IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e36401@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【Watson耳寄り情報!!】なぜAI活用は頓挫するのか? 〜Watson活用企業に学ぶ、AIプロジェクトの進め方〜

Watsonは、あらゆるデータ形式を理解し、人間と自然なコミュニケーションを取りながら、学習し、推論を根拠とともに提示します。 このページではWatsonの最新トピックス、イベント・セミナー情報、Watson体験、導入方法などWatson情報を集約しております。是非、ご参考お役立てください。

【招待制、本登録サイトご案内:日本IBM大型イベント】Think Summit

【招待制、本登録サイトご案内:日本IBM大型イベント】Think Summit

日時: 2019/6/18 - 2019/6/21

場所: 寺田倉庫 (天王洲/東京都品川区)

詳細: デジタル・トランスフォーメーションは、『第2章』に突入しつつあります。AIの試行的取り組みや一部業務のクラウド化という第1章を経て、『第2章』は実験段階から、スピードと拡張性をもって真の変革への移行が求められる時代です。当イベントでは、業界での最新適用事例や、最先端のテクノロジーへの知識を深めていただくための 幅広いコンテンツをお客様事例やデモ、最新の動向を通じてお届けします。           *招待コードはこちらのページの上部メールマークからメールを送るにて招待コード希望の旨ご連絡頂けますようお願いいたします。

共有

今すぐ登録する

「IBM Watsonとともに」

「IBM Watsonとともに」

IBM Watsonとともに、世界中の人々の暮らしや働き方が変わり始めています。日本でも多くの企業がWatsonを活用して、既存のビジネスや社会の仕組みを変革し、新しいビジネスの創出に取り組んでいます。

共有

視聴する

【IBM Cloud導入事例】IBM Cloudを活用して、いつでも最高の「モンスト」を提供

株式会社ミクシィは、同社のスマホアプリ「モンスターストライク(以下、モンスト)」の提供基盤を構成するアプリケーション・サーバーを「IBM Cloudベアメタル・サーバー」で増強しました。モンストを運営するミクシィのXFLAG スタジオでは、自社データセンターのオンプレミス環境に加えて、複数のパブリック・クラウド・サービスを組み合わせたマルチクラウドの構成で運用することで、ゲーム基盤の安定性と信頼性を重視し、常に快適なユーザー体験の提供を目指しています。

「Cognitive Staffing ~リクルーティングの全てを、コグニティブが変える~」

「Cognitive Staffing ~リクルーティングの全てを、コグニティブが変える~」

フォーラムエンジニアリング様のWatsonを活用した人材マッチングサービスイメージ動画です。*以降動画紹介より引用:IBM Watsonによって人材の過去から未来を予測・分析し、全く新しい雇用のあり方を提案していく「Insight Maching(R)」。クライアントと人材のミスマッチを無くし、理想的なキャリアパスも実現。ビッグデータとコグニティブ・コンピューティングが、あなたの今までの常識を、そしてリクルーティングの全てを、変えていきます。

共有

視聴する

お客様事例:ミツフジ様との協業で IoBビジネスの未来を切り拓く

ミツフジ株式会社(以下、ミツフジ)は、銀メッキ繊維を使ったウェアラブル IoT “hamon” にIBMのSaaSソリューション“IBM IoT Worker Insights(” 以下、IoT Worker Insights)を連動させることにより、従業員の体調管理 、高齢者見守りサ ービスなどの新しいサービスの展開を開始します 。hamonは着るだけで心拍な どのヘルスデータを正確にリアルタイムに収集できるので、人間の今の健康状態をより詳細に把握・管理することができます。

いま導入すべき「次世代型エンドポイント製品」CrowdStrike(クラウドストライク)

アンチウィルス(AV)、機械学習・振舞い検知によるブロックはもちろん、「マルウェアレス攻撃」といった巧妙な標的型攻撃をも検知、さらに専門家(ハンティングチーム)がアラートを監視し、お客様にご連絡、最終的にはPCを「隔離」することまでできるトータルソリューションです。クラウドベースのソリューションなので、管理サーバーの構築・運用が不要、お客様のセキュリティ対応負担を軽減します。重大インシデント発生の際にはオンサイト対応も可能(関東圏対象)で、国内50社、世界で700社の導入実績がございます。

