Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e50929@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBMとなら、戦える。社会に新たな価値をCo-Creation

IBMとなら、戦える。社会に新たな価値をCo-Creation

2018/9/12

主人公は戦うスタートアップ企業経営者。動画で凛々しく刀を構えているのは、株式会社mellow 代表取締役 柏谷 泰行氏。 メディアでも注目の新進気鋭の企業をリードする経営者です。後ろで控えるのは日本IBMの若手営業たち。この意外な佇まいに隠されているメッセージとは?

共有

詳細はこちら

"IBM Partners"でデジタルトランスフォーメーションを加速してください

日時: 2018/9/12 - 2018/12/12

詳細: IBM Partnersでは、皆様が当社の技術をお使いいただき、革新的なソリューションを構築し、グローバルな販売チャネルを通じて展開し、グローバルビジネスパートナーになることを支援いたします。

共有

今すぐ登録する

デジタルトランスフォーメーションの推進役Developerのための「developerWorks日本語版」

デジタルトランスフォーメーションの推進役Developerのための「developerWorks日本語版」

日時: 2018/9/12 - 2018/12/12

詳細: デジタルトランスフォーメーション をリードするIT開発者のためのポータルサイトです。ぜひご活用ください。

共有

今すぐ登録する

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

2018/9/03

デジタル技術はビジネスと社会との関係を一変させた。今やあらゆる伝統的な業界構造・業態を根本から変質させつつある。もはやデジタル戦略とは単純なデジタル”化”やデジタルによる”事業変革”だけを意味しない。本書では、業界地図を塗り替えるデジタル”改革”をお客様自らが実践する術を提言する

共有

詳細はこちら

始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー(無償ハンズオン)

始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー(無償ハンズオン)

日時: 2018/9/03 - 2018/12/02

場所: 日本アイ・ビー・エム株式会社本社事業所 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

詳細: VMwareを活用したサーバー統合を実施してきた多くの企業では、ビジネス変革の基盤として不可欠となっているクラウドとの連携をどのように進めるべきか、検討を進めています。IBM Cloudなら、オンプレミスのVMware環境と完全に同じ環境をクラウド上に構築することもでき、その結果、構築からサービスインまでのスピードやトータルコストの観点で大きな差が生まれます。本セミナーでは、VMwareの経験をお持ちの方が、既存システムのクラウド移行やクラウドとの連携など、VMware環境のクラウド化の際に重要となる実践的なスキル、ノウハウのエッセンスを習得していただけますので、ぜひご参加ください!

共有

今すぐ登録する

THINK Digital

THINK Digital

2018/9/03

世界の経営層のイノベーションへの洞察をまとめたレポートなど、ビジネスで活かせる情報も満載。AIやクラウド、ブロックチェーン、IoTなどの先進テクノロジーを活用しいかに経営課題の解決、ビジネスの成長、新たなビジネスの創造を達成するか。ビジネスとテクノロジーが大きな歴史の転換点を迎えています。多くの企業が、デジタライゼーションの価値を認識しその適用方法を模索する中、業界リーダー達はすでに変革への取り組みを加速させ、ビジネスの成果を創造しています。

共有

詳細はこちら

Call For Code

Call For Code

2018/8/05

IBM は自然災害救援に向けてクラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するための「Call for Code Global Initiative」を発表しました。この取り組みの目的は「AI(人工知能)やブロックチェーン、IoT(Internet of Things)、クラウドといった技術を利用して被災者や被災地域、被災社会を支援すること」です。詳細はWebサイトに掲載されておりますので、開発者の皆様はぜひこの取り組みにご参加ください。

共有

詳細はこちら

IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ 〜シンプルBIで業務効率化編〜

IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ 〜シンプルBIで業務効率化編〜

2018/8/06

分析したくても環境がない。時間がない。やり方がわからない。スキルがない。予算がない。多くのお客様が今そこにあるデータの活用に悩まれている昨今、IBM Cloudを利用して寝かしたままの"分析したかった"データを活用する企業が増えています。当Webセミナーでは、これまでのデータベース運用の常識を覆す、完全自動運用のデータベースサービス「Db2 Warehouse on Cloud」を使って、手つかずのデータを短時間で簡単に分析する方法をデモも交えながらご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

Java 無償サポート終了でお悩みのお客様向け −安心して Java をご利用頂けるための解説セミナー

Java 無償サポート終了でお悩みのお客様向け −安心して Java をご利用頂けるための解説セミナー

2018/8/06

Oracle Java SE 8 の無償サポートが 2019年1月で終了する発表により、Java SE 8 で稼働させているアプリケーションを新しい Java に移行するか長期サポート契約を締結するか、企業にとって悩ましいところです。このような背景を受けて、IBM の Java や OpenJDK のライフサイクルやサポートの仕組みを解説、お勧めのサポートサービスや Java プラットフォームをご紹介する Web セミナーを開催いたします。是非、ご参加ください。

共有

詳細はこちら

始めましょう! IBM RPA with Automation Anywhere 無料トライアル

2018/8/05

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhereとは、反復のための自動化とプロセスの集約を実現したソリューションです。  IBMでは、IBM RPA with Automation Anywhereの無料トライアルを提供しています。 またWebセミナーポータルからも情報提供させていただいておりますので、ご確認ください( https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/ibm-rpa-websemina-portal/ )

共有

詳細はこちら

インシデント・レスポンス(事故後の対応)対策講座 3回シリーズ 〜起こってからでは遅い。備えておくべきインシデント発生「後」の対応〜

2018/8/05

当インシデント・レスポンス対策講座ではプロアクティブなインシデント対応を実現するための「準備」「監視」「事故後の対応」に焦点を当て、インシデント発生後の対応と必要な備えについて3回シリーズにて解説します。みなさまの参加をお待ちしています。

共有

詳細はこちら

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

2018/8/05

IBM Watsonについて、多くの企業でお悩みの業務を抽出し、クイックに導入いただけるソリューションをご用意しています。業務ごとにWatsonを活用したソリューションを、パッケージとしてご提供します。これにより、Watsonを使ったシステムの構築を短期間で行うことが可能になります。自社の業務に適用できるソリューションを見つけ、競争優位を高めるためにも早く着手いただくことをオススメします。

共有

詳細はこちら

なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか?

なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか?

2018/8/06

IBMが取得した特許には、人工知能/コグニティブ・コンピューティング関連の技術をはじめ、コグニティブ・ヘルス、クラウド、サイバーセキュリティといった、IBMの戦略的成長分野に関するさまざまな発明が含まれます。

共有

詳細はこちら

Watson は数千万の論文をどう学習する?

Watson は数千万の論文をどう学習する?

2018/8/06

東京大学医科学研究所が導入したIBM Watsonが、専門医でも診断が難しい二次性白血病というがんを10分で見抜いたという事例がありますが、このときWatsonは2000万件以上の医学論文を学習したとのことです。では、Watsonはいったいどのようにしてそのような膨大な論文を学習しているのでしょうか。研究員へのインタビュー記事をご覧ください。

共有

詳細はこちら

VMware On Cloudご紹介

2018/7/30

オンプレミスとクラウドの両者のメリットを「いいとこ取り」したハイブリッド・クラウドを、自社のシステムに最適なステップで、理想の形へと実現していくことが可能です。オンプレミスで運用していたアプリケーションをクラウドに対応させる際には、従来の非機能要件をどのように対処するのかの検討が重要です。IBM Cloud の場合には、VMware上のアプリケーションと非機能要件を合わせて「そのままクラウドに移行」することが可能です。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。