新しい z/OS 有料フィーチャーである IBM z/OS Workload Interaction Correlator によるワークロード回復力の向上

概要概要発注情報発注情報
開始予定日開始予定日契約条件契約条件

開発意向表明 開発意向表明料金料金
プログラム番号プログラム番号

(2020 年 1 月 30 日 訂正)

『発注情報』セクションが訂正されました。



概要

Top rule

集約されたメインフレーム・ワークロードは、近年更に複雑なものになっています。多くの場合、さまざまなミドルウェアのワークロード・コンポーネント間の相互依存関係があります。パフォーマンス上の問題が生じた際に、最先端の技術では、多くの場合、詳細なミドルウェア・サイロの分析実施を必要として、その後に複数のサイロにまたがる結果の関連付けを必要とします。これにより、サイロ間をまたがって調査を行う必要が生じる可能性があります。一度に調べることができるパズルのピースが 1 つだけの場合、複雑な問題の根本原因を識別することは困難です。

z/OS® およびミドルウェアのスタック全体にまたがって異常が発生している相互作用アクティビティーの直接的な相関付けを可能にした新しいテクノロジーが開発されています。 IBM® z/OS Workload Interaction Correlator を使用すると、特許取得済みの斬新で新しいアプローチにより、高価値でコンテキスト・リッチなデータを低い CPU コストで実現します。これは、この展望の実現に向けた主要な第一段階です。 z/OS Workload Interaction Correlator インフラストラクチャーは、 z/OS とミドルウェアの両方の利用者によって取り込まれるように設計されています。 z/OS Workload Interaction Correlator は、各利用者の要約データの生成方法を規定します。最終的には、データ生成に対するこの同期化および標準化されたアプローチにより、事前定義ポリシーなしで、異種のクライアント固有のパフォーマンス異常を動的に定義して相互に関連付ける機能が使用可能になります。この相関機能は、お客様がワークロード・コンポーネントを関係付けるかまたは解放できるように支援します。この場合、相関関係のある異常を伴うアクティビティーは関係付けられ、異常の無いアクティビティーは解放されます。 z/OS Supervisor コンポーネントは、この強力な標準化された形式でワークロード全体のデータを提供する最初のコンポーネントです。

IBM z/OS Workload Interaction Correlator は、 IBM z/OS の有料フィーチャーです。このフィーチャーは IBM z14 または z15 ハードウェアで利用でき、 IBM z/OS V2.3 および V2.4 向けの APAR OA57165 用 PTF でサポートされます。



Back to top

開始予定日

Top rule

2020 年 3 月 20 日



Back to top

開発意向表明

Top rule

z/OS のほかに、このテクノロジーを最初に利用する製品は、IMS および CICS® Transaction Server になる予定です。

IBM の計画、方向性、および趣旨に関する記述は、 IBM の裁量に基づき予告なく変更または撤回される場合があります。今後の製品に関する情報は、IBM の製品の一般的な方向性を示すことを目的としたものであり、発注の意思決定のための判断基準の利用を意図したものではありません。今後の製品に関する情報は、いかなる資料、コード、または機能性を提供というコミットメント、約束、または法律上の義務について言及するものでもありません。今後の製品に関する情報は、いかなる契約にも含めることはできません。 IBM 製品について記載される今後のフィーチャーまたは機能の開発、発表、および時期は、すべて IBM の判断で決定されます。



Back to top

ハードウェアおよびソフトウェア・サポート・サービス

Top rule

SmoothStart/インストール・サービス

IBM SmoothStart サービスおよびインストール・サービスは提供されません。



Back to top

参照情報

Top rule

z/OS V2.4 について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP19-0409 を参照してください。

z/OS V2.3 について詳しくは、ソフトウェア発表レター JP17-0306 を参照してください。



Back to top

プログラム番号

Top rule

Program number VRM Program name
5650-ZOS 2.4.0 IBM z/OS
5650-ZOS 2.3.0 IBM z/OS


Back to top

発注情報

Top rule

現行ライセンス所有者

このフィーチャーは、 z/OS V2.4 および V2.3 をインストールしたユーザー向けの追加 MES として発注可能です。選択する料金タイプは、基本プログラムと同一にする必要があります (例: 一括払い料金、月額ライセンス料、機械グループ別一括払い料金)。

