IBM Enterprise PL/I for z/OS V4.5 は、新機能とより高いパフォーマンスを提供します

日本 IBM のソフトウェア発表 JP15-0015
2015 年 1 月 14 日

目次
 製品の概要 製品の概要  技術情報 技術情報
 主要前提条件 主要前提条件  発注情報 発注情報
 出荷開始予定日 出荷開始予定日  契約条件 契約条件
 製品の機能詳細 製品の機能詳細  料金 料金
 プログラム番号 プログラム番号  AP ディストリビューション AP ディストリビューション


Top rule
製品の概要
Bottom rule

IBM® Enterprise PL/I は、z/OS ベースの最先端のコンパイラーです。 z/OS® システム上で実行される基幹業務 PL/I アプリケーションの作成、および保守に役立ちます。Enterprise PL/I を使用して作成されるアプリケーションは、 IBM CICS® 、 DB2® 、 IMS™ およびその他のトランザクション・システムおよびデータ・システムとの相互運用が可能です。

このコンパイラーは、Web サービスでの PL/I および Web ベースのビジネス・プロセス、XML、 Java™ 、PL/I アプリケーションの統合を支援することにより、オンデマンド・ビジネスの新しい試みを促進するのに役立ちます。また、このコンパイラーの相互運用性により、これまでの IT 投資を十分に活用しながら、Web ベースの新たなアプリケーションを組織の基盤の一部としてさらに円滑に統合できます。

バージョン 4.5 では、以下の機能が提供されています。

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 では、 z/OS プラットフォーム上の PL/I プログラミング言語に対する IBM の継続的な取り組みを強化しています。

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 により、45 年以上にわたる IBM のコンパイラー開発における経験を活用できます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
主要前提条件
Bottom rule

詳しくは、『 前提ソフトウェア 』セクションを参照してください。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

2015 年 2 月 27 日



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品の機能詳細
Bottom rule

更新

一連の新しい組み込み関数とサブルーチンにより、JSON テキストを構文解析および生成する機能が提供されます。

パフォーマンスの改善

CICS 、 DB2 、 IMS に対するミドルウェア・サポートの向上

使いやすさの向上

アクセシビリティー情報

アクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている米国リハビリテーション法第 508 条の Voluntary Product Accessibility Template (VPAT) を以下の Web サイトから請求できます。

http://www.ibm.com/able/product_accessibility/index.html


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
ハードウェアおよびソフトウェア・サポート・サービス
Bottom rule

スムース・スタート サービス / 導入サービス

IBM SmoothStart およびインストール・サービスは提供されません。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
各国語の出荷予定
Bottom rule

 
                        Program   Availability
Description             number    date                Language

IBM Enterprise PL/I     5655-W67  February 27, 2015   English
for z/OS V4.5                                         Japanese
 


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
プログラム番号
Bottom rule

 
Program                                    Program
name                                       number
 
IBM Enterprise PL/I for z/OS, V4.5         5655-W67
 


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 コンパイラーは、以下の IBM サーバー上で実行されます。

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 コンパイラーは、以下の IBM サーバー上で実行されるコードを生成します。

前提ソフトウェア

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 は、以下のプログラムの現在サポートされているリリースおよび後続のリリース、あるいはそれらと同等の製品の制御の下で実行されるか、または、それと併せて実行されます。プログラム一時修正 (PTF) が必要な以下のプログラムについての詳細は、 プログラム・ディレクトリー および PSP (Preventive Service Planning) を参照してください。

オプション・ライセンス・プログラム

使用する機能によって、以下のプログラムのうち 1 つ以上が要求される場合があります。

この発表で述べられているように、Enterprise PL/I for z/OS V4.5 は、上記にリストされている IBM ソフトウェアの発表済みおよび現在サポートされているレベルとともに使用されている場合のみサポートされます。Enterprise PL/I for z/OS V4.5 は、引き続き、いくつか前の、サポートされない IBM ソフトウェア製品と連動します。

IBM は、この発表で述べられているように、前述のサポートされない以前の製品レベルとともに Enterprise PL/I for z/OS V4.5 を使用した場合に検出される問題の修正に対応します。その場合、 IBM はサポートされるレベルの同製品を使用して問題を再現できなければなりません。問題の再現および修正ができた場合、修正はサポートされるレベルの IBM ソフトウェアを使用して開発およびテストされます。修正が使用可能になった場合、修正はサポートされない製品レベルで動作する可能性がありますが、 IBM は修正がサポートされない製品で動作することを保証する訳ではありません。

ユーザー・グループ要件

この発表は、1 つまたは複数の世界的なユーザー・グループ・コミュニティーから提出された以下の要求を満たすものです。このようなグループには、COMMON、COMMON Europe、Guide Share Europe (GSE)、InterAction (オーストラリア/ニュージーランド)、 日本 Guide Share (JGS)、および SHARE Inc. が含まれます。

対応した要求は次のとおりです。

計画情報

パッケージング

Enterprise PL/I for z/OS V4.5 パッケージには、以下が含まれています。

セキュリティー、監査性およびコントロール

今回発表されたプログラムは、ホスト・オペレーティング・システム・ソフトウェアのセキュリティーおよび監査機能を使用します。アプリケーション・システムや通信機能でのセキュリティー機能、管理手順、および適切な制御を、評価、選択、実装することは、お客様の責任で行っていただきます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
発注情報
Bottom rule

