IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e08927@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

スケールアップ・サーバーが加わったPOWER9プロセッサー搭載サーバーのラインナップ

スケールアップ・サーバーが加わったPOWER9プロセッサー搭載サーバーのラインナップ

2019/1/15

2018年8月、IBM POWER9プロセッサーを搭載するスケールアップ・サーバー IBM Power System E980とIBM Power System E950が、IBM Power Systemsのラインナップに加わりました。2017年12月に発表されたIBM Power System AC922、2018年2月発表のスケールアウト・サーバー、5月発表のLinux専用サーバー、そして今回発表のスケールアップ・サーバーを加えたPOWER9プロセッサー搭載サーバーのラインナップをブログにまとめております。

共有

詳細はこちら

【IBM RPA導入事例】デジタライゼーションに舵を切った荏原製作所様の挑戦

【IBM RPA導入事例】デジタライゼーションに舵を切った荏原製作所様の挑戦

2019/1/15

株式会社荏原製作所様のIBM RPA&IBM Datacap導入事例です。70万件に及ぶ紙の設計図面情報をデジタル化し、製品寿命の長いポンプの保守メンテナンスの効率化と新製品設計への再利用を実現しました。

共有

詳細はこちら

AIを活用した製品品質検査工程の省力化事例

AIを活用した製品品質検査工程の省力化事例

2019/1/15

IoTやAIといった先進テクノロジーによって実現していこうという、新たな品質管理力向上の潮流が生まれています。AIによる品質検査工程省力化のお客様事例や、従来の画像認識システムから、IBMのIBMのコグニティブ画像解析認識システム「IBM Visual Insights」を使った品質検査システムのメリットをご紹介しております。

共有

詳細はこちら

第一三共様 創薬研究基盤としてのゲノム解析基盤を強化。膨大なオミクスデータを蓄積し自由自在な解析を可能に

第一三共様 創薬研究基盤としてのゲノム解析基盤を強化。膨大なオミクスデータを蓄積し自由自在な解析を可能に

2019/1/15

がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」をビジョンに掲げる第一三共株式会社様では、ゲノム解析を中心としたオミクスデータ解析に積極的に取り組んでいます。競合他社に勝る研究開発を推進するためには、膨大なシーケンスデータや解析データを格納し、迅速に解析するための解析基盤が必要とされていました。この課題解決のためにIBMのSoftware Defined Storageを活用した階層型ストレージシステムと、GPUを搭載したIBM Power Systemsをご選択いただきました。

共有

詳細はこちら

[IBM Systems Japan ブログ] クラウド化による次世代システム基盤への変革

[IBM Systems Japan ブログ] クラウド化による次世代システム基盤への変革

2019/1/15

クラウドの活用とその俊敏性や回復力といった特性を、IBM Cloud Privateによってオンプレミス環境でも活かすことができます。ミッションクリティカルな業務に使われることの多いIBM Power Systemsに対応しており、クラウド環境への親和性を高めつつ、従来システムの運用効率を改善することができます。ブログでは、IBM AIXの仮想マシンをデプロイしている様子をご紹介するビデオもご紹介しております。

共有

詳細はこちら

AI倫理のためのガイドを発表

AI倫理のためのガイドを発表

2019/1/15

「AI倫理」という言葉をご存知ですか?それは、AIが私たちの生活を支える存在となる中で、社会とAI、ユーザーと機械、開発者とユーザーとの信頼を担保するための重要なキーワードです。IBMは信頼と透明性に基づいたAIを設計、開発するためのガイドラインを発表しました。

共有

詳細はこちら

IBM PowerAI Vision - ディープラーニングに特化した、オンプレミスサーバ用の画像解析アプリケーションです。

IBM PowerAI Vision - ディープラーニングに特化した、オンプレミスサーバ用の画像解析アプリケーションです。

2019/1/15

ディープ・ラーニングの特別な専門知識がなくても、 IBM PowerAI Visionを使えばプログラミングなしのGUI操作のみで簡単に物体検出や画像分類の学習モデルを作成できます。

共有

詳細はこちら

IBM i NEXT セッション資料公開

IBM i NEXT セッション資料公開

2019/1/15

2018年11月6日(火曜日)に東京で開催されたセミナー「IBM i NEXT」の講演資料、 及び、セッションの動画をダウンロードいただけます。

共有

詳細はこちら

診療報酬への反映を見据えた「医用画像AI分析」は2018年が大きなカギに

診療報酬への反映を見据えた「医用画像AI分析」は2018年が大きなカギに

2019/1/15

AIを活用した画像分析を支援するディープ・ラーニング開発基盤「IBM PowerAI Vision」なら、高度な専門知識がなくても、ディープ・ラーニングの実装に必要な作業を簡単に実現します。

共有

詳細はこちら

【IBM i 活用お客様事例】九州三菱自動車販売株式会社様 「接客の質」を大きく変えた、基幹システムとOSSの連携

【IBM i 活用お客様事例】九州三菱自動車販売株式会社様 「接客の質」を大きく変えた、基幹システムとOSSの連携

2019/1/15

九州三菱自動車販売は、顧客サービス向上のために、IPカメラで読み取った車両のナンバーをもとに、来店客の情報をリアルタイムで通知するシステムを構築しました。顧客情報を管理しているIBM i 搭載 IBM Power SystemsとIPカメラの制御コントローラーを連携させる仕組みはオープンソース・ソフトウェアを用いて独自に開発。迅速かつ柔軟な接客対応を実現しています。

共有

詳細はこちら

製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?