新規ライセンス所有者

新規ライセンスの発注は、現在受付中です。

登録済みのお客様は、 IBMLink にアクセスして発注情報や料金を参照できます。出荷開始日より前に出荷が行われることはありません。後の日付が指定されているのでない限り、計画されている出荷開始日より前に入力された発注の処理は、出荷開始日以降の 1 週後のスケジュール日付に指定されます。

基本ライセンスを発注するには、 z/OS プログラム番号 5650-ZOS を指定してください。リストされているフィーチャーのうち、必須のフィーチャーの選択に進んでから、オプション・フィーチャーを選択してください。

並列シスプレックス ・ライセンス使用料金 (PSLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

並列シスプレックス® に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する PSLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の Service Units in Millions (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、System Usage Registration No-Charge (SYSUSGREG NC) ID を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge PSLC Up to Level D MSU Capacity
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr System Usage Registration No Charge PSLC Up to Level D MSU Capacity
アドバンスト・ワークロード使用料金 (AWLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

並列シスプレックス に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する AWLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の Service Units in Millions (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、System Usage Registration No-Charge (SYSUSGREG NC) ID を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge Advanced Workload License Charge
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Workload Registration No Charge Advanced Workload License Charge
アドバンスト・エントリー・ワークロード使用料金 (AEWLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge AEWLC - Advanced Entry WLC
国別マルチプレックス・ライセンス使用料金 (CMLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

国別マルチプレックスに複数のプログラム・コピーが含まれる場合、すべてのコピーがマルチプレックス内の 1 つのカスタマー番号に対してライセンス交付を受けていると、すべてのコピーが 1 つのライセンスに関連付けられます。 複数のカスタマー番号がある場合は、すべてのコピーの料金が、マルチプレックス内のカスタマー番号ごとに 1 つのライセンスに配分されます。

課金対象のライセンスごとに、該当する CMLC ライセンス・オプションと、マルチプレックス内のカスタマー番号ごとに配分される 100 万サービス単位 (MSU) の数量を指定します。 それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスのワークロード登録無料 (WLREG NC) ID を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge Country Multiplex License Charge
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Workload Registration No Charge Country Multiplex License Charge

Solution Consumption License Charge

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Monthly Charge Solution Consumption MSU 0
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Monthly Charge Solution Consumption MSU 1
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Monthly Charge Solution Consumption MSU 10
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Registration No Charge Solution Consumption MSU 0
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Registration No Charge Solution Consumption MSU 1
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Solution Consumption License Charge Registration No Charge Solution Consumption MSU 10
変動式ワークロード使用料金 (VWLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

並列シスプレックス に複数のプログラム・コピーがある場合、該当する WLC ライセンス・オプションと、 並列シスプレックス 内の Service Units in Millions (MSU) の合計で表される数量を指定することで、すべてのコピーの料金を 1 ライセンスに関連付けられます。それ以外のすべてのプログラム・コピーについては、ライセンスの Workload Registration Variable WLC ID を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge Variable Workload License Charge
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Workload Registration No Charge Variable Workload License Charge
エントリー・ワークロード使用料金 (EWLC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号と MSU の数量を指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge Entry Workload License Charge
IBM Z Entry License Charge (zELC)

基本ライセンスを発注するには、プログラム番号とマシン・モデルを指定します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge zSeries Entry License Charge
IBM Z New Application License Charge (zNALC)

z/OS (および z/OS の有償フィーチャー) のみが、zNALC 料金に適格なプログラムです。 IBM エンタープライズ・ソフトウェア請求およびフルフィルメント・システムで、 IBM は「基本ライセンス」という用語を使用して、請求可能なライセンスを示します。スタンドアロン・サーバーに対してソフトウェアのライセンスが交付される場合、 IBM はそのスタンドアロン・サーバーに基本 (請求可能) ライセンスを設定します。適格な パラレル・シスプレックス 内の複数のマシンにソフトウェアのライセンスが交付される場合、 IBM は、シスプレックスを表すエンティティーで基本 (請求可能) ライセンスを設定し、 パラレル・シスプレックス に属する各ライセンス・マシンで登録 (無料) ライセンスを設定します。

zNALC 料金を使用する z/OS は、完全に適格な パラレル・シスプレックス に参加している複数のサーバー全体で合算できます。 並列シスプレックス について詳しくは、 IBM System z® Software Pricing Web サイトを参照してください。

zNALC 料金を使用する z/OS を使用し、適格な パラレル・シスプレックス に参加している複数のサーバーがあるときに、合算料金設定を要求する場合、 IBM は、zNALC 基本ライセンス・ストラクチャーをシスプレックスに適用し、zNALC 無料登録ライセンスを、シスプレックスを構成する個別の各サーバーに適用します。

