムとデータに密接に関連しています。よってすべてのプロセスを横串にした製品・部品単品での超高速な分析、クラウドベースの各SCM関連システムのコラボレーション、サイバーアタックを意識した強靭なセキュリティーを施したCognitive SCMへとレベルアップすることにより、既存のITインフラではなしえなかったさまざまな課題が解決し一層の自動化へと向かっていくことでしょう。

共有

詳細はこちら

【マンガ】Notesの不安を「能津 土美雄」が一刀両断!買収、レガシー……さてどうする?

2019/5/07

「IBM Notes/Domino」(以下、ノーツ)は長きに渡り企業ITを支えてきた。しかし最近は古いシステムとみなされ、またIBMからの買収が発表されたこともあり、移行の検討対象になることも少なくない……。ノーツはもう「オワコン」なのだろうか?「買収されるけどサポートは?」「運用が心配」など尽きないノーツへの疑問や不安を、謎の男・能津土美雄(のうつ どみお)がズバッと解決!

共有

詳細はこちら

中身が分かれば信用につながる--IBMが示したAI導入の勘所

2019/5/07

「人工知能(AI)」という言葉自体は珍しいものではなくなった。しかしながら、実際にAIを導入する企業はまだ4%に過ぎないという。受け入れが進まない要因はさまざまだが、IBMは年次カンファレンス「Think 2019」において、Watsonサービスを任意のクラウドで実行できるようにするなど、現在多くの企業が直面する課題に対応する製品強化やプログラムを発表した。

共有

詳細はこちら

化学、バイオ素材メーカー向け新材料探索プラットフォーム IBMとの共同開発により2020年度のサービス開始目指す

2019/5/07

長瀬産業は米IBMと組み、化学・バイオ向けの新素材を探索するシステム開発に乗り出すと発表した。従来は実験を繰り返して取得していたデータを人工知能(AI)で分析して短期間で取得する。効率的な素材開発につながる。2020年度に国内企業を中心にサービス開始を目指す。

共有

詳細はこちら

IBMと大手スパイスメーカー、AIで開発した調味料を今春発売へ

IBMと大手スパイスメーカー、AIで開発した調味料を今春発売へ

2019/5/07

大手スパイスメーカーのMcCormick & CompanyとIBMの提携により、人工知能(AI)が夕食の決め手になるかもしれない。数年にわたってフレーバーと食品を共同開発している両社はこのたび、研究開発の成果となる商品を発売すると発表した。

共有

詳細はこちら

IBM Notes/Domino V10 概要

2019/5/07

IBM Notes/Domino V10の新機能をまとめた資料です。2018年10月開催の「IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn 東京・大阪・名古屋」の講演資料をもとに作成しています。

共有

詳細はこちら

Notes/Domino に関するHCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内について

Notes/Domino に関するHCL 社とのパートナーシップと買収に関する今後のご案内について

2019/5/07

HCL社によるNotes/Dominoの買収にあたり、これまでのIBMとHCLのパートナーシップについて詳細をご案内する資料です。

共有

詳細はこちら

IBM Notes/Domino ライセンス・ガイド

IBM Notes/Domino ライセンス・ガイド

2019/5/07

お客様の展開シナリオや、ご利用形態の変更、今後の計画に応じたライセンスなどを確認いただくためのライセンス・ガイドです。

共有

詳細はこちら

Notes/DominoとIBM Verseのハイブリッド事例

2019/5/07

株式会社イグアス様、業務アプリケーション基盤とメール/カレンダーをIBM Notes/DominoとIBM Verseのハイブリッド構成で実現。業務効率が向上し、運用・管理負荷も削減。

共有

詳細はこちら

ブロックチェーンで創出する新しい製造業ビジネスモデル

2019/5/07

ブロックチェーン技術は、製造業に大きなメリットをもたらす可能性を秘めた新しいツールである。ブロックチェーンを利活用する先駆者たちのユースケースを分析し、時間短縮、コスト削減、リスク低減の観点からものづくり変革領域を、以下の2つにまとめている。1.ブロックチェーンを資産および在庫の管理や部品の取引履歴に適用することにより、サプライチェーン全体の可視性、ならびにトレーサビリティを向上。2.ブロックチェーン技術の特長を活かした、新しいビジネスモデルの構築が可能。

共有

詳細はこちら

AI 製品品質検査支援

2019/5/07

近年、AIとIoTを活用した「コグニティブ・ファクトリー」が非構造化データの活用を可能にしたことで、積年の重要課題であった熟練者の暗黙知の形式知化に光明が見え始めた。製品品質検査でもAIの目(Visual Recognition)とデータ分析の仕組み(Visual Insights)が、検査作業の一層の自動化を支援する。

