IBM z/OS バージョン 2 リリース 3 の機能拡張

概要概要開始予定日開始予定日


ハイライト

Top rule

IBM® z/OS® V2.3 オペレーティング・システムは、必要とされるハイ・スケーラブルで非常に安全な次世代型インフラストラクチャーの構築と機能向上のためのイノベーションを継続して提供します。 IBM z/OS V2.3 は、このインフラストラクチャーを提供するためのパフォーマンス、可用性、スケール、入出力サポート、およびセキュリティーを実現して、企業がビジネス・チャンスに即時に対応できるようにします。

z/OS は、企業の最も重要な作業をサポートすると同時に、世界の主要銀行、金融サービス会社、医療保険会社、行政機関を始めとするクライアントが示す厳しいサービス・レベルに対応するように設計されています。3 つの重要な領域 (セキュリティー、簡素化、クラウド) を重視して、 z/OS V2.3 は、幅広いデータの暗号化を可能にして、生産性を増やすために z/OS エコシステムの全体的な管理を簡素化し、セルフサービス・プロビジョニングと Software as a Service の迅速な提供のためのシンプルで利用しやすい方法を提供し、企業が API エコノミーを活用できるようにします。

この z/OS V2.3 の発表では、以下の新機能について説明します。

生産性を向上させるためのユーザー・エクスペリエンスの簡素化と最新化

  • z/OSMF の機能拡張により、ユーザー・インターフェースの機能を継続して向上するとともに、システム管理の生産性を上げるためにワークフローの機能を強化します。
  • IBM Cloud™ Provisioning and Management for z/OS の機能拡張は、シスプレックス環境における管理の向上や、 IBM 提供の自動化機能によるワークフロー・エディター・タスクのシンプル化に役立ちます。
  • Network Configuration Assistant に対する複数インストール・サポートが強化され、単一のアクションで複数の構成ファイルをインストールできるようになり、システム管理の生産性が向上しました。
  • 製品資料 PDF の新しい外観やリンクにより、スタイルやリンクのコーディングが更新されました。

アプリケーション開発の改善と簡素化

  • オープン・テクノロジーを使用する新しい XL C/C++ コンパイラーは、 z/OS UNIX® ユーザーが分散プラットフォームからアプリケーションをポーティングするのに最適です
  • Language Environment® 対応のアプリケーションにおける終了信号に対する新しいデフォルトの動作
  • JSON パーサーにおける Unicode 文字に対する Web Enablement Toolkit のサポート
  • 新しい JSON 検索スコープに対する Web Enablement Toolkit のサポート
  • ユーザー定義変換テーブルの両側における構成文字に対する Unicode Services サポート



Back to top

概要

Top rule

生産性を向上させるためのユーザー・エクスペリエンスの簡素化と最新化

z/OSMF の機能拡張:

  • z/OSMF は APAR PH01770 の PTF によって機能拡張され、ユーザーは z/OSMF UI からデータ・セットの検索、参照、編集が可能になるとともに、z/OSMF デスクトップまたはフォルダーでデータ・セットのショートカットを作成できるようになりました。
  • z/OS MF は、遅くとも 2019 年 3 月 10 日までに、APAR PI96461 の PTF により、 z/OS Jobs REST API や z/OS データ・セットおよびファイル REST API に関する OpenAPI 文書を提供します。
  • z/OSMF Workflows タスクが APAR PH05139 の PTF によって機能強化されました。APAR PH05139 により、ユーザーは、表紙、前付け、後付け、または裏表紙を含む印刷可能な形式としてワークフローをエクスポートできます。さらに、ワークフロー定義ファイルでグローバル変数グループを定義して、グローバル変数のアクセス・スコープを制御することもできます。

IBM Cloud Provisioning and Management for z/OS の機能拡張が、APAR PH04410 および PH04817 の PTF を適用した z/OS V2.3 および V2.2 で利用可能になりました。