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge System z New Application License Charge
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr zNALC Registration No Charge System z New Application License Charge

Multiplex z New Application License Charge

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License Monthly Charge Multiplex z New Application License Charge
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr zNALC Registration No Charge Multiplex z New Application License Charge

Enterprise Solution License Charge (ESLC)

プログラム名: IBM z/OS Workload Interaction Correlator

プログラム ID: 5650-ZOS

Entitlement Identifier Description License Option/Pricing Metric
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Basic License No Charge Enterprise Solution FLAT
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Enterprise Solution License Charge Monthly Charge Enterprise Solution MSU
S018H13 IBM z/OS Workload Int Corr Enterprise Solution License Charge Registration No Charge Enterprise Solution MSU
機械可読基本資料
Orderable Supply ID Description Language
S018H14 IBM z/OS Workload Interaction Correlator English US

お客様は、ソフトウェア発注時にデリバリー方法を選択します。 IBM は、インターネット・デリバリーをお勧めしています。ただし、引き続き物理メディアが必要な場合は、DVD を選択できます。

カスタマイズ・オプション

ご希望の配送オプションを指定して発注をカスタマイズするために、適切なフィーチャー番号を選択します。これらのフィーチャーは、初期オーダーまたは MES オーダーで指定できます。

製品資料

発表された製品には資料が付属していません。

カスタマイズされた製品

製品成果物は、CBPDO および ServerPac でのみ出荷されます。 これらのカスタマイズされたオファリングは、Shopz からのインターネット・デリバリー用に提供されます。インターネット・デリバリーについて詳しくは、 Shopz Web サイトの「Help」セクションを参照してください。

IBM は、インターネット・デリバリーをお勧めしています。ただし、引き続き物理メディアが必要な場合は、DVD を選択できます。

多くの製品は、CBPDO での出荷開始日の翌月に ServerPac での発注が可能です。 z/OS は、出荷開始予定日に CBPDO および ServerPac での発注が可能です。また、多くの製品は、 z/OS オペレーティング・システムまたはサブシステムを併せて発注せずに Product ServerPac で発注することも可能です。

Shopz および CFSW は、製品の必要条件のチェックに基づいて、適格性を判別します。ServerPac 製品について詳しくは、 Shopz Web サイトの「Help」セクションを参照してください。

ソフトウェア製品発注の実動は、予定された出荷開始日から開始されます。

  • CBPDO の出荷は、出荷開始予定日の 1 週間後に開始されます。
  • ServerPac の出荷は、出荷開始予定日の 2 週間後に開始されます。


Back to top

契約条件

Top rule

この発表によって契約条件が影響を受けることはありません。



Back to top

適切なセキュリティー実施について

Top rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、法的に認められたセキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。

重要: IBM では、いずれのシステム、製品、あるいはサービスも第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けていないこと、または将来受けないことを保証するものではありません。



Back to top

料金

Top rule

各地域の料金設定については、 IBM 担当員にお問い合わせください。

商標

MVS は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

IBM、z/OS、PartnerWorld、CICS、Parallel Sysplex、IBM Z、System z、z/VSE および z/Architecture は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Other company, product, and service names may be trademarks or service marks of others.

Terms of use

IBM products and services which are announced and available in your country can be ordered under the applicable standard agreements, terms, conditions, and prices in effect at the time. IBM reserves the right to modify or withdraw this announcement at any time without notice. This announcement is provided for your information only. Additional terms of use are located at

Terms of use

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

For the most current information regarding IBM products, consult your IBM representative or reseller, or go to the IBM worldwide contacts page

IBM Japan