共有

詳細はこちら

The State of Salesforce 2019

2019/5/07

「The State of Salesforce」は、トップ企業がSalesforceをどのように活用しているかをまとめた年次レポートです。本レポートは、Salesforceをお使いの世界中のお客様2,500社以上から集めた18万件以上のデータ・ポイントを分析しIT部門、マーケティング部門、営業部門、およびサービス部門向けに新たな示唆とビジネスチャンスを提示しています。

共有

詳細はこちら

製造業の未来像を示すコグニティブ・ファクトリー

2019/5/07

製造業は次世代に受け継がれるべき基幹産業です。しかし、日本の生産人口は減少し続け、いかにして「匠」の技術を継承していくかが喫緊の課題となっています。工場設備にはさまざまなセンサーや通信モジュールが実装され、生産ラインの状態監視や故障の未然防止などに役立てられています。さらには、モバイルやウェアラブル・デバイスなどを活用した技術により、モノと人との協調による生産環境の改革が進められています。このような先進テクノロジー活用の延長戦上に、匠の技術の継承、そして日本の製造業が目指すべき未来があります。

共有

詳細はこちら

強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

2019/5/07

日本の生産現場は今、さまざまな課題に直面しています。 多様化する顧客ニーズへの対応や人手不足、現場の技術の伝承、そして品質検査・安全管理プロセスの再考。 その解決策として、IBMは先進ITテクノロジーを駆使したコグニティブ・ファクトリー戦略をお客様に提案します。 AIとIoTを駆使したコグニティブ・ファクトリー戦略は生産現場の自動化と作業品質向上を促進しグローバル競争力向上に貢献します。

共有

詳細はこちら

「パーソナリティ調査」ワークショプ – 自己認知と他者認知

2019/5/07

あなたは、あなた自身のことをどれくらい理解していますか?あなたは、理解している(あるいはしていない)あなた自身を、職場でどれくらい開示していますか?しあわせをより強く感じながら仕事を続けていくには、より深く自分の特性を理解している必要があり、そしてしあわせをより多く感じながら仕事を続けていくには、より広く自分を開示していく必要がある。

共有

詳細はこちら

Notes 小ワザ集

Notes 小ワザ集

2019/5/07

覚えておくと便利な機能や使い方の工夫をご紹介します。第192回 受信ボックス上でのメッセージ冒頭部分を表示する。第191回 [最近使用した連絡先] ビューの連絡先の削除。第190回 IBM SmarterCloud for Social Business (旧名称 LotusLive)連携 。など多数紹介しております。

共有

詳細はこちら

IBMが世界初の単体動作可能な量子コンピュータを発表

IBMが世界初の単体動作可能な量子コンピュータを発表

2019/5/07

IBMは、研究者や企業向けに設計された単体で動作可能な汎用量子コンピュータ「IBM Q System One」を発表した。

共有

詳細はこちら

画像認識技術を使ったAI プラント運転支援

2019/5/07

たゆまぬ改善活動を進めてきた日本企業の生産現場。さらなる効率化は“乾いた雑巾を絞るようなもの”と思われがちだが、AI+IoTは異次元の“カイゼン”をもたらす力を秘めている。

共有

詳細はこちら

IBM Verse

2019/5/07

IBM Verse は、業務効率の改善とワークスタイルの変革を支援するクラウド・メールです。人と人との関係性を分析する最新のアナリティクス技術により、業務の優先順位付けを行い、価値の高い業務により多くの時間を使えるようにします。PCだけでなくモバイル端末で利用でき、いつでもどこからでもチーム・メンバーとリアルタイムに連携できます。

共有

詳細はこちら

『テクてく Lotus』コミュニティー

2019/5/07

Lotus アプリケーションの開発に携わる方、Lotus ソフトウェアの運用管理を担当されている方を対象としています。毎月開催している『テクてくLotus 技術者夜会』がリアルなフェース・ツー・フェースで集うオフラインの場とした場合、こちらはオンラインで好きな時に集える場になります。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexaの人事管理ソリューション

2019/5/07

IBM Kenexa (ケネクサ) は、産業組織心理学とグローバルに蓄積された膨大なデータをもとに、人材の資質や能力を客観的に評価するアセスメントやコンピテンシー定義および評価手法を提供し、人事業務における意思決定を科学的アプローチで支援します。

共有

詳細はこちら

Notes/Domino V10

2019/5/07

Notes/Domino V10が発売となります。最新情報はこちらのページでご案内します。

共有

詳細はこちら

IoT+コグニティブで変わる日本のモノづくり

2019/5/07

現在、世界中で進行する国家レベルの製造業改革プロジェクトには、ドイツのインダストリー4.0、中国の製造強国2015、米国のIICなどとよばれている、国をあげての取り組みがある。これらのプロジェクトに共通している新しい生産基盤は、工場の設備等に設置したセンサーデータを活かして製造をより効率化していく「スマートファクトリー」だ。

