IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e50929@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ 〜シンプルBIで業務効率化編〜

IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ 〜シンプルBIで業務効率化編〜

2019/3/03

分析したくても環境がない。時間がない。やり方がわからない。スキルがない。予算がない。多くのお客様が今そこにあるデータの活用に悩まれている昨今、IBM Cloudを利用して寝かしたままの"分析したかった"データを活用する企業が増えています。当Webセミナーでは、これまでのデータベース運用の常識を覆す、完全自動運用のデータベースサービス「Db2 Warehouse on Cloud」を使って、手つかずのデータを短時間で簡単に分析する方法をデモも交えながらご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

2019/3/03

モノのインターネットと呼ばれる IoT(Internet of Things)。すでに製造業の生産現場や自動車などさまざまなところに導入されて、生産性向上や新たな価値創造に貢献している。次のステージでフォーカスが当てられているのは「人」です。人体とインターネットをつなぐことで安全や健康を見守るソリューションの実用化が始まりました。これが IoB(Internet of Bodies)です。 こうした動きに先んじて、銀メッキ繊維の製造販売を手掛けるミツフジ株式会社(以下、ミツフジ)と IBM は 2018 年に新たなビジネスを起動しました。

共有

詳細はこちら

IBMとなら、戦える。社会に新たな価値をCo-Creation

IBMとなら、戦える。社会に新たな価値をCo-Creation

2019/3/03

主人公は戦うスタートアップ企業経営者。動画で凛々しく刀を構えているのは、株式会社mellow 代表取締役 柏谷 泰行氏。 メディアでも注目の新進気鋭の企業をリードする経営者です。後ろで控えるのは日本IBMの若手営業たち。この意外な佇まいに隠されているメッセージとは?

共有

詳細はこちら

三井物産・日本IBMと取り組む共通ポイントシステム「ウェルネス貯金」が実証実験を開始

2019/3/03

日本アイ・ビー・エム株式会社は、三井物産株式会社(以下、三井物産)が中心となって食品メーカーや自治体、薬局、病院などと組み、2019年2月15日から5月14日まで広島市で開始する「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」で、ポイント付与や利用に関する実証実験(ソフトローンチ)のプラットフォームとしてIBM CloudとIBM Blockchain Platformが採用されたことを発表します。「ウェルちょ」は、消費者のウェルネスを応援する参加企業(ウェルネス応援隊)が提供する商品やサービスに「エール」というポイントを付加し、消費者のウェルネスを応援するプログラムです。

共有

詳細はこちら

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー

2019/2/18

デジタル技術はビジネスと社会との関係を一変させた。今やあらゆる伝統的な業界構造・業態を根本から変質させつつある。もはやデジタル戦略とは単純なデジタル”化”やデジタルによる”事業変革”だけを意味しない。本書では、業界地図を塗り替えるデジタル”改革”をお客様自らが実践する術を提言する

共有

詳細はこちら

デジタルトランスフォーメーションの推進役Developerのための「developerWorks日本語版」

デジタルトランスフォーメーションの推進役Developerのための「developerWorks日本語版」

日時: 2019/2/18 - 2019/4/30

詳細: デジタルトランスフォーメーション をリードするIT開発者のためのポータルサイトです。ぜひご活用ください。

共有

今すぐ登録する

IBM Developer ニュースレターのご案内

IBM Developer ニュースレターのご案内

2019/2/18

IBM Developer では、定期的に旬な開発者向け情報をまとめたニュースレターを発行しています。最新翻訳記事や、セミナー、イベント、研修、キャンペーンなどのご案内、おすすめのチュートリアル、ちょっとした知識を教えてくれるコラムなどの情報をお届けします。ぜひご登録ください。

共有

詳細はこちら

AI画像認識で改善する、製造業の生産性の向上

AI画像認識で改善する、製造業の生産性の向上

2019/2/18

AIによる画像認識および解析の精度はすでに人間の認識能力を超えるほどに成熟しています。熟練技術者に依存していた目視検査や設備の故障予知などの領域で、「ディープ・ライニング(深層学習)」を活用した状況の自動判断を進めようとする機運が高まっています。

共有

詳細はこちら

始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー(無償ハンズオン)

始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー(無償ハンズオン)

