Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: ap071137@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

IBM Services for Multi Cloud

IBM Services for Multi Cloud

2018/11/08

このサービスのコンセプトは、「運用のための運用」をなくし、「クラウドを賢く使う運用」です。対象とするインフラサービスはIBM Cloudに限らず、AWS, Azureといったパブリッククラウドや、個別構築したプライベートクラウド、オンプレミスなど対象に制約がないのも大きな特徴です。詳細は以下ボタンより参照下さい。

共有

詳細はこちら

【IBM Cloud IaaS】医療業界向け3省4ガイドライン」への対応を発表しました

【IBM Cloud IaaS】医療業界向け3省4ガイドライン」への対応を発表しました

2018/7/31

これにより、日本IBMはAI技術や医療業界向けソリューションを含むクラウドサービスの提供を加速していきます。詳細は以下をクリックしてご覧下さい。

共有

詳細はこちら

【お客様導入事例】最新のITを実装した先端病院、医療の質と効率、安全性向上を追求

2018/1/16

70年近い歴史を持つ茨城県厚生農業協同組合連合会 総合病院 土浦協同病院様(茨城県土浦市)は2016年3月に新築移転し、新しいスタートを切りました。これに伴い、ITシステムも刷新されました。以前の病院情報システム「WITH」から、新病院情報システム「WITH+」へ。最新の電子カルテやデータウェアハウスを備えた先端のシステムです。また、iPhoneを導入して、看護の質の向上なども目指しています。IT活用の先進病院、総合病院 土浦協同病院様の取り組みに迫ります。

共有

詳細はこちら

医療/ヘルスケア向けソリューションのご紹介ページ

2017/11/28

IBMがご提供できる医療・ヘルスケアのお客様向けのソリューション紹介ページをご案内いたします。是非ご一読頂き、今後の計画にお役立て頂ければと思います。

共有

詳細はこちら

【イベントご案内】IBM Cloud & AI Conference

【イベントご案内】IBM Cloud & AI Conference

日時: 2018/11/30 午前 10:00 - 2018/11/30 午後 06:00

場所: ザ・プリンス パークタワー東京

詳細: 当カンファレンスでは新たなケイパビリティーをまとったIBM Cloud、およびAIの情報をはじめとし、変革実現への具体的なアプローチを、お客様のご活用事例とともにお伝えします。是非、奮ってご参加ください。

共有

今すぐ登録する

【動画】ブロックチェーンとは何か?

【動画】ブロックチェーンとは何か?

IBMは、国内外400社以上のお客様とのブロックチェーン構築実績があります。ビットコインの話題から派生して、現在注目を集めつつあるブロックチェーンですが、今後はヘルスケア分野にも活用が期待されるテクノロジーです。

共有

視聴する

IBMのデジタル変革戦略、「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」

IBMのデジタル変革戦略、「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」

2018/8/22

IBMは、AIなどの最新技術を活用した業界ごとのデジタル変革戦略として「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」を策定しました。これからのデジタル時代には、1. チャネルの高度化、2. 個客志向サービス、3. 業務最適化、4. エコシステム連携の4つの変革領域があり、これらの変革を実現するためのアーキテクチャーが「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」です。これを業界別にビジネス変革領域とその実現に向けたアーキテクチャーを提唱し、お客様のAI時代のデジタル・リインベンションを支援します。以下ボタンよりヘルスケア分野におけるIBMが考えるデジタル時代の次世代アーキテクチャーを是非ご覧下さい。

共有

詳細はこちら

AI活用が進む世界におけるIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

AI活用が進む世界におけるIBMのデータ・プライバシー・ポリシーについて

2018/8/09

IBMは、お客様の最も貴重な資産であるデータを保護することにコミットしています。お客様のデータが収集され、IBMアプリケーションによって保管される場合、お客様がデータの所有権を維持し、情報の使用方法を制御できます。IBMはお客様の許可を得ずに、お客様のデータやデータから得られる洞察を共有しません。 CloudやAIの活用が今後、益々進んでいく中で、IBMのデータ・プライバシー・ポリシーを皆様にご理解頂く機会になればと考えております。

