Rep page support

This module is visible to IBMers only.

Module will be re-enabled on refresh.

DSC Page Auditor

Rep ID: ap060889@jp.ibm.com

Rep Group: Live

Population: IIS

Rep Enabler modules:

- Social links: JSON

- Messages/Videos/Events: JSON

日本IBM、AI活用のサービス/ツール群を提供--戦略策定から人材育成まで一括支援

日本IBM、AI活用のサービス/ツール群を提供--戦略策定から人材育成まで一括支援

2018/10/10

企業全体での戦略的かつ効率的なAI(人工知能)活用を支援するサービス/ツール群「IBM Services AI Enterprise Knowlegde Foundation」を発表しました。

共有

詳細はこちら

お客様導入事例

業種別、ソリューション別、製品別に多数の事例を集約しております。

共有

詳細はこちら

【インタビュー】軒先を「貸したい人」と「借りたい人」をマッチングする

【インタビュー】軒先を「貸したい人」と「借りたい人」をマッチングする

2018/9/19

「軒先株式会社」というユニークな名前のベンチャー企業が、独自の輝きを放っている。会社を退職し育児を始めて間もない西浦明子氏が、この「貸しスペース予約サービス」を思い立ち、着手したのが2008年のこと。ビルの軒先や商店街の空き店舗、使っていない駐車場などの “もったいないスペース” を所有するオーナーと、そのスペースを借りたい人とをマッチングして、短期で貸し借りするビジネスを考え出したのだ。

共有

詳細はこちら

IBM Developer Roadshow in 仙台(全国5箇所開催)

IBM Developer Roadshow in 仙台(全国5箇所開催)

2018/9/12

IBMのデベロッパーアドボケイトのメンバーが講師を務め、IBMテクノロジーへDeep DiveするHalf Day Workshopです。〜札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡と全国5箇所で順番に開催〜

共有

詳細はこちら

量子コンピュータ研究拠点「IBM Qネットワークハブ」

量子コンピュータ研究拠点「IBM Qネットワークハブ」

2018/9/07

慶應義塾大学と日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)は2018年月17日、慶應義塾大学理工学部に量子コンピュータ研究拠点「IBM Qネットワークハブ」を開設すると発表しました。「IBM Q」は米ニューヨーク州のIBM Thomas J. Watson Research Centerに設置されている、20量子ビットの商用量子コンピュータです。今年5月のニュースですが、6月の社内イベントで理工学部長の伊藤公平さんの講演を聴きました。その際に印象的だったのが「いまは教授が教えきれない。学生の方からどんどんあたらしいテクノロジーや考え方をもってくるので、こちらが気づかされることもある」というお話でした

共有

詳細はこちら

『10年後の仕事図鑑』

『10年後の仕事図鑑』

2018/9/06

ほとんどの本屋さんで平積みになっている本なので、お読みになった方もたくさんいらっしゃると思うのですが、これから職業選択する若い人だけではなく、今働いている人が読んでも興味深いポイントがたくさんあると思います。「雇われる」だけの仕事感、これからの職業選択、就職への考え方とは、など最近ずっともやもや考えていたことをテンポよく投げつけてくれています。また、二人の対談形式になっているので、読んでいるというよりは聞いている感覚が強いのも印象的でした。近鉄買収で出てきた頃はちょっとひいてましたが、ホリエモンって受け手の感覚が遅いだけで、結構まともなこと言ってるんだなと今さら思わされた1冊でした。

共有

詳細はこちら

mineo マイちゃんのAI型チャットサポート開始について

mineo マイちゃんのAI型チャットサポート開始について

2018/9/07

格安携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のサポートチャネルにて、IBM Watsonを活用したチャットボットサポートが導入されます。従来のオペレーターやメールなどによる対応に加え、チャットボットサポートを導入することによって、24時間365日お客さまサポートが可能となり、自然な対話を通じて各種接続・設定や手続き方法といったユーザーサポート情報を、いつでも的確かつ迅速にご提供することが可能になります。個人的に、携帯電話のサポートといえば、まずつながらない、そして繋がった後のたらい回しというマイナスイメージしかありませんがので、サービス向上に期待!

共有

詳細はこちら

北海道地震・台風21号被害 お見舞い申し上げます

北海道地震・台風21号被害 お見舞い申し上げます

2018/9/07

この度の北海道地震・台風21号で被災された方、親しい方が被災された方に、心よりお見舞いを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。勢力の大きさから、何日も前から報道のあった台風が、大きな爪痕を残して日本を関西を過ぎたと思った矢先に、北海道で大地震が起こり、本当にびっくりしました。現在も救助作業は続けられており、ライフラインも完全に復旧していない中、不安を感じて過ごしている方が多くいらっしゃるとのことで、遠くから応援することしかできませんが、心から1日も早く普段の生活に戻れることを願っています。

共有

詳細はこちら

IBM IT Leaders Exchange 2018

IBM IT Leaders Exchange 2018

日時: 2018/10/26 午後 02:00 - 2018/10/26 午後 07:00

場所: マンダリン オリエンタル東京

詳細: IBM IT Leaders Exchange 2018を開催することになりました。複雑かつ高度化している企業ITのあるべき姿を見据えたITインフラ戦略と運用管理のあり方に ついて、取り組み事例や先進テクノロジーを活用したソリューションをご紹介します。また、同じ課題をお持ちのご参加者との意見交換やネットワーキング・レセプションを通じて、業種業界 を超えたITリーダーの皆様のコミュニティーの場としてもご活用いただければと考えております。ご多用中とは存じますが、是非ともご出席いただきたく、どうぞよろしくお願いします。

共有

今すぐ登録する

Design thinkingの研修に参加しました

Design thinkingの研修に参加しました

2018/8/16

従来の社内研修といえば、お客様の業界、業種の理解、課題の把握、お客様の課題の深掘りがメインで、3C分析、SWOT分析、4P戦略やらをわちゃわちゃ進めて、それを解決するソリューションをつくり、お客様へご提案といったものがほとんどでした。いまは、提案先のお客様も巻き込んでどんどんアイデア(ターゲットは誰?どういう感情、行動、志向?何があればその人は喜ぶ?など)を出して、解決すべきポイントを絞り込み、都度お客様と共有することで方向性を微修正し、課題解決へ向かうアプローチも有効ということで、1日ポストイットを片手に研修に参加しました。頭も体も使って最後ぐったりきましたが、新鮮でおもしろい研修でした。

共有

詳細はこちら

オラクル環境を運用・保守するクラウドサービスを開始

2018/8/16

日本IBMは7月9日、Oracle環境のOSやデータベースの運用・保守を行う「IBM Cloud for Oracle Solutions」の提供を日本で開始したと発表しました。

共有

詳細はこちら

まさかのシステムダウン!確実に迅速にシステム復旧させるには?

日時: 2018/1/25 午後 03:00 - 2018/12/25 午後 05:30

場所: 日本IBM本社 セミナールーム 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

詳細: ITシステムは今、その複雑さをどんどん増しています。「昼夜を問わず発生しうるシステム障害にいかに迅速に対応するか」、そして「確実に復旧する手順を平常時にどのように確認しておくか」は、ビジネスの停滞が許されない企業にとって非常に大きな課題となっています。 本セミナーでは、「システム復旧の自動化」に焦点を当て、障害発生から復旧までの確実な自動実行、そしてその動作が事前に検証できる ことで、運用負担やビジネスに及ぼす影響を最小化するソリューション「IBM レジリエンシー・オーケストレーション」を、活用事例を 交えてご紹介します。

共有

今すぐ登録する

担当者に e-メール

アスタリスク(*)の項目は入力必須項目です。ご記入をお願いします。