IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e23648@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

AI によるカスタマー・エクスペリエンスの向上

AI によるカスタマー・エクスペリエンスの向上

2018/12/03

World Wide Webがデジタル・フロンティアであった1990年代、企業はこぞってオンライン上にwwwの実績作りを急いだ。今日のAIは、CX(カスタマー・エクスペリエンス)に対してこの時と同等かそれ以上の変化をもたらしている。この変化の影響や意味を知るために、世界7業界1,194名の経営層に意見を伺った。

共有

詳細はこちら

スマート・ファクトリー実現への道(スマートファクトリー特集)

2018/11/27

製造業は次世代に受け継がれるべき基幹産業です。しかし、日本の生産人口は減少し続け、いかにして「匠」の技術を継承していくかが喫緊の課題となっています。工場設備にはさまざまなセンサーや通信モジュールが実装され、生産ラインの状態監視や故障の未然防止などに役立てられています。さらには、モバイルやウェアラブル・デバイスなどを活用した技術により、モノと人との協調による生産環境の改革が進められています。このような先進テクノロジー活用の延長戦上に、匠の技術の継承、そして日本の製造業が目指すべき未来があります。

共有

詳細はこちら

IDの未来を考える:生体認証は主流となり、利便性よりもセキュリティーが優先される

IDの未来を考える:生体認証は主流となり、利便性よりもセキュリティーが優先される

2018/11/08

パスワードはもはや機能しない、という噂は、やや誇張され過ぎかなとも思うのですが、大規模なデータ漏洩事件・事故を振り返ってみると、私たちのメールアドレス、パスワード、そして社会保障番号を含む個人情報は、もはやオンライン上で自分のアイデンティティーを証明するものではなくなっている、と言わざるをえません。同時に、バイオメトリクスといった、よりユニークなデータを認証に使ったりできる選択肢も普及しはじめています。例えば、個人のデバイスですでに広まっている指紋スキャンや、最新モデルのスマートフォンでは顔認証といったものが主流となりつつあります。

共有

詳細はこちら

【最新レポート】ブロックチェーンが引き起こす劇的な変革のシナリオ: デジタル通貨と決済

【最新レポート】ブロックチェーンが引き起こす劇的な変革のシナリオ: デジタル通貨と決済

2018/10/29

ブロックチェーン・ネットワークの多くが現時点ではまだ実証実験の段階にとどまっています。しかし、学術的な研究実験から中央銀行によるデジタル通貨/プログラマブル・マネーの発行に至るまで、その利用は多岐にわたり、本格導入はまだ緒に就いたばかりですが、確実にかつ急速にその歩みを進めています。当レポートでは、ブロックチェーンを活用したデジタル・アセット(暗号通貨)によって複雑な決済プロセスを単純化することで、時間やコストを大きく削減するデジタル・アセット・モデルという革新的なソリューション事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

【導入事例】IBM Kenexa 職業的パーソナリティ調査を活用して個々の性格特性を客観的に把握、お互いをより深く理解できたことで、チーム力が大幅に向上。

【導入事例】IBM Kenexa 職業的パーソナリティ調査を活用して個々の性格特性を客観的に把握、お互いをより深く理解できたことで、チーム力が大幅に向上。

2018/10/29

植物を使った空間をプロデュースしているparkERsでは、デザイナー、プランツコーディネーターなど異なる分野で高い専門性を持つ社員が1つのチームとなり、緑化空間を生み出しています。組織運営において、それぞれに高い専門性を持つ個性の強い社員が協力し合い、大きな成果を生み出すチームをつくることは容易ではありません。そこで同部は、IBM Kenexa 職業的パーソナリティ調査を活用して管理職の性格特性を把握。各自が性格上の強みだけでなく弱みもさらけ出し、お互いをより深く理解できたことで、チーム力が大幅に向上。今後のチーム編成のための戦略的指標も得ることができました。

共有

詳細はこちら

【新着レポート】AIによるカスタマー・エクスペリエンスの向上 -CX戦略、デザインおよび開発の急激な変化-

【新着レポート】AIによるカスタマー・エクスペリエンスの向上 -CX戦略、デザインおよび開発の急激な変化-

2018/10/29

World Wide Webがデジタル・フロンティアであった1990年代、企業はこぞってオンライン上にwwwの実績作りを急いだ。今日のAIは、CX(カスタマー・エクスペリエンス)に対してこの時と同等かそれ以上の変化をもたらしている。この変化の影響や意味を知るために、世界7業界1,194名の経営層に意見を伺った。

共有

詳細はこちら

ビジネスのためのクラウド「IBM Cloud」が選ばれる理由

ビジネスのためのクラウド「IBM Cloud」が選ばれる理由

2018/10/29

IBM Cloudは、違います。データやAIを活用したビジネスを、セキュアに加速させる環境を提供します。オンプレミス環境がそのまま移行できる、「ベアメタル環境」をご提供しています。また、「VMware on クラウド」もすでにご提供可能で、既存VMwae環境をそのまま「リフト」2016年からサービス開始しています。詳細は、リンク先の資料をご参照ください

共有

詳細はこちら

UIPath日本語版正式リリース(お見積もりのご依頼・ご相談は桑原まで)

2018/10/26

UiPath社、RPAソフトウェアの最新版「UiPath 2018.3」を提供開始~ユーザーインターフェースおよびアクティビティの日本語化対応のほか、数々の新機能を追加

共有

詳細はこちら

HCIは今後の仮想化基盤の新たな潮流となりつつあります。

HCIは今後の仮想化基盤の新たな潮流となりつつあります。

2018/10/21

条件によっては、クラウドサービスよりもオンプレミスのサーバープラットフォームを選んだほうが安くつくとの判断から、基幹システムを再構築するための基盤として、HCI (仮想化アプライアンスサーバー)をご導入されるお客様が増えております。ご検討資料をリンク先に添付しておりますので、是非ともご確認お願いいたします。

共有

詳細はこちら

計画・予算管理、予測分析の最適ソリューション「IBM Planning Analytics」ご紹介

計画・予算管理、予測分析の最適ソリューション「IBM Planning Analytics」ご紹介

2018/10/09

「計画」「実績」「分析」を1つに、取引先ごとの単価・値引/返品・廃棄も包括した需給計画と実績管理を実現します。例えば、製造部門における「適正な在庫管理」や経営企画部門の「予測値算出」などの複雑な処理をテンプレートでご提供いたします。財務・営業・購買・マーケティングなど多方面のユーザーによる容易で高度な分析を可能にします。

共有

詳細はこちら

【無料評価版】計画立案、予算編成、予算策定、予実管理、報告の一連のプロセスにアナリティクスを組み込み、収益の最大化を支援します

【無料評価版】計画立案、予算編成、予算策定、予実管理、報告の一連のプロセスにアナリティクスを組み込み、収益の最大化を支援します

2018/10/09

IBM Planning Analytics:不安定、不確実、リスクの世界に対応したパフォーマンス管理の7つの機能:予測分析、モデリング、レポーティング、コラボレーションのすべてを実現するクラウドベースのソリューション、IBM Planning Analytics。経営にスピードと精度をもたらす、ビジネス・パフォーマンス管理の7つの機能についてご紹介します。

共有

詳細はこちら

【人材の離反防止】IBM Kenexa職業的パーソナリティー調査を活用して採用プロセスを刷新短期離職率改善とサービスクオリティ向上を目指す

【人材の離反防止】IBM Kenexa職業的パーソナリティー調査を活用して採用プロセスを刷新短期離職率改善とサービスクオリティ向上を目指す

2018/10/09

医療事務、介護サービス、保育サービスを展開する株式会社ソラスト(以下、ソラスト)は、医療事務事業の年間採用者の40%近くが1年以内に離職する状態を改善するため、応募者個人の特性や希望する働き方を把握するオンライン・アセスメントを実現するIBM Solutionを活用されました。