製造業でのディープラーニング活用、足踏みせずに実現するための最適解は?

2019/1/15

ディープラーニングの活用に踏み出そうとしている製造業企業が増えています。しかし、自社で実装するにはハードルは高いという声がまだまだ一般的な状況です。ディープラーニングの恩恵をスムーズに享受するためのIBMのソリューション(PowerAI Vision)をご紹介します。

共有

詳細はこちら

[IBM Systems Japan ブログ] 世界最速コンピューター Summit のための高速ストレージ

[IBM Systems Japan ブログ] 世界最速コンピューター Summit のための高速ストレージ

2019/1/15

5年半ぶりにスパコン世界一の座を奪還した「Summit」。計算サーバーに注目が集まる中、「高速計算に使われるデータはどのように蓄えているのだろう?」と疑問に感じたことはないでしょうか?膨大なデータへの高速アクセスを支えてきたソリューションこそ、IBMが誇るSpectrum Scaleです。世界一高速なスパコン「Summit」を、また違った切り口で知ることができますので、ぜひブログをご覧ください。

共有

詳細はこちら

[IBM Systems Japan ブログ] AIが支えるHPCの変革

[IBM Systems Japan ブログ] AIが支えるHPCの変革

2019/1/15

2018年11月に米国ダラスで開催されたスーパーコンピューター・コンファレンスが30周年を迎えるにあたり、IBM Corporationで HPC and OpenPower Vice President を務める Dave Turek のブログが公開されました。「ムーアの法則」が限界を迎えつつある中、AIこそが今後のHPCの変革を支えていくということを、IBMの取り組みとともに語っています。ぜひご確認ください

共有

詳細はこちら

[テクニカル解説ビデオ] 解決の勘所を一挙公開!「ストレージ のよくある3つのお悩み」

[テクニカル解説ビデオ] 解決の勘所を一挙公開!「ストレージ のよくある3つのお悩み」

2019/1/15

デジタル・ビジネスの進展によるデータ量の急増や、 AI技術の活用やクラウド・サービスの利用本格化によって「データを高速に処理したい」「クラウド採用を見据えたデータ基盤を構築したい」「コストを抑え、運用管理の負荷も軽減したい」といったストレージに関わるお悩みをお伺いすることが多くなりました。これらのお悩みを解決するポイントをIBMフラッシュ・ストレージのエキスパート倉田彩子が10分動画にてわかりやすく解説しています。

共有

詳細はこちら

IBM PowerAI Enterprise - AI 開発プラットフォーム

IBM PowerAI Enterprise - AI 開発プラットフォーム

2019/1/15

ディープラーニングのためのディストリビューションがあります。Power Systemsに最適化されたOSSのディープラーニングOSSフレームワークを提供します。Large Model Support(LMS)やDistributed Deep Learning(DDL)などの機能で、パフォーマンス重視のデータ解析用の高速GPUサーバを実現します。

共有

詳細はこちら

[ビデオ] 最短3クリックで結果が!自動化された機械学習デモを3本ご用意しました

[ビデオ] 最短3クリックで結果が!自動化された機械学習デモを3本ご用意しました

2019/1/15

機械学習のチューニングをAIで最適化するツール「H2O.ai Driverless AI」のデモ動画です。世界の先鋭的なデータサイエンティスト集団が生み出した機械学習ソフトウェアH2O Driverless AIは、従来の機械学習で必要とされた多くの処理を自動化。3つのデモ動画(タイタニック号乗客の生死を予測、金融機関における与信スコアリング、将来の商品需要予測)で、データが容易に分析できる様子をご覧いただけます。

共有

詳細はこちら

地球上で最も強力なコンピューター

地球上で最も強力なコンピューター

2019/1/15

米国オークリッジ国立研究所のスーパーコンピューター「Summit(サミット)」は、200ペタフロップスの計算能力を達成。宇宙の起源をさぐるための超新星への理解、癌研究の進展、新材料の開発といった研究に貢献します。Summit (Power System AC922採用)と米国エネルギー省のSierra (Power System S922LC採用)が、2018年11月発表のスーパーコンピューター性能ランキング「TOP500」で、1位2位を独占しました。

共有

詳細はこちら

量子コンピューティングによる飛躍の時 ーなぜ今始めるのかー

量子コンピューティングによる飛躍の時 ーなぜ今始めるのかー

2019/1/15

量子コンピューティングの市場規模は、今後5年間で100億ドルに達すると予想されています。すでにクラウド上では実験目的でQCaaS(Quantum Computing as a Service)が提供されており、これは将来Quantum市場の半分を占め、量子コンピューティング利用の主流になると目されています。このような歴史的大変革の時を迎え、他社に先んじて手を打つ企業が、次世代のリーダーになる可能性があると考えるのは極々自然なことです。しかしそのためには、今、何をすべきなのか。当レポートでは、”先手必勝”に向けた具体的な取り組みや提言をご紹介します。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。