バージョン 9.1 の IBM Rational Integrated Development Environment オファリングでは、重要な新機能が導入されています

日本 IBM のソフトウェア発表 JP14-0245
2014 年 4 月 28 日

目次
 製品の概要 製品の概要  製品資料 製品資料
 主要前提条件 主要前提条件  技術情報 技術情報
 出荷開始予定日 出荷開始予定日  発注情報 発注情報
 製品の機能詳細 製品の機能詳細  契約条件 契約条件
 開発意向表明 開発意向表明  料金 料金
 プログラム番号 プログラム番号  AP ディストリビューション AP ディストリビューション


Top rule
ハイライト
Bottom rule

バージョン 9.1 リリースの Rational® Application Developer for WebSphere® Software、 Rational Developer for System z® 、 Rational Business Developer、および Rational Developer for the Enterprise は、重要な新機能を提供します。製品の特長は以下のとおりです。

バージョン 9.1 の IBM® Rational Integrated Development Environment オファリングの、その他の重要な製品情報は、以下のとおりです。

  1. Rational 統合開発環境において、許可ユーザーのアクティベーション・キットを実行する方法が変更されています。詳しくは、以下をご覧ください。
    http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27041656
  2. これらの製品の一部には、利便性を目的として、サード・パーティー製のオープン・ソース・ソフトウェア・コンポーネントが現状のままの状態で含まれている場合があります。詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。
  3. Rational Developer for i、 Rational Developer for AIX® および Linux™ などの Rational IDE ポートフォリオにおける他のバージョン 9.1 のオファリングについては、対応するソフトウェア発表レター JP14-0234 (2014 年 4 月 28 日付) を参照してください。これらのオファリングは、多品種バンドルである Rational Developer for the Enterprise オファリングの一部として含まれています。


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品の概要
Bottom rule

IBM Rational の IDE (統合開発環境) オファリングは、DevOps (開発と運用) 手法の下で、ソフトウェアの設計、作成、展開、初期の品質保証、および保守のアクティビティーを最適化できるように設計されています。お客様が以下のような DevOps の目標を達成できるように支援することを目的としています。

IDE は、以下のハイレベルな機能を提供します。

この発表レターでは、以下の IDE オファリングについて説明しています。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
主要前提条件
Bottom rule

詳しくは、『 前提ハードウェア 』および『 前提ソフトウェア 』のセクションを参照してください



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

各国語の出荷予定については、 各国語の出荷予定 セクションを参照してください。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品の機能詳細
Bottom rule

バージョン 9.1 の IBM Rational Integrated Development Environment オファリングの、その他の重要な製品情報は、以下のとおりです。

  1. Rational 統合開発環境において、許可ユーザーのアクティベーション・キットを実行する方法が変更されています。詳しくは、以下をご覧ください。
    http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27041656
  2. これらの一部の製品には、通常、製品の所有者が製品と組み合わせて使用するサード・パーティー製のオープン・ソース・ソフトウェア・コンポーネントが部品表 (インストール可能イメージ) の一部として含まれている場合があります。これは、純粋にお客様の利便性を目的としています。これらのコンポーネントは現存のままの状態で提供され、 IBM はこれらのコンポーネントの技術サポートを提供する責任を一切負いません。これらのコンポーネントの技術サポートを提供する責任は、それらを作成するオープン・ソース・ソフトウェア・コミュニティーが負います。お客様は、それらのコミュニティーに直接技術サポートを依頼する責任を負います。また、これらのサード・パーティー・コンポーネントは、ソフトウェアのユーザー補助や国際化対応について、IBM 独自の内部規格に準拠していない場合があります (例: これらのコンポーネントが英語のみで提供される場合がある)。このようなサード・パーティー・コンポーネントとの特定の統合点を実装する社内作成ソフトウェア、またはこのようなサード・パーティー・コンポーネントをインストールするためのサポートを提供するソフトウェアを IBM が提供する場合、 IBM は、統合ソフトウェアまたはインストール・ソフトウェア (またはその両方) の技術サポートを提供する責任を負います。現時点では、本発表レターの対象となる製品において、以下のサード・パーティー・コンポーネントが製品の部品表に現存のままの状態で含まれています。

