Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e23648@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

データサイエンティストを育成する企業のための次世代分析基盤セミナー

日時: 2017/9/21 午後 03:00 - 2017/9/21 午後 05:00

場所: 東京日本橋 (IBM 本社)

詳細: 分析プラットフォームの全体像をご紹介するとともに、データサイエンティスト・チームとして分析に取り組む際の効果的な活用方法についてご紹介

共有

今すぐ登録する

APIエコノミー成功の鍵 セミナー -API、モバイル、IoTを活用したデジタル時代のITシステムとは-

日時: 2017/9/08 午後 02:00 - 2017/9/08 午後 05:00

場所: IBM 大阪事業所

詳細: 様々な業種におけるAPIエコノミーの成功事例とともに、デジタル時代のITシステムのあるべき姿についてご紹介

共有

今すぐ登録する

社内の蓄積したノウハウをChatbotで活用

社内の蓄積したノウハウをChatbotで活用

2017/8/13

チャットボットソリューション 「CB1」 : 今話題のチャットの仕組みです。NDIソリューションズ株式会社の「IBM Watsonを活用した法人向けチャットボットソリューション」です。月額料金480,000円~(税抜)。チャットで蓄積した問合せデータをから精度の高い回答や有効な分析に活用出来るようになります。

共有

詳細はこちら

データ活用の取り組みに対する検討協議資料 (不良要因分析編)

2017/8/13

不良発生件数を抑えるという課題改善のため、製造工程記録およびセンサーデータを使って分析を行います。本分析では、IBM SPSS Modelerを使った不良判定の要因分析を紹介します。本分析は、分析結果の精度向上を目的としたものではなく、分析を実施して見えてきた可能性や課題をご理解をいただき、今後のデータ活用方法の検討やデータ解析プロジェクトの推進を行うことを目的としております。

共有

詳細はこちら

~製造業 生産技術部門向けソリューション~ 品質予測分析と自動化ソリューションのご紹介

2017/5/27

従来の生産技術シーンにありがちな試行錯誤や経験に依存した工程条件決定では、コスト低減や品質向上にも限界あると感じている方も多いのでは無いでしょうか?センシング技術、IoT/M2Mという技術進歩、そこから収集される多種多様なデータ(ビッグデータ)を元にした、分析に寄せられる期待が高まっています。

共有

詳細はこちら

品質予測分析と自動化(PQAA)体験ワークショップのご紹介

日時: 2017/9/06 - 2017/12/07

場所: 株式会社 日立ソリューションズ東日本 東京事業所(川崎)

詳細: 品質予測分析と自動化(PQAA)体験ワークショップでは、「分析でよくあるハードル」を乗り越えるための進め方と分析ツールをご体験いただけます。ワークショップ終了後は懇親会(参加費無料)もご用意しておりますので、様々な企業様間での意見交換の場としてもご活用いただける有益な機会でございます。毎月開催ておりますので是非ともご参加ご検討宜しくお願い申し上げます。6月1日(木)、7月5日(水)、8月3日(木)、9月6日(水)、10月3日(火)、11月8日(水)、12月7日(木)

共有

今すぐ登録する

ランサムウェアに関する関連情報 (X-Force Research : 資料ダウンロード)

2017/5/20

1.企業の重要なデータが「人質」となったら、あなたは身代金を払いますか?2.サイバー犯罪者たちはどのようにして、ユーザー・データを人質にとるか

共有

詳細はこちら

IBM ソーシャルメディア・プレイス

2017/1/20

最新情報をTwitter、YouTube動画、Facebookページ、メールマガジンにてお届けいたします。ご興味ある分野をぜひブックマークやご登録ください。

共有

詳細はこちら

IBM お客様導入事例

2017/1/20

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例をご紹介しております。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。