IBM Cloud Pak for Data V3.0 は非実稼働環境のワークロード向け Enterprise Edition および Red Hat OpenShift 4.3、Master Data Connect、モデル・リスク管理、 IBM Db2 Big SQL のサポートによりマルチクラウド・データおよび AI プラットフォーム機能を強化します

概要概要技術情報技術情報
主要要件主要要件発注情報発注情報
出荷開始予定日出荷開始予定日契約条件契約条件
プログラム番号プログラム番号料金料金
製品資料製品資料

(2020 年 6 月 5 日修正)

出荷開始予定日を修正しました。

(2020 年 4 月 20 日修正)

『ハイライト』および『概要』セクションの変更



ハイライト

Top rule

IBM Cloud Pak™ for Data V3.0 (マルチクラウド・データ/人工知能 (AI) プラットフォーム) には、以下の新機能と拡張機能が含まれるようになります。

  • 開発、テスト、品質保証、デプロイメントに対応するための非実稼働パーツを含む、拡張された Enterprise Edition
  • 天候、人口統計、個人、ほぼリアルタイムの株式市場データ・セットをカバーする外部データ・セットの拡張機能
  • データおよび AI のワークロードを実行するために設計された IBM® Power® Systems をサポート
  • 安全でスケーラブルなリソースにアプリケーションをデプロイするための Red Hat® OpenShift® 4.3 および OpenShift Container Storage をサポート
  • 非構造化データ・ソース上のリスク識別および準拠性検査のための、IBM Watson Knowledge Catalog InstaScan を採用した非構造化データ管理ソリューション
  • Hadoop およびオブジェクト・ストアの分析ワークロードを処理するための、 IBM Db2® Big SQL に基づいた拡張 SQL エンジン
  • IBM Guardium® 統合によるプラットフォーム・イベント用監査フレームワークと拡張データ・セキュリティー
  • IBM Cognos® Analytics で空間関係を表現し、 IBM Watson OpenScale™ サービスを使用してガバナンスの強化を目的としたリスク管理をモデル化するための図式

用語を簡略にするために、 IBM Cloud Pak for Data Cloud Native Edition は IBM Cloud Pak for Data Standard Edition に名前変更されました。



Back to top

概要

Top rule

Cloud Pak for Data V3.0 は、組織がデータの収集、編成、分析のために使用できるデータ/AI 統合プラットフォームです。Cloud Pak for Data は、オープン・ソース・テクノロジーとマルチクラウド環境向けサポートの基盤に基づいて、組織のビジネスのモダナイズを支援します。

Cloud Pak for Data V3.0 の機能拡張には、以下の内容が含まれています。

  • 一貫性のある外観を提供する IBM Carbon V10 ユーザー・インターフェース設計
  • IBM Cloud Pak for Data サービスの複数言語サポート。対象言語は以下のとおりです。
    • 中国語 (簡体字)
    • 中国語 (繁体字)
    • 日本語
    • フランス語
    • ドイツ語
    • イタリア語
    • スペイン語
    • ブラジル・ポルトガル語

Cloud Pak for Data V3.0 では、以下の製品向けの IBM Power System サポートを追加します。

  • IBM Watson® Studio
  • IBM Watson Studio Premium
  • IBM Watson Machine Learning
  • IBM Watson OpenScale
  • IBM Db2 Warehouse
  • IBM Db2 Advanced
  • IBM Cognos Dashboards Embedded

IBM の新規拡張サービスには、以下の内容が含まれています。

  • Master Data Connect。セルフ・サービス分析のための単一で信頼できる 360 度の読み取り専用ビューの基盤を提供します。
  • Virtual Data Pipeline。仮想データ・コピーを使用したテストと開発を促進します。
  • Red Hat OpenShift Container Storage による拡張ストレージ・サポート。ハイブリッド・マルチクラウド・コンテナーのデプロイメントをより高速かつ効率的にします。

天候および人口統計データ

Cloud Pak for Data 3.0 を使用すると、組織の外部からのサード・パーティーのデータを活用し、それを社内データと統合して、外部データ・セットを通じてより洞察に富んだ分析を行うことができます。以下のデータ・セットは、Cloud Pak for Data 3.0 で使用できます。

