IBM Digital business card support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: daisuken@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: SELF-REGISTRATION

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM i World 2019

IBM i World 2019

日時: 2019/7/02 - 2019/7/04

場所: 7月2日 大阪、 7月4日 東京・全国IBM事業所ライブ中継

詳細: 世界中でお客様に愛されている IBM i は、お客様のビジネスの成功に更に貢献すべく米国開発チームに多数の若い技術者を迎え、次の30年へ走り出しています。IBM i をお使いいただく価値のひとつは、お客様のアプリ&データ資産を未来に向けて保護しつつ、ビジネスやニーズの変化に応じて新テクノロジーを実装できる"統合力"です。IBM i Worldでは AIとIBM i の連動による新しいアプリを事例を交えご説明いたします。アプリ開発言語として常に話題のRPGとJavaについて、双方のエキスパートをお招きしてパネルディスカッションを実施いたします。

共有

今すぐ登録する

生物に近い機械学習を可能にする

生物に近い機械学習を可能にする "動的ボルツマンマシン"

2019/5/10

- 人工知能の進化を担う 機械学習の最前線 - 人間の知能を模した人工物をつくること、それが人工知能研究。その中で重要な役割を占めるのが「機械学習」の研究です。機械学習とは、コンピューターに人間が持っているような学習能力を獲得させる取り組み。今日の人工知能研究において欠かせないこのトピックについて、本記事では掘り下げます。

共有

詳細はこちら

スマートファクトリーの作り方-Web Seminar

スマートファクトリーの作り方-Web Seminar

日時: 2019/5/13 - 2019/8/13

場所: IBM Digital Theater

詳細: 今、日本の製造企業ではスマートファクトリーの導入が進んでいます。スマートファクトリーの中でも、一番導入が進んでいるのが「予知保全(Predictive Maintenance)システム」です。自社の生産設備の保全の仕組みを変革するのと同時に、出荷後の自社製品の保守サービス向上のため予知保全もその活用が拡大しています。当デジタルシアターでは「予知保全システム」構築の方法を生産現場の皆様に解りやすくお伝えする内容になっています。

共有

今すぐ登録する

今年後半に利用可能に!

今年後半に利用可能に! "革命的気象予報"で何が変わる?

2019/5/10

朝、出社前にゆっくりニュースを見る余裕はなくても、天気予報だけはチェックして出かけたり、帰宅時間に雨の予報で傘を持って出たり、夜は大雪になるので早めに帰宅しようとか―その日の行動が天気の影響を受けるのは日常茶飯事です。同様にビジネスシーンにおいても、天気は勿論、さらに広範囲で長期間の大気状態である「気象」は、業績へ多大な影響を与える外的要因になりえます。農業や漁業は猛暑や豪雨などの気象条件に大きく左右されますが、小売業では客足に影響し、公益企業は停電に備えた人員配備を行い、航空会社は大気の状態が悪ければフライトを運休・遅延させ、保険会社は自然災害の可能性が高くなればその後の対応を検討します。

共有

詳細はこちら

いまどきのクラウド用語

いまどきのクラウド用語

2019/5/10

システム構築やシステム移行の場面で切っても切り離せない存在となったクラウド、その技術もめざましく進歩しています。それにともない新しい用語・単語が次々と出てきており、聞いたことのない用語を耳にする場面もあるのではないでしょうか。そこで、これだけは押さえておくべき「いまどきのクラウド用語12選」をご用意いたしました。ぜひ日ごろの業務にお役立てください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。