共有

詳細はこちら

Domino V11 JAMが開催されました

Domino V11 JAMが開催されました

2019/5/07

2019年1月10日に日本IBM本社にて、講師に、Andrew Manby氏、Barry Rosen氏、Mat Newman氏の3氏を迎えてDomino V11 Jamが開催されました。

共有

詳細はこちら

株式会社イノス様におけるNotes/DominoとAIの連携事例

2019/5/07

株式会社イノス様におけるNotes/DominoとAIの連携事例に関して、ビデオにて事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

IBM Kenexa Employee Assessments

2019/5/07

個人、管理者、リーダーの特性、スキル、適性を評価し、適材適所の人材配置を行うこと、成功を収める上で極めて重要です。行動科学に基づくIBMのアセスメントは、個人の能力、素質、企業文化への適性を測定します。IBMは、採用からオンボーディング(戦力化)、リーダーシップの特定に至るまで、1,000を超えるカスタマイズ可能なアセスメントと1,500を超えるすぐに使用できるアセスメントを提供します。

共有

詳細はこちら

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

2019/5/07

ブロックチェーン・テクノロジーは、劇的な変革の機会を提供します。これにより、より摩擦の少ない、信頼性の高いグローバルなビジネス取引が可能になります

共有

詳細はこちら

米小売最大手ウォルマート色の安心、安全に向けブロックチェーン活用

米小売最大手ウォルマート色の安心、安全に向けブロックチェーン活用

2019/5/07

仮想通貨の普及により注目を集めたブロックチェーン(分散型台帳)技術の活用が広がっている。改ざんが極めて困難で、透明性が高い取引を実現することから決済処理を中心に金融業界での活用がメインだったブロックチェーンは現在、流通業など非金融業界での活用が急速に拡大している。

共有

詳細はこちら

先読み不可能なシチュエーションでも先を読むAI

先読み不可能なシチュエーションでも先を読むAI

2019/5/07

世界の人工知能(AI)研究者が集まる国際会議「Neural Information Processing Systems (NeurIPS)」。世界的に権威ある学会「NeurIPS」は、深層学習など最先端のAIに触れる貴重な場としてAI関連の研究者には垂涎(すいぜん)の的で、一般参加のためのチケットは十数分で完売するという人気ぶりだ。

共有

詳細はこちら

【日本IBM】製薬企業と実証実験へ‐ブロックチェーン技術の適用

【日本IBM】製薬企業と実証実験へ‐ブロックチェーン技術の適用

2019/4/09

日本IBMは、データ管理技術の一つであるブロックチェーン技術を用いて、製薬企業や医療団体20企業・団体などと協力し、年内にも医薬品のサプライチェーンや医療データ交換のプラットフォーム構築に向けた実証実験を始める。機密性の高い医療情報を安全に管理する目的でブロックチェーン技術を医療・製薬業界の情報交換の仕組みとして活用できるよう検討していく。今後、ブロックチェーン技術の適用に関する調査研究を実施し、そこで得られた課題の解決方法や、その枠組みでの新たなビジネスモデルを検討する。

共有

詳細はこちら

JFEスチール、製造ラインの故障復旧にAI活用--日本IBMの「Watson」を活用

JFEスチール、製造ラインの故障復旧にAI活用--日本IBMの「Watson」を活用

2019/4/09

JFEスチールは3月7日、人工知能(AI)製品「IBM Watson」を活用した制御故障復旧支援システムを全製造ラインに導入したと発表した。システム開発は情報系子会社のJFEシステムズが担当した。

共有

詳細はこちら

マツモトキヨシのマーケティング戦略を支えるデータ分析基盤--IBMによるアナリティクスPDCAの自動化

マツモトキヨシのマーケティング戦略を支えるデータ分析基盤--IBMによるアナリティクスPDCAの自動化

2019/4/09

マツモトキヨシホールディングスは、オムニチャネル化の推進による顧客ロイヤルティーの向上を目指し、データ分析基盤を更改した。複数システムに分散しているデータを高速データウェアハウス(DWH)で統合し、多様なデータを自社内で自由に組み合わせ、素早く分析する仕組みを構築したのだ。新しい仕組みは、すべてIBMソリューションで構成され、これまで以上に最適なカスタマー・エクスペリエンスの提供を目指している。

共有

詳細はこちら

IBMとSAPによるデジタル変革の実現:ビジネスを改革する準備はできていますか?

2019/3/04

IBMとSAPは、数十年間にわたり、提携を通してビジネスの活性化と変革を支援してきました。お客様のデータ駆動型の要件に合わせて設計されたソリューションにより、新たなレベルの成功を収める上でお手伝いします。

共有

詳細はこちら

量子コンピューター時代にどう備えるべきか

2019/1/29

スーパーコンピューター(以下、スパコン)でも答えが出せない問題を瞬時に解いてしまう量子コンピューター。すでに“最新のスパコンを凌ぐ”量子コンピューターは実用化の計画段階に入ったといわれる。では、それにより何が可能になり、ビジネスはどう変わるのか。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。