  • The Weather Company® のエンタープライズ気象 API 製品の限定版へのアクセス:
    • 利用可能なデータには、選択した地域の過去の気象条件、世界の現在の状態、世界の天気予報などがあります。
    • 組織はこのデータを使用して、過去の気象条件を過去のビジネス結果と関連付け、現在の気象条件の影響を評価し、将来のパフォーマンスに対する気象の影響を予測できます。
    • 限定版は、このデータの 90 日間のライセンスを提供します。
  • 追加のデータ・セットには、人口統計データ、個人データ、および株式市場データが含まれます。

業界アクセラレーター

拡張業界アクセラレーターには、小売業界およびエネルギー業界向けの予測顧客インテリジェンス、キャンペーン応答予測、取引ポートフォリオ管理、およびメディア業界サービスが含まれます。

追加の拡張機能は次のとおりです。

  • コンプライアンス要件に対処するための向上した Day 2 オペレーション。プラットフォーム・イベントの責任追跡性とトレーサビリティーを確保し、外部のセキュリティー情報およびイベント管理システムと統合し、 Guardium 統合によってデータ・セキュリティーを強化します。インストール、アップグレード、バックアップ/リストア、およびインポート/エクスポートには、共通サービス・ユーティリティーを使用します。
  • 統合 DataOps。ポリシー、スマート・マスキング、およびデータ保護ルールを使用して仮想化オブジェクトを管理します。
  • 高度なデータ・キュレーション向けの組み込み AI 機能、および Amazon Redshift、SAP HANA、および BigQuery 向けの拡張コネクター・サポート。
  • AI ライフサイクルを自動化する AutoAI。パイプラインからのコード生成機能や新しい視覚化機能などにアクセスできます。
  • IBM OpenPages® のガバナンス、リスク管理、およびコンプライアンス・ソリューションとの統合により、よりスマートな規制リスク管理およびモデル・リスク管理のワークフローを実現。規制要件を満たし、運用リスクおよびレピュテーショナル・リスクから保護します。
  • アジャイルな DevOps および機械学習を実現する継続的統合、継続的デリバリー、およびパッケージ管理の機能拡張。
  • IBM Watson Studio Streams Flows。アプリケーションを Python ノートブックにエクスポートできるようにし、継続的な開発パスを提供します。アプリケーションを視覚的に定義し、ビジュアル・コンポーネントとコード・ベースの演算子を組み合わせてプロセスを徐々に拡大することから始めます。

Text-to-speech ツールキット

IBM Streams サービス向けの IBM Speech to Text 統合ツールキットを使用すると、エージェント・アシストとカスタマー・ケアのユースケースを調整するアプリケーションの作成が簡単になります。

  • このツールキットは、 IBM Voice Gateway から音声データを受信し、データを Cloud Pak for Data 上または IBM Cloud™ 上の Speech to Text に送信して、テキストを受信します。
  • IBM Streams on Cloud Pak for Data 内で、さらにテキスト分析とアクションを実行できます。

Streams のトレードアップ・オプション

新しいトレードアップのパーツ番号によって、 IBM Streams から Streams on Cloud Pak for Data に移行できます。このトレードアップには、Cloud Pak for Data の仮想プロセッサー・コア (VPC) 1 つと置き換えられる IBM Streams のリソース・バリュー・ユニット (RVU) 1 つが含まれるほか、新しい Cloud Pak for Data ライセンスの 1 年間のサポートが含まれます。



Back to top

主要要件

Top rule

Red Hat OpenShift 搭載の Red Hat Enterprise Linux® クラスター。

詳しくは、『 前提ハードウェア 』セクションおよび『 前提ソフトウェア 』セクションを参照してください。



Back to top

出荷開始予定日

Top rule

2020 年 6 月 19 日



Back to top

アクセシビリティー情報

Top rule

標準へのアクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている Accessibility Compliance Reports (旧称 VPAT) (Worldwide Consortium Web Content Accessibility Guidelines、European Standard EN 301 349、および US Section 508 を含む) は、 IBM Accessibility Conformance Report Request Web サイトで確認できます。



Back to top

参照情報

Top rule

Cloud Pak for Data について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP19-0594 を参照してください。



