Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e34375@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: ENTGROWTH

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

User & IBM NEXT2018

User & IBM NEXT2018

日時: 2018/11/07 午後 01:00 - 2018/11/09 午後 01:00

場所: 札幌コンベンションセンター/北海道札幌市

詳細: 30年近くもの歴史を持つ、IBMユーザー研究会の一大イベントである"iSUC"が、今年は"User & IBM NEXT"として生まれ変わりました。ユーザーとIBMが「次の時代に向けた価値創造=NEXT」について一緒に考え、作り上げることで、お互いが最新技術とその活用方法を学び、体験することにより戦略的な活用と事業変革へのヒントを得るための大会です。全国より1,000名を超えるユーザー様との研鑽と交流の場として、ぜひご活用ください。(参加申し込みは10/19まで)

共有

今すぐ登録する

【大阪開催】IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn

【大阪開催】IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn

日時: 2018/10/16 午後 02:00 - 2018/10/16 午後 04:30

場所: グランフロント大阪 北館 コングレコンベンションセンター

詳細: IBMでは、Notes/Dominoの新バージョン 「V10」の発売にあたり、その全貌をご紹介するイベントを世界各国で開催します。日本においても、東京、大阪、名古屋の3都市で開催。V10の新機能をデモを交えてご紹介するほか、アップグレードに向けたご案内、最新テクノロジーを活用したDominoアプリケーション開発事例などをご紹介します。

共有

今すぐ登録する

化学業界に見る創造的破壊の萌芽

化学業界に見る創造的破壊の萌芽

2018/9/03

デジタル変革は企業の規模や業種を問わず、喫緊の大きな課題の一つとなっています。IBMではデジタル変革が遅れているとされていた化学業界において、どのような変革が起きているかをまとめたレポートをリリース致しました。サプライチェーンの逆流や研究開発へのAI適用、デジタル・プラットフォーマーの出現など、化学業界に起きている変革について、ぜひご参照ください。

共有

詳細はこちら

【AWS vs. IBM】ビッグデータ分析におけるIBM Cloudとの比較レポート

【AWS vs. IBM】ビッグデータ分析におけるIBM Cloudとの比較レポート

2018/7/25

外部調査会社(Principled Technologies)によって、ビッグデータ分析におけるAWSとIBM Cloudのベンチマーク・テストのレポートが公開されています。AWSとIBM Cloudのそれぞれの米英日の拠点間のデータ転送など、実際にファイルのやりとりを行なった際にどの程度のパフォーマンス差が出たのかをまとめられています。大量データの分析ややり取りには、ぜひIBM Cloudをご活用ください。

共有

詳細はこちら

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー -

デジタル改革の実践 - 改革を加速する3つのドライバー -

2018/7/25

デジタル技術はビジネスと社会との関係を一変させ、今やあらゆる伝統的な業界構造・業態を根本から変質させつつあります。もはやデジタル戦略とは単純なデジタル”化”やデジタルによる”事業変革”だけを意味しなくなっています。IBMでは業界地図を塗り替えるデジタル”改革”をお客様自らが実践する術を提言する資料をご用意しました。ぜひご一読ください。

共有

詳細はこちら

デジタル+経営戦略 〜破壊されるか、破壊者になるか?デジタル戦略で攻めの経営を〜

デジタル+経営戦略 〜破壊されるか、破壊者になるか?デジタル戦略で攻めの経営を〜

2018/7/17

今やデジタルを経営に活用することが当たり前になり、どこまで活用できるかによって、大きなビジネスチャンスを得られるか、あるいは他社によって潰されてしまうかが決まってしまうと言っても過言ではありません。IBMではお客様が破壊者としてデジタル時代で大きなチャンスを得るためのご支援を行っております。

共有

詳細はこちら

- エクスペリエンス革命 デジタルへの失望 – なぜ支持してくれない顧客がいるのか

- エクスペリエンス革命 デジタルへの失望 – なぜ支持してくれない顧客がいるのか

2018/5/07

米ガートナー社ピーター・ソンガード氏によると、「2020年には全ての企業がIT企業になる」と言われています。そのような世界になってきた時に、デジタルを活用してビジネスの成果を上げることが求められる一方で、誰も体験したことのないこの領域では試行錯誤も当然必要になります。IBMでは、デジタル革命を行う上でどのような難しさ、考慮点があるのかをレポートにまとめました。

共有

詳細はこちら

デジタル革命に勝利する「AIモノづくり戦略」

デジタル革命に勝利する「AIモノづくり戦略」

2018/3/19

モノづくりはハードウェアの機能を競う時代から、AIとIoTを活用した顧客に価値ある「コトづくり」を競う時代へと変化しています。典型的なのは、エンジンの性能で競っていた時代から、ソフトウェアへと移行した自動車業界の世界です。一方で、IoTは一層複雑化しつつある「モノづくり」の象徴的存在です。これまでの「エレ+メカ+ソフト」に加え、IoTを加えた4つを組み合わせる製品開発がこれからは拡大していくことでしょう。AI & IoT時代のイノベーションの動向とそれに伴う製品開発プロセスの変化をまとめました。

共有

詳細はこちら

スパコン世界1位!20京回/秒の計算が可能なコンピューター”Summit

スパコン世界1位!20京回/秒の計算が可能なコンピューター”Summit"

2018/6/15

アメリカ政府は、オークリッジ国立研究所にてIBMとともに世界一の性能を持つスパコン”Summit"を開発しました。AIに最適化された基盤として、IBMはテクノロジーを通じて人々の生活をより便利に快適にしていきます。

共有

詳細はこちら

キーワードは”仮想通貨”  2017年下半期 Tokyo SOC レポート発行

キーワードは”仮想通貨” 2017年下半期 Tokyo SOC レポート発行

2018/4/13

今年も最新のセキュリティ脅威動向をまとめたレポートが発行されました。これはIBMが全世界8拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、Tokyo SOCが独自の視点で分析・解説したものです。IBMでは、全世界のSOCで15年以上蓄積してきたセキュリティー・インテリジェンスを相関分析エンジンに実装し、1日あたり350億件以上の膨大なデータをリアルタイムで相関分析しています。最新のセキュリティ動向の把握にぜひご活用ください。

共有

詳細はこちら

2018年版 IBM Researchのテクノロジー予測「5 in 5」

2018年版 IBM Researchのテクノロジー予測「5 in 5」

2018/4/03

IBM Researchでは、世界中のIBM研究所が開発している画期的な研究の中から今後5年間でビジネスや社会を根本的に変えると考える5つのテクノロジー予測を「5 in 5」という形で紹介しています。今年3月に米国で開催されたIBMの今年最大のお客様向けイベントThink 2018にて、今年2018年の5 in 5が発表されました。ぜひ、これらのイノベーションをご確認ください。

共有

詳細はこちら

IBM i World 2018 関連イベント情報

IBM i World 2018 関連イベント情報

2018/3/19

2018年で、IBM i は30周年を迎えます。次の未来に向けた最新情報をお届けします。IBM i は、次の時代のお客様ビジネスをご支援するために、常に進化を続けており、今後もIBMは、IBM i への投資を続けてまいります。様々な最新情報をお届けするために、多くのイベントをIBM i のビジネス・パートナー様とともに、開催いたします。ご参加をお待ちしております。IBM i をお使いの皆様はもちろん、オフコンや汎用機などのサポート切れ、高額な保守料金にお悩みの皆様もぜひご参加ください。

共有

詳細はこちら

期限なしの無料アカウント「IBM Cloud」登場!〜革新的アプリを手軽に作ろう〜

東京都中央区のとあるオフィスビルにある「アイ・ビー開発」は、今注目されている開発会社だ。新しい技術や手法をいち早く取り入れ、顧客の要望に応えるアプリを開発している。ここに新たに入社した池澤あやかを迎えたのは、「特命デベロッパーとして活躍を期待している」というプロマネの驚きの言葉――。果たして、彼女はクライアントの要望に応えることができるのか?日経BP様とのタイアップ企画で、IBM Cloudを活用したアプリ作成方法をご紹介しております。手軽にAIも使える環境として、ぜひご利用ください。

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。