IBM Information Management System 15.3 はクラウドへのジャーニーを効率化します

日本 IBM ソフトウェア発表 JP22-00022022 年 6 月 21 日

目次
概要概要プログラム番号プログラム番号
主要要件主要要件技術情報技術情報
出荷開始予定日出荷開始予定日発注情報発注情報
機能詳細機能詳細契約条件契約条件
製品の位置付け製品の位置付け料金料金


ハイライト

Top rule

IBM® 情報管理システム (IMS) は、お客様のクラウドへのジャーニーを念頭に置いて構築されています。IMS 15.3 は、最新世代のハードウェアおよび IBM Z® エコシステムを活用して、クラウドへのデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーをよりシームレスなものにするためのいくつかの新規の主要な機能を導入します。 IBM の教育へのコミットメントと合わせて、 IBM は、IMS のスキルを向上させ、長期的な成功を実現するための教育ジャーニーをサポートすることをお約束します。

IMS15.3 の提供内容は以下の通りです。

  • ハイブリッド・クラウドへの パスの合理化:
    • Java™ Database Connectivity (JDBC) および SQL による IMS データベースへのオープン・アクセスにより、お客様の組織は、お客様のデータをそれが常駐する場所で十分に活用できます。開発コストと運用コストの低減から新しい収入動向の探索に至るまで、データ管理および最適化は、お客様のデータ・オフプラットフォームを移動せずに達成できます。
    • 既存の IMS 資産の場合、OpenAPI 準拠の RESTful API を通じて IBM z/OS® Connect で実現される外部アプリケーションとの双方向通信により、お客様の組織は既存のインフラストラクチャーを新しいユース・ケースに合わせて構築および変換し、初期の投資からより大きな価値を引き出すことが可能になります。
    • 新しい IMS 資産の場合、最新の言語および DevOps ツールの拡張サポートにより、お客様の開発者には、パブリック・クラウドの速度、俊敏性、および柔軟性が与えられる一方で、オンプレミスまたはプライベート・クラウド環境のパフォーマンス、セキュリティー、および低コストが引き続き維持されます。
  • 統合セキュリティー:
    • IMS 15.3 は、その全方位暗号化機能を基礎として、 IBM z16™ エンタープライズ・プラットフォームを活用して、お客様データのプライバシーを管理する機能を提供し、アプリケーションの変更なしに最小の CPU オーバーヘッドで IMS データの IBM z/OS データ・セット暗号化を可能にすることでコンプライアンスの認証を簡素化します。
    • オーバーフロー順次アクセス方式 (OSAM) 暗号化は、お客様のデータの大部分を自動的に暗号化することができ、追加の作業なしでお客様の IMS データへの高セキュリティーのアクセスを提供します。
  • トラブルシューティングの改善:
    • 「Data Privacy in Diagnostics」を使用すると、IMS 15.3 により、診断情報を IBM に送る前に識別可能なプライベート情報を除去できます。
    • データ定義言語 (DDL) 監査証跡により、IMS 15.3 は IMS データベース管理者 (DBA) や IMS システムプログラマーに、IMSメタデータの変更に関連する監査情報を収集し、いつ、誰が、どのリソースを DDL で変更したかを読みやすい形式で表示する機能を提供します。
  • ストレージの増加:
    • ファスト・パス・ユーザーは、DEDB AREA を最大 9999 まで増やすことができ、クライアントは従来よりも最大 5 倍のデータを格納できるようになりました。単一のDEDBで、8.1 TB のデータから 40 TB まで、1 回の機能強化でデータベースを拡張できます。
  • 強化された性能:
    • IMS 15.3 の最近の機能強化により、IMS アプリケーション開発者は、次のことが可能になりました。
      • IMS 従属領域 (MPP、BMP、IFP) を構成し、31 ビット COBOL と 64 ビット Java 間の相互運用性をサポートすることで、完全な再書き込みなしに記憶域を拡張し、より多くのデータを処理します
      • IBM Db2® に送信される IMS トランザクションに対して、領域レベルでリソース・アクセス管理機能 (RACF®) を呼び出します
      • IMS Native z/OS DDL ユーティリティー (zDDL) により、IMS Connect や Open Database Manager (ODBM) などの追加インフラストラクチャーを実装することなく DDL をサブミットします
      • IMS カタログをオフラインにすることなく、非構造的な変更を実施します
      • Catalog Purge ユーティリティーを、IMS がオンラインである間に実行することで、可用性を犠牲にすることはありません
  • 情報へのアクセスと内容の充実:
    • 教育は継続的なものです。このため、 IBM は、IMS スキル・セットを活用し、長期的成功を促進するために必要なツールを提供することに強い姿勢で臨んでいます。このジャーニーに役立つ参考情報を以下に示します。
      • スキルを磨く: IMS Central で、関連する IMS トレーニング、ビデオ、資料を検索できます。
      • コミュニティーに参加: 会員による会員のためのユニークなプラットフォームである IBM Community で、ディスカッションに参加し、最新の情報を見つけることができます。

IBM IMS Transaction Manager Value Unit Edition (VUE) 15.3 と IBM IMS Database Value Unit Edition 15.3 も、この発表レターに記載されています。これらは、基本の IMS 製品と、適格ワークロードのみに対する一括払い料金 (OTC) メトリックを使用する有料のオプション機能を提供します。適格ワークロードは、認定された z Systems® 新規アプリケーション・ライセンス料 (zNALC) 論理区画 (LPAR) に導入された新規のアプリケーションまたはワークロードとして定義されます。詳細および追加条件については、 IBM 担当員にお問い合わせください。



Back to top先頭へ戻る

概要

Top rule

クラウド・コンピューティングが引き続き拡大し、IT インフラストラクチャーがますますクラウド・インフラストラクチャーと同義となる中、IMS 15.3 は、クラウドへのデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーを合理化するためのさらなる強化がなされています。IMS は、継続的デリバリー・モデルを使用して、機能拡張と製品保守の両方が使用可能になるとすぐにこれらを提供し、お客様がより迅速にイノベーションを起こし、俊敏性を維持できるようにします。

IMS の幅広い統合機能は、その伝説的なサービス品質と評判が相まって、IMS を含む IT インフラストラクチャーをクラウド・インフラストラクチャーに変換することが可能です。IMS は、企業の統合オンプレミス環境やハイブリッド・クラウド環境に必要な、可用性、スケーラビリティー、およびパフォーマンスを提供します。IMS はオープンでつながりもあるので、お客様の組織が、信頼できる IMS アプリケーション、トランザクション、データによる拡張、接続、イノベーションを行えるようにします。

IMS 15.3は、2017 年 10 月に発表された継続的デリバリー・サポート・モデルで提供されます。このモデルでは、機能拡張と製品メンテナンスの両方が、バージョン・スケジュールではなく、準備が整った時点で市場に提供されます。この新しいデリバリー・アプローチでは、可能な限り最新の状態を維持し、ビジネス・ニーズで必要なときに新機能を採用することがより簡単になります。定期的に、新機能と メンテナンス PTF は、前のバージョンから移行するお客様がインストールしやすいように 1 つのパッケージに統合され、新しいリリース番号が付けられます。

IMS15 の継続的デリバリーに関する詳細については、ソフトウェア発表レター JP17-0477(2017 年 10 月 3 日付) をご覧ください。

IMS 15.3 は、以下の役立つ機能を提供します。

  • IT インフラストラクチャーをクラウド・インフラストラクチャーに変換します
  • データへのアクセスやトラブルシューティングをこれまで以上に安心して行えます
  • 不測の事態に備えます

IMS15.3 の機能強化には、以下が含まれます。

  • Open Transaction Manager Access (OTMA) Enhanced Storage Management により、OTMA トランザクション処理を多用するアプリケーションのストレージ要件が軽減されます。
  • z/OS Workload Interaction Correlator の IMS サポートにより、統一されたワークロード・インサイトに基づき、異常の特定と解決にかかる時間を短縮できます。
  • IMS OSAM データベース向けの全方位暗号化で 64 ビットをサポートすることで、31 ビット・ストレージの制約が緩和されます。
  • IMS Transaction Manager と RACF を使用する Db2 カスタマー向けのパフォーマンス強化により、システム・プログラマーは、 Db2 に送信される IMS トランザクションに対して領域レベルで RACF コールを行うことができます。
  • Database Recovery Control 機能 (DBRC) のステージング・ディレクトリー・コマンド・サポートは、新規または変更されたデータベース定義を、一般使用前に検証する機能を提供します。
  • IMS カタログの非構造的な変更 (停止なし) は、IMS 管理 ACB 環境において、IMS カタログの非構造的な変更を停止なしで実現する機能を提供します。
  • Catalog Purge ユーティリティーを使用すると、IMS がオンラインである間に、カタログからインスタンスをパージできます。
  • 「AREA の最大数が9999に強化される」ことで、より大きな ファスト・パス・データベースを作成して、より大きなワークロードを管理できます。
  • IMS DB Fence は、不正なトランザクションやアプリケーションがリモート・サイトのデータベースを更新するのを阻止することで、データの整合性の問題を回避します。
  • DDL Audit Trail in Readable Format は、DDL を使用してIMS メタデータに加えられた変更に関連する監査情報を、読み取り可能な形式で収集する機能を提供します。
  • 汎用順次アクセス方式 (GSAM) ライブラリ構築ユーティリティーは、管理 ACB の IMS ユーザーが IMS Catalog Library Builder ユーティリティーを使用して、GSAM プログラム通信ブロック (PCB) とそのソースを含む GSAM データベース記述子 (DBD) とプログラム仕様ブロック (PSB) を作成する機能を提供します。
  • IMS Native z/OS DDL ユーティリティー (BMP サポート) は、IMS Connect と ODBM を実装しなくても DDL を使って IMS リソースを管理する機能を提供します。
  • Java Database Connectivity (JDBC) Hex and Binary Literal Support は、IMS Universal ドライバーに対して実行される SQL クエリーで 16 進法と 2 進法のリテラルをサポートします。
  • 「アプリケーション異常終了時に IMS ファスト・パス・トランザクションとプログラムを停止しない」は、DFSNDMX0 出口で、アプリケーション異常終了後にメッセージ駆動型 IFP 領域で実行されている IMSトランザクションとプログラムを停止しないというオプションを提供します。
  • 31 ビット COBOL および 64 ビット Java の相互運用性は、31 ビット COBOL と 64 ビット Java 間の相互運用性をサポートする IMS 従属領域を構成する機能を提供します。
  • IBM Z Security and Compliance Center を使用することで、IMS のお客様は情報セキュリティー・コントロールの証拠をより簡単に収集し、監査員に対してコンプライアンスを証明できます。


Back to top先頭へ戻る

主要要件

Top rule

IMS 15.3 は、以下との相互運用が可能です。

  • IBM z/OS
  • IBM Z プロセッサー
  • Java
  • 内部リソース・ロック・マネージャー (IRLM)
  • IBM Db2 for z/OS
  • IBM CICS®
  • IBM MQ
  • IBM WebSphere® Application Server
  • COBOL

詳細については、 技術情報 のセクションを参照してください。



Back to top先頭へ戻る

出荷開始予定日

Top rule

2022 年 6 月 24 日

国別の出荷予定は、各国の法的要件に応じて決まります。



Back to top先頭へ戻る

機能詳細

Top rule

OTMA Enhanced Storage Management

OTMA 軽量トランザクション・パイプ (TPIPE) 機能は、IMS15.3 に含まれ、関連する ITASK を必要なときだけ動的に割り当てることにより、各 TPIPE に必要なストレージ量を削減します。また、入力 ITASK が存在しない場合、OTMA 入力プロセッサーの動的ストレージは割り当てられません。ストレージ要件を引き下げることで、共有キュー環境のバックエンド IMS はより多くの TPIPE をサポートし、TPIPE フラッディング制限にすぐに達するのを回避できます。また、必要な TPIPE 関連ストレージのみを割り当てることで、非共有キュー環境における IMS にもメリットをもたらします。