Back to top

プログラム番号

Top rule

Program number VRM Program name
5737-H76 3.0.0 IBM Cloud Pak for Data


Back to top

オファリング情報

Top rule

製品情報は IBM オファリング情報 Web サイトで入手可能です。

詳細情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手できます。



Back to top

製品資料

Top rule

無し。



Back to top

技術情報

Top rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

詳しくは、 IBM Cloud Pak for Data のシステム要件 Web ページを参照してください。

前提ソフトウェア

詳しくは、 IBM Cloud Pak for Data のシステム要件 Web ページを参照してください。

IBM Support

IBM Support は、お客様の時間を節約してサポートを簡素化するように設計された、技術サポートのツールやリソースへのゲートウェイです。 IBM Support は、疑問に対する回答の検索、修正のダウンロード、トラブルシューティング、問題事例の報告と追跡、およびスキルの向上に役立ちます。 IBM Support Insider にアクセスして、新しいツール、新しいプロセス、新機能などの IBM Support の変更について知り、情報を入手してください。

計画情報

パッケージング

本製品は、インターネット経由でのダウンロードによって提供されます。物理メディアはありません。

このプログラムを Web サイトからダウンロードした場合は、適用される IBM プログラムのご使用条件、および該当する場合はライセンス情報 (LI) が含まれており、これらは、当プログラムのインストール時に同意・不同意を確認するために表示されます。ライセンスおよびライセンス情報 (LI) は、将来の参照のために LICENSE.TXT などのファイル名でディレクトリーに保管されます。



Back to top

発注情報

Top rule

発注情報については、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、 パスポート・アドバンテージ® Web サイトを参照してください。

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

これらの製品は、 IBM から直接、または IBM ビジネス・パートナーからのみご購入いただけます。

お客様の地域の IBM ビジネス・パートナーを見つけるには、 「パートナーを探す」 のページを参照してください。

パスポート・アドバンテージ

Part number description Part number
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production Virtual Processor Core License + SW Subscription and Support 12 Months D27RMLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production Virtual Processor Core SW Subscription & Support Reinstatement 12 Months D27RNLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production Virtual Processor Core Committed Term License D27TQLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production Virtual Processor Core SW Subscription and Support Renewal 12 Months E0QXFLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production for IBM Z® Virtual Processor Core License + SW Subscription and Support 12 Months D27RPLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production for IBM Z Virtual Processor Core SW Subscription & Support Reinstatement 12 Months D27RQLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production for IBM Z Virtual Processor Core Committed Term License D27TSLL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Non-Production for IBM Z Virtual Processor Core SW Subscription and Support Renewal 12 Months E0QXGLL

パスポート・アドバンテージのトレードアップ

トレードアップ製品の同等ライセンスを取得するためには、以下のいずれかの先行版製品のライセンスを取得している必要があります。

Part number description Part number
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Virtual Processor Core from IBM Streams RVU Trade Up Lic + Subscr and Support 12 Months D26X7LL
IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition Virtual Processor Core from Standard Edition Virtual Processor Core Trade Up Lic + Subscr and Support 12 Months D27KHLL

ご不明な点は、 IBM 担当員にお問い合わせください。

課金単位

このライセンス製品の課金単位は、以下のライセンス情報文書に記載されています。

Program identifier License Information document title License Information document number
5737-H76 IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition L-DNAA-BLKTDJ
IBM Cloud Pak for Data Standard Edition L-DNAA-BMBUKJ
IBM Cloud Pak for Data System Edition L-DNAA-BMM76T

任意の言語を選択し、「Charge Metrics」セクションまでスクロールダウンしてください。後続のリリースでは、契約条件が更新される可能性があります。詳しくは、 License Information documents Web サイトを参照してください。



Back to top

契約条件

Top rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

本製品は、パスポート・アドバンテージを介してのみ提供されます。

ライセンス交付

ライセンス情報文書およびライセンス証書 (PoE) を含む IBM プログラムのご使用条件は、お客様によるプログラムの使用を規定します。すべての許可使用に、PoE が必要です。パスポート・アドバンテージ以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (該当する場合) は、ライセンスのみが提供され、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) が含まれています。

ソフトウェア・メンテナンス

このプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA) の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。 IBM は、お客様が取得された各プログラムの初期ライセンス取得に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) を組み込んでいます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。このプログラムの使用には、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料と、電話によるサポート (通常の営業時間中の音声による障害サポート) およびサポートの有効期間中のプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスを含む拡張サポートに対して毎年の更改使用料が課せられます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

