Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e35980@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

お見舞い申しあげます

2018/7/11

この度の西日本を中心とする豪雨にともない、 被害を受けられた皆様に謹んでお見舞いを申しあげます。ライフラインは寸断され、土砂崩れや河川氾濫など多くの地域で甚大な被害が出ている様子が報道されているのを見て、たいへん胸が苦しくなりました。一日も早い復旧を心より、お祈り申しあげます。なおIBMでは被災されたお客様向けに、保守サービス特別対応をおこなっております。”詳細はこちら”ボタンより内容をご確認ください。

共有

詳細はこちら

【最新レポート】コグニティブが拓く自動車業界の未来

2018/7/11

自動車メーカーは日々の取引や顧客とのやり取りから生成されるデータという宝の山に囲まれています。しかし、いくら宝の山があってもそれを掘り起こす道具がなくては意味がありません。その道具こそがコグニティブ・コンピューティングであり、その活用で先行しているグループがあります。本書ではその姿を追いました。

共有

詳細はこちら

【Call For Code】

2018/6/20

関西の大地震のニュース、とてもビックリしましたね。被害に遭われた地域の皆様へお見舞いを申し上げます。IBM は自然災害救援に向けてクラウド、データ、AI、ブロックチェーンを活用するための「Call for Code Global Initiative」を発表しました。この取り組みの目的は「AI(人工知能)やブロックチェーン、IoT(Internet of Things)、クラウドといった技術を利用して被災者や被災地域、被災社会を支援すること」です。詳細はWebサイトに掲載されておりますので、開発者の皆様はぜひこの取り組みにご参加ください!

共有

詳細はこちら

【7/20開催】IT部門による働き方改革を推進する最適化アプローチ セミナー

【7/20開催】IT部門による働き方改革を推進する最適化アプローチ セミナー

2018/6/15

【6/12 Think Japanで大盛況だった講演内容も含まれています!残念ながらThink Japanにお越しいただけなかった方もぜひご参加ください!】本セミナーでは、IT部門がリードする働き方改革を成功に導くキーワードとして、”ユーザー視点” と ”働き方の見える化” の2つの視点に着目し、ITを活用したワークプレース環境の最適化を実現するアプローチについて、実際のプロジェクトでの経験に基づく手法の解説や、実演を含めたソリューションのご紹介をさせていただきます。

共有

詳細はこちら

お客様導入事例

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

「働き方改革」をより簡単に!ーリモートPCアレイー

「働き方改革」をより簡単に!ーリモートPCアレイー

2018/2/13

「リモートPCアレイ」をご存知ですか?1Uの筐体に20台の物理PCカートリッジを搭載し、仮想デスクトップに必要な、CPU、メモリ、ストレージ(SSD)、ネットワークスイッチ、マネジメントソフトウェアをオールインワンにて提供する、ハイパーコンバージドソリューションです。ハイパーバイザーが不要で、より容易にかつスピーディに仮想デスクトップ環境が構築できるため、100-500台ほどの小規模なお客様でも投資しやすい価格帯で提供できます。詳しくはURLをご参照ください!

共有

詳細はこちら

【ご紹介】日本IBM 360° バーチャル・オフィス・ツアー vol1

【ご紹介】日本IBM 360° バーチャル・オフィス・ツアー vol1

普段は見ることのできないIBMオフィスの中身をちょこっとだけご紹介!第1弾は日本橋の箱崎本社です。

共有

視聴する

IBMのクラウドは、社会やビジネスのあり方を変えていきます。

IBMのクラウドは、社会やビジネスのあり方を変えていきます。

どのクラウドも同じだと思っていませんか?クラウド・コンピューティングの本当の価値はコスト削減にとどまりません。 ビジネスには、ビジネスのためのクラウドが必要です。IBM Cloudは、企業のデジタル変革を支えます。

共有

視聴する

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。