DFSYDTx PROCLIB メンバーの DFSOTMA ディスクリプターに LITETP=YES パラメーターを指定することで、OTMA 軽量 TPIPE 機能を有効にできます。

LITETP = NO | YES で、OTMA 軽量 TPIPE 機能を有効にするかどうかを指定します。NO は、OTMA 軽量 TPIPE が無効であることを指定します。これは IMS コールド・スタートのデフォルトです。YES は、OTMA 軽量 TPIPE が有効であることを指定します。これを有効にすると、フロントエンドの入力トランザクションを処理するために共有キューのバックエンド IMS で作成されるTPIPE は、使用するストレージが少なくなるため、その IMS はより多くの TPIPE をサポートできるようになります。IMS 開始時に DFS7411I メッセージが発行され、この機能が有効であることが示されます。

z/OS Workload Interaction Correlator の IMS サポート

z/OS Workload Interaction Correlator は、 z/OS APAR OA57165 を通じて提供されます。 z/OS Workload Interaction Correlator は、参加アプリケーションから統計情報を収集し、システム管理機能 (SMF) タイプ 98 レコードを生成します。APAR PH15062 により、IMS は参加アプリケーションとなり、初期化中に z/OS Workload Interaction Correlator に登録されます。

登録に成功すると、IMSは SMF 出口である BPEMTX00 を介して z/OS Workload Interaction Correlator に統計情報を配信します。

  • メッセージ処理プログラム (MPP) 領域と Java メッセージ処理 (JMP) 領域は、正常に完了した各トランザクションの経過時間と CPU 時間 (標準および IBM System Z zIIP の両方) を記録します。
  • 次に、SMF はこれらの統計情報を記録するために、タイプ 98 のレコードをサブタイプ 1025 で記録します。
  • 新規マクロ DFSSR98A は、タイプ 98 サブタイプ 1025 のレコード内容をマップします。DFSSR98A は、 IBM z/OS Workload Interaction Navigator (zWIC) がグラフィカルなレポートを生成する際にも使用されます。

登録に失敗した場合、メッセージ DFS7431I が発行されます。

IMS OSAM データベースの全方位型暗号化 64 ビット・サポート

IMS OSAM データベースの全方位暗号化 64 ビット・サポートは、OSAM Media Manager のリクエストを変更して、Media Manager が 64 ビット・アドレスをサポートするようにします。Media Manager のリクエストにパラメーターが追加され、内部の Media Manager Interface Block (MMIB) と Extent Description Block (EDB) を 64 ビット・ストレージに割り当てるように Media Manager に指示できるようになりました。MMIB のアドレスは、Media Manager CONNECT リクエストで IMS に返され、その後の Media Manager のコールで入力として渡す必要があります。MMIB を参照するすべてのモジュールが 64 ビット・アドレスに対応し、MMIB の参照および更新時に AMODE 64 に切り替わるように変更されました。この APAR は、OSAM リニア・データ・セット (LDS) のデータ・セット・フォーマット・ロジックを強化し、IMS オンライン環境において、必要に応じて一度に 1 つのシリンダーをフォーマットできるようにします。

RACF を使用する IMS Transaction Manager と Db2 の顧客のためのパフォーマンス強化

Open Transaction Manager Access (OTMA) や Advanced Program-to-Program Communications (APPC) の顧客の多くは、CHECK セキュリティー・オプションを使用して性能上のメリットを得ています。このセキュリティー・オプションは、キャッシュ付きアクセサー環境要素 (ACEE) を使用してポイントオブエントリー検証を行いますが、メッセージを処理する従属領域でメッセージごとに ACEE を 1 回作成することはありません。従属領域が Db2 に接続する場合、外部サブシステム接続機構 (ESAF) 呼び出し用に Db2 に渡される ACEE はありません。このため、ESAF 呼び出し用に Db2 に渡される ACEE が存在しない場合、クライアントへのセキュリティー管理が複雑化します。ほとんどのユーザーは、ESAF 呼び出し用の ACEE 作成を要求する DFSBSEX0 ユーザー出口をコード化しないため、非 OTMA および非 APPC メッセージでも同じ問題が発生します。

従属領域アドレス空間レベル ACEE は常に存在し、IMS はそれを管理、作成、または削除する必要はありません。ESAF_SIGNON_ACEE が存在せず、TCBSENV にスレッド・レベルの ACEE が存在しない場合、IMS はオプションで ESS サインオン時に従属領域アドレス空間レベルの ACEE を Db2 に渡すことができます。 Db2 は、Signon Exit パラメーター・リストでこれをサポートしています。これにより、トランザクションごとに ACEE を 1 回作成および削除するオーバーヘッドをなくすことができます。

Db2 サブシステムの SSM= proclib メンバーに新しいオプション・キーワード Region Level ACEE (RLA=) が追加されました。SSM= proclib メンバーの Db2 エントリーに RLA=Y が指定された場合、ESAF_SIGNON_ACEE が存在せず、Control Block (TCB) レベルの ACEE が存在しなければ、ESS Signon 時に Db2 に領域レベルの ACEE が渡されます。この機能は、デフォルトで無効になっています。RLA= はキーワードのみのパラメーターです。定位置パラメーターとして指定することはできません。

DBRC Staging Directory コマンドのサポート

この機能を使うと、アクティブ・ディレクトリーに変更をインポートする前に、DBRC に新しいデータベースを登録し、変更を検証できます。

以下の DBRC コマンドは、ステージング・カタログ・ディレクトリーをサポートするように変更されました。相互に排他的なキーワードである ACTIVE と STAGING が新たに追加されました。この機能により、以下の DBRC RECON コマンドに新しいキーワード STAGING|ACTIVE が追加され、Managed ACB ユーザーは指定されたデータベースに対してステージング・ディレクトリーまたはアクティブ・ディレクトリーのいずれかを使用できるようになりました。

  • INIT.DBDS
  • CHANGE.DBDS
  • NOTIFY.REORG
  • INIT.DB
  • INIT.PART
  • CHANGE.PART

相互に排他的でオプションのキーワードを使って、アクティブまたはステージングのカタログ・ディレクトリを使用するかどうかを指定します。DBDLIB を使用する場合、これらのキーワードを明示的に指定することはできません。ディレクトリーを使用している場合、デフォルトでアクティブ・ディレクトリーが読み取られます。ACTIVE は、コマンドが指定されたアクティブな IMS カタログ・ディレクトリーを使用することを指定します。STAGING は、コマンドが指定されたステージング IMS カタログ・ディレクトリーを使用することを指定します。

停止を伴わない非構造的なカタログ変更

この機能拡張前、IMS は、カタログをオフラインにしないと、IMS カタログ・データベース (DFSCD000) に対する非構造的な変更を配信できませんでした。この機能拡張により、IMS は IMS Managed ACB を使用するクライアントに対して、IMS カタログ・データベースへの非構造的な変更を配信できるようになります。クライアントは IMPORT DEFN SOURCE(CATALOG) コマンドを使用して変更を実装する際、IMS カタログ・データベースのデータベース回復機能 (DBR) を停止させる必要はありません。

Catalog Record Purge ユーティリティー

Catalog Record Purge ユーティリティー (DFS3PU10) が強化され、IMS がオンラインのときにカタログから非アクティブおよび非ペンディングのインスタンスをパージできるようになりました。アクティブおよび保留中のインスタンスは、IMS がオフラインのときにのみ削除できます。Catalog Record Purge ユーティリティーがアクティブまたは保留中のインスタンスのパージを試みると、メッセージ DFS4550W で拒否されます。

IMS カタログ API の強化

IMS カタログ・インターフェース API (DFS3CATQ) が強化され、一度に複数の IMS ディレクトリーにアクセスできるようになりました。カタログ・インターフェイス API が強化され、最大 36 件の同時 FUNCTION=OPEN リクエストをサポートします。

  • FUNCTION=OPEN リクエストは、DD 名プレフィックスの 4 文字目を変更して、使用されていない DD を検索します。DD 名が 使用中でない場合は、対応する FUNCTION=CLOSE が発行されるまで、そのリクエストで使用されます。
  • A-Z、0-9 の範囲の文字を使って 36 回試行されます。割り当てに失敗した場合、FUNCTION=OPEN リクエストは戻りコード x'00000024' と理由コード x'0000002C' で終了します。

AREA の最大数を 9999 に拡大

この機能拡張により、IMS ファスト・パス・ユーザーは、従来 2048 AREA に制限されていたデータ・エントリー・データベース (DEDB) で 9999 AREA まで定義することが可能になります。この機能拡張により、お客様は単一の DEDB データベースを、従来の約 8.1 TB から約 40 TB に拡張できます。

IMS DB Fence

複製環境では、スタンバイ・サイトで意図しない更新が行われ、アクティブ・サイトとデータの整合性が取れなくなる可能性があります。IMS DB Fence 機能拡張は、選択したユーザーにスタンバイ・サイトでの更新を許可する方法を提供します。データベースに対して行われる更新の結果を判断するための新しいキーワード Read-or-Replication only (RREPL) が追加されました。

データ定義言語 (DDL) 監査証跡の読み取り可能な形式

この機能拡張により、DBA、IMS プログラマー、セキュリティー監査員などの IMS 専門家は、いつ、誰が、どのリソー スを DDL で変更したかを読みやすいフォーマットで確認できます。

GSAM Library Builder ユーティリティー

IMS Catalog Library Builder ユーティリティー (DFS3LU00) が強化され、GSAM PCB とそのソースを含む GSAM データベース記述子 (DBD) とそプログラム仕様ブロックを作成できるようになりました。

IMS Native z/OS DDL ユーティリティー (BMP サポート)

この機能拡張では、IMS Data Definition ユーティリティー (DFS3ID00) を使用して、IMSConnect や ODBM アドレス空間を必要とせずに、DDL SQL ステートメントをネイティブで送信できます。IMS Data Definition ユーティリティーは、BMP 領域として実行されます。IMS Data Definition ユーティリティーを実行するには、IMS 15.3以降、IMS 管理 ACB の有効、64 ビット仮想ストレージ使用可能という前提条件を満たしている必要があります。

JDBC 16 進数および 2 進数リテラルのサポート

この機能拡張により、IMS Universal ドライバーに対する SQL クエリ実行で 16 進数と 2 進数のリテラルがサポートされます。INSERT、UPDATE、SELECT、DELETE ステートメント内で 16 進数と 2 進数のリテラルを使用し、バイトをパラメーター値として直接使用します。

  • サポートされるリテラル・フォーマットの例:
    • 2 進数: 0b00000100, b'00000100', B'00000100'
    • 16 進数: 0xF1F1F1, x'F1F1F1', X'F1F1F1'
  • サンプル・クエリー:
    • SELECT * FROM TABLE WHERE HEX_VALUE = 0xF1F2 and HEX_VALUE3 = x'F1F1' and HEX_VALUE4 = X'F2F1'
    • SELECT * FROM TABLE WHERE BIN_VALUE = 0b00000100 and BIN_VALUE3 = b'00000100' and BIN_VALUE4 = B'00000100?