Rational Application Developer for WebSphere Software

Rational Application Developer for WebSphere Software の中核機能

Rational Application Developer は受賞歴のある開発環境で、広範なアプリケーション・サーバー、データベース、およびその他のミドルウェアで使用可能ですが、 WebSphere Application Server と Liberty Profile (Web アプリケーションおよび OSGi アプリケーション用に単純化された軽量ランタイム)、 WebSphere Portal Server、および IBM PureApplication® System 向けに最適化されています。 Java™ EE、 SOA、OSGi、クラウド、Web 2.0、モバイル Web、ハイブリッド・モバイル、ポータル、SCA、SIP、および最新バッチ・アプリケーションの開発のための環境を提供します。コード作成ツールを提供するのに加え、組み込みテスト・サーバーを使用した単体テストをサポートし、さらに、高品質なアプリケーションの提供を確保するための問題判別ツールや分析ツールを備えています。

Rational Application Developer for WebSphere Software V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能は以下のとおりです。

Rational Application Developer for WebSphere Software の V9.1 での新機能

Rational Application Developer for WebSphere Software の非推奨機能

以下の機能は非推奨機能として指定され、将来のリリースで製品から除去される可能性があります。これらの機能が将来除去されることによって悪影響を受けると考えられるお客様は、 Rational クライアント・サポートにご連絡ください。それらのフィードバックが、将来の製品計画に考慮されることがあります。

Rational Application Developer for WebSphere Software から除去された機能

以下の機能は既に非推奨機能として指定されており、V9.1 の時点で製品から除去されました。

Rational Developer for System z

Rational Developer for System z は、 z/OS® アプリケーションを作成および保守するための中核機能を提供します。開発者のデスクトップで稼働し、最適化 IBM コンパイラーと統合されるとともに、 z/OS 上で稼働するサーバー・サイドのエクスプローラー・サービスやデバッガー・サービスと統合されます。また、 System z 環境に接続されていない間も、多くの開発アクティビティーをサポートできます。業界標準を使用して、以下の開発と保守を簡素化します。

Rational Developer for System z は、問題判別、プロジェクト管理、テスト・ソリューション、および System z 構成管理システムなど、既存の System z 開発プロセスおよびツールと統合されます。

IBM Integrated System z Development and Test (ISDz) ソリューションの一部として、 Rational Developer for z を (IBM System z Personal Development Tool を基盤とした) Rational Development and Test Environment for System z と結合できます。Development and Test の環境は、メインフレームのオペレーティング・システム、ミドルウェア、およびソフトウェアを変更せずに x86 プラットフォーム上で実行できる仮想 System z アーキテクチャー環境を使用できるように設計されています。これには、 System z メインフレームのハードウェアは必要ありません。

Rational Developer for System z V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能は以下のとおりです。

アプリケーション構造分析ツール、およびその他の理解ツール

初期コード品質の確保および品質リスク管理のためのツール

コードの作成および編集機能:

チーム・コラボレーションおよびリポジトリー・サポート:

業界の主要なソース・コード管理ツールやコラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント・ツールにアクセスし、やりとりするためのツール

CICS 用に最適化されたツール・サポート:

注: 統合された CICS Explorer® の組み込みにより、 IBM は、 Rational Developer for System z 統合開発環境製品のバージョン 8.5 から、Application Deployment Manager (ADM) 機能を非推奨にしました。 CICS Explorer を使用すると、必要とされる CICS リソース、サービス、および SCA バンドルの照会、定義、およびインストールを行うことができます。 CICS Explorer と IBM Rational Developer for System z を組み合わせることで、サービス・デプロイメントやテスト・サイクルでの手作業による手順の一部をなくすまたは自動化することにより、 CICS 開発プロセスが簡素化されます。推奨されない ADM 機能は、障害の修正および質問のサポートのために引き続きサポートされますが、新しい機能拡張、フィーチャー更新、追加のプラットフォーム・サポートは計画されません。ADM 機能は将来、 Rational Developer for System z 製品から除去されます。