  • システム・プログラマーは、特定のテナントによってプロビジョニングされたソフトウェア・サービス・インスタンスが消費しているメモリーを表示し、メモリー消費量のキャッピングを設定できます。 テナントのメモリー計測またはキャッピングが有効になっている場合、z/OSMF クラウド・プロビジョニング・リソース管理タスクを使用して、ワークロード・マネージャー(WLM)ポリシーが、テナントのメモリー・キャッピング設定を WLM に提供するテナント・リソース・グループで更新されます。
  • クラスター複合テンプレートにより、シスプレックス機能を活用して、使用可能なミドルウェア環境を継続的にプロビジョニングできるようになりました。 1 回のプロビジョニング・アクションで、シスプレックス内の特定のミドルウェアのネットワーク・クラスター化インスタンスをプロビジョニングできます。同様に、1 回のプロビジョン解除アクションで、クラスター複合テンプレート・インスタンスに関連付けられたすべてのメンバー・インスタンスを解放できます。 クラスター複合テンプレートの作成をサポートするための新機能が、クラスター複合テンプレートに導入されました。システム・プログラマーは、単一の公開テンプレートまたは複数の公開テンプレートからクラスター複合テンプレートを作成できます。 クラスター複合テンプレートのメンバー・テンプレートは、すべて同じソフトウェア・タイプである (つまり、同じミドルウェアのクラスターをプロビジョニングする) 必要があります。 上記の APAR は、複数の z/OS システムを持つクラウド・ドメイン内に作成できるクラスター複合テンプレートに対するサポートを z/OS V2.3 および z/OS V2.2 で提供しました。クラスター複合テンプレートをプロビジョニングすると、メンバー・テンプレートの各インスタンスは、クラウド・ドメイン内の別個のシステムにプロビジョニングされます。 クラスター複合テンプレートには、独自のリソース・プールがあります。 すべてのメンバー・インスタンスの z/OS リソースは、クラスター複合テンプレートのプロビジョニング時に、同じリソース・プールから取得されます。
  • クラウド・プロビジョニング・テンプレートを作成する際に、順次データ・セットまたは区分データ・セットにおけるワークフローやアクション定義ファイルなどのファイルをテンプレートに指定できます。以前は、これらは z/OS UNIX ファイルでなければなりませんでした。
  • ワークフロー・エディター・タスクの機能強化には、以下のものがあります。
    • ワークフロー・エディターには、 IBM 提供のステップの「ツールボックス」が組み込まれています。これは、データ・セットの作成や REST 要求の送信など、 z/OS 上での一般的なタスクを実行するために設計されています。 ワークフロー定義を作成する際には、ステップ・ツールボックスを調べて、各ステップが自分のニーズに適用可能かどうかを確認してください。 適用可能なステップがある場合、 IBM 提供のステップを共有ステップ・ライブラリーからインポートして変更することで、独自のステップを作成するより時間を節約できます。
    • 配列は、ワークフロー用に定義できる新しいタイプの変数です。 値のリストをマップする必要がある場合は、配列変数の使用を検討してください。
    • ワークフロー用のファイル、1 次 XML ファイル、フラグメント・ファイル、および変数入力ファイルが、順次データ・セットあるいは区分データ・セットでサポートされます。 以前は、これらは z/OS UNIX ファイルでなければなりませんでした。
  • これらの機能拡張の詳細については、 What's new in IBM Cloud Provisioning & Management for z/OS の ブログを参照してください。

Network Configuration Assistant に対する複数インストール・サポート

APAR PH04130 の PTF により、単一のアクションで複数の構成ファイルをインストールする機能が有効になりました。このサポートにより、インストールされるグループ内のファイルごとに別々のインストール・パネルに入力し、実行する必要がなくなりました。複数のファイルがリストされているどのインストール・パネルでもこの新しいアクションを使用できます。例えば、シスプレックス・グループ内のすべてのファイルや、TCP/IP スタック・プロファイルのすべての代替構成に対して使用できます。

製品資料 PDF の新しい外観やリンク

z/OS V2.3 ライブラリー内のすべての PDF が最近更新され、視覚スタイルやリンク・コーディングが更新されました。リンク・コーディングが変更されたため、旧スタイルの PDF で新規スタイルの PDF へのリンクをクリックしても機能しません。逆もまた同様です。そのため、ブックの相互リンクがすべて引き続き機能するようにするために、最新のライブラリー PDF セット全体を Acrobat 索引付き zip ファイル または 索引なし zip ファイル からダウンロードしてください。

