Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e34375@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Watsonと何を変革しますか? 〜AI時代のビジネスへ向けて〜

IBM Watsonと何を変革しますか? 〜AI時代のビジネスへ向けて〜

2017/11/29

”AI"や"人工知能"という単語を目にしない日はない、というほど、日々色々な企業や大学などで活用のニュースが飛び込んできています。そうは言っても、AIの自社への導入、活用へお悩みの皆様へ、「教育」「意思決定支援」「人材育成」「顧客対応」などの分野で、どのようにWatsonが使われているかの情報を整理致しました。皆様の組織でどのようにWatsonが使えるのか、ぜひご参考にしてください。

共有

詳細はこちら

IBM 2018 統合イベント(3/30まで:先行予約のご案内)

IBM 2018 統合イベント(3/30まで:先行予約のご案内)

日時: 2018/6/12 午前 10:00 - 2018/6/12 午後 06:00

場所: グランドプリンスホテル新高輪

詳細: AIやクラウド、ブロックチェーン、IoTなどの先進技術をビジネスに活用し 経営課題の解決やビジネスの成長、そして新たなビジネスの創造をいかに実現できるか、あらゆるお客様においてご検討をされています。当イベントではIBM Watsonのビジネスへの適用や、IBM クラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心に最先端のテクノロジーへの知識を深めていただくための幅広いコンテンツをお客様事例やデモ、最新の動向を通じてお届けします。(招待コードをご希望の方は、当サイト上部のメールアイコンよりメールにてご連絡下さい)

共有

今すぐ登録する

分析したいデータが眠っていませんか?IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ。

分析したいデータが眠っていませんか?IBM Cloudを利用したデータ分析ことはじめ。

日時: 2018/3/01 午後 05:00 - 2018/3/01 午後 06:00

場所: Webセミナー

詳細: 日々蓄積されるデータ。そのデータ、溜めっぱなしになっていませんか?分析したくても環境がない。時間がない。やり方がわからない。スキルがない。予算がない。多くのお客様が今そこにあるデータの活用に悩まれている昨今、IBM Cloudを利用して寝かしたままの"分析したかった"データを活用する企業が増えています。当Webセミナーでは、これまでのデータベース運用の常識を覆す、完全自動運用のデータベースサービス「Db2 Warehouse on Cloud」を使って、手つかずのデータを短時間で簡単に分析する方法をデモも交えながらご紹介いたします。

共有

今すぐ登録する

ビジネスを変える!IBMブロックチェーン解説セミナー(連載シリーズ)

ビジネスを変える!IBMブロックチェーン解説セミナー(連載シリーズ)

日時: 2018/2/15 午後 05:00 - 2018/3/01 午後 06:00

場所: Webセミナー

詳細: 今日、「ブロックチェーン」をめぐり金融に限らず様々な業界、業務において、その機能性や性能面での関心が高まり、具体的な評価や検証が進められています。IBMはLinux Foundationが主催するHyperledgerプロジェクトに参画し、オープンな環境でのブロックチェーンの普及を精力的に推進しています。本セミナーでは、3回にわたってブロックチェーンの基本から最新のHyperledger Fabricを利⽤した具体的なブロックチェーンの実装方法を解説するとともに、ブロックチェーンを実際に利⽤する方法や注意点などについてご紹介します。貴社でのご活用にあたり、ぜひともご参考にして下さい。

共有

今すぐ登録する

【大阪開催】マルチクラウド時代のITインフラ最新動向セミナー

【大阪開催】マルチクラウド時代のITインフラ最新動向セミナー

日時: 2018/3/02 午後 02:00 - 2018/3/02 午後 06:00

場所: フェスティバルスイート(中之島フェスティバルタワー37階)

詳細: 企業におけるデジタルイノベーションを加速させるには、ビジネス・スピードに応じて柔軟に対応できるIT基盤が求められます。その実現には、複数のクラウド・プラットフォーム間におけるリソースを統合して活⽤するマルチクラウド環境が不可⽋となりつつあります。当セミナーでは、デジタルイノベーションを⽀えるIT基盤運⽤を⽀援する、⾃動化や仮想化技術を活⽤した最新ソリューションをご紹介すると共に、セミナー後半ではご参加の皆さまから課題認識やお取り組みを共有いただきながら、課題解決に向けたアプローチを検討できればと存じます。

共有

今すぐ登録する

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

Watsonを活用した音声自動翻訳アプリを作ってみませんか?

2018/1/23

IBM Watsonは、Watson API を組み合わせ、リアルタイムで音声を多言語に翻訳するアプリケーション「Speech to Speech」を提供しています。日本語で話した音声をテキスト変換し英語に翻訳、その翻訳した英語テキストをAPIを使って読み上げる、といった一連の処理を動的に行うことで、通訳のようなアプリケーションを簡単に作成することができます。このアプリケーションの作成方法を解説したWebサイトを公開中で、動画もありとてもわかりやすい内容となっております。ぜひご覧いただき、無料で使用できるIBM Cloudから、実際にアプリ制作をお試しください!

共有

詳細はこちら

Watsonを無料で使える!?IBM Cloud ライト・アカウントご紹介

Watsonを無料で使える!?IBM Cloud ライト・アカウントご紹介

2018/1/04

「IBM Watsonを無償公開」という記事をご覧になられた方も多いかと存じます。機能は一部制限がありますが、Watson APIをはじめとするIBM Cloud上の主要なサービスをライト・プランとしてご用意しています。ライト・プランを組み合わせると、先進的なサービスを手軽に利用して、最先端のアプリケーションを手軽に短時間で開発し、ご利用いただけます。Watsonだけではなく、IoTやモバイルアプリケーションの試作品の作成など、ぜひIBM Cloudライト・アカウントをご活用ください。

共有

詳細はこちら

製造業のお客様における先進Watson活用事例のご紹介

多くの分野でAI(人工知能)やIoTの活用が盛んになっています。IBMでは昨年度の決算で、Watsonを活用したビジネスがすでに1兆円規模にまでなりました。そうは言っても、製造業のお客様ではどのようにAIを使っているのか、活用に向けたステップも含めて皆様にご参考にいただける情報をまとめました。お客様社内の情報活用のぜひご参考にいただけますと幸いです。

AI時代のビジネスへ-Watson活用エリア診断-

AI時代のビジネスへ-Watson活用エリア診断-

2017/7/21

「AIだとかCognitviveってどこから手を付ければいいのか分からない」とお悩みの皆様へ、IBM Webサイトにて簡単な診断サイトをご用意しました。いくつかのご質問にお答えいただくだけで、どこからWatson活用を進めるべきかヒントを提示させていただきます。AI活用して他社の一歩先へ出るために、ぜひご活用ください。

共有

詳細はこちら

IBMにおけるIoT(モノのインターネット)取り組みご紹介

IoTという言葉をここ1-2年でよく耳にされていても、一体どう自社のビジネスに活用するか?悩まれている方も多いと思います。IBMは多くのパートナー様、お客様と共に、製造業のお客様を中心に多くの事例を創出しています。IBMが実現したお客様のビジネス変革の事例、ソリューションをぜひご覧ください。

他サーバーからIBM i への移行に役立つ情報ポータル

他サーバーからIBM i への移行に役立つ情報ポータル

2017/5/26

現在、他社のオフコンや汎用機をお使いの皆様へ朗報です!堅牢性や高セキュリティ、保守性などに優れているのはもちろん、将来に渡っても安心してお使いいただけるPowerSystems (IBM i )への移行をいただくにあたり、お役に立てる情報を一元化しました。メーカー別に移行ツールの有無や事例を載せておりますので、国産オフコンや汎用機をお使いの皆様はぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

NECがオフコン事業からの撤退を発表。ユーザーはどこへ向かえばいいのか?

NECがオフコン事業からの撤退を発表。ユーザーはどこへ向かえばいいのか?

2017/5/26

IBM、富士通、NECと国内のオフコン市場で大きなシェアを誇った3社のうち、NECが正式に撤退を発表しました。今までオフコンや汎用機を使っていたお客様は今後自社の根幹を支える基幹システムをどうしていけば良いのか、ポイントを分かりやすく解説しております。是非ともご一読ください。

共有

詳細はこちら

2017年上半期版:セキュリティ最新動向レポート公開

2017年上半期版:セキュリティ最新動向レポート公開

2017/10/03

IBMでは、全世界10拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、Tokyo SOCが独自の視点で分析・解説したレポートを発行しています。全世界10拠点のSOCで15年以上蓄積されてきたセキュリティー・インテリジェンスを相関分析エンジンへ実装し、1日あたり200億件以上の膨大なデータをリアルタイムで相関分析しています。セキュリティ対策にお悩みの皆様は、ぜひ最新の脅威動向を把握するために、本レポートをご活用ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。