Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: ayoshito@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: SECURITY_A

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

2018年 IBMセキュリティーが注目するトップ5

2018/8/01

IBM Securityは、世界最大規模のセキュリティー専門研究部門であるIBM X-Forceチームを持ち、業界最高水準の研究者を数多く抱えています。2018年の主なセキュリティー動向について日々調査研究を重ねた結果、いくつかのユニークな視点を定義することができました。「2018年 IBMセキュリティー予測トップ5」をご紹介いたします。

共有

詳細はこちら

AIでハッカーに立ち向かう

2018/8/01

機械学習を使用した人間行動の偽装など、AIベースのサイバー攻撃の増加が見込まれています。またAIソフトウェアの普及とオープン化が進むにつれ、AIを利用したサイバー攻撃の自動化も加速しています。このようなAIを利用した新たな脅威には、対抗するためのAIツールが必要です。

共有

詳細はこちら

お客様事例のご紹介

2018/7/17

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

キーワードは「仮想通貨」 2017年下半期 Tokyo SOC レポート発行

2018/7/17

本レポートは、IBMが全世界8拠点のセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)にて観測したセキュリティー・イベント情報に基づき、主として日本国内の企業環境で観測された脅威動向をTokyo SOCが独自の視点で分析・解説したものです。IBMでは、全世界のSOCで15年以上蓄積してきたセキュリティー・インテリジェンスを相関分析エンジン(X-Force Protection System)に実装し、1日あたり350億件以上の膨大なデータをリアルタイムで相関分析しています。その最新Verが発行されました。是非ご一読下さい。

共有

詳細はこちら

IBMセキュリティサービス

2018/7/17

IBMのセキュリティー・ソリューション、製品は、人が外敵からの防御のために備える免疫システムのように、それぞれ特化した個々のセキュリティー機能がお客様をサイバー攻撃から守り、与えられたダメージを修復するために連携することで、お客様のサイバー・セキュリティー対策をより強固なものにします。以下の「詳細はこちら」をクリック頂き、それぞれのサービスについて是非ご一読下さい。

共有

詳細はこちら

【IBM X-Forceレポート】サイバー犯罪者はランサムウェアの破壊的な攻撃に重点を置き2017年は漏えい件数が減少

2018/7/17

今回のレポートでは、2017年はサイバー犯罪者はランサムウェア攻撃を通じてデータを盗むだけではなく、データを使用不能にすることに明らかに重点を置いていたことが分かっています。是非ご一読下さい。

共有

詳細はこちら

IBM X-Force Threat Management の紹介

2018/7/17

昨年のちょうど今頃、世界中でランサムウェアが猛威を振るいました。多くの企業が被害を受けましたが、今もその攻撃がなくなったわけではありません。日々攻撃は巧妙化するばかりです。今一度、Security対策について考えてみませんか?

共有

詳細はこちら

【IBM THINK Digital】最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ

2018/7/17

IBM THINK Digitalでは、IBM Watsonのビジネスへの適用や、IBMクラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心に、最先端テクノロジーへの知識を深めていただくための幅広い動画コンテンツをお届けします。6月11日、12日に開催されました日本IBM最大イベントであるThink Japanのコンテンツも一部特別に公開しております。その他にも随時、魅力的なコンテンツを公開して参ります。今年限りの限定公開ですので、ぜひご活用ください。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。