本発表レター内のオファリングには、以下のライセンス情報資料が適用されます。

Program identifier License Information document title License Information document number
5737-H76 IBM Cloud Pak for Data Enterprise Edition L-DNAA-BLKTDJ
IBM Cloud Pak for Data Standard Edition L-DNAA-BMBUKJ
IBM Cloud Pak for Data System Edition L-DNAA-BMM76T

後続のリリースでは、契約条件が更新される可能性があります。詳しくは、 License Information documents Web サイトを参照してください。

限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、「プログラム」について、お客様が「プログラム」を IBM 所定の稼動環境で使用する限り、IBM 所定の仕様に合致することを保証します。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、「プログラム」の実行が中断しないこともしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されることを保証しません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様に対して、既知の「プログラム」の誤り、誤りの修正、制限事項および回避措置に関する情報を含んだ IBM データベースへのアクセスを追加料金無しで提供します。詳細については、 IBM サポート・ガイド を参照してください。

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間(以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、一般出荷可能日から最低 2 年間、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) が有効である限り利用することができます。

この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス) は、プログラムのバージョン、リリース、および更新 (CD リリース、長期サポート・リリース、あるいは修正) へのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 6 カ月前までにお客様に通知されます。

終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

IBM ソフトウェア・サポート・ライフサイクル・ポリシーの追加情報については、 IBM Software Support Lifecycle Policy Web サイトを参照してください。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。(1) IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は当該プログラムの取得にのみ適用されます。(2) IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は適用されません。これは、これらの契約が、お客様が既に取得されて使用中のプログラムのみに適用されるためです。

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージの適用

あり。情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス の Web サイトでも参照できます。

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

あり。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」ともいう) は、パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレスを介してご注文いただくライセンスに含まれています。製品アップグレードおよび技術サポートは、契約に記載されたソフトウェア・サブスクリプション&サポートのオファリングによって提供されます。製品アップグレードでは、対象ソフトウェアの最新バージョンおよびリリースが提供され、技術サポートでは、世界中の IBM サポート組織への音声および電子アクセスが提供されます。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間 (公表されている基本シフト時間) 内に、お客様の情報システム (IS) 技術サポート担当者に対してのみ、電話および (利用できる場合は) 電子アクセスを通じて支援を提供いたします。(この支援は、お客様のユーザーにはご利用いただけません。) IBM では、重大度 1 の支援は、通年 1 日 24 時間 週 7 日体制で提供します。詳しくは、 IBM サポート・ガイド を参照してください。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外の環境でのプログラムの使用、または該当契約のもとで IBM が責任を負わない製品に起因する障害に対する支援は含まれていません。

作成されたお客様との契約書に別途指定されていない限り、 IBM は、 IBM が提供していないサード・パーティー製品をサポートしません。対象範囲内のサポートを受けるために IBM に連絡する場合は、必ず IBM が IBM サポート・ガイド で提供する問題判別およびその他の指示に従ってください。

インターナショナル・パスポート・アドバンテージ契約および IBM インターナショナル・パスポート・アドバンテージ・エクスプレス契約の追加情報については、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトを参照してください。

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



Back to top

適切なセキュリティー実施について

Top rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの侵入防止、検知、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、規制に準拠したセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

料金

Top rule

各地域の料金については、すべて IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

ビジネス・パートナーのための情報

IBM から製品を取得する IBM ビジネス・パートナーの場合は、販売店のための Passport Advantage ® Online にリンクして、ビジネス・パートナー向けの料金設定情報を取得できます。 IBM Passport Advantage または IBM PartnerWorld® Web サイトにアクセスするには、IBMid とパスワードが必要です。

パスポート・アドバンテージ

パスポート・アドバンテージに関する情報および料金については、 IBM 担当員または Channel Value Rewards の IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。追加情報は、 パスポート・アドバンテージおよびパスポート・アドバンテージ・エクスプレス Web サイトでも入手可能です。

商標

IBM Cloud Pak、Watson OpenScale、および IBM Cloud は、IBM Corporation の米国およびその他の国における商標です。

IBM、Db2、Power、Guardium、Cognos、IBM Watson、OpenPages、Passport Advantage、Express、PartnerWorld、および IBM Z は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Red Hat および OpenShift は、Red Hat Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。

The Weather Company は、IBM の子会社である TWC Product and Technology, LLC の米国およびその他の国における登録商標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効な適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM