Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e19924@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

11/6 IBM i NEXT (お客様・パートナー様向け)開催

2018/9/21

11月6日(火曜日)にイベント「IBM i NEXT」を開催いたします。"Java地獄からの脱出"および"AI革命の成功"をテーマに、立命館大学様と株式会社ブレーンスタッフコンサルタンツ様にご講演いただくほか、IBM GlobalのIBM i 開発責任者、Db2 for i 開発者、IBM i 営業責任者による貴重なセッションをお届けいたします。Web経由でのライブ中継を同時に実施します。

共有

詳細はこちら

9/25 17:00-18:00:Watson Discoveryを触ってみよう!

2018/9/19

Watson Discoveryは大まかにいうと「検索システム」ですが、ただの検索システムではありません。大量のデータに対してテキスト分析を行いタグ付けを行うことで、適切な意思決定ができるよう支援するシステムです。検索精度を上げるランカー機能もありますが、まずは触ってみないことには具体的なイメージが湧きませんよね。このハンズオンでは、Discoveryを使った簡単な検索アプリケーションを作成します。さぁ、Watson Discoveryを触ってみましょう!

共有

詳細はこちら

Node-RED日本ユーザー会

2018/9/19

Nodeでの開発が理解できてきたらNode-REDで接続を効率化していきましょう。NodeーRED開発ツールも便利。

共有

詳細はこちら

ソフトウェア技術を教えてくれるオープンソースのワークショップ:NodeSchool

2018/9/19

Nodeの開発者向けのサイトです。独学もよし、ワークショップに参加もよし。

共有

詳細はこちら

気象データがもたらすビジネスインパクト予測の衝撃

2018/8/21

AIやIoTなどのテクノロジーの進化により、気象データを活用した新しいビジネスや既存ビジネスに変革が起きている。「天気」はさまざまなビジネスに多大な影響を与えるが、現在、そのデータは企業においてどのように利用されているのか。具体的な事例や活用法について、企業向けに気象データと気象のビジネスへのインパクト分析に基づくソリューションを提供する「The Weather Company」の事業責任者と、日本アイ・ビー・エム株式会社に所属する気象予報士に話を聞いた。

共有

詳細はこちら

【IBM Watson導入事例】チャットボットによる「バーチャルアシスタント」を導入、24時間365日お客さまをサポートする体制を整備

2018/8/21

関西を中心にFTTHサービスを展開する株式会社ケイ・オプティコムは、個人のお客さま向けサービスの競争力強化とお客さま満足度向上のため、チャットボット・サービスの提供によるお客さまサポートの拡充に取り組みました。AIの専門知識を持たない担当者でも学習等の運用・メンテナンスができるという観点から、IBM Watsonを選定し、3カ月間検証を実施。問い合わせ件数が多い質問トップ100について目標とする80%以上の正答率を達成したことから本格導入に移行。2017年8月にWeb版「バーチャルアシスタント『つなぐ』」がお客さま対応を開始し、24時間365日のサポート体制を実現しました。

共有

詳細はこちら

デモ:Watsonの画像認識APIでアプリ構築

2018/7/12

Watsonの画像認識API(Visual Recognition)は、ディープラーニングのアルゴリズムを活用して様々な画像を学習し、画像に含まれているモノや動物、人の顔などを分析します。こちらの動画では、APIの概要に加え、以下の内容を具体的な画面にてご説明しています。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。