IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e36401@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

ミツフジ、ウェアラブルIoT「hamon」にIBMのWatson IoTソリューションとIBM Cloudを採用(引用元:日本経済新聞 電子版)

ミツフジ、ウェアラブルIoT「hamon」にIBMのWatson IoTソリューションとIBM Cloudを採用(引用元:日本経済新聞 電子版)

2018/11/20

ミツフジのウェアラブルIoTデバイスを利用した生体情報マネジメント・サービス「hamon(R)」の基盤に、IBMのIoTソリューション「IBM Maximo Worker Insights」が採用され、11/19より提供が開始されております。働き方改革が提唱される中、労働環境を改善し、社員が最大の成果を上げるためのIT活用は、様々な領域で始まっています。「hamon(R)」は導電性の高い繊維を素材にしたIoTウェアラブルデバイスから、着用者の生体データを収集し、健康管理、従業員見守り、介護・福祉、スポーツ・コンディショニングなどの分野で活用するサービスを提供しています。

共有

詳細はこちら

THIN 2019をサンフランシスコで開催します

IBMの最大イベント「Think 2019」がサンフランシスコで開催!2019年2月12日から2月15日の4日間にわたり、IBM最大のイベントである「Think 2019」が開催されます。最新テクノロジーに触れ、ネットワーキングを通じエキスパートやビジネスパートナーとの人脈を作る場としてご活用いただけます。詳細はURLをご参照ください。

IoTは次のステージへ。ミツフジとIBMが狙うInternet of Bodies新戦略

モノのインターネットと呼ばれる IoT(Internet of Things)。すでに製造業の生産現場や自動車などさまざまなところに導入されて、生産性向上や新たな価値創造に貢献している。次のステージでフォーカスが当てられているのは「人」です。人体とインターネットをつなぐことで安全や健康を見守るソリューションの実用化が始まりました。これが IoB(Internet of Bodies)です。 こうした動きに先んじて、銀メッキ繊維の製造販売を手掛けるミツフジ株式会社(以下、ミツフジ)と IBM は 2018 年に新たなビジネスを起動しました。

【IBM Cloud導入事例】IBM Cloudを活用して、いつでも最高の「モンスト」を提供

株式会社ミクシィは、同社のスマホアプリ「モンスターストライク(以下、モンスト)」の提供基盤を構成するアプリケーション・サーバーを「IBM Cloudベアメタル・サーバー」で増強しました。モンストを運営するミクシィのXFLAG スタジオでは、自社データセンターのオンプレミス環境に加えて、複数のパブリック・クラウド・サービスを組み合わせたマルチクラウドの構成で運用することで、ゲーム基盤の安定性と信頼性を重視し、常に快適なユーザー体験の提供を目指しています。

【2018年版】IBM Researchのテクノロジー予測「5 in 5」

IBM Researchでは、世界中のIBM研究所が開発している画期的な研究の中から今後5年間でビジネスや社会を根本的に変えると考える5つのテクノロジー予測を「5 in 5」という形で紹介しています。今年3月に米国で開催されたIBMの今年最大のお客様向けイベントThink 2018にて、今年2018年の5 in 5が発表されました。その内容が紹介されているブログの抄訳が公開されましたのでご紹介いたします。ぜひ、これらのイノベーションをご確認ください。

【最新レポート】 エクスペリエンス革命 - デジタルへの失望 – なぜ支持してくれない顧客がいるのか -

「顧客体験を再設計し、ロイヤルティーを向上させたい」「世代毎の顧客体験をデジタルテクノロジーを使って設計したい」とお考えの方にオススメのレポートです。 多くの企業が、顧客体験(CX)をデジタル変革することで、多大な利益を得ようと考えている一方、企業が提供する新たなデジタル体験を顧客が受け入れてくれなければ元も子もありません。本レポートでは、今回の調査結果に基づき、顧客が抱くデジタルCXへの幻滅を喜びに変える幾つかの方策を提示しています。

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。