日時: 2019/2/18 - 2019/4/30

場所: 日本アイ・ビー・エム株式会社本社事業所 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

詳細: VMwareを活用したサーバー統合を実施してきた多くの企業では、ビジネス変革の基盤として不可欠となっているクラウドとの連携をどのように進めるべきか、検討を進めています。IBM Cloudなら、オンプレミスのVMware環境と完全に同じ環境をクラウド上に構築することもでき、その結果、構築からサービスインまでのスピードやトータルコストの観点で大きな差が生まれます。本セミナーでは、VMwareの経験をお持ちの方が、既存システムのクラウド移行やクラウドとの連携など、VMware環境のクラウド化の際に重要となる実践的なスキル、ノウハウのエッセンスを習得していただけますので、ぜひご参加ください!

共有

今すぐ登録する

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

貴社でのAI活用、どこから始めますか?

2019/2/18

IBM Watsonは様々なシーンで活用が進んでいます。しかし、どの分野、どの領域で活用したら良いのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、AIやクラウドの活用用途、そしてデータ活用における解決したい領域によって、Watson活用をどこから準備すべきかをご案内するページをご用意いたしました。すでに活用を始めている方の事例や今後の応用例なども掲載しておりますので、貴社でのWatson活用シーンを見つけてください。

共有

詳細はこちら

次回水曜ワトソンカフェは「Get Wild する Watson」

2019/2/13

IBM Watsonを使ってサービスを開発しているエンジニアがおおよそ月1回、水曜日に集まっているのが「水曜ワトソンカフェ」です。「いまWatson APIを使って開発してるんだけど、他のヒトはどうしているんだろう?」や「開発者同士で情報共有する場がほしい」「もっと良いやり方があるんじゃないか?」等々。ご関心のあるデベロッパー、エンジニアの方、ぜひお気軽にご参加ください。次回は2月27日開催、テーマは「Get Wild する Watson」 です。興味深いタイトルですね。

共有

詳細はこちら

IBM Code PatternでWatsonをビジネスに活かすヒントを見つけよう!

2019/2/13

「AIを取り入れたアプリを作ってみたい」「ビジネスに活かしたい! 」でも、何から手をつければよいのだろう? そんな悩めるエンジニアに知っていただきたいのがIBM Code Patternです。IBM Code Patternは、AIを含む様々なテクノロジーを活用してアプリを作る際に参考になるアイデアやコードを紹介するサイトです。ぜひ新しいアプリのアイデアやビジネスのヒントを探しに、このサイトにアクセスしてみてください。

共有

詳細はこちら

【事例:JR東日本様】お問い合わせセンター業務をIBM Watsonで改革

2019/2/13

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)のお問い合わせセンターには、毎日数千件から数万件にも及ぶ大量かつ広範囲にわたる質問がお客さまから寄せられてきます。そのサービス品質を全体的に底上げし、お客さま満足度のさらなる向上を実現するためにJR東日本のサービス品質改革部は研究部門とタッグを組み、Watsonを活用したオペレーター支援の仕組みをスモールスタートで導入しました。

共有

詳細はこちら

THINK Digital

THINK Digital

2018/9/02

世界の経営層のイノベーションへの洞察をまとめたレポートなど、ビジネスで活かせる情報も満載。AIやクラウド、ブロックチェーン、IoTなどの先進テクノロジーを活用しいかに経営課題の解決、ビジネスの成長、新たなビジネスの創造を達成するか。ビジネスとテクノロジーが大きな歴史の転換点を迎えています。多くの企業が、デジタライゼーションの価値を認識しその適用方法を模索する中、業界リーダー達はすでに変革への取り組みを加速させ、ビジネスの成果を創造しています。

共有

詳細はこちら

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

AI in a Box - IBM Watson 〜 ソリューションパッケージ

2018/12/03

IBM Watsonについて、多くの企業でお悩みの業務を抽出し、クイックに導入いただけるソリューションをご用意しています。業務ごとにWatsonを活用したソリューションを、パッケージとしてご提供します。これにより、Watsonを使ったシステムの構築を短期間で行うことが可能になります。自社の業務に適用できるソリューションを見つけ、競争優位を高めるためにも早く着手いただくことをオススメします。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。