アプリケーション異常終了時に IMS ファスト・パス・トランザクションとプログラムを停止しない

IMS15.3 より前のバージョンでは、廃棄不能メッセージ出口ルーチン (DFSNDMX0) の出口は、異常終了発生時にトランザクションとプログラムの状態を制御するための IMS ファスト・パス・プログラム (IFP) 領域をサポートしません。

DFSNDMX0 が拡張され、メッセージ駆動型 IFP 領域操作をサポートします。ファスト・パス・アーキテクチャーと操作方法のために、DFSNDMX0 出口のすべての戻りコードは IFP 領域操作のサポート対象ではありません。戻りコード 0 と 4 はサポートされますが、戻りコード 8、12、16 はサポートされません。0 と 4 以外の戻りコードは 0 として扱われます。

NDMTRNST は、トランザクション状況フラグです。IFP 領域の NDMTRNST に指定可能な値は、1 ~ 7 です。ただし、NDMTRNST=4 (PSTOP) が指定され、トランザクションがファスト・パス専用として定義されている場合は無視され、トランザクションのステータスは STOP に設定されます。この動作は、IMS がファスト・パス専用トランザクションに対して発行された PSTOP コマンドを処理する方法と一致します。NDMTRNST の推奨値は 1 で、「トランザクションとプログラムを停止しない」を有効にします。戻りコード 0、4 のどちらの場合も、トランザクションとプログラムは停止しません。

IFP 領域の NDMX 出口を呼び出すには、DFSDFxxx メンバーの USER_EXITS セクションで新しいオプション・パラメーターとキーワード NDMX_CALLED_FOR=(IFP(Y)) をコード化します。

新規オプション・キーワードであるメッセージ処理領域 (MPR)、 Java メッセージ処理 (JMP)、BMP、および IFP を使用して、これら特定の従属領域でアプリケーションの ABEND が発生したときに、NDMX タイプの出口が呼び出されかどうかを選択できます。

31 ビット COBOL 64ビット Java の相互運用性

言語環境 (LE) 31 ビットと 64 ビットの相互運用性をサポートするために、JVM=3164 という新しいオプションが追加されました。このオプションを指定すると、64 ビット Java 仮想マシン (JVM) がロードされ、31 ビット COBOL コードを 64 ビット Java コードと相互運用できるようになります。これは、31 ビット COBOL と 31 ビット Java をサポートする純粋な 31ビット LE 環境用の既存の JVM=31 と、64 ビット Java をサポートする純粋な 64 ビット LE 環境用の JVM=64 と対照的です。

IBM Z Security and Compliance Center の IMS サポート

IBM とその顧客にとって、セキュリティーとコンプライアンスは最優先事項です。しかし、情報セキュリティ管理の証拠を収集し、監査人にコンプライアンスを実証するプロセスは、手作業による労力と時間がかかります。

IBM Z Security and Compliance Center は、コンプライアンス関連のタスクのモニターを一元化するのに役立ち、これらのタスクと、制御逸脱の潜在的な重大性に関するインタラクティブなビューを利用することができます。zSCC は、以下のように、お客様の社内コンプライアンス・プロセスのトラッキングとレポート作成を効率化するよう設計されています。

  • IBM z/OS および Linux® プラットフォームの主要領域から、関連ファクトの収集と検証を自動化し、ブラウザー・ベースのダッシュボードで時間の経過とともに追跡します。
  • 事前に定義されたプロファイルは、組み込みの目標検証を通じて潜在的な逸脱を特定します。これは、Payment Card Industry Data Security Standard (PCI-DSS) および National Institute of Standards and Technology (NIST) SP800-53 からのコントロール逸脱の深刻度に関する詳細を監査員に示すのに役立ちます。

APAR PH42600、Operations Manager (OM)、および IMS Connect アドレス空間を備えたIMS 15 は、コンプライアンス監査に関連する構成パラメーター設定を有し、内部のコンプライアンス監査設定を新しいソース同梱の制御ブロックにコピーして統合します。これらのアドレス空間は、"BPECOMPLIANCEDAT" という特定の文書化された名前を持つ z/OS 名/トークンを使用して、そのコンプライアンス・データ・ブロックのアドレスを提供します。これらのブロックをマッピングするマクロは、IMS SDFSMAC データ・セットに含まれます。セキュリティー 監査を行うすべての製品は、これらの新しいコンプライアンス・データ・ブロックを使用して、以前のアクセス不能コンプライアンス監査データを OM および IMS Connect から取得できます。

その 1 つである IBM Security ® zSecure Suite 2.5.0 の APAR OA63173 (PTF UJ08291) は、コンプライアンス・データを OM と IMS Connect ブロック内で取得してコンプライアンス・テストで使用できるようにし、ISPF 下またはバッチ・レポートに表示します。zSCC は、このデータを SMF1154 サブタイプ 85、86、87 レコードに外部化し、SMF1154 レコードを使用してコンプライアンス状態を評価し、Security zSecure Suite ダッシュボードに表示することができます。

IMS は、定期的な機能更新を提供する継続的デリバリー・ロードマップを確約しています。以下の表は、継続的デリバリーにより提供された現行の IMS 15.3 リリースに組み込まれている機能拡張をリストしたものです。

Capability Availability method
OTMA Enhanced Storage Management APAR PH17832
IMS Support for z/OS Workload Interaction Correlator APAR PH15062
Pervasive Encryption for IMS OSAM Databases-64-bit Support APAR PH21283
Performance Enhancement for IMS Transaction Manager and Db2 Customers Using RACF APAR PH33024
DBRC Staging Directory Command Support APAR PH17441
Nonstructural Catalog Changes Without an Outage APAR PH14668
Catalog Record Purge Utility APAR PI84828
IMS Catalog API Enhancement APAR PH25400
Maximum number of AREAs is increased to 9999 APAR PH12671
IMS DB Fence APAR PH26604
DDL Audit Trail in Readable Format APAR PH40474 and PH43149
GSAM Library Build Utility APAR PH30248
IMS Native z/OS DDL Utility (BMP Support) APAR PH43314
JDBC Hex and Binary Literal Support APAR PH25586
Do not stop IMS Fast Path transaction and program on application abend APAR PH31457 and PH44699
31-bit COBOL 64-bit Java Interoperability APAR PH37140
IMS Support for IBM Z Security and Compliance Center APAR PH42600

新しい IMS 15.3 クライアントについては、 発注情報 セクションを参照してください。

既存の IMS15 クライアントを IMS15.3 に移行する場合は、IMS15.3 Release Marker PTF (APAR PH44771) を入手し、他の PTF と同様に PTF を適用して IMS15.3 に移行してください。Release Marker PTFを適用すると、IMS Native z/OS DDL ユーティリティー (BMP サポート) の有効化が容易になります。

既存の IMS V15 クライアントで IMS 15.2 を引き続き使用したい場合、IMS V15.3 Release Marker PTF を適用しないでください。IMS 15.2 を使用しているクライアントは、IMS 15.3 Release Marker PTF が適用されるまで、IMS 15.3 の特定の機能を活用することはできません。

Capability
The IMS Native z/OS DDL Utility is an IMS 15.3 capability that is enabled by the IMS 15.3 Release Marker PTF.

本発表レターに記載されている他のすべての機能は、IMS V15 に対して有効にされます。

IBM IMS ツール

IMS ツールは、データベース管理、トランザクション管理、およびパフォーマンス管理のためのアプリケーション固有のオンデマンド・ソリューションを提供します。企業全体のデータを最適化するために設計された IMS ツールは、IMS 環境の価値を高めるために必要な信頼性と値ごろ感を提供します。

IBM IMSAdministration Tool for z/OS IMS カタログ内の DBD と PSB の廃止されたインスタンスを簡単に特定するのに役立ちます。Catalog Record Purge (DFSPU10) に対する IMS の機能拡張に伴い、IMS Administration Tool for z/OS が強化され、IMS がオンラインである間、これらの廃止されたインスタンスのパージがサポートされるようになりました。この機能拡張は、APAR PH40909 の修正で提供されます。

IMSと 並行して、 IBM IMS Fast Path Solution Pack for z/OS がアップデートされ、DEDB 下で最大 9999 AREA をサポートするようになりました。

3 つの IBM IMS ツールが更新され、DBRC コマンドの新しい STAGING オプションを利用できるようになり、IMS Managed ACB を備えた環境をサポートする機能が強化されました。

  • IMS Database Reorganization Expert for z/OS (APARs PH30139 および PH35323 を参照)
  • IMS HALDB Toolkit for z/OS (APAR PH22310 を参照)
  • IMS High Performance Load for z/OS (APAR PH35322 を参照)

現在サポートされているすべての IBM IMS ツールは IMS15.3 をサポートする予定です。現行性サポートは、PTF を通じて提供されます。詳しくは、 IBM IMS Tools and IMS Version 15 Compatibility Web サイトを参照してください。



Back to top先頭へ戻る

製品の位置付け

Top rule

IMS への投資は、お客様のデータベースまたはトランザクション・マネージャーへの投資であるだけでなく、お客様のデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーにおける一歩前進でもあります。特に IMS15 は、お客様のクラウドへの移行を念頭に置いて構築されており、ハイブリッド・クラウドを実現する上で重要な役割を担っています。半世紀以上にわたり、IMS Transaction Manager や IMS Database などの IMS ポートフォリオは、激変する市場においてイノベーションを促進し成長を促すために必要な最高レベルの可用性、拡張性、パフォーマンスを提供し、企業から高い信頼を得てきました。IMSは 、オンプレミスでもクラウド環境でも統合可能なオープンでコネクテッドなプラットフォームを提供しており、お客様はメインフレームの利点とセキュリティーのすべてを、クラウドの革新性と共に体験できます。

IMS 15 は、エンタープライズ・データベースおよびトランザクションの管理のために IBM CICS 、 IBM Db2 for z/OS 、および IBM WebSphere の各サーバーを補完します。幅広い統合機能は、複数層のエンタープライズ・アーキテクチャーの中心に IMS を位置付けるのに役立ちます。IMS 運用データは、ビジネス・インテリジェンス (BI) およびアナリティクス・ツールからアクセスできます。IMS データは、直接アクセスすることも、BI 対応のリレーショナル・データを使用して伝搬および複製することもできます。 IBM オファリングは、IMS およびその他のデータにアクセスするための標準アプリケーション・インターフェースと標準ドライバーを組み込んでいます。IMS Transaction Manager、 CICS 、および WebSphere のサーバーを使用して、リレーショナル・データと階層型 IMS データの両方に、同時もしくは個別に効率よくアクセスできます。IMS Transaction Manager は、アプリケーション管理、データ・ストレージ、およびデータ・アクセスを提供し、厳格なルールをこのアクセスに適用します。

IBM および IMS は、新たなレベルのツールや統合を引き続きサポートします。企業のお客様は、 IBM z/OS Connect、 IBM Developer for z/OS 、 IBM Application Discovery and Delivery Intelligence などのオファリングを使用して、信頼性のある IMS アプリケーションを保守および拡張したり、Web アプリケーションを開発したりすることができます。IMS Universal Database ドライバーを使用することで、 WebSphere アプリケーションは、IMS データベース・データに、業界標準の Java Database Connectivity (JDBC) および SQL を使用して直接アクセスできます。

本発表では、IMS がお客様の成功に引き続きコミットしていることを確認しています。その DNA は、長年の実績によって保証されたパフォーマンス、スケーラビリティー、セキュリティー、可用性、および回復力を基礎としています。ビジネス・プロセスの中心となるコア・アプリケーションを実行する際に、世界的な企業に IMS を継続して利用いただいています。



Back to top先頭へ戻る

サポート・ライフサイクル・ポリシーの更新

Top rule

すべての IMS バージョン 15 オファリングは、継続的デリバリー (CD) サポート・モデルを採用しています。CD サポート・モデルでは、 IBM は IMS のお客様が新機能をより頻繁に入手できるようにします。この新しいサポート・モデルは、IMS 用に以下のように実施されます。