新規ライセンス所有者

新規ライセンスの発注は、現在受付中です。
ご注文の製品が出荷開始予定日前に出荷されることを希望されたお客様には、Enterprise PL/I for z/OS V4.4 をお届けします。
ご注文の製品が出荷開始予定日後に出荷されることを希望されたお客様には、Enterprise PL/I for z/OS V4.5 をお届けします。
Enterprise PL/I for z/OS V4 の新規ユーザーは、「5655 モデル: W67」のタイプを指定してください。新規のお客様には、Enterprise PL/I for z/OS V4.5 をお届けします。
したがって、以前のリリースである Enterprise PL/I for z/OS V4.4 の営業活動は終了し、Enterprise PL/I for z/OS V4.5 に置き換わります。

Enterprise PL/I for z/OS V4 の発注情報については、ソフトウェア発表レター AP10-0214 をご覧ください。

お客様が希望される到着日 (CRAD) に基づいて発注処理を行えるようにするために、お客様への最初の出荷は、一般出荷開始日から 7 営業日以内に開始されます。

System z 新規アプリケーションのライセンス使用料 (zNALC) 発注情報

Program Directory (GI11-9144) および ライセンス・プログラム仕様書 (GC14-7283) は、機械可読基本資料で自動的に提供されます。その他にこの製品と共に出荷されるハードコピー資料はありません。

製品と共に出荷される資料に対する後続の更新 (テクニカル・ニュースレターまたはリリース間の改訂) は、このソフトウェアのライセンスが有効である間、登録ユーザーに配布されます。別途、資料およびサブスクリプションをご注文いただく必要はありません。

出荷方式 (Customized Offerings)

製品配布物は、CBPDO および ServerPac でのみ出荷されます。 これらのカスタマイズされた製品は、ShopzSeries での製品発注が選択可能な国では、インターネット・デリバリー向けに提供されます。インターネット・デリバリーでは、ソフトウェア・デリバリーにかかる時間が短縮されるほか、テープ処理を必要とせずにソフトウェアを導入することができます。 インターネット・デリバリーについての詳細は、次の Web サイトで Shopz のヘルプ情報を参照してください。

http://www.software.ibm.com/ShopzSeries

お客様は、ソフトウェア発注時にデリバリー方法を選択します。 IBM はインターネット・デリバリーをお勧めしています。インターネットおよび DVD に加えて、サポートされているテープ・デリバリー・オプションは以下のとおりです。

大部分の製品は、CBPDO での出荷開始日の翌月に ServerPac での発注が可能です。 z/OS は、一般出荷開始日に CBPDO および ServerPac での発注が可能です。また、多くの製品は、 z/OS のオペレーティング・システムやサブシステムを発注することなく、Product ServerPac で発注することも可能になります。

Shopz および CFSW は、製品の必要条件のチェックに基づいて、適格性を判別します。Product ServerPac に関する詳細は、Shopz Web サイト (次の URL) の「Help」セクションを参照してください。

http://www14.software.ibm.com/webapp/ShopzSeries/ShopzSeries.jsp

Product ServerPac オプションについて詳しくは、 JP12-0258 (2012 年 7 月 31 日付) を参照してください。

ソフトウェア製品発注の実動は、予定された一般出荷開始日から開始されます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
契約条件
Bottom rule

IBM Agreement Terms (ALP/IAP Software - 日本) の下でライセンス交付を受けた Enterprise PL/I for z/OS V4 の契約条件は、ソフトウェア発表レター AP10-0214 (2010 年 7 月 22 日付) で以前に発表されたとおりで、本発表の影響は受けません。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
料金
Bottom rule

Enterprise PL/I for z/OS V4 の料金設定は、ソフトウェア発表レター AP10-0214 (2010 年 7 月 22 日付) で以前に発表されたとおりで、この発表の影響を受けません。

このプログラムの現行料金については、 IBM 担当員にお問い合わせください。

地域の料金全般については、 IBM 担当員にお問い合わせください。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule

 
Country/Region               Announced
 
AP IOT
 ASEAN*                      Yes
 India/South Asia**          Yes
 Australia                   Yes
 People's Republic of China  Yes
 Hong Kong S.A.R of the PRC  Yes
 Macao S.A.R of the PRC      Yes
 Taiwan                      Yes
 South Korea                 Yes
 New Zealand                 Yes
Japan IOT
 Japan                       Yes
 
 * Brunei Darussalam, Indonesia, Cambodia, Lao People's Democratic
   Republic, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam
 **Bangladesh, Bhutan, India, Sri Lanka, Maldives, Nepal, and
   Afghanistan
商標

IMS、z13、z Systems および z10 は、世界の多くの国における International Business Machines Corporation の商標です。

IBM、z/OS、CICS、DB2、PartnerWorld、zEnterprise、System z10、System z9、z9、Rational および System z は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Oracle および Java は、Oracle やその関連会社の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加ご利用条件については、以下の参照先に記載されています。

http://www.ibm.com/legal/jp/ja/

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/planetwide/jp/