共有

詳細はこちら

SCM領域における動向と事例のご紹介

SCM領域における動向と事例のご紹介

2018/10/09

IBMのこれまでの経験から計画・生産管理領域の課題は、調達・生産・在庫/物流・販売の領域に渡り、戦略・計画/管理・実行の各コンポーネント上に9つの課題にまとめられます。1部分でありますが、課題解決の事例をまとめましたのでご紹介させていただきます。

共有

詳細はこちら

~社内サー バそのまクラウドに移行しよう ~VMware環境 をオンプレミス からクラウド へ「リフト 」するためのポイントとは?

2018/10/09

クラウド移行するメリットはわかっているものの、さまざまな要因で検討段階のままであるシステムが数多く存在すると思われます。一般的には、クラウドへの移行は「リフト&シフト」が最適解とされ、まずは何もルールを変えず、そのまま「リフト」することがよいとされています。本書(添付Whitepaper)においては、オンプレミスVMware環境を「リフト」するためのポイントを整理するとともに、リフト先の環境として実績があるIBM Cloud、および構築・運用を積極的に行なっているエルテックス社の事例をご紹介します。

共有

詳細はこちら

IBM Watson日本語版を用いたAI社内お問合せシステムのご紹介

IBM Watson日本語版を用いたAI社内お問合せシステムのご紹介

2018/10/09

人事担当者の業務効率化(学生からの問い合わせ対応をチャットボットで)、社員から情報システム部門へのシステムに関する使用方法やトラブル対応などのヘルプデスク対応を効率化に貢献しています。ヘルプデスクの社員満足度は非常に高いが、問合せ対応に多くの時間を割いていた。この満足度を維持しながら付加価値の高い業務に移行できるようにAI導入を検討。社内ヘルプデスクに対する満足度の維持と社員の働き方改革(業務効率化、残業時間削減、テレワークの推進)の実現に向けて運用中。Watsonの導入により問い合わせ数が約35%減少(約4ヶ月の運用)

共有

詳細はこちら

AIお問い合わせシステムのご紹介

2018/10/09

木村情報技術様は、IBM Watsonを活用した情報提供システムの構築・提供を推進しています。IBM Watsonは、人との質疑応答を繰り返すことによって、Watsonが仮説を立てて自己学習し、回答の精度を高めていくという特長を持っています。お客様サポートセンターや社内向けのサポートセンターなどのコールセンターのオペレーターに代わって、膨大な過去データをもとに学習したWatsonが一次回答を行います。Watsonが回答することにより、24時間いつでも問い合わせを受付け、回答を行うことができます。サポートセンターの効率化はもちろん、データの蓄積による問い合わせ対応の向上が見込めます。

共有

詳細はこちら

社内の蓄積したノウハウをChatbotで活用

社内の蓄積したノウハウをChatbotで活用

2018/10/09

チャットボットソリューション 「CB1」 : 今話題のチャットの仕組みです。NDIソリューションズ株式会社の「IBM Watsonを活用した法人向けチャットボットソリューション」です。月額料金480,000円~(税抜)。チャットで蓄積した問合せデータをから精度の高い回答や有効な分析に活用出来るようになります。

共有

詳細はこちら

全米オープンテニス、絶対に見逃せない決定的シーン

全米オープンテニス、絶対に見逃せない決定的シーン

テニスファンは、スコアや選手、トーナメントや試合のハイライトの情報を通じ、世界のどこにいても試合を身近に感じたいと思っています。全米オープンテニスを主催する全米テニス協会は、2017年大会において、AIを活用した新しいスポーツ体験の提供を開始しました。

共有

視聴する

AI in a Box - IBM Watson ソリューションパッケージ

AI in a Box - IBM Watson ソリューションパッケージ

2018/2/04

多くの企業でお悩みの業務を抽出し、クイックに導入いただけるソリューションをご用意しました。
自社の業務に適用できるソリューションを見つけ、競争優位を高めるためにも早く着手いただくことをオススメします。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。