IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e34375@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: ENTGROWTH

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

無償ライセンスでここまで出来る!IBM Cloud と Raspberry Pi を用いたエアコン制御

京都の星和テクノロジー様にて、無償のIBM Cloudライト・アカウントを用いて、IBM CloudとRasberry Piを用いたエアコン制御の仕組みを作成いただきました。クラウド環境を利用して手軽に作った素晴らしい事例として、ぜひ多くの皆様にご参考にいただければと思います。

熟練者のノウハウと知見(匠の技能)をAIが伝承 〜 現場作業員向けAIアシスタント

熟練者のノウハウと知見(匠の技能)をAIが伝承 〜 現場作業員向けAIアシスタント

2019/1/04

日本の製造業が持つ競争力の源泉は”現場の技術力”にあると言われています。今、製造現場では高齢化による退職や人材の流動化が進む一方で、熟練技術者が長年の経験で培ったノウハウや専門領域に対する知見は暗黙知となっており、社内で十分に共有されていません。これにより、企業の競争力が失われつつあることに危機感を覚える現場の声を良く耳にします。IBMではそのような悩みを持つお客様向けに、現場作業員向けAIアシスタントのソリューションをご用意しました。事例を含めたソリューション概要をぜひご覧下さい。

共有

詳細はこちら

関西IBMユーザー研究会 新春例会

関西IBMユーザー研究会 新春例会

日時: 2019/1/24 午後 03:00 - 2019/1/24 午後 07:30

場所: ヒルトン大阪 5F桜園・桜華の間(講演会)、桜山の間(交流会)

詳細: IBMユーザー研究会様主催の新春例会が、今年も1/24(木)に開催されます。特別講演には、株式会社hapi-robo st代表取締役社長 富田直美氏をお迎えし「AI、ロボット、IoTを社会に活かす」と題してお話いただきます。夕刻の交流会には、IBM役員や関西地区のIBM社員も参加致します。お客様同士の交流や情報交換の場として、IBMのユーザー企業様ではくてもぜひともご参加ください。

共有

今すぐ登録する

IBM Industrial Forum 京都 2019

IBM Industrial Forum 京都 2019

日時: 2019/4/12 午前 10:00 - 2019/4/12 午後 05:30

場所: ウェスティン都ホテル京都

詳細: 毎年多くの製造業のお客様へご参加いただいている「IBM Industrial Forum京都」を2019年も開催することとなりました。テクノロジーの進化とデータの爆発的増加が起きている現在、既存企業は生き残るために大きな変化を求められています。AIやブロックチェーン、クラウドといった新しい技術を活用した破壊者になるか、あるいは破壊されてしまうか。次世代の製造業のあり方を事例を中心にご紹介致します。

共有

今すぐ登録する

デジタル時代のモノづくり革新 〜IBM Industrial Forum 京都が発信する企業変革事例〜

2018年2月に開催したIndustrial Forum 京都で発信されたモノづくり企業の業務改革の事例を中心に、 製造業における先進デジタルを活用した企業変革情報を発信しています。先進的な製造業のお客様事例としてぜひご参照ください。

強い日本の生産現場力を一層パワーアップするコグニティブ・ファクトリー戦略

日本の生産現場は今、さまざまな課題に直面しています。多様化する顧客ニーズへの対応や人手不足、現場の技術の伝承、そして品質検査・安全管理プロセスの再考。 その解決策として、IBMは先進ITテクノロジーを駆使したコグニティブ・ファクトリー戦略をお客様に提案します。AIとIoTを駆使したコグニティブ・ファクトリー戦略は生産現場の自動化と作業品質向上を促進しグローバル競争力向上に貢献します。

デジタル革命に勝利する「AIモノづくり戦略」

デジタル革命に勝利する「AIモノづくり戦略」

2018/3/19

モノづくりはハードウェアの機能を競う時代から、AIとIoTを活用した顧客に価値ある「コトづくり」を競う時代へと変化しています。典型的なのは、エンジンの性能で競っていた時代から、ソフトウェアへと移行した自動車業界の世界です。一方で、IoTは一層複雑化しつつある「モノづくり」の象徴的存在です。これまでの「エレ+メカ+ソフト」に加え、IoTを加えた4つを組み合わせる製品開発がこれからは拡大していくことでしょう。AI & IoT時代のイノベーションの動向とそれに伴う製品開発プロセスの変化をまとめました。

共有

詳細はこちら

IoTとAIは自動車業界とモビリティサービスの未来をどう変えるのか?

IoTとAIは自動車業界とモビリティサービスの未来をどう変えるのか?

2018/12/03

MaaS(Mobility as a Service)という単語が一般化され、多くのニュースを日々目にされていると思います。そうは言っても、モビリティーにおいて、顧客とのエンゲージメント(繋がり)を強め、新たなサービスを共創するために、IoTとAIといった最新テクノロジーをどう活かすべきか?またこれらの技術は、自動車業界をはじめとしたものづくりの現場には、どのように適用できるのか? 【1】顧客とのエンゲージメント【2】デジタル時代の製品開発【3】熟練技術者(匠)の技をAIが継承という3つの観点で、IoTとAI技術を活用した15のユースケースを整理しました。

共有

詳細はこちら

デジタル・ツイン〜2019年に調査するべき戦略的テクノロジー・トレンド

デジタル・ツイン〜2019年に調査するべき戦略的テクノロジー・トレンド

2018/11/27

"デジタル・ツイン"というキーワードをご存知でしょうか?これはガートナー社が発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2018年」において、「過度の期待」のピーク期に位置づけられているテクノロジーの1つです。"デジタル・ツイン"とは、デジタルを用いて作成された、現実世界の物理的なシステム等についての双子。換言すれば、車やエンジンのような物理的なオブジェクトについて、非常に正確に作成された仮想モデルのことです。"デジタル・ツイン"を製造業のお客様ではどのように取り組んでいくべきか、まずは情報収集より始められてはいかがでしょうか?

共有

詳細はこちら

化学業界に見る創造的破壊の萌芽

化学業界に見る創造的破壊の萌芽

2018/9/03

デジタル変革は企業の規模や業種を問わず、喫緊の大きな課題の一つとなっています。IBMではデジタル変革が遅れているとされていた化学業界において、どのような変革が起きているかをまとめたレポートをリリース致しました。サプライチェーンの逆流や研究開発へのAI適用、デジタル・プラットフォーマーの出現など、化学業界に起きている変革について、ぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

デジタル+経営戦略 〜破壊されるか、破壊者になるか?デジタル戦略で攻めの経営を〜

デジタル+経営戦略 〜破壊されるか、破壊者になるか?デジタル戦略で攻めの経営を〜

2019/1/04

今やデジタルを経営に活用することが当たり前になり、どこまで活用できるかによって、大きなビジネスチャンスを得られるか、あるいは他社によって潰されてしまうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。IBMではお客様が破壊者としてデジタル時代で大きなチャンスを得るためのご支援を行っております。

共有

詳細はこちら

IBMが考える製造業におけるデジタル時代の次世代アーキテクチャー

IBMが考える製造業におけるデジタル時代の次世代アーキテクチャー

2018/10/01

製造業を取り巻く環境の変化とともに、ものづくりは様々な部分で変わってきています。その変化に対応するために、テクノロジーは進化し、エコシステムのパートナーにも常に新陳代謝が起きています。ものづくり全体を俯瞰すると、様々な前提条件の変化を受けて、完成品メーカー、部品メーカー、サプライヤーといった製造業そのものの構図も変わり、垣根がなくなりつつあります。IBMが考えるデジタル時代のモノづくりの方向性をまとめた5ページのブローシャーをぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

IBMにおけるデジタル変革の取り組みとは?日本IBM CDOインタビュー

IBMにおけるデジタル変革の取り組みとは?日本IBM CDOインタビュー

2018/12/10

日本企業にもデジタル変革のリーダーとして、CDO ( Chief Digital Officer ) を導入する企業が増えてきました。一般に組織にデジタル変革を起こす旗振り役がCDOですが、日本IBMのようなIT企業は、事業自体がそもそもデジタルに関わっています。そのような企業におけるCDOはどのような役割なのか。日本IBM チーフ・デジタル・オフィサーの尾股が語ります。

共有

詳細はこちら

従業員の健康管理に最適!IoT Worker Insightsとは?

従業員の健康管理に最適!IoT Worker Insightsとは?

2018/11/06

今年の夏も記録的な暑さが各地で続きました。そんな中で、工場現場で働く従業員の皆様の健康管理にご苦労をされた製造業のお客様は多いのではないでしょうか。IBMは工場や倉庫、工事現場などといった気温も湿度も高い環境で働く皆様の健康管理をお手伝いするソリューションをご用意致しました。従業員の方の体調不良や眠気による作業ミスの事前予防、危険エリアへの立ち入り禁止、などといった効果が期待できます。この夏、従業員の皆様の健康管理にご苦労された皆様は、ぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

【Japan IT Week [関西] 基調講演】「ビジネスのためのクラウドとAI」最新動向

【Japan IT Week [関西] 基調講演】「ビジネスのためのクラウドとAI」最新動向

日時: 2019/1/24 午後 03:30 - 2019/1/24 午後 05:00

場所: インテックス大阪

詳細: 来年1月に開催されるJapan IT Week [関西] の基調講演にIBMクラウド事業本部長 三澤が講演させていただきます。デジタル化の波が押し寄せる時代に、最新技術を活用しながらどのように企業のITインフラを活用していくのか、IBMの考えるポイントをご紹介致します。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

共有

今すぐ登録する

IBM Cloud アップデート情報 〜VMware on IBM Cloudの2018年を振り返る〜

IBM Cloud アップデート情報 〜VMware on IBM Cloudの2018年を振り返る〜

2018/12/16

サービス提供開始から2年半が経過し、世界で1,700社以上のお客様にご利用いただいているVMware on IBM Cloud。マルチクラウド時代に企業のオンプレミス環境の運用負荷を削減するために当サービスを展開してきましたが、どのような進化を今年1年で遂げたのか、サマリー記事をぜひご覧ください。

共有

詳細はこちら

【IBMお客様事例】オタフクソース 様:基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行

【IBMお客様事例】オタフクソース 様:基幹系SAPシステムをIBM Cloudへ移行

2019/1/15

オタフクソース様ではビジネス環境の急激な変化に対応できるシステム構築を目指して、計11台のサーバーで稼働していた基幹系システムのSAPと関連するシステムをIBMクラウド上に移行しました。基幹系システムのクラウド移行をお考えの皆様は、お客様の課題やチャレンジをまとめた事例資料をぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

IBMの最大イベント「Think 2019」がサンフランシスコで開催!

IBMの最大イベント「Think 2019」がサンフランシスコで開催!

日時: 2019/2/12 - 2019/2/15

場所: 米国サンフランシスコ, Moscone Center

詳細: 2019年2月12日から2月15日の4日間にわたり、IBM最大のイベントである「Think 2019」が開催されます。最新テクノロジーに触れ、ネットワーキングを通じエキスパートやビジネスパートナーとの人脈を作る場としてご活用いただけます。また、参加されたお客様のビジネスを成長・発展させるための情報を得る機会としてもお使いいただけます。世界各国から集まったスピーカーによる1,200を超えるセッションで、最先端の情報をお届けします。

共有

今すぐ登録する

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。