IBM製品 2019年 新元号対応について

2019年5月1日に、新天皇即位に伴う元号の変更 (改元) が予定されています。新元号については、改元に先立ち1ヶ月前の4月1日に公表される予定です。当記事では、2019年(平成31年、および、新元号元年)の日本の改元に関する、IBMシステム製品、および、IBMソフトウェア製品それぞれのガイドへのリンクを案内します。

【2018年版】IBM Researchのテクノロジー予測「5 in 5」

IBM Researchでは、世界中のIBM研究所が開発している画期的な研究の中から今後5年間でビジネスや社会を根本的に変えると考える5つのテクノロジー予測を「5 in 5」という形で紹介しています。今年3月に米国で開催されたIBMの今年最大のお客様向けイベントThink 2018にて、今年2018年の5 in 5が発表されました。その内容が紹介されているブログの抄訳が公開されましたのでご紹介いたします。ぜひ、これらのイノベーションをご確認ください。

ミツフジ、ウェアラブルIoT「hamon」にIBMのWatson IoTソリューションとIBM Cloudを採用(引用元:日本経済新聞 電子版)

ミツフジ、ウェアラブルIoT「hamon」にIBMのWatson IoTソリューションとIBM Cloudを採用(引用元:日本経済新聞 電子版)

2019/2/12

ミツフジのウェアラブルIoTデバイスを利用した生体情報マネジメント・サービス「hamon(R)」の基盤に、IBMのIoTソリューション「IBM Maximo Worker Insights」が採用され、11/19より提供が開始されております。働き方改革が提唱される中、労働環境を改善し、社員が最大の成果を上げるためのIT活用は、様々な領域で始まっています。「hamon(R)」は導電性の高い繊維を素材にしたIoTウェアラブルデバイスから、着用者の生体データを収集し、健康管理、従業員見守り、介護・福祉、スポーツ・コンディショニングなどの分野で活用するサービスを提供しています。

共有

詳細はこちら

IBM X-Forceレポート: 2018年はサイバー犯罪者が利益を求めてクリプトジャッキングに移行、 ランサムウェアは割に合わず

IBMセキュリティーは、2019年IBM X-Force脅威インテリジェンス・インデックス (英語)の結果を発表しました。それによると、セキュリティー面の対策と認知度が高まったことで、サイバー犯罪者は投資収益率(ROI)の向上を求めてその攻撃手法を変えていることが判明しました。犯罪者はROIを高める可能性がある他のサイバー犯罪の攻撃手法を利用することが増えているので、本レポートでは、ランサムウェアからの撤退とマルウェアへの依存の減少という2つの主要な動向について詳しく報告していますので、英語にはなりますが、ぜひご覧ください。

マルチクラウドはクラウドの未来である、というIBMとVMware、Red Hatらが一致するクラウド戦略

2019年2月に米国で開催された「IBM Think 2019」。「Hybrid, Multicloud by Design. Accelerating the Enterprise Cloud Journey」と題し、VMwareとRed Hatも同時に登壇し、クラウドの未来とマルチクラウド、ハイブリッドクラウドの重要性を訴えたセッションをPublickey編集長の新野氏の鋭い目線でレポート。

『コグニティブ化する日本 - AIが創る未来の日本 -』とは?

日本政府によるイノベーション投資は、AIを中心に2020年までに9,000億円の増額が見込まれ、日本企業側でも2017年には12兆円の投資を行ったと推定されています。本レポートでは、日本の経営層から得られた洞察をもとに、高成長・高効率の未来に向けてコグニティブ/AIに対して積極投資を行う日本企業の動向を追いました。

13分でわかる!今更聞けない『RPA』とは

多くの企業が、働き方改革やライフワークバランスを実現するひとつの取り組みとして、バックオフィスの改革に乗り出しています。当セミナーでは、ビジネス・プロセス変革のプロジェクトに数多く携わった技術者から、RPA採用のポイントと、IBMの最新のRPAソリューションであるIBM RPAについて事例やデモを交えながらご紹介します。オフィスのご自席やご自宅などからお気軽にぜひご参加ください!

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。