IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: hiroshi.omata@ibm.com

Rep Group: Live

Population:

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

Code and Response™ オープンテクノロジーで命を救う

Code and Response™ オープンテクノロジーで命を救う

2019/3/11

Code の力で世界の未来を変えよう!人生が変わるような革新的なオープンソース技術を開発し、それを世界中に普及させるために、IBM は Code and Response を始めました。4年間で2500万ドルの投資、オープンソース技術による災害対策・災害復興ソリューションの開発、強化、テスト、配備、これらを世界の人々や地域コミュニティに普及させるイニシアチブです。2019年、私たちは健康とウエルネスを重視した災害対策と復興にフォーカスします。デベロッパーの皆様と一緒に災害対策・災害復興の現場にデジタルトランスフォーメーションを起こします。

共有

詳細はこちら

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

2019/3/11

モノのインターネットと呼ばれる IoT(Internet of Things)。すでに製造業の生産現場や自動車など、さまざまなところに導入されて、生産性向上や新たな価値創造に貢献している。これまで主なセンシング対象はモノだったが、次のステージでフォーカスが当てられているのは「人」だ。デジタルトランスフォーメーションの先進事例を是非ご覧ください。

共有

詳細はこちら

IBM尾股が語る「IT企業のCDO」が持つ役割

IBM尾股が語る「IT企業のCDO」が持つ役割

2019/3/11

一般に、組織にデジタル変革を起こす旗振り役がCDO(Chief Digital Officer)だが、日本IBMのようなIT企業は、事業自体がそもそもデジタルに関わっている。そのような企業におけるCDOはどのような役割なのか。日本IBM チーフ・デジタル・オフィサーの尾股宏が、デジタル分野における経営陣コミュニティ「CDO Club Japan」理事の鍋島勢理様からインタビューを受けました。(JBpress)

共有

詳細はこちら

Announcing the 2019 Call for Code Global Challenge - YouTube

Announcing the 2019 Call for Code Global Challenge - YouTube

2019/2/13

昨年立ち上がったグローバルイニシアティブの 'Call for Code' が果たした社会的意義や今後期待させる成果についてIBM Chief Developer AdvocateのWillie Tajada (ウィリー・テハダ)が語っています(英語)。2年目を迎えた'Call for Code'は 'Code and Response'というテーマで、昨年の成果を踏まえてCodeの力で「自然災害」からの救済への参画を世界中のDeveloperに呼びかけています。自然災害という普遍的なテーマにデジタルトランスフォーメーションを起こす試みです。

共有

詳細はこちら

Call for Code 第2弾 'Code and Response'が think2019@サンフランシスコで発表

Call for Code 第2弾 'Code and Response'が think2019@サンフランシスコで発表

2019/2/13

IBM、テクノロジーを活用して人命を救うため、2,500万ドルの追加投資を発表!自然災害後の迅速な回復を実現するための、大規模なオープン・ソース・テクノロジーを活用したソリューションのビルド、強化、テストおよび実行します。Code and Responseは、初年度となる Call for Code 2018での受賞ソリューションであるProject Owl (英語)を、プエルトリコやノースカロライナ、西日本、ケレラなどの被災地域でパイロット運用します。自然災害への対応にデジタルトランスフォーメーションを起こす試みに是非ご参加ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。