Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: e01705@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Skype: Yes (mutsumi.katada)

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

企業利用Macの導入・管理・運用支援サービス「IBM Managed Mobility Services for Mac」

2016/8/02

本サービスは、IBM自身のMacの大規模導入経験に基づき、2015年8月にグローバルで発表されたサービスを、日本のお客様向けに日本語対応などを追加し日本IBMから提供するもので、企業利用Macの導入・管理、運用支援などを安全かつ容易に行うサービスです。

共有

詳細はこちら

脅威に対するインテリジェンス・レポート

2016/8/02

世界で最も実績の高いセキュリティー研究開発チームである「IBM X-Force」が、2015年の1年間に全世界で発生したセキュリティー脅威の動向について最新レポートを発表しました。医療関連の高価値データの流出や、本格的な犯罪組織の関与などが報告されています。

共有

詳細はこちら

異種混在環境向けリモート監視・管理ソリューション

2016/8/02

Integrated Managed Infrastructure (IMI)サービスは、従来型IT、プライベートクラウド、パブリッククラウドが混在した環境を一元的に監視・管理できます。サービスの標準化・定型化により低価格を実現し、標準的・汎用的な監視・管理が求められる環境に最適です。

共有

詳細はこちら

最新の「2015 IBMセキュリティー・スタディー」および「Tokyo SOCレポート」を発表

2016/8/02

セキュリティー専門のCISOを対象からはずした世界28カ国18業種、702名のCxOの経営層を対象に、セキュリティー専門外の経営層の傾向を分析した「2015 IBMセキュリティー・スタディー」と、2015下半期に観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として国内の企業環境で観測された脅威動向をまとめた「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」がそれぞれ発表されました。

共有

詳細はこちら

技術情報誌最新号「IoT時代のサイバー・セキュリティー」

2016/8/02

お客様と日本アイ・ビー・エムとの技術情報誌「PROVISION」の最新号が発行されました。IoTの時代が到来し、サイバー攻撃や内部不正など、深刻なセキュリティー・リスクが急増する今日、企業や組織においては統合的なセキュリティー対策を経営課題として位置づけ取り組んでいくことが重要です。最新号では、間近に迫っているセキュリティーの問題や緊迫する現状と共に、それに備え対峙するためのIBMの最新技術/主要なソリューションについてご紹介しています。

共有

詳細はこちら

それでもセキュリティー事故が発生してしまったら・・・どう対応しますか?

2016/8/02

セキュリティー攻撃に備えた対策はきちんと打っていたつもりなのに、想定外の事態で事故が起こってしまったら・・。そんなときに専門スキルを有したプロフェッショナルを派遣し、お客さまをご支援するのがエマージェンシー・レスポンス支援サービス(ERS)です。

共有

詳細はこちら

SOCレポート

2016/8/02

Tokyo SOCのアナリストが日本の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

X-Forceレポート

2016/8/02

IBM X-Forceの研究者が世界全体の最新セキュリティー状況を分析したレポート

共有

詳細はこちら

お客様導入事例

2016/8/02

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。