IMS ツール: IMS Transaction Manager and Database (DB) を扱う開発者用のツール。

DB2 ツール: DB2 データベース、ストアード・プロシージャー、およびアプリケーションを扱う開発者を特に対象としたツール。

拡張性機能: カスタム設計ツールを使用して、独自のアーキテクチャー、標準、およびプラクティスに合わせて開発環境を適用し、拡張します。

その他の機能:

Rational Developer for System z のバージョン 9.1 での新機能

Rational Developer for System z の非推奨機能

以下の機能は非推奨機能として指定され、将来のリリースで製品から除去される可能性があります。これらの機能が将来除去されることによって悪影響を受けると考えられるお客様は、 Rational クライアント・サポートにご連絡ください。それらのフィードバックが、将来の製品計画に考慮されることがあります。

Rational Developer for System z から除去された機能

以下の機能は既に非推奨機能として指定されており、V9.1 の時点で製品から除去されました。

Rational Business Developer

Rational Business Developer は、マルチプラットフォーム・アプリケーション開発を簡素化するように設計されたプログラミング・テクノロジーである EGL 用の総合開発環境です。 EGL を使用すると、開発者は、ビジネス・ニーズの実装への集中度を高め、複雑な基礎のフレームワークやミドルウェアへの集中度を下げることができます。EGL は、アプリケーションのすべてのパーツにわたり共通のプログラミング言語およびモデルを提供し、 Java 、 JavaScript 、および COBOL などの一般的な言語を補完し、さらに、 WebSphere Application Server、 IBM Power Systems™ 、および CICS などの一般的なプラットフォームにデプロイします。EGL は、プログラマーが一貫した単一のプログラミング言語を使用して、従来の 3270/5250 アプリケーションやバッチ・アプリケーションだけでなく、モバイルおよび Web 2.0 ベースのユーザー・インターフェース、分散またはメインフレーム・ベースのビジネス/データベース・ロジック、および Web サービスを備えた、エンドツーエンド・アプリケーションを作成できるようにすることにより、生産性の向上を支援します。

Rational Business Developer のバージョン 9.1 での新機能

Rational Business Developer の非推奨機能

以下の機能は非推奨機能として指定され、将来のリリースで製品から除去される可能性があります。これらの機能が将来除去されることによって悪影響を受けると考えられるお客様は、 Rational クライアント・サポートにご連絡ください。それらのフィードバックが、将来の製品計画に考慮されることがあります。

Rational Business Developer から除去された機能

以下の機能は既に非推奨機能として指定されており、V9.1 の時点で製品から除去されました。このリリースからの除去とは、これらの機能を使用した新規開発ができなくなることを意味します。これらの機能を使用する既存の EGL ソース・コードは非推奨となりますが、作成およびデプロイすることはできます。

Rational Developer for the Enterprise

Rational Developer for the Enterprise は、個別に購入可能な以下のオファリングで構成される「ソフト・バンドル」オファリングです。

このように、 Rational Developer for i および Rational Developer for AIX and Linux に関する本発表とその関連のソフトウェア発表 JP14-0234 (2014 年 4 月 28 日付) に記載されている、個別の製品に関連する継続機能、新規/非推奨機能、および除去された機能はすべて、 Rational Developer for the Enterprise に適用されます。

IBM ソフトウェアの翻訳に関する情報は、以下の Web サイトをご覧ください。

http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/prodguid/v1r0/clarity/index.jsp


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
開発意向表明
Bottom rule

Linux on Power® の新規ディストリビューションをサポートする Rational ツールおよびコンパイラーの合同開発意向表明:

