Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e27513@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【10/30 Webセミナー】システム復旧の自動化を支えるオーケストレーション・テクノロジーとは 〜システム停止した時、あなたは自信を持って切り替えできますか?〜

2017/10/17

IT変革に伴いシステムの常時稼働(Always On)がより重要となっている昨今、システム復旧環境は整っていても、「環境が複数あり対応が複雑である」「リハーサルの実施は調整が結構大変である」「特定の人がいないと復旧できない」といった悩みをお持ちではないでしょうか?当セミナーでは、システム復旧手順の標準化/自動化やプロセスの可視化を実現するための「オーケストレーション・テクノロジー」の特徴を分かり易くご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

映画「ドリーム」とIBM

2017/10/17

現在公開中の映画「ドリーム」は、NASAによる宇宙開発を新たな視点から伝え、その偉業を支えた歴史上知られざる3人の女性数学者たちの史実に基づく物語ですが、「人間コンピューター」と呼ばれた彼女たちは、IBMの初期のメインフレーム「IBM7090」を用いて、マーキュリー計画を支え、アメリカ初の有人宇宙飛行に多大な貢献をしました。このIBM7090は、映画内でも登場しています。これからご覧になる方は、その辺りにも注目して観てみてくださいね。

共有

詳細はこちら

2017年上半期 Tokyo SOC情報分析レポート

2017/10/03

東京を含む全世界8拠点のIBMセキュリティー・オペレーション・センター(IBM SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として日本国内の企業環境で観測された脅威動向を、Tokyo SOCが独自の視点で分析・解説した「2017年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。観測した攻撃を分析した結果、「WannaCry登場により基本的対策の重要性を再確認」「不正メールの添付ファイルが多様化」「深刻な脆弱性公開に備えて経営層の事前判断が必要」が浮かび上がりました。ぜひダウンロードしてご覧ください。

共有

詳細はこちら

【サーバー&ストレージ導入事例】株式会社 横浜銀行

2017/8/08

さまざまなコンタクト・チャネルを使って行われるお客さまとのコミュニケーションを統合管理し、より価値のある顧客体験を提供するためのマーケティング・ツールとして、IBM InteractとIBM Campaignを採用しました。さらに、複数のシステムと即座に連携しながらスピーディーに適切な情報提供を行うため、システム基盤には高信頼サーバーIBM Power Systemsと超高速オールフラッシュ・ストレージ IBM FlashSystemを採用。信頼性とセキュリティーに優れたシステム基盤が、横浜銀行のオムニチャネル・マーケティングを支えています。

共有

詳細はこちら

IBMスタディ:共に未来を創る ブロックチェーン – 「先駆者」が示す3つの方向性

2017/7/25

IBMは、経営者を対象にブロックチェーンに関する展望を探る過去最大の調査を行い、レポートをまとめました。世界の約3分の1の経営者がブロックチェーンについて積極的に検討し、取り組み始めています。既にブロックチェーンに取り組んでいる先駆者達からどのようなことを学べるでしょうか?ぜひダウンロードしてご確認ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。