共有

詳細はこちら

古くて新しいサーバー・パッチ管理

2018/7/23

クライアントPCのパッチ管理については、かなり対策が講じられてきている昨今ですが、同じようにサーバーにも対策が講じられているかというとそうではない実態があるようです。重要なサーバーだけでなく、攻撃の踏み台とされないために、全サーバーに対しても計画的なパッチ適用が必須です。IBMではIBM BigFixというソリューションをご提供しています。IBM BigFixはWindowsだけでなくLinux、マルチベンダーUNIXに対応し、パッチ適用状況ふくめた構成情報収集、ハードニング・ポリシーの自動適用、脆弱性情報の収集を自動化します。この機会に、サーバーのパッチ管理も見直してみませんか?

共有

詳細はこちら

【IBM THINK Digital】最先端テクノロジーの知識を深める幅広い動画コンテンツ

2018/6/25

IBM THINK Digitalでは、IBM Watsonのビジネスへの適用や、IBMクラウドとデータ活用、最新のセキュリティー対策を中心に、最先端テクノロジーへの知識を深めていただくための幅広い動画コンテンツをお届けします。6月11日、12日に開催されました日本IBM最大イベントであるThink Japanのコンテンツも一部特別に公開しております。その他にも随時、魅力的なコンテンツを公開して参ります。今年限りの限定公開ですので、ぜひご活用ください。

共有

詳細はこちら

Mugendai(無限大)

2018/6/22

前身は1969年に日本IBMが創刊した企業広報誌『無限大』で、国内外で起こるイノベーションを多種多様な切り口で取り上げ、新たな視点と最新の動向を提供していくWebメディアです。医療分野以外の記事も掲載されておりますが、読み物として非常に面白いものが多数ありますので、お時間ある際に是非ご覧下さい。

共有

詳細はこちら

IBM X-Force Threat Management の紹介

2018/5/31

昨年のちょうど今頃、世界中でランサムウェアが猛威を振るいました。多くの企業が被害を受けましたが、今もその攻撃がなくなったわけではありません。日々攻撃は巧妙化するばかりです。今一度、Security対策について考えてみませんか?

共有

詳細はこちら

ITシステムの運用管理を効率化する Integrated Managed Infrastructure (IMI) サービス

2018/5/25

5月17日に開催させて頂きましたWebセミナーでも取り上げた、IBMのインフラ運用のサービスです。当サービスでは、カスタマイズ可能な「監視サービス」と「管理サービス」のカタログを用意し、お客様は必要なサービスだけを購入することができ、サービスを柔軟に提供します。従来型のオンプレミス環境に加え、クラウド環境もサービス対象とし、ハイブリッド型 IT インフラストラクチャーの運用管理を支援します。システムのインフラ運用の効率化、運用コストの最適化を図ることが可能です。

共有

詳細はこちら

IBM グローバル・テクノロジー・サービスのご紹介

2018/3/20

私がお客様にご案内しているITサービスが一覧でまとまっているページをご案内いたします。日本IBMは、「日経コンピュータ 2017年9月14日号 顧客満足度調査 2017-2018」においてシステム開発関連サービス(メーカー)部門、システム運用関連サービス(メーカー)部門、 ITコンサルティング/上流設計関連サービス(メーカー)部門、で1位を獲得するなど、お客様から高い評価を頂いております。システム構築から運用まで、高品質で付加価値の高いサービスをご提供いたします。是非詳細をご一読下さい。

共有

詳細はこちら

IBMセキュリティサービス

2018/3/20

IBMのセキュリティー・ソリューション、製品は、人が外敵からの防御のために備える免疫システムのように、それぞれ特化した個々のセキュリティー機能がお客様をサイバー攻撃から守り、与えられたダメージを修復するために連携することで、お客様のサイバー・セキュリティー対策をより強固なものにします。以下の「詳細はこちら」をクリック頂き、それぞれのサービスについて是非ご一読下さい。

共有

詳細はこちら

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。