IBM は、XL C/C++ コンパイラーおよび XL Fortran コンパイラーを、Ubuntu Server などの最新の Linux ディストリビューションをサポートする POWER8™ テクノロジーを用いて構築された、新しい Linux 専用ベースの Power Systems を補完するために提供することを予定しています。

IBM はさらに、その Linux 専用ベースの Power Systems 向けに、新しい Linux ディストリビューションをサポートするための統合開発環境 (IDE) の更新と、計画されている XL C/C++ コンパイラーの更新を予定しています。詳細:

IBM は、新しい Linux on Power ディストリビューションをサポートするための、 IBM Rational Developer for AIX and Linux のサーバー・コンポーネントの更新を予定しています。(主要なサーバー・コンポーネントは、デバッガー・エージェントと Remote Systems Explorer エージェントです)。

IBM は、 Rational Agent Controller コンポーネントの更新を予定しています。このコンポーネントにより IDE は、新しい Linux on Power ディストリビューション上で実行する WebSphere Application Server をサポートするために、リモート WebSphere Application Server インスタンスに接続して利用できるようになります。Remote Agent Controller はこれらの IDE の一部としてパッケージされています。すべての IDEは、 WebSphere Application Server on Linux on Power Systems にデプロイできるワークロード用の、Java/Java EE および Web 開発をサポートします。

IBM は、新しい Linux on Power ディストリビューションをサポートするために、自動化されたビルド・プロセスおよびテスト・プロセスの一部として、開発者による対話モード、またはコマンド・ライン (「ヘッドレス」とも呼ばれる) モードのいずれかで実行されるように設計された IDE の特定の機能を更新する予定です。これらの機能には以下が含まれる可能性がありますが、以下が含まれることが保証されるわけではありません。

総合的な目的は、予定されている Linux 専用ベースの Power Systems 向け XL C/C++ コンパイラーと組み合わせて使用する場合に、 Rational IDE が、 Linux on Power Systems 向けに最適化された包括的なアプリケーション開発、移植、および最適化ソリューションの主要な要素として機能するようにすることです。

機能、価値提案、システム要件、料金、トライアル・バージョンの利用など、統合開発環境の完全な情報については、次の Web サイトを参照してください。

http://www-03.ibm.com/software/products/en/developer

そこから目的の IDE に関する詳細情報にナビゲートしてください。

具体的な製品化の最終決定は、あくまでも IBM の技術上及び経営上の判断に基づいて行われます。今後の製品に関する情報は、IBM の製品の一般的な方向性を示すことを目的としたものであり、発注の意思決定のための判断基準の利用を意図したものではありません。今後の製品に関する情報は、いかなる資料、 コード、または機能性の提供というコミットメント、約束、または法律上の義務について 言及するものでもありません。今後の製品に関する情報は、いかなる契約にも含めることはできません。IBM 製品について記載される今後のいかなるフィーチャーまたは機能の開発、発表、および時期は、IBM の判断で決定されます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
各国語の出荷予定
Bottom rule

Product description            Language        GA date
 
IBM RDE V9.1.0                 Multilingual    June 6, 2014
                                (French,
                                Korean,
                                Chinese -
                                Simplified,
                                Spanish,
                                Portuguese-Brazilian,
                                German,
                                Japanese,
                                Chinese -
                                Traditional,
                                English,
                                Italian)
RDz V9.1.0                     Multilingual    June 6, 2014
                                (French,
                                Korean,
                                Chinese -
                                Simplified,
                                Spanish,
                                Portuguese-Brazilian,
                                German,
                                Japanese,
                                Chinese -
                                Traditional,
                                English,
                                Italian)
Ratl Application Developer     Multilingual    June 6, 2014
 V9.1.0                         (French,
                                Russian,
                                Arabic,
                                Korean,
                                Chinese -
                                Simplified,
                                Spanish,
                                Portuguese-Brazilian,
                                German,
                                Japanese,
                                Chinese -
                                Traditional,
                                Hungarian,
                                English,
                                Czech,
                                Italian,
                                Polish)
Ratl Business Developer        Multilingual    June 6, 2014
 V9.1.0                         (French,
                                Russian,
                                Arabic,
                                Korean,
                                Chinese -
                                Simplified,
                                Spanish,
                                Portuguese-Brazilian,
                                German,
                                Japanese,
                                Chinese -
                                Traditional,
                                Hungarian,
                                English,
                                Czech,
                                Italian,
                                Polish)


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
プログラム番号
Bottom rule

Program    VRM                          Program name
number
 
5724-J19   9.1.0                        IBM Rational Application
                                         Developer for WebSphere
                                         Software
5724-S50   9.1.0                        IBM Rational Business
                                         Developer
5724-T07   9.1.0                        IBM Rational Developer for
                                         System z
5725-K78   9.1.0                        IBM Rational Developer for
                                         the Enterprise



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
教育サポート
Bottom rule

以下にリストされているように、以下の教育用製品が利用可能です。

Course code            Course title           Course type
 
SW913                  Advanced Web-to-Host   Classroom
                        Application
                        Integration using IBM
                        WebSphere HATS
SW337                  CICS AD support for    Classroom
                        SOAP and XML
CI172                  CICS Application       Classroom
                        Programming I
CI181                  CICS Application       Classroom
                        Programming II
CI19                   CICS Application       Classroom
                        Programming with Java
SW336                  CICS Web Enablement    Classroom
XC242                  COBOL Programming      Classroom
                        Workshop
RN110                  COBOL with IBM Classroom
                        Rational Developer
                        for System z V8.0.3
CI71                   Connecting CICS to     Classroom
                        WebSphere Application
                        server via CICS
                        Transaction Gateway
SW737                  Connecting the         Self-study
                        Enterprise
SW758                  EGL Generation of      Self-study
                        COBOL using WebSphere
                        Developer for System
                        z
SW757                  EGL and JSF            Self-study
                        Development using
                        WebSphere Developer
                        for System z
SW509                  EGL for z/OS Classroom
                        Environments using
                        WebSphere Developer
                        for System z
SW728                  Enterprise             Self-study
                        Development with IBM
                        WebSphere Developer
                        for System z
SW745                  Fault Analyzer         Self-study
SW744                  File Manager           Self-study
SW912                  IBM WebSphere Host     Classroom
                        Access Transformation
                        Services Introduction
SW501                  Intro to Web Services  Classroom
                        Development with IBM
                        Rational Application
                        Developer
JA321                  Introduction to        Classroom
                        Developing OO
                        Applications with
                        Java for Procedural
                        Developers
SW700                  Introduction to EDI    Self-study
                        Concepts and
                        Standards
SW244                  Introduction to Java Classroom
                        using IBM Rational
                        Application Developer
WF311                  Servlet and JSP        Classroom
                        Development with IBM
                        Rational Application
                        Developer
SW502                  Web Services           Classroom
                        Development with IBM
                        Rational Application
                        Developer

IBM 研修は、多くの IBM オファリングをサポートするための教育を提供します。IT のプロフェッショナルと管理者を対象とするコースの説明は、次の『 IBM Training (IBM 研修)』の Web サイトに掲載されています。 

http://www.ibm.com/services/learning/


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
オファリング情報
Bottom rule

製品情報は、以下の Offering Information Web サイトで入手可能です。

http://www.ibm.com/common/ssi

以下の パスポート・アドバンテージ® Web サイトもご覧ください。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品資料
Bottom rule

この製品とともに出荷される出版物はありません。

IBM Publications Center

http://www.ibm.com/shop/publications/order

Publications Center は、70,000 品目のカタログと、 IBM 製品出版物およびマーケティング資料のための全世界に対する中央リポジトリーです。広範な検索機能が提供されています。発注の支払オプションとしては、クレジット・カード (米国) を使用するか、または 20 カ国でお客様番号を利用できます。さまざまなファイル・フォーマットの多数の出版物をオンラインで利用することができ、それらすべてをすべての国でダウンロードできます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

ディスク・スペース: 最小 2 - 5 GB、RAD/WAS の構成に応じて異なります; 推奨 2 - 5 GB、RAD/WAS の構成に応じて異なります。

注意事項:

ディスプレイ: 最小 1024 x 768; 推奨 1280 x 1024。

メモリー: 最小 3 GB RAM; 推奨 4 GB RAM。ハイエンド構成 (大規模なワークスペース/複数の WAS): 6 GB RAM

プロセッサー: 最小 32 ビット (x86) Core2 Duo (または同等のもの); 推奨 64 ビット (x64) Core2 Quad (または同等のもの)。ハイエンド構成 (大規模なワークスペース/複数の WAS): 64 ビット (x64) プロセッサー、i5 (または同等のもの)、またはそれ以上。

前提ソフトウェア

プログラムの仕様と所定稼働環境に関する情報は、プログラムに付属する README ファイルなどの資料 (存在する場合)、またはその他の IBM 公開情報 (発表レターなど) に記載されています。資料やプログラムに関するその他のコンテンツは、英語以外の言語では提供されない場合があります。

計画情報

ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) は、 パスポート・アドバンテージ および パスポート・アドバンテージ ・ エクスプレス® により注文されたライセンスに含まれています。製品のアップグレードおよび技術サポートは、契約の記述に従ってソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) オファリングによって提供されます。製品アップグレードでは、対象ソフトウェアの最新バージョンおよびリリースが提供され、技術サポートでは、世界中の IBM サポート組織への音声および電子アクセスが提供されます。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) が含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) の初期保守期間は、更新オプション (選択可能な場合) を注文することによって延長できます。

セキュリティー、監査性およびコントロール

アプリケーション・システムや通信機能でのセキュリティー機能、管理手順、および適切な制御を、評価、選択、実装することは、お客様の責任で行っていただきます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
発注情報
Bottom rule

本製品は、 パスポート・アドバンテージ を介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

本製品は、 IBM から直接、または Software Value Plus として認定された IBM ビジネス・パートナーからのみご購入いただけます。

IBM Software Value Plus について詳しくは、以下の Web ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/partnerworld/page/svp_authorized_portfolio

特定の Software Value Plus ポートフォリオについて認定された、お客様の地域の Software Value Plus IBM ビジネス・パートナーについては、以下の Web サイトを参照してください。

http://www.ibm.com/partnerworld/wps/bplocator/

製品情報

Licensed function title             Product group   Product
                                                    category
 
IBM Rational Application Developer  Design and      Design and
 for WebSphere Software              Construction    Construction
IBM Rational Business Developer     Design and      Design and
                                     Construction    Construction
IBM Rational Developer for System   Rational Other  Rational for
 z                                                   System z Tools
IBM Rational Developer for the      Rational for    Rational for
 Enterprise                          System z Tools  System z Tools

Program name                          PID        Charge unit
                                      number     description
 
IBM Rational Application Developer    5724-J19   Per Authorized
 for WebSphere Software                           User
IBM Rational Application Developer    5724-J19   Per Authorized
 for WebSphere Software                           User for System
                                                  z
IBM Rational Application Developer    5724-J19   Per Floating
 for WebSphere Software                           User Single
                                                  Install
IBM Rational Application Developer    5724-J19   Per Floating
 for WebSphere Software                           User Single
                                                  Install for
                                                  System z
IBM Rational Business Developer       5724-S50   Per Floating
                                                  User for System
                                                  z
IBM Rational Business Developer       5724-S50   Per Floating
                                                  User
IBM Rational Business Developer       5724-S50   Per Authorized
                                                  User
IBM Rational Business Developer       5724-S50   Per Authorized
                                                  User for System
                                                  z
IBM Rational Developer for System z 5724-T07   Per Floating
                                                  User Single
                                                  Install
IBM Rational Developer for System z 5724-T07   Per Authorized
                                                  User
IBM Rational Developer for the        5725-K78   Per Authorized
 Enterprise                                       User
IBM Rational Developer for the        5725-K78   Per Authorized
 Enterprise                                       User for System
                                                  z
IBM Rational Developer for the        5725-K78   Per Floating
 Enterprise                                       User Single
                                                  Install
IBM Rational Developer for the        5725-K78   Per Floating
 Enterprise                                       User Single
                                                  Install for
                                                  System z

課金単位の説明

許可ユーザー

許可ユーザーは、プログラムのライセンス交付を受けるための測定単位です。許可ユーザーとは、プログラムへのアクセス権を付与された個人をいいます。プログラムは任意の数のコンピューターまたはサーバーにインストールすることができ、各許可ユーザーはプログラムの任意の数のインスタンスに同時にアクセスできます。ライセンス所有者は、任意の手段を介して、そのプログラムに直接的または間接的に (例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバー経由で) アクセスする許可ユーザーごとに個別の専用ライセンスを取得する必要があります。許可ユーザー・ライセンスはその許可ユーザーに固有のものであり、共有することはできません。また、別の個人に永続的に移転する場合を除き、再割り当てすることはできません。

注: プログラムによっては、デバイスをユーザーと見なしてライセンスが交付されるものがあります。その場合、以下が適用されます。「プログラム」から一組のコマンド、プロシージャー、またはアプリケーションの実行を要求する、またはその実行を受信するコンピューティング・デバイス、あるいはそうでなければ「プログラム」によって管理されるコンピューティング・デバイスはプログラムの別々のユーザーとみなされ、そのデバイスが人間として扱われるため、ライセンスが必要となります。

フローティング・ユーザー単一セッション

フローティング・ユーザー単一セッションは、プログラムのライセンス交付を受けるための測定単位です。フローティング・ユーザーは、特定の時点でプログラムにアクセスしているユーザーをいいます。そのユーザーが同一のコンピューターまたは複数のコンピューターのいずれかで、プログラムに同時に複数回アクセスしている場合、個々の同時アクセスは別個のフローティング・ユーザーとしてカウントされます。プログラムは任意の数のコンピューターまたはサーバーにインストールすることができますが、ライセンス所有者はプログラムの最大数の同時フローティング・ユーザーに対してライセンスを取得する必要があります。ライセンス所有者は、何らかの手段で直接的または間接的に (例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバー経由で) プログラムに同時にアクセスするフローティング・ユーザーごとにライセンスを取得する必要があります。

注: プログラムによっては、デバイスをユーザーと見なしてライセンスが交付されるものがあります。その場合は、以下のことが適用されます。「プログラム」から一組のコマンド、プロシージャー、またはアプリケーションの実行を要求する、またはその実行を受信するコンピューティング・デバイス、あるいはそうでなければ「プログラム」によって管理されるコンピューティング・デバイスはプログラムの別々のユーザーとみなされ、そのデバイスが人間として扱われるため、ライセンスが必要となります。

フローティング・ユーザー

フローティング・ユーザーは、プログラムのライセンス交付を受けるための測定単位です。フローティング・ユーザーは、特定の時点でプログラムにアクセスしているユーザーをいいます。「インストール」は、コンピューター上で実行するように使用可能にされた物理または仮想ディスク上の「プログラム」のインストール済みコピーです。プログラムは任意の数のコンピューターまたはサーバーにインストールできますが、フローティング・ユーザーがプログラムの複数のインストールに同時アクセスする場合、フローティング・ユーザーには、そのインストールごとの別個のライセンスが必要となります。ライセンス所有者は、何らかの手段で各インストール上のプログラムに直接的または間接的に (例えば、多重化プログラム、デバイス、またはアプリケーション・サーバーを介して) 同時アクセスするフローティング・ユーザーごとに、別個のライセンスを取得する必要があります。