  • 新しい機能と製品保守はいずれも、 IBM Z ソフトウェア・オファリングの IBM 配信メカニズムに沿って、PTF により入手可能になります。お客様は、最新の更新を取得するために入手可能な PTF をインストールすることによって最新の状態を維持する必要があります。
  • 旧バージョンからマイグレーションするお客様のインストールを容易にするために、新機能と保守の両方の PTF が定期的に 1 つのパッケージに統合されます。これらのパッケージには、それぞれ新しいリリース番号が付きます (つまり、これらのパッケージはそれぞれ新しい「V.R.M」を持ち、「V」はバージョン、「R」は各更新の増分リリース番号です)。必要に応じて追加のモディフィケーション・レベル修飾子 (「M」) が使用されます。
  • 新機能と保守の両方の PTF は、上記の統合パッケージの提供ごとにリリースされます。既に現行バージョンをご利用のお客様は、再インストールの必要はありません。その代わり、これらのお客様は、V.R.の変更を反映したPTFを適用することで、現行のレベルに移行することができます。トラッキングとレポート作成のためのM番号
  • バージョン内の新しい各統合パッケージ、すなわち新しい各 V.R、または使用する場合は V.R.M は、少なくとも 2 年のサポートに加えて、追加で最小 1 年のサポート延長を提供します。
  • CD サポート・モデルの一部の IBM 製品は、長期サポート・リリース (LTSR) を提供します。LTSR の決定的な特徴は、新機能が LTSR で提供されないことです。現時点で、IMS には LTSR が使用できません。新機能と修正の両方がバージョンで引き続き提供されます。ただし、拡張ライフサイクル・ポリシーにより過去のバージョンに提供されたサポートの最小時間フレームは、引き続きバージョン全体に適用され、バージョンに対する最小 5年のサポートに加えて、最小 3 年のサポート延長があります。
  • サービス終了が近づくと、 IBM は、サービス終了日に関する発表を公開します。サービス終了の発効日は、その発表の日から最小 12 カ月です。上記で参照される時間フレームにしたがって、サービス終了の発行日後に、サポート延長が利用できます。

IBM CD サポート・モデルの契約条件については、ソフトウェア発表レター JP16-03412016 年 5 月 24 日付 を参照してください。



Back to top先頭へ戻る

参照情報

Top rule

IMS 15 および継続的デリバリー・サポート・モデルについての詳細は、以下を参照してください。

  • ソフトウェア発表レター JP20-0020(2020 年 2 月 24 日付)
  • ソフトウェア発表レター JP17-0477(2017 年 10 月 3 日付)
  • ソフトウェア発表レター JP18-0158(2018 年 2 月 13 日付)


Back to top先頭へ戻る

プログラム番号

Top rule

Program number VRM Program name
5635-A06 15.3.0 IBM Information Management System
5655-DS5 15.3.0 IBM Information Management System Database Value Unit Edition
5655-DSR 1.1.0 IBM Information Management System Database Value Unit Edition S&S
5655-TM4 15.3.0 IBM Information Management System Transaction Manager Value Unit Edition
5655-TMS 1.1.0 IBM Information Management System Transaction Manager Value Unit Edition S&S


Back to top先頭へ戻る

サービス

Top rule

IBM Systems Lab Services

Systems Lab Services は、ハイブリッドクラウドおよびエンタープライズの IT ソリューションのビルドを支援するインフラストラクチャー・サービスを提供します。サーバーからストレージ・システムやソフトウェアに至るまで、Systems Lab Services は次世代 IT インフラストラクチャーのビルディング・ブロックの導入を支援して、お客様のビジネスの強化に貢献します。Systems Lab Services のコンサルタントは、お客様のためにオンラインまたはオンサイトでインフラストラクチャー・サービスを実行して、深い技術専門知識、有用なツール、成果の上がる方法を提供します。Systems Lab Services は、お客様がビジネスの課題を解決し、新しいスキルを獲得し、ベスト・プラクティスを適用できるように設計されています。

Systems Lab Services は、 IBM Power® サーバー、 IBM ストレージ・システム、 IBM Z 、および IBM LinuxONE 向けに幅広いインフラストラクチャー・サービスを提供します。Systems Lab Services はグローバルな存在であり、経験豊富なコンサルタントを世界中にオンラインまたはオンサイトで配置できます。

支援については、Systems Lab Services (ibmsls@us.ibm.com) にお問い合わせください。

詳しくは、 IBM Systems Lab Services Web サイトを参照してください。

IBM™ Consulting

あらゆる業界でトランスフォーメーションが続く中、企業は、全社的なビジネス戦略とテクノロジー・インフラストラクチャーをマップするために単独のパートナーを必要としています。 IBM Consulting は、組織全体での変化を加速させるビジネスパートナーです。 IBM の専門家は、人材、テクノロジー、パートナー・エコシステムのつながりを築く協調的な働き方を見つけることにより、企業の成功を支援します。 IBM Consulting は、ビジネスに関する専門知識とテクノロジーのエコシステムをまとめて、組織が直面する最大の問題の解決を支援します。より迅速に結果を得るための手法、オープンかつ柔軟なハイブリッドクラウド・アーキテクチャーを土台とする統合型アプローチ、 IBM Research® および IBM Watson® AI から取り入れたテクノロジーにより、 IBM Consulting は、企業が確実に変化を指揮し、ビジネスと最終的な収益を継続的に改善できるようにします。

詳しくは、 IBM Consulting Web サイトを参照してください。

IBM Technology Support Services (TSS)

予防保守およびオンサイト・サポートとリモート・サポートを受け、重要なビジネス・アプリケーションおよび IT システムに対する実用的な洞察を得ます。240 個を超えるオープンソース・パッケージ向けのサポートによって、開発者の技術革新を促進させます。 IBM の強力なアナリティクスと AI 対応のツールを活用して、お客様チームが IT の問題を緊急事態に発展する前に管理できるようにします。

TSS は、お客様の環境の複数のニッチを網羅する幅広い IT の保守とサポートのサービスを提供します。TSS は、サーバー、ストレージ、ネットワーク、アプライアンス、ソフトウェアなどの IBM と OEM の製品に対応して、お客様がデータ・センターとハイブリッドクラウド環境全体で高可用性を確保できるよう支援します。

利用可能なサービスの詳細については、 ハイブリッドクラウド環境向けのテクノロジー・サポート Web サイトをご覧ください。

IBM Expert Labs

Expert Labs は、お客様が深い技術スキルと知識を活用することにより、プロジェクトを加速して価値を最適化できるように支援します。20 年間を超える業界における経験を有するこれらの専門家は、即時に影響をもたらすビジネス上の結果を出すために最大の課題を克服する方法を理解しています。

これらのスペシャリストは、多くの場合、新規の製品、機能ならびにロードマップに関する情報に最初にアクセスできるため、 IBM 製品開発と Expert Labs の深い協調によって戦略的優位性を持つことが可能になります。開発とのこのようなつながりにより、お客様組織に最も適した柔軟なアプローチによって独自のニーズに対応したり、お客様のビジネスを展開したりするための First of a Kind (FOAK) 実装を提供できます。

詳しくは、 IBM Expert Labs Web サイトを参照してください。

IBM Security Expert Labs

IBM Security ソフトウェア・ソリューションに関するコンサルティングの幅広い専門知識を持つ IBM Security Expert Labs は、お客様とパートナーがアプリケーション、データ、人材のセキュリティーをモダナイズするのを支援します。コンサルティングと研修の幅広いサービス・ポートフォリオにより、Expert Labs は、プロジェクト・ベースとプレミア・サポート・サービス・サブスクリプションを提供しています。

これらのサービスは、お客様が IBM Security ソフトウェアを導入して統合し、チームのリソースを拡張し、ゼロトラストのような重要な戦略などのハイブリッドクラウド・ソリューションの成功を導き、加速する上で役立ちます。リモートとオンプレミスのソフトウェア・デプロイメントの支援は、 IBM Cloud Pak® for Security、 IBM Security QRadar®/QRoC、 IBM Security SOAR/Resilient® 、 IBM i2® 、 IBM Security Verify、 IBM Security Guardium® 、および IBM Security MaaS360® で利用できます。

詳しくは、Security Expert Labs (sel@us.ibm.com) にお問い合わせください。

詳しくは、 IBM Security Expert Labs Web サイトを参照してください。



Back to top先頭へ戻る

IBM Support

Top rule

IBM Support は、お客様の時間を節約してサポートを簡素化するように設計された、技術サポートのツールやリソースへのゲートウェイです。 IBM Support は、疑問に対する回答の検索、修正のダウンロード、トラブルシューティング、問題事例の報告と追跡、およびスキルの向上に役立ちます。 IBM Support Insider にアクセスして、新しいツール、新しいプロセス、新機能などの IBM Support の変更について知り、情報を入手してください。



Back to top先頭へ戻る

その他の IBM サポート

Top rule

IBM Client Engineering for Systems

Client Engineering for Systems は、デジタル・トランスフォーメーションを加速させるためのフレームワークです。革新的なアイデアを生み出すことができ、そのようなアイデアを数週間でビジネス価値に変えるための手法、テクノロジー、専門知識を活用することができます。Client Engineering for Systems で作業する際、問題点にフォーカスします。お客様は、チームが手に負えるリスクを負い、最先端のテクノロジーを採用し、ソリューション開発をスピードアップして、すべての価値を評価する上で支援できます。Client Engineering for Systems には、ビジネス・トランスフォーメーション、ハイブリッドクラウド、アナリティクスとAI、インフラストラクチャー・システム、セキュリティーの機能などの幅広いユース・ケースに対応するための専門家とサービスが用意されています。クライアント・エンジニアリング (sysgarage@ibm.com) までお問い合わせください。



Back to top先頭へ戻る

技術情報

Top rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

IMS 15 は、 IBM System z10® プロセッサー以降では、 IBM z/Architecture® モードでのみ稼働します。IMS 15.3 は、 IBM System z10 プロセッサー以降では、 z/Architecture モードでのみ稼働します。IMS 15.3 は、 IBM System z10 EC または BC (マシン・タイプ 2097 または 2098) または IBM System z196 または z114 (マシン・タイプ 2817 または 2818) での実行をサポートする最後の IMS リリースです。

前提ソフトウェア

以下の最小バージョン、リリース、あるいはモディフィケーション・レベルが、IMS 15 との相互協調処理に対してサポートされています (これらのバージョンが IBM からまだ入手可能でサポートされている場合)。

  • z/OS V2.3 (5650-ZOS) 以降
    • z/OS V2.3 および V2.4 APAR OA57570 および OA57633 (IMS 64 ビット・ストレージの診断サポートのためのデータ・プライバシー向け)
    • z/OS V2.3 および V2.4 APAR OA57165 (IBM z/OS Workload Interaction Correlator サポート向け)
    • DFSMS2.3 APAR OA51385 (OLDS zHyperWrite サポート向け)
    • DFSMS 2.3 APAR OA60688 (z/OS データ・セット暗号化サポート向け)
  • RACF (個別に発注可能な z/OS V2.3 のセキュリティー・サーバー機能に含まれる)、または同等の機能 (セキュリティー機能を使用する場合)
  • IBM High-Level Assembler Toolkit (別個に注文可能な z/OS V2.3 の機能)
  • Java Development Kit (JDK) 8 (IMS Universal ドライバーまたは Java 従属領域を使用している場合)
  • Db2 for z/OS 12 (5615-DB2) 以降
  • IRLM 2.3 (5635-A06) 以降 (データ共有が使用されている場合)。IRLM は IMS 15 に付属しています
  • CICS 5.4 (5655-Y04) 以降
  • IBM MQ (5724-H72) 9.1 以降
  • WebSphere Application Server for z/OS (5655-W65) または分散プラットフォームの WebSphere Application Server 8.5.5 (5724-J08)
  • IMS コプロセッサーをサポートする Enterprise COBOL for z/OS 6.2 (5655-EC6) 以降 (IMS SQL support for COBOL アプリケーション・プログラムを使用している場合)

IMS 15 は、High Level Assembler、PL/X、C、C++、および Java で作成されています。

機能改善要求

これらの要件に関連したすべての機能が、提供されていた場合であっても、この発表レターで参照されるとは限りません。この発表レターに記載されていない機能拡張の詳細については、 IBM 資料 で IMS 情報を参照してください。

機能改善要求 (RFE) / アイデア・リスト

RFE/Idea number Description
RFE 143089 / Idea IMSTM-I-73 DFSSQQRY - support for the message age in # of minutes.
RFE 65587 / Idea IMSDB-I-244 IBoA0113-1588 IMS Fence capability
RFE 124229 / Idea IMSSS-I-199 Increase Maximum areas for a DEDB
RFE 151298 / Idea IMSTM-I-94 Add Parameter to AUTH Call to Suppress ICH408 Messages
RFE 138834 / Idea IMSTM-I-74 Non-Stop TRAN and PSB
RFE 149631 / Idea IMSSS-I-273 Transactions that have been purged will still process messages but need to be started after a recycle in SQ systems
RFE 131760 / Idea IMSTM-I-46 IMS parameter at MPP region to choose which userid pass at DB2® signon
RFE 110950 / Idea IMSDB-I-68 Improve IMS catalog retention criteria / IMS catalog record purge utility
RFE 145346 / Idea IMSSS-I-253 Enhanced IMS default DFSSPMxx for HIOP
RFE 139496 / Idea IMSTM-I-54 Need some help from IMS to modify the command processor to scan actual existing destinations in IMS
RFE 130060 / Idea IMSDB-I-130 DFS3CATQ processes multiple IMS Catalogs
RFE 135683 / Idea IMSDB-I-132 Generate DBD/PSB source from IMS Catalog for any earlier instances
RFE 144465 / Idea IMSDB-I-147 Generate DBD and PSB in XML format from IMS Catalog
RFE 130780 / Idea IMSTM-I-61 Explicit IMS-Connect-PING by IMS TM RA API
RFE 105354 / Idea IMSES-I-77 Binary Literal Support in IMS JDBC Driver
RFE 125823 / Idea IMSSS-I-272 DBRC should refer to the staging data set of IMS directory
RFE 143622 / Idea IMSTM-I-88 Changed default for APPCMAX in DFSDCxxx


Back to top先頭へ戻る

発注情報

Top rule

インターネットを通じた z/OS の発注

Shopz では、 z/OS パッケージ製品の計画と発注を容易に行うことができます。Shopz は、現在のインストール済み環境を分析し、製品の正しいマイグレーションを判別し、 z/OS に基づく新しい構成を提示します。また、他の製品を発注に追加することもできます。Shopz では、すべての製品要件が満たされているかどうかを判別します。Shopz は、すべての国で使用できます。詳細情報および入手可能かどうかについては、 Shopz Web サイトを参照してください。

ICA または CRA ソフトウェア

新規ライセンスの発注は、現在受付中です。

登録済みのお客様は、IBMLink にアクセスして発注情報や料金を参照できます。

出荷開始日より前に出荷が行われることはありません。

後の日付が指定されているのでない限り、計画されている出荷開始日より前に入力された発注の処理は、出荷開始日以降の 1 週後のスケジュール日付に指定されます。

後の日付が指定されているのでない限り、発注の処理は、発注入力の翌週にスケジュールされます。

IMS V15.3 の新規ユーザーは、以下を指定する必要があります。タイプ: 5635 モデル: A06

CFSW の構成および発注入力機能が使用できます。

本製品は、Country Multiplex License Charge (CMLC) 料金メトリックに適格です。CMLCに関する詳細な情報については、ソフトウェア発表レター JP15-0316(2015 年 7 月 28 日付) を参照してください。

並列シスプレックス ・ライセンス使用料 (PSLC)

並列シスプレックス® ・ライセンス使用料金 (PSLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

並列シスプレックス に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する PSLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の 100 万単位のサービス単位 (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスのシステム使用登録無料 (SYSUSGREG NC) ID を指定します。

プログラム名: Information Management System 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 001
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 002
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 003
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 004
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0A1
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0A2
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0B1
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0C1
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0E1
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 0X2
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group 110
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group A01
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group H30
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group H50
S018211 IMS TM 15 MLC Processor Group H70
S018211 IMS TM 15 MLC Up To 0.25 MSU
S018211 IMS TM 15 MLC Up To 0.5 MSU
S018211 IMS TM 15 MLC Up To 1 MSU
S018211 IMS TM 15 MLC Up To 2 MSU
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge Base with Qty 1 MSU
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge Base with Qty 3 MSU
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU PSLC up to level D
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU PSLC up to level D
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU PSLC up to level D
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU PSLC up to level
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU PSLC up to
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU PSLC up to level
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative Base with Qty 3 MSU
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 001
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 002
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 003
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 004
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0A1
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0A2
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0B1
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0C1
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0E1
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 0X2
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group 110
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group A01
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group H30
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group H50
S018211 IMS TM 15 OTCA Processor Group H70
S018211 IMS TM 15 OTCA Up To 1 MSU
S018211 IMS TM 15 OTCA Up To 2 MSU
S018211 IMS TM 15 System Usage Registration No Charge Base with Qty 1 MSU
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge Base with Qty 0 MSU
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 001
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 002
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 003
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 004
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0A1
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0A2
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0B1
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0C1
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0E1
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 0X2
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group 110
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group A01
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group H30
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group H50
S018212 IMS ETO 15 MLC Processor Group H70
S018212 IMS ETO 15 MLC Up To 0.25 MSU
S018212 IMS ETO 15 MLC Up To 0.5 MSU
S018212 IMS ETO 15 MLC Up To 1 MSU
S018212 IMS ETO 15 MLC Up To 2 MSU
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge Base with Qty 1 MSU
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge Base with Qty 1 MSU
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge Base with Qty 3 MSU
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU PSLC up to level D
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU PSLC up to level D
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU PSLC up to level D
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU PSLC up to level
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU PSLC up to
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU PSLC up to level
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative Base with Qty 3 MSU
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 001
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 002
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 003
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 004
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0A1
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0A2
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0B1
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0C1
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0E1
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 0X2
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group 110
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group A01
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group H30
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group H50
S018212 IMS ETO 15 OTCA Processor Group H70
S018212 IMS ETO 15 OTCA Up To 1 MSU
S018212 IMS ETO 15 OTCA Up To 2 MSU
S018212 IMS ETO 15 System Usage Registration No Charge Base with Qty 1 MSU
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge Base with Qty 0 MSU
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 001
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 002
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 003
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 004
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0A1
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0A2
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0B1
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0C1
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0E1
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 0X2
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group 110
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group A01
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group H30
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group H50
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Processor Group H70
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Up To 0.25 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Up To 0.5 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Up To 1 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 MLC Up To 2 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge Base with Qty 1 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge Base with Qty 3 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU PSLC up to level D
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU PSLC up to level D
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU PSLC up to level D
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU PSLC up to level
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU PSLC up to
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU PSLC up to level
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU PSLC up to level D
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative Base with Qty 3 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 001
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 002
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 003
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 004
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0A1
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0A2
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0B1
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0C1
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0E1
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 0X2
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group 110
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group A01
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group H30
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group H50
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Processor Group H70
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Up To 1 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 OTCA Up To 2 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 System Usage Registration No Charge Base with Qty 1 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge Base with Qty 0 MSU
Orderable supply ID Short name Description Language
S018M3X IMS ETO 15.3 IBM Information Management System Extended Terminal Option 15 .3 US English
S018M3Z IMS TM 15.3 IBM Information Management System Transaction Manager 15.3 US English
S018M40 IMS DB Mgr 15.3 IBM Information Management System DataBase Manager 15 .3 US English

プログラムのご使用条件

IMS Transaction Manager Value Unit Edition および Database Value Unit Edition オファリングには、1 つの課金単位、バリュー・ユニットがあります。

Program number Program name Value unit exhibit
5655-TM4 Information Management System Transaction Manager Value Unit Edition 15 VUE001
5655-DS5 Information Management System Database Value Unit Edition 15 VUE001

プログラム名: IMS Transaction Manager Value Unit Edition 15 PID: 5655-TM4

プログラム PID: 5655-TM4

Entitlement identifier Description License option/ Pricing metric
S0187DS IMS ETO VUE 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S0187DS IMS ETO VUE 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S0187DS IMS ETO VUE 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1
S0187DT IMS TM VUE 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S0187DT IMS TM VUE 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S0187DT IMS TM VUE 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1
Orderable Supply ID Short name Description Language
S018M81 IMS ETO VUE 15.3 IBM IMS Extended Terminal Option VUE 15 English US
S018M83 IMS TM VUE 15.3 IBM IMS Transaction Manager Value Unit Edition 15 English US

プログラム名: IMS Transaction Manager Value Unit Edition Subscription and Support PID: 5655-TMS

Entitlement Identifier LF Description License Option Description
S017K13 IMS TM VUE S&S Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017K13 IMS TM VUE S&S MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017K13 IMS TM VUE S&S SW Subs and Sup Rgst No Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017K13 IMS TM VUE S&S SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017K13 IMS TM VUE S&S SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1
S017K45 IMS ETO VUE S&S Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017K45 IMS ETO VUE S&S MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017K45 IMS ETO VUE S&S SW Subs and Sup Rgst No Charge Per MSU Qty 1
S017K45 IMS ETO VUE S&S SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017K45 IMS ETO VUE S&S SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1
Orderable supply ID Short name Description Language
S017K0V IMS TM VUE S&S IBM IMS Transaction Manager Value Unit Edition Subscription & Support US English
S017K41 IMS ETO VUE S&S IBM IMS Extended Terminal Option Value Unit Edition Subscription & Support US English

プログラム名: IBM IMS Database Value Unit Edition 15PID: 5655-DS5

Entitlement Identifier Short name Description License Option/Pricing Metric
S017XHH IMS DB Value Unit Ed 15 IMS Database Value Unit Ed 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S017XHH IMS DB Value Unit Ed 15 IMS Database Value Unit Ed 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017XHH IMS DB Value Unit Ed 15 IMS Database Value Unit Ed 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1
Orderable Supply ID Short name Description Language
S018M85 IMS DB VUE 15.3 IBM Information Management System Database Value Unit Edition 15.3 English US

Information Management System Database Value Unit Edition Subscription and Support PID: 5655-DSR

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S017864 IMS Database VUE S&S Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017864 IMS Database VUE S&S MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017864 IMS Database VUE S&S SW Subs and Sup Rgst No Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017864 IMS Database VUE S&S SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017864 IMS Database VUE S&S SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1
Orderable supply ID Short name Description Language
S017863 IMS Database VUE S&S IBM Information Management System Value Unit Edition Database Server S&S English US
アドバンスド・ワークロード使用料金 (AWLC)

アドバンスド・ワークロード使用料金 (AWLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。 並列シスプレックス に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する AWLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の Service Units in Millions (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスのシステム使用登録無料 (SYSUSGREG NC) ID を指定します。

プログラム名: Information Management System 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Advanced
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WL
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced W
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018212 MS ETO 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WL
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Advanced WLC
アドバンスド・エントリー・ワークロード使用料金 (AEWLC)

アドバンスド・エントリー・ワークロード使用料金 (AEWLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

プログラム名: IBM IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU AEWLC -Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU AEWLC - Advanced Entry
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 316 to unlimited MSU AEWLC - Advanced Entry WLC
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU AEWLC - Advanced
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU AEWLC - Advanced E
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU AEWLC - Advanced E
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU AEWLC - Advanced En
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU AEWLC - Advanced E
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU AEWLC - Advanced
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 261 to 315 MSU AEWLC - Advanced
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 316 to unlimited MSU AEWLC - Ad
国別マルチプレックス使用料金 (CMLC)

国別マルチプレックス使用料金 (CMLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

国別マルチプレックスに複数のプログラム・コピーが含まれる場合、すべてのコピーがマルチプレックス内の 1 つのカスタマー番号に対してライセンス交付を受けていると、すべてのコピーが 1 つのライセンスに関連付けられます。複数のカスタマー番号がある場合は、すべてのコピーの料金が、マルチプレックス内のカスタマー番号ごとに 1 つのライセンスに配分されます。

課金対象のライセンスごとに、該当する CMLC ライセンス・オプションと、マルチプレックス内のカスタマー番号ごとに配分される 100 万サービス単位 (MSU) の数量を指定します。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスのワークロード登録無料 (WLREG NC) ID を指定します。

プログラム名: IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 25000 to unlimited MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 5000 to 6999 MSU Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 25000 to unlimited MSU Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 5000 to 6999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 25000 to unlimited MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 5000 to 6999 MSU Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 25000 to unlimited MSU Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 5000 to 6999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 25000 to unlimited MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 5000 to 6999 MSU Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 10000 to 13999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 14000 to 18999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 19000 to 24999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1976 to 2499 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 2500 to 3499 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 25000 to unlimited MSU Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 3500 to 4999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 5000 to 6999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 7000 to 9999 MSU Country Multiplex License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Country Multiplex License Charge
Solution Consumption License Charges (SCLC)

Solution Consumption License Charges (SCLC)

SCLC は、真のメーター制使用モデルを提供し、1 時間当たりのピーク量やスパイクに関係なく、使用する 100 万サービス単位 (MSU) が同じ MSU 当たりの料金で請求されます。これにより、料金の予測可能性が大幅に向上します。

SCLC の追加情報については、ソフトウェア発表レター JP18-0392 を参照してください。

Information Management System 15.3

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Solution Charge Monthly Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018211 IMS TM 15 Solution Charge Reg. No Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018211 IMS TM 15 Solution Consumption Monthly Charge Solution Consumption MSU Qty 1
S018211 IMS TM 15 Solution Consumption Reg. No Charge Solution Consumption MSU Qty 1
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018212 IMS ETO 15 Solution Charge Monthly Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018212 IMS ETO 15 Solution Charge Reg. No Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018212 IMS ETO 15 Solution Consumption Monthly Charge Solution Consumption M Qty 1
S018212 IMS ETO 15 Solution Consumption Reg. No Charge Solution Consumption M Qty 1
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018214 IMS DB Mgr 15 Solution Charge Monthly Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018214 IMS DB Mgr 15 Solution Charge Reg. No Charge Enterprise Solution MSU Qty 1
S018214 IMS DB Mgr 15 Solution Consumption Monthly Charge Solution Consumption M Qty 1
S018214 IMS DB Mgr 15 Solution Consumption Reg. No Charge Solution Consumption M Qty 1
変動式ワークロード使用料金 (VWLC)

ワークロード使用料金 (WLC) 基本ライセンス

並列シスプレックス に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する WLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の 100 万単位のサービス単位 (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスのワークロード登録変数 WLC ID を指定します。

Information Management System V15 (5635-A06)

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workload License Charg
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Var. Workload License
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Var. Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Var. Workload
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Var. Workload Li
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Var. Work
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Var. Workload Li
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Var. Workload Licen
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Var. Workload Lic
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Var. Workload Li
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Var. Workload L
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workl
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Var. Workloa
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU Var.
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Var. Workloa
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload L
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload
S018211 IMS TM 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Var. Workloa
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workload License Charg
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Var. Workload License
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Var. Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Var. Workload
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Var. Workload Li
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Var. Work
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Var. Workload Li
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Var. Workload Licen
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Var. Workload Lic
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Var. Workload Li
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Var. Workload L
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workl
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Var. Workloa
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU Var.
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Var. Workloa
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload L
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Var. Workloa
S018212 IMS ETO 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WL
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workload License Charg
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 315 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 1976 to unlimited MSU Var. Workload License
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 316 to 575 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 576 to 875 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 1316 to 1975 MSU Var. Workload
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 176 to 315 MSU Var. Workload Li
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 1976 to unlimited MSU Var. Work
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 316 to 575 MSU Var. Workload Li
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 4 to 45 MSU Var. Workload Licen
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 46 to 175 MSU Var. Workload Lic
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 576 to 875 MSU Var. Workload Li
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 876 to 1315 MSU Var. Workload L
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1316 to 1975 MSU Var. Workl
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 176 to 315 MSU Var. Workloa
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 1976 to unlimited MSU Var.
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 316 to 575 MSU Var. Workloa
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 4 to 45 MSU Var. Workload L
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 46 to 175 MSU Var. Workload
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 576 to 875 MSU Var. Workloa
S018214 IMS DB Mgr 15 Workload Registration No Charge From 876 to 1315 MSU Advanced WL

ワークロード使用料金 (WLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

エントリー・ワークロード使用料金 (EWLC)

エントリー・ワークロード使用料金 (EWLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

プログラム名: IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 261 to unlimited MSU Entry Workload License
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU Entry Workload License Charge
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU Entry Workload L
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU Entry Workload Lic
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 261 to unlimited MSU Entry Work
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU Entry Workload Lic
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU Entry Workload Lice
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU Entry Workload Lic
S018211 IMS TM 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU Entry Workload Li
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 261 to unlimited MSU Entry Workload License
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU Entry Workload License Charge
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU Entry Workload L
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU Entry Workload Lic
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 261 to unlimited MSU Entry Work
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU Entry Workload Lic
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU Entry Workload Lice
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU Entry Workload Lic
S018212 IMS ETO 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU Entry Workload Li
Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 176 to 260 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 18 to 30 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 261 to unlimited MSU Entry Workload License
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 31 to 45 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 4 to 17 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 46 to 87 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 876 to 1315 MSU Var. Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 88 to 175 MSU Entry Workload License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 176 to 260 MSU Entry Workload L
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 18 to 30 MSU Entry Workload Lic
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 261 to unlimited MSU Entry Work
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 31 to 45 MSU Entry Workload Lic
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 4 to 17 MSU Entry Workload Lice
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 46 to 87 MSU Entry Workload Lic
S018214 IMS DB Mgr 15 One Time Charge-alternative From 88 to 175 MSU Entry Workload Li
Flat Workload License Charge (FWLC)

プログラム名: IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 No Charge Up To 1 Flat Enterprise Solution FLAT
S018212 IMS ETO 15 No Charge Up To 1 Flat Enterprise Solution FLAT
S018214 IMS DB Mgr 15 No Charge Up To 1 Flat Enterprise Solution FLAT
IBM Z 従量制ライセンス料金 (UCL)

IBM Z 従量制ライセンス料金、基本ライセンス:

該当する IBM Z 従量制ライセンス料金オプションを指定します。

料金はピークの MSU に基づいたものになります。フィーチャー 1、2、または 3 のしきい値の間で報告された使用量は、次の MSU レベルまで切り上げられます。1.0 MSU を超える場合、使用量は最も近い整数の MSU に丸められます。例えば、2.4 MSU は料金設定の 2.0 MSU に丸められ、2.5 MSU は料金設定の 3.0 MSU に切り上げられます。

プログラム名: IMS 15.3 PID: 5635-A06

Entitlement identifier Description License option/Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 12 to 44 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 2 to 11 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 45 to 78 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018211 IMS TM 15 Monthly Charge From 79 to unlimited MSU ULC Measured Usage above
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 12 to 44 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 2 to 11 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 45 to 78 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018212 IMS ETO 15 Monthly Charge From 79 to unlimited MSU ULC Measured Usage above
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 12 to 44 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 2 to 11 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 45 to 78 MSU ULC Measured Usage above 0.5 M
S018214 IMS DB Mgr 15 Monthly Charge From 79 to unlimited MSU ULC Measured Usage above
段階的ワークロード使用料金 (TWLC)

適用外。

成長機会ライセンス使用料金 (GOLC)

成長機会使用料金 (GOLC) 基本ライセンス

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号とマシン・モデルを指定します。

プログラム名: IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS TM 15 Basic License Monthly Charge Growth Opportunity Processor Based Charges
S018212 IMS ETO 15 Basic License Monthly Charge Growth Opportunity Processor Based Charges
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License Monthly Charge Growth Opportunity Processor Based Charges
S018211 IMS TM 15 Basic License One Time Charge-alternative Growth Opportunity Processor Based Charges
S018212 IMS ETO 15 Basic License One Time Charge-alternative Growth Opportunity Processor Based Charges
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License One Time Charge-alternative Growth Opportunity Processor Based Charges
IBM Z エントリー・ライセンス使用料金 (zELC)

IBM Z エントリー・ライセンス使用料金 (zELC) 基本ライセンス

zELC ソフトウェアを発注するには、プログラム番号とマシン・モデルを指定します。

プログラム名: IMS 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS TM 15 Basic License Monthly Charge zSeries Entry License Charge
S018212 IMS ETO 15 Basic License Monthly Charge zSeries Entry License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License Monthly Charge zSeries Entry License Charge
S018211 IMS TM 15 Basic License One Time Charge-alternative zSeries Entry License Charge
S018212 IMS ETO 15 Basic License One Time Charge-alternative zSeries Entry License Charge
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License One Time Charge-alternative zSeries Entry License Charge

プログラム名: IMS Transaction Manager Value Unit Edition 15

プログラム PID: 5655-TM4

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S0187DS IMS ETO VUE 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S0187DS IMS ETO VUE 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S0187DS IMS ETO VUE 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1
S0187DT IIMS TM VUE 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S0187DT IMS TM VUE 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S0187DT IMS TM VUE 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1

サブスクリプション&サポート PID: 5655-TMS

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S017K13 IMS Transaction Manager VUE Subscription & Support Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017K13 IMS Transaction Manager VUE Subscription & Support MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017K13 IMS Transaction Manager VUE Subscription & Support SW Subs and Sup Rgst No Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017K13 IMS Transaction Manager VUE Subscription & Support SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017K13 IMS Transaction Manager VUE Subscription & Support SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1
S017K45 IMS Extended Terminal Option VUE Subscription & Support Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017K45 IMS Extended Terminal Option VUE Subscription & Support MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017K45 IMS Extended Terminal Option VUE Subscription & Support SW Subs and Sup Rgst No Charge Per MSU Qty 1
S017K45 IMS Extended Terminal Option VUE Subscription & Support SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017K45 IMS Extended Terminal Option VUE Subscription & Support SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1

プログラム名: IBM IMS Database Value Unit Edition 15

プログラム PID: 5655-DS5

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S017XHH IMS Database Value Unit Ed 15 MultiVersion Measurement No Charge Value Units Qty 1
S017XHH IMS Database Value Unit Ed 15 On Off Cap on demand Temporary Use Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017XHH IIMS Database Value Unit Ed 15 Use-Based License One-Time Charge Value Units Qty 1

サブスクリプション&サポート PID: 5655-DSR

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S017864 IMS Database Value Unit Edition Subscription & Support Decline Subscribe and Suppt. No Charge Base with Qty 0
S017864 IMS Database Value Unit Edition Subscription & Support MultiVersion Measurement S&S No Charge Value Units Qty 1
S017864 IMS Database Value Unit Edition Subscription & Support SW Subs and Sup Rgst No Charge MSU-DAY(s) Qty 1
S017864 IMS Database Value Unit Edition Subscription & Support SW Subscription and Support Annual Support Charge Value Un Qty 1
S017864 IMS Database Value Unit Edition Subscription & Support SW Subscription and Support Monthly Support Charge Value U Qty 1
機械可読基本資料
Orderable Supply ID Language Description
S018HBL US English IBM Information Management System DataBase Manager 15.3
S018HBN US English IBM Information Management System Transaction Manager 15.3
S018HBM US English IBM Information Management System Extended Terminal Option 15.3

IBM は、インターネット・デリバリーをお勧めしています。ただし、引き続き物理メディアが必要な場合は、DVD を選択できます。

カスタマイズ・オプション

適用外。

製品資料

IMS15 資料は IBM 資料 で公開されており、Web ブラウザで閲覧できます。

以下のソフトコピー資料は、 IBM 資料 から PDF ファイル形式でダウンロードできます。

Title Order number
IBM IMS 15.3 Program Directory GI13-4614-04
IBM IMS 15.3 DB VUE Program Directory GI13-4692-03
IBM IMS 15.3 TM and ETO VUE Program Directory GI13-4690-02

製品と共に出荷される資料に対する後続の更新 (テクニカル・ニュースレターまたはリリース間の改訂) は、このソフトウェアのライセンスが有効である間、登録ユーザーに配布されます。別途、資料およびサブスクリプションをご注文いただく必要はありません。

カスタマイズされた製品

製品成果物は、CBPDO および ServerPac でのみ出荷されます。これらのカスタマイズされたオファリングは、Shopz からのインターネット・デリバリー用に提供されます。インターネット・デリバリーについて詳しくは、 Shopz Web サイトの「Help」セクションを参照してください。

IBM は、インターネット・デリバリーをお勧めしています。ただし、引き続き物理メディアが必要な場合は、DVD を選択できます。

多くの製品は、CBPDO での出荷開始日の翌月に ServerPac での発注が可能です。 z/OS は、出荷開始予定日に CBPDO および ServerPac での発注が可能です。また、多くの製品は、 z/OS オペレーティング・システムまたはサブシステムを併せて発注せずに ServerPac で発注することも可能です。

Shopz および CFSW は、製品の必要条件のチェックに基づいて、適格性を判別します。ServerPac について詳しくは、 Shopz Web サイトの「Help」セクションを参照してください。

ソフトウェア製品発注の実動は、予定された出荷開始日から開始されます。

  • CBPDO の出荷は、出荷開始予定日後の 3 営業日以内に開始されます。
  • ServerPac のアベイラビリティーおよび出荷は、追加のカスタマイズおよびデータ入力検証が必要となるため、製品の出荷開始予定日の 3、4 週間後に開始されます。



Back to top先頭へ戻る

契約条件

Top rule

ICA または CRA オファリングの契約条件

契約

IBM Client Relationship Agreement (CRA) または IBM Customer Agreement (ICA)

サポート・ライフサイクル・ポリシー

プログラム技術サポート

継続的デリバリー (CD) サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが有効である限り、一般出荷可能日から最低 2 年間利用できます。

この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートは、プログラムのバージョン、リリース、および更新 (CD リリース、長期サポート・リリース、あるいは修正) へのアクセスも提供します。

サポートの終了は、発表レターによって終了の 14 カ月前までにお客様に通知されます。

終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有償でご利用いただけます。

CD サポート・ライフサイクル・ポリシーの追加情報については、 IBM Continuous Delivery Support Lifecycle Policy Web ページを参照してください。

可変課金の適用

あり

ロケーション単位ライセンスの適用

なし

使用制限の適用

なし

教育機関向け割引の利用

あり。15% の教育機関向け割引が、正規教育機関のお客様に適用されます。

学術利用の割引: あり

大量発注

適用外。

Multi-Version Measurement

最新プログラム・バージョンの Multi-Version Measurement (MVM) サブキャパシティー料金は、適格なプログラムのバージョンが使用される LPAR の合計同時ピーク使用率に対するものです。最新のプログラムのバージョンの MVM 全容量料金は、マシンの全容量に対するものです。適格な旧バージョンのプログラム料金は免除されます。MVM では、営業活動を終了したプログラムのサポート日は延長されません。

保証の適用

なし

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ® 契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

ライセンス交付

お客様によるプログラムの使用は、 IBM プログラムのご使用条件 (ライセンス情報およびライセンス証書 (PoE) を含む) により規定されます。すべての許可使用に、PoE が必要です。

ソフトウェア・メンテナンス

以下の契約がソフトウェア・サブスクリプションおよびサポート (ソフトウェア・メンテナンス ) として適用されます。

  • IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約 (JNTC-6011)
  • IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約 (IAAS305 またはその他)
  • IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約の別表 (IAAS400)

これらのプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA)、および関連するソフトウェア・メンテナンス取得契約の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。これらのプログラムには、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料と、電話によるサポート (通常の営業時間中の電話による障害サポート) ならびにサポートの有効期間中のプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスを含む拡張サポートに対する毎年の使用料が課せられます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

本発表レター内のオファリングには、以下のライセンス情報資料が適用されます。

Program identifier License Information document title License Information document number
5655-DS5 IBM Information Management System Database Value Unit Edition 15.3 L-CWDG-CDNHK3
5655-TM4 IBM Information Management System Transaction Manager Value Unit Edition 15.3 L-CWDG-CDNH7H
5655-TM4 IMS Extended Terminal Option Value Unit Edition 15.3 L-CWDG-CDNHNY

後続のリリースでは、契約条件が更新される可能性があります。詳しくは、 License Information documents Web サイトを参照してください。

限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、本プログラムが所定稼働環境で使用されている場合に、その仕様に従って動作することを保証いたします。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、プログラムの実行が中断されないこと、またはその実行に誤りがないこと、あるいは IBM がすべてのプログラムの欠陥を修正することを保証するものではありません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM では、お客様がプログラムの既知の問題点、問題点の修正、制限事項および迂回処置に関する情報を含む IBM のデータベースに追加料金なしでアクセスできるようにしています。詳細については、 IBM サポート・ガイド を参照してください。

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間 (以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

技術サポートでは、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれます) が有効である限り、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス) は、プログラムのバージョン、リリース、および更新 (CD リリース、LTSR、あるいは修正) へのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。

Information Management System 15.3 は、CD リリースとして入手可能です。 IBM は、サポートされているすべてのレベルの問題を調査します。CD リリースに対する欠陥のフィックスは、そのリリースの予定出荷可能日から 12 カ月間、またはそのリリースが最新の 2 つの CD リリースの 1 つである間 (どちらか長い方)、提供されます。

IBM Software Support Lifecycle Policy の追加情報については、 IBM Software Support Lifecycle Policy Web サイトを参照してください。 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。サポート終了日を超えたサポートの延長は、有料で利用できる場合があります。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。 IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア契約のもとで取得されたプログラムの場合、これらの契約はすでに取得されて使用中のプログラムに適用されるので、この条件は適用されません。

パスポート・アドバンテージ の適用

なし

ソフトウェア・サブスクリプションおよびサポートの適用

あり。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート期間中、「プログラム」の変更の加えられていない部分について、所定稼働環境で問題を再作成できる限り、 IBM は以下を提供します。

  • 問題点の訂正情報、制約事項、または迂回方法。
  • プログラムの更新: コード修正、フィックス、機能拡張のコレクションの定期リリース、ならびに「プログラム」や資料の新規バージョンおよび新規リリース。
  • 技術支援: 電話や電子的手段を通じて、疑わしい「プログラム」の問題に対処する、妥当な量のリモート・アシスタンス。技術支援は、お客様の地域の IBM サポートから提供されます。

IBM 連絡先情報を含む技術支援に関する詳細情報は、 IBM サポート・ガイド に記載されています。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには以下の支援は含まれません。

  • アプリケーションの設計と開発。
  • 所定稼働環境以外での「プログラム」の使用。
  • IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約の下で IBM に保証責任のない製品により引き起こされた故障。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートは、プログラムがプログラムのソフトウェア・サポート・ライフサイクル・ポリシーに指定されたサポート期間内にある場合にのみ提供されます。

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外。

Multi-Version Measurement

Multi-Version Measurement (MVM) は、以前に発表された Migration Grace Period の 6 カ月の時間制限に置き換わるものであり、お客様は複数の適格なバージョンのソフトウェア・プログラムを時間無制限で実行できます。お客様は、プログラム・バージョンのアップグレード中に、無期限に複数のバージョンのプログラムを同時に実行できます。お客様は、実動環境で無期限に複数のバージョンのプログラムを同時に実行することもできます。MVM では、営業活動を終了したプログラムのサポート日は延長されません。

サブキャパシティーの契約条件

バリュー・ユニット料金設定が適用される各 IBM Z IPLA プログラムの場合、該当する IBM 契約条件を満たすのに必要なプログラムの数は、「必須ライセンス・キャパシティー」と呼ばれます。お客様の必要なライセンス・キャパシティーは、以下の要素に基づいて算定されます。

  • 選択された IBM Z IPLA プログラム
  • 該当する Value Unit Exhibit
  • 該当する条件
  • 現在のメインフレームがフル・キャパシティーであるかサブキャパシティーであるか

お客様が選択された IBM Z IPLA プログラム用の Value Unit Exhibit の詳細については、 発注情報 セクションを参照してください。

Program number Program name Terms
5655-DS5 IBM Information Management System Database Value Unit Edition 15.3 Execution-based
5655-TM4 IBM Information Management System Transaction Manager Value Unit Edition 15.3 Execution-based
5655-TM4 IMS Extended Terminal Option Value Unit Edition 15.3 Execution-based

フルキャパシティーのメインフレーム

フルキャパシティーが適用される場合は、以下の契約条件が適用されます

実行ベース、 z/OS ベース、フルマシン・ベース: これらの条件が適用される IBM Z IPLA プログラムの必須キャパシティーは、 IBM Z IPLA プログラムが実行されるマシンの MSU 換算キャパシティーと同じです。

Mainframe MSU 換算キャパシティーについて詳しくは、 IBM Mainframe Exhibit Web ページを参照してください。

参照ベース: これらの条件が適用される IBM Z IPLA プログラムの必須ライセンス・キャパシティーは、適用される月額ライセンス料金 (MLC) プログラムのライセンス・キャパシティーに等しくなります。この MLC プログラムは、親プログラムと呼ばれます。

サブキャパシティーのメインフレーム

サブキャパシティーが適用される場合、以下の条件が適用されます。

実行ベース: これらの条件が適用される IBM Z IPLA サブキャパシティー・プログラムの必須キャパシティーは、 IBM Z IPLA プログラムが実行される LPAR のキャパシティーと同じです。

z/OS ベース: これらの条件が適用される IBM Z IPLA プログラムの必須ライセンス・キャパシティーは、 IBM Z IPLA プログラムが実行されるマシンの z/OS のライセンス・キャパシティーに等しくなります。

参照ベース: これらの条件が適用される IBM Z IPLA プログラムの必須ライセンス・キャパシティーは、適用される月額ライセンス料金 (MLC) プログラムのライセンス・キャパシティーに等しくなります。この MLC プログラムは、親プログラムと呼ばれます。

フルマシン・ベース: フルマシン・ベースの条件が適用される IBM Z IPLA プログラムの必須ライセンス・キャパシティーは、 IBM Z IPLA プログラムが実行されるマシンの MSU 換算キャパシティーと同じです。

メインフレーム MSU 換算キャパシティーについて詳しくは、「 IBM z Systems® Machines Exhibit」(JNTC-3901) または IBM Mainframe Exhibit Web ページの [Exhibits] セクションを参照してください。

参照ベースの条件が適用される IBM Z IPLA サブキャパシティー・プログラムでは、 IBM Z IPLA プログラムがどの環境で実行されるかに関係なく、環境全体にわたって親プログラムに値が追加されます。

環境は、単一またはスタンドアロン・マシンまたは適格な 並列シスプレックス のいずれかをいいます。お客様の企業で 1 つ以上の異なる環境が用意されている場合があります。参照ベースの条件が適用される IBM Z IPLAプログラムごとの必須ライセンス・キャパシティーを算出するには、それぞれの環境を個別に評価する必要があります。

参照ベースの条件が適用される IBM Z IPLA サブキャパシティー・プログラムが、適格な Parallel Sysplex 環境で使用される場合、 IBM Z IPLA プログラムの必須ライセンス・キャパシティーは、 Parallel Sysplex 全体の親プログラムのライセンス・キャパシティーと等しくなければなりません。適格である 並列シスプレックス とは、MLC 料金設定がシスプレックス全体で集計されるシスプレックスです。

サブキャパシティーの適用対象

選択した IBM Z IPLA プログラムでサブキャパシティー料金の適用を受けるためには、まずお客様が以下のいずれかのすべての条件を実施して、これに準拠する必要があります。

  • サブキャパシティー・ワークロード使用料金 (WLC)
  • サブキャパシティー・エントリー・ワークロード使用料金 (EWLC)
  • サブキャパシティー・アドバンスド・ワークロード使用料金 (AWLC)
  • サブキャパシティー・アドバンスド・エントリー・ワークロード使用料金 (AEWLC)

サブキャパシティー WLC、EWLC、AWLC、または AEWLC を実施するには、マシンが IBM Z (または同等のマシン) でなければなりません。そのマシンで、以下のようにします。

  • OS/390® オペレーティング・システムのすべてのインスタンスを z/OS オペレーティング・システムに移行しておく必要があります。
  • OS/390 オペレーティング・システムのライセンスをすべて解約する必要があります。
  • z/OS オペレーティング・システムのインスタンスはすべて z/Architecture (64-ビット) モードで実行する必要があります。

該当のマシンについて、お客様は毎月サブキャパシティー・レポートを作成し、 IBM にお送りいただく必要があります。サブキャパシティー・レポートは、Sub-Capacity Reporting Tool (SCRT) を使用して作成する必要があります。追加情報が必要な場合、または SCRT のコピーを入手するには、 IBM Z Software Pricing Tools Web ページにアクセスしてください。

お客様は、該当する WLC または EWLC オファリングのすべての条件に準拠する必要があります。

  • サブキャパシティー WLC の全契約条件は、「IBM z Systems ワークロード使用料金に関する特則」および「IBM ワークロード使用料金の別表」(原典: IBM Customer Agreement - Attachment for z Systems Workload License Charges) で規定されています。

(JNTC-6516 および JNTC-6324) で規定されています。

  • サブキャパシティーEWLC の全契約条件は、「 IBM Customer Agreement - Attachment for EWLC, TWLC, zELC, and z/OS.e License Charges」で規定されています。

(JNTC-6587 および JNTC-6588) で規定されています。

お客様は、該当する AWLC または AEWLC オファリングのすべての条件に準拠する必要があります。

  • AWLC の全契約条件は、「 IBM Customer Agreement - Attachment for IBM System z® Advanced Workload License Charges」(Z125-8538) で規定されています。
  • AEWLC の全契約条件は、「 IBM Customer Agreement - Attachment for IBM System z Advanced Entry Workload License Charges」(Z125-8755) で規定されています。

さらに、お客様は、IPLA 契約の別表「 IBM Amendment for IBM System z Programs Sub-Capacity Pricing」で指定されている契約条件に署名し、これを順守する必要があります。

(JNTC-6929) で規定されています。

この合意書に署名することにより、以前の IBM Z IPLA サブキャパシティー条件のすべてに代わって合意書の条件が有効になります。

サブキャパシティーの契約条件

IBM は、 z/OS IPLA ソフトウェアに対するサブキャパシティー料金設定の適用を開始しました。

サブキャパシティ使用率の決定

On/Off CoD

On/Off Capacity on Demand の料金設定に適格となるためには、お客様は、該当するハードウェアでテンポラリー・キャパシティーを使用可能にしておくことが必要です。また、使用する前に、使用契約書「Attachment for IBM System z On/Off Capacity on Demand」(JNTC-7883) に署名する必要があります。



Back to top先頭へ戻る

適切なセキュリティー実施について

Top rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、法的に認められたセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top先頭へ戻る

料金

Top rule

各地域の料金については、すべて IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

プログラム名: Information Management System 15

プログラム PID: 5635-A06

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 MS Transaction Manager 15 Basic, MLC, GOLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic, MLC, GOLC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic, MLC, GOLC
Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS Transaction Manager 15 Basic MLC, zELC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, zELC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic MLC, zELC

z800 モデル


0A1 0B1 0C1 001 0A2 002 003 004

Element Identifier Description Licensing option/Pricing metric
S018211 IMS Transaction Manager 15 Basic MLC, AWLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, AWLC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic MLC, AWLC
Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS Transaction Manager 15 Basic MLC, CMLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, CMLC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic MLC, CMLC
Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS Transaction Manager 15 Basic MLC, AEWLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, AEWLC
S018214 MS Database Manager 15 Basic MLC, AEWLC
Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 MS Transaction Manager 15 Basic MLC, VWLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, VWLC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic MLC, VWLC

AWLC、AEWLC、CMLC、zNALC、VWLC、EWLC、および MWLC 製品のサブキャパシティー料金

適格な製品に対するサブキャパシティー料金方式は、その製品の LPAR の使用率に基づきます。 サブキャパシティー製品の LPAR の使用率処理能力は、報告期間中に製品が同時に実行される結合された複数の LPAR によって使用される MSU の最大数です。報告期間中に関連する LPAR の組み合わせの使用による観測された経過 4 時間の平均使用率の最大値に基づきます

サブキャパシティー料金の契約条件

適格なサブキャパシティー製品の最大処理能力以下での IBM Z ソフトウェアの料金は、 z/OS 、z/TPF、または z/VSE® が IBM Z サーバー上で z/Architecture (64 ビット) モードで稼働しており、そのサーバーに対して他の MVS ベース、TPF ベース、または VSE ベースのオペレーティング・システムのライセンスがそれぞれ交付されておらず、該当する条件に従ってお客様から必要な情報が提供されている場合に適用されます。

サブキャパシティー製品に対するサブキャパシティー料金方式はその製品が稼働する場所および時間の LPAR の使用率に基づきます。サブキャパシティー製品に対する、マシンの最大処理能力以下の使用料金方式には、次の事項が必要となります。

  • 以下のいずれかの条件に署名し、従う。
    • IBM System z アドバンスド・ワークロード使用料金に関する特則 (Z125-8538)
    • IBM System z アドバンスド・エントリー・ワークロード使用料金に関する特則 (Z125-8755)
    • IBM Country Multiplex 料金体系に関する特則 (Z126-6965)
    • IBM System z の zNALC ライセンス使用料金に関する特則 (Z125-7454)
    • IBM System z ワークロード使用料金に関する特則 (JNTC-6516-02) (英語版: Attachment for IBM System z Workload License Charges (Z125-6516))
    • EWLC、TWLC、zELC、および z/OS.e ライセンス使用料金に関する特則 (Z125-6587)
    • IBM System z ミッドレンジ・ワークロード使用料金に関する特則 (Z125-7452)
  • 必要なサービスは、 IBM Z ソフトウェアの料金体系 Web サイトにリストされています。
  • Sub-Capacity Reporting Tool によって要求される SMF または SCRT89 データを収集する。収集したデータを少なくとも 6 カ月間保存する。
  • 収集された SMF または SCRT89 データを処理する IBM 提供の Sub-Capacity Reporting Tool を使用します。その Tool により作成された Sub-Capacity Report は、サブキャパシティー製品の必要なライセンスの処理能力を判定するために使用されます。必要となるライセンス・キャパシティーは、報告期間中にすべての LPAR で同時に実行されるサブキャパシティー製品の最大の MSU 値に基づいて算出されます。 IBM は、そのデータが収集されてから最大 6 カ月間これらの製品に設定された処理能力をサポートするシステム・データを要求する権利を有します。
  • 最大処理能力以下の使用料金 (サブ・キャパシティ料金) を開始するために、1 回目の Sub-Capacity Report が必要です。サブキャパシティー課金は、サブキャパシティー・レポートが処理依頼されてから行われます。サブキャパシティー料金が遡及的に適用されることはありません。
  • 報告期間後の月の 2 日から 9 日までの間に、Sub-Capacity Report を毎月送信する。
  • すべてのサブキャパシティー製品に関する、全報告期間のすべてのデータを含む Sub-Capacity Report を、 IBM Z software pricing Web サイトに指定された方法により送信する。

    お客様側で追加の処理を行わなくても、製品で定義されたキャパシティーの変更が反映された Sub-Capacity Report をお客様からの発注として取り扱い、これに基づいて IBM は請求の増額または減額を実施できるものとします。これには、必要な新規ライセンスの発注が含まれます。ライセンスを停止する場合、マシン間でライセンスを移動する場合、ハードウェア・モデルのアップグレードを報告する場合、または製品機能を有効化/無効化する場合は、 IBM または IBM ビジネス・パートナーに連絡する必要があります。

  • IBM Z のリモート・サポート機能 (RSF) を介して、毎週 TSAD (Transmit System Availability Data) を IBM に送信するように、マシンを構成する。RSF 経由でマシンが接続できない場合、 IBM Z software pricing Web サイトの「SCRT ユーザーズ・ガイド」(SG24-6522) に記載されている代替方法を使用してこの TSAD を提供してください。

エントリー・ワークロード使用料金 (EWLC):

Entitlement ID Description License Option/Pricing Metric
S018211 IMS Database Manager 15 Basic MLC, Entry WLC
S018212 IMS Extended Terminal Option 15 Basic MLC, Entry WLC
S018214 IMS Database Manager 15 Basic MLC, Entry WLC

Entitlement identifier Description License option/ Pricing metric
S018211 IMS TM 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge (Non-Cumulative) up to 0.5 MSU
S018212 IMS ETO 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge (Non-Cumulative) up to 0.5 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge (Non-Cumulative) up to 0.5 MSU
S018211 IMS TM 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge Measured Usage above 0.5 MSU
S018212 IMS ETO 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge Measured Usage above 0.5 MSU
S018214 IMS DB Mgr 15 Basic License Monthly Charge Usage License Charge Measured Usage above 0.5 MSU

OTC:

ライセンス・プログラムに OTC を支払っているお客様は、追加料金なしで機能拡張および将来のリリースを受け取ることになります。重大な新機能はオプション・フィーチャーとして提供され、別料金となる場合があります。

可変料金:

適用されるプロセッサー・ベースの料金は、プログラムが使用許諾されている指定マシンのグループに基づきます。プログラムの指定プロセッサーが含まれるグループに料金がリストされていない場合、リスト上の次に上位のグループの料金が適用されます。

IBM グローバル・ファイナンシング

IBM グローバル・ファイナンシングは、信用資格のあるお客様が IT ソリューションを獲得するのを支援するために、競争力のある資金調達を用意しています。 このオファリングには、 IBM とその他のメーカーまたはベンダーの両方からの、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを含む、IT 獲得のための資金調達が含まれます。オファリング (すべてのお客様セグメント、すなわち小企業、中企業、および大企業用)、レート、条件、およびアベイラビリティーは、国によって異なる場合があります。詳しくは、お客様の地域の IBM グローバル・ファイナンシング組織にお問い合わせいただくか、 IBM グローバル・ファイナンシング Web サイトを参照してください。

IBM グローバル・ファイナンシングのオファリングは、 IBM Credit LLC を通して (米国の場合)、またその他の IBM 子会社および部門を通して (全世界)、有資格の企業および官公庁のお客様に提供されます。レートは、お客様の信用格付け、資金調達条件、オファリングのタイプ、装置のタイプ、およびオプションに基づき、 国により異なる場合があります。その他の制限がある場合もあります。レートおよびオファリングは、予告なしに変更、拡張、または撤回される場合があります。

商標

IBM z16 および IBM Consulting は、IBM Corporation の米国およびその他の国における商標です。

IBM、IBM Z、z/OS、RACF、Db2、z Systems、CICS、WebSphere、Power、PartnerWorld、Passport Advantage、OS/390、z/VSE、IBM Security、IBM Research、IBM Watson、IBM Cloud Pak、QRadar、Resilient、i2、Guardium、MaaS360、z/Architecture、System z10、DB2、Parallel Sysplex、IBM z Systems、および System z は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Oracle および Java は、Oracle やその関連会社の米国およびその他の国における商標です。

登録商標 Linux® は、世界規模のマークの所有者である Linus Torvalds の独占的被許諾者である Linux Foundation からのサブライセンスに従って使用されます。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を留保します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。 追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM