Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e28825@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

Webセミナーのご案内

Webセミナーのご案内

2018/8/01

IBM Webセミナーとは、Web会議サービスを用いてオンラインで開催するライブ・セミナーです。交通費や移動時間は不要です。Q&Aタイムだけでなく、セミナー中にもチャットにて直接講師にご質問をお寄せいただけます。

共有

詳細はこちら

”働き方改革”あIBMのビジネス・プロセス・オートメーション「基本的なRPAからインテリジェント・オートメーションへ」

”働き方改革”あIBMのビジネス・プロセス・オートメーション「基本的なRPAからインテリジェント・オートメーションへ」

2018/4/01

オートメーションによってフロントオフィスとバックオフィス部門の業務運用レベルを高めている企業が増えています。ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)によって単純な反復プロセスを自動化する動きが広まっているのは事実ですが、どこから始めたらよいのか、どうすればポテンシャルを最大化できるのかでお悩みの企業も少なくありません。そこで役立つのがIBMのプロセス・オートメーション・サービスです。

共有

詳細はこちら

<IBMの働き方改革ソリューション>

<IBMの働き方改革ソリューション>

2018/4/01

【AIを活用したナレッジ共有の促進】個人の知識や経験を組織の全員で共有・活用することで、業務の生産性は高まります。情報を組織全体でより効果的に共有し、そこから必要なナレッジに素早くアクセスできるようにすることが重要です。 クラウド・コンテンツ・マネジメント「box」と、IBM Watsonを連携させることで、組織全体での情報共有を促し、必要情報へのアクセスがスピードアップします。

共有

詳細はこちら

【IBMセミナーご案内】AIによる匠の技能継承   2018年12/12(水) 15:30~17:30 @箱崎事業所

【IBMセミナーご案内】AIによる匠の技能継承 2018年12/12(水) 15:30~17:30 @箱崎事業所

2018/12/04

このセミナーでは、AIによる匠の技術継承の実現方法と、それを支えるEquipment Maintenance Assistantソリューションの機能を、デモ等を踏まえて分かりやすく紹介します。(会場)日本アイ・ビー・エム 本社 東京都中央区日本橋箱崎町19-21・参加費無料/事前登録制 (定員20名)(お申し込み)以下をご記入のうえ、IBMWIoT@jp.ibm.com までメールでお申し込みください。件名:「AIによる匠の技能継承」セミナー申し込み本文:【必須項目】・お名前:・ご連絡先のe-メール・アドレスもしくは電話番号:・勤務先会社名または所属団体名

共有

詳細はこちら

サイバー・セキュリティーの脅威に対するIBMセキュリティーの高い対応力

サイバー・セキュリティーの脅威に対するIBMセキュリティーの高い対応力

2018/10/23

サイバー・セキュリティーの脅威について言えば、影響を受けない者はありません。実際に焦点は「もし攻撃されたら」から「どうすれば迅速に対応できるか」に移ってきており、この状況が近い将来に変わることはなさそうです。ポイント製品を重ね合わせた従来型のセキュリティー防御戦略は、再考する必要があります。 貴社における最大のセキュリティー・リスク」は何ですか?貴社の業界はどのようなセキュリティー課題に直面していますか?IBMのセキュリティーソリューションで解決のための検証をご検討してみてはいかがでしょうか。

共有

詳細はこちら

IBM Watson 活用例

2018/4/03

国内で幅広い業界の約200社にすでに導入されているIBM Watson。AI「Augmented Intelligence (拡張知能)」としてWatsonを業務に活用した事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

IBM Planning Analyticsのご紹介

IBM Planning Analyticsのご紹介

2018/8/09

予算策定、予実管理のプロセスを効率化し、アナリティクスによる洞察を加えて予算管理の精度を高めます。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。