Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e19423@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

【Webセミナー】実証から実装段階へ - ブロックチェーンで実現される新しいビジネスの世界

【Webセミナー】実証から実装段階へ - ブロックチェーンで実現される新しいビジネスの世界

2018/8/02

ブロックチェーンは、これまでの概念を覆し、ビジネスを大きく飛躍させる画期的なテクノロジーです。これまで水面下で実証実験を重ねてきたプロジェクト 群は、2018年度に次々と本番稼働を目指しております。本セッションでは、現在、弊社がお客様と共に進めている数多くの事例から、特に業界を大きく刷新 させるプロジェクトを取り上げ如何に世の中が変革されるかをご紹介します。

共有

詳細はこちら

【無償ハンズオン】始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー

【無償ハンズオン】始めてみよう!「VMware on IBM Cloud」体験セミナー

2018/8/02

VMware on IBM Cloudの無償ハンズオンを開催いたします。既存システムのクラウド移行やクラウドとの連携など、VMware環境のクラウド化の際に重要となる実践的なスキル、ノウハウのエッセンスを習得していただきます。

共有

詳細はこちら

VMware VDP提供終了の影響は? 「直前対策」では間に合わない VMwareユーザーが本気で取り組むべき「バックアップ計画の見直し方」

VMware VDP提供終了の影響は? 「直前対策」では間に合わない VMwareユーザーが本気で取り組むべき「バックアップ計画の見直し方」

2018/5/11

本セミナーは2017年12月5日(火)にライブ配信した内容を収録したものです。本セミナーでは、バックアップ計画見直しのよくある課題と対策を整理して解説、現代的なバックアップ手法を最少コストで実践するための手法を紹介します

共有

詳細はこちら

IBMのオール フラッシュ ストレージが業界随一のパフォーマンスを実現できる理由

IBMのオール フラッシュ ストレージが業界随一のパフォーマンスを実現できる理由

2018/5/11

SSD を搭載した一般的なフラッシュ ストレージと比較して、IBM FlashSystemは独自設計によるハードウェアでブレークスルーを実現。SSDよりも、5-10倍高速で、業務スピードを劇的に向上させます。

共有

詳細はこちら

様々な業務アプリケーションを「シンプル」に高速化する

様々な業務アプリケーションを「シンプル」に高速化する

2018/5/10

国内オールフラッシュ市場で5年連続ナンバーワンの実績を誇るIBMオールフラッシュ・ストレージ。 業種や企業規模を問わず I/O 処理の課題を解消し、業務スピードアップやIT基盤のシンプル化、Oracle 関連コストの削減などを実現します。

共有

詳細はこちら

SUBARUと日本IBMが高度運転支援システムで協業

SUBARUと日本IBMが高度運転支援システムで協業

2018/5/10

SUBARUの「アイサイト」は2つのカメラで立体を認識するステレオカメラという技術を活用して実用化されている。そこでは、映像という大容量データを使って開発を続けなければならないという困難さが常につきまとってきた。

共有

詳細はこちら

IBM お客様事例

2018/1/15

業種、ビジネス課題、ソリューションから、お客様事例の検索ができます。

共有

詳細はこちら

次世代テープ規格 LTO-8 対応テープドライブおよびテープライブラリーの発表

2018/1/15

10/10 付けで次世代テープ規格である LTO-8 (LTO Ultrium 8) 対応テープドライブおよびテープライブラリーが発表されました。LTO-8 準拠のカートリッジは1巻当り 12TB の容量(2.5:1圧縮時で 30TB)、LTO-7 のカートリッジに比べ2倍の容量となります。 また、データ転送速度はフルハイトドライブで 360MB/秒、ハーフハイトドライブで 300MB/秒となります。 LTO-8 テープドライブは、LTO-7 のメディアの Read/Write が可能です。 従来通り LTFS および暗号化にも対応しています。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。