アプリケーション開発の改善と簡素化

新しい XL C/C++ コンパイラー

z/OS V2.3 用の新しい z/OS XL C/C++ V2.3.1 Web 配布物は、 z/OS の IBM XL C/C++ コンパイラー・ファミリーからの最新のオファリングです。コンパイラーの一部に LLVM オープン・ソース・コミュニティーの Clang (C 言語ファミリー) インフラストラクチャーを使用して、C11 および C ++11 言語標準をサポートします。この新しいコンパイラーは、Clang インフラストラクチャーと、お客様が使い慣れた IBM XL コンパイラーの既存の先進的な最適化テクノロジーを結び付けます。 z/OS XL C/C++ V2.3.1 コンパイラーは英語のメッセージや EBCDIC および ASCII 実行文字セットをサポートし、AMODE 64 コードを生成します。そのため、 z/OS UNIX ユーザーが分散プラットフォームからアプリケーションをポーティングするのに最適です。 z/OS XL C/C++ V2.3.1 Web 配布物は、XL C/C++ コンパイラー (オプションの有償機能) を z/OS V2.3 のみで有効にしているお客様向けです。 z/OS XL C/C++ V2.3.1 Web 配布物は、2019 年 3 月 29 日までに z/OS Downloads Web サイトから入手可能になります。

Language Environment 対応のアプリケーションにおける終了信号に対する新しいデフォルトの動作

APAR PH01571 および PI93384 の PTF により、 Language Environment 対応のアプリケーションは、POSIX 定義の終了信号によって終了させられるときに、登録された信号ハンドラーがなければ、ロールバックできるようになりました。これにより、リソース・マネージャー、RRS、またはコンテキスト・サービスの出口が進行中の更新をコミットしなくなりました。このサポートは、 z/OS V2.2 および V2.3 で利用できます。

JSON パーサーにおける Unicode 文字に対する Web Enablement Toolkit のサポート

APAR OA56139 の PTF により、JSON パーサーは、Unicode の JSON テキストでその他の各種サービスを解析し、実行できるようになりました。パーサーは、テキストが EBCDIC (コード・ページ IBM-1047) エンコードであるか、UTF-8 (コード・ページ IBM-1208) エンコードであるかを自動的に検出し、テキストを適宜処理します。または、新しい HWTJSENC サービスを使用して、正しいエンコードを手動で設定することもできます。もう 1 つの新しいサービス HWTJGENC を使用すると、文書の解析に使用されるエンコードを取得できます。この Unicode サポートは z/OS V2.2 および V2.3 で利用でき、JSON パーサーを使用して UTF-8 で発信するデータを解析する際にお客様に必要な手動変換のオーバーヘッドをなくします。

新しい JSON 検索スコープに対する Web Enablement Toolkit のサポート

ユーザー・アプリケーションでは、APAR OA56227 の PTF により使用可能な新しい SearchType 値 HWTJ_SEARCHTYPE_SHALLOW を使用して、JSON テキストの検索スコープを制限できるようになりました。この値は HWTJ_SEARCHTYPE_OBJECT とほぼ同じですが、検索の深さを制限し、ネストされたオブジェクト内のコンテンツを考慮しません。 z/OS V2.2 および V2.3 で利用できるこの追加のスコープ・オプションは、JSON を検索するパフォーマンス・コストを大幅に改善できます。

ユーザー定義変換テーブルの両側における構成文字に対する Unicode Services サポート

APAR OA54426 の PTF により、ユーザーは、ユーザー定義の変換テーブルの両側 (開始 側と終了 側) で、構成文字を使用して Unicode Services の変換テーブルを定義できるようになりました。このようなユーザー定義の変換テーブルに関連付けられたバイナリー・ファイルを作成するために、CUNMITG4 という名前の新しいユーティリティーが提供されました。グローバル化が進んだ世界で、このサポートは、 z/OS V2.2 および V2.3 で氏名に関連付けられている地域の IT 標準を満たすソリューションをお客様が実装するのに役立ちます。



Back to top

開始予定日

Top rule

発表された機能は、遅くとも 2019 年 3 月 31 日までに利用可能になります。



Back to top

参照情報

Top rule

  • ソフトウェア発表レター JP17-0306 (z/OS V2.3 GA)
  • ハードウェア発表レター JG17-0065 (z14)

商標

IBM Cloud は、世界の多くの国における International Business Machines Corporation の商標です。

IBM、z/OS、Language Environment、System z および PartnerWorld は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

UNIX は、The Open Group の米国およびその他の国における登録商標です。

その他の会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれの会社の商標またはサービス・マークです。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM の製品およびサービスは、その時点で有効な適用可能な標準契約書、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保有します。この発表は情報提供のみを目的としています。追加のご利用条件については、以下の Web サイトをご覧ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM