Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e28825@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

ビッグデータや機械学習のためのインフラストラクチャー 【IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanix】

2018/5/15

Nutanix Enterprise Cloud PlatformとIBM Power Systemsを結合したハイパーコンバージド・インフラストラクチャーソリューションは、トランザクションとアナリティクスのワークロードのために管理と拡張が容易なインフラストラクチャーを実現します。Nutanixの分散ファイル・システムとデータサービスにより、ストレージ専用機は不要になります。ビジネス変革のために既存インフラストラクチャー全体を取り替える必要はありません。データ集約型のワークロードを実行するためのサーバーに配置するだけです。

共有

詳細はこちら

【IBM i World 2018】

【IBM i World 2018】

日時: 2018/7/06 午後 02:00 - 2018/7/06 午後 05:30

場所: 大阪市北区中之島2丁目3番18号 中之島フェスティバルタワー37階

詳細: IBM i は1988 年の AS/400 発表から 30 周年を迎えました。さてこの度「IBM i とともにAI時代の勝者へ」をテーマに IBM i World 2018を開催させていただく運びとなりました。IBM i 7.3最新情報や、新発表のPOWER9 搭載 Power Systemsをはじめとする最新の関連テクノロジーを紹介いたします。ぜひご参加のほど、よろしくお願い申しあげます。◆日時:7月6日(金曜日) 14時~17時30分 (受付開始 13時30分)◆場所:中之島フェスティバルスイート

共有

今すぐ登録する

【Think Japan】 2018 のご案内

【Think Japan】 2018 のご案内

日時: 2018/6/12 午前 10:00 - 2018/6/12 午後 06:00

場所: グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区高輪 3-13-1)

詳細: 弊社国内最大のイベントを6月12日に開催させて頂く予定です。場所が品川となりますが、ご都合があえば是非とも申し込みいただきたく何卒よろしくお願いいたします。IBM Watsonのビジネスへの適用や、IBM クラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心に最先端のテクノロジーへの知識を深めていただくための 幅広いコンテンツをご用意しております。(会期)2018年6月12日(火)10:00~18:00(招待コード:srfy8vvysr)

共有

今すぐ登録する

IBM Watson 活用例

2018/4/04

国内で幅広い業界の約200社にすでに導入されているIBM Watson。AI「Augmented Intelligence (拡張知能)」としてWatsonを業務に活用した事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

<IBMの働き方改革ソリューション>

<IBMの働き方改革ソリューション>

2018/4/01

【AIを活用したナレッジ共有の促進】個人の知識や経験を組織の全員で共有・活用することで、業務の生産性は高まります。情報を組織全体でより効果的に共有し、そこから必要なナレッジに素早くアクセスできるようにすることが重要です。 クラウド・コンテンツ・マネジメント「box」と、IBM Watsonを連携させることで、組織全体での情報共有を促し、必要情報へのアクセスがスピードアップします。

共有

詳細はこちら

”働き方改革”あIBMのビジネス・プロセス・オートメーション「基本的なRPAからインテリジェント・オートメーションへ」

”働き方改革”あIBMのビジネス・プロセス・オートメーション「基本的なRPAからインテリジェント・オートメーションへ」

2018/4/02

オートメーションによってフロントオフィスとバックオフィス部門の業務運用レベルを高めている企業が増えています。ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)によって単純な反復プロセスを自動化する動きが広まっているのは事実ですが、どこから始めたらよいのか、どうすればポテンシャルを最大化できるのかでお悩みの企業も少なくありません。そこで役立つのがIBMのプロセス・オートメーション・サービスです。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。