注: プログラムによっては、デバイスをユーザーと見なしてライセンスが交付されるものがあります。その場合は、以下のことが適用されます。「プログラム」から一組のコマンド、プロシージャー、またはアプリケーションの実行を要求する、またはその実行を受信するコンピューティング・デバイス、あるいはそうでなければ「プログラム」によって管理されるコンピューティング・デバイスはプログラムの別々のユーザーとみなされ、そのデバイスが人間として扱われるため、ライセンスが必要となります。

パスポート・アドバンテージ のプログラム・ライセンス

IBM Rational Business Developer

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Business Developer
Ratl Business Developer Per Authorized User Annual SW    E03SULL
 S&S Rnwl
Ratl Business Developer Per Authorized User Initl FT     D610CLL
 Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Authorized User Lic + SW     D6105LL
 S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Authorized User SW S&S       D6106LL
 Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Per Authorized User Subsq FT     E03SYLL
 Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Floating User Annual SW S&S  E03STLL
 Rnwl
Ratl Business Developer Per Floating User Initl FT       D0BJ6LL
 Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Floating User Lic + SW S&S   D6103LL
 12 Mo
Ratl Business Developer Per Floating User SW S&S         D6104LL
 Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Per Floating User Subsq FT       E0823LL
 Lic+S&S 12 Mo

IBM Rational Business Developer Extension for VSE

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Business Developer Extension for VSE
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User Annual SW  E0669LL
 S&S Rnwl
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User Lic + SW   D07A4LL
 S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User SW S&S     D07A5LL
 Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Floating User        E0667LL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Business Developer Ext for VSE Floating User Lic +  D07A0LL
 SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Floating User SW     D07A1LL
 S&S Reinstate 12 Mo

IBM Rational Developer for System z

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Developer for System z
RDz Per Authorized User for System z Annual SW S&S Rnwl  E0DWPLL
RDz Per Authorized User for System z Initl FT Lic+S&S    D0PZJLL
 12 Mo
RDz Per Authorized User for System z Lic + SW S&S 12 Mo  D0PZBLL
RDz Per Authorized User for System z SW S&S Reinstate    D0PZCLL
 12 Mo
RDz Per Authorized User for System z Subsq FT Lic+S&S    E0DWRLL
 12 Mo
RDz Per Floating User Single Inst for System z Annual    E0DWQLL
 SW S&S Rnwl
RDz Per Floating User Single Inst for System z Initl FT  D0PZKLL
 Lic+S&S 12 Mo
RDz Per Floating User Single Inst for System z Lic + SW  D0PZELL
 S&S 12 Mo
RDz Per Floating User Single Inst for System z SW S&S    D0PZFLL
 Reinstate 12 Mo
RDz Per Floating User Single Inst for System z Subsq FT  E0DWSLL
 Lic+S&S 12 Mo

IBM Rational Developer for the Enterprise

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Developer for the Enterprise
IBM RDE Per Authorized User Annual SW S&S Rnwl           E0HNLLL
IBM RDE Per Authorized User Lic + SW S&S 12 Mo           D0ZQ9LL
IBM RDE Per Authorized User SW S&S Reinstate 12 Mo       D0ZQDLL
IBM RDE Per Floating User Single Inst Annual SW S&S      E0HNNLL
 Rnwl
IBM RDE Per Floating User Single Inst Initl FT Lic+S&S   D0ZRILL
 12 Mo
IBM RDE Per Floating User Single Inst Lic + SW S&S 12    D0ZQBLL
 Mo
IBM RDE Per Floating User Single Inst SW S&S Reinstate   D0ZQFLL
 12 Mo
IBM RDE Per Floating User Single Inst Subsq FT Lic+S&S   E0HNQLL
 12 Mo

IBM Rational Application Developer for WebSphere Software

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Application Developer for WebSphere
 Software
Ratl Application Dev for WebSphere SW Auth User Annual   E01MJLL
 SW S&S Rnwl
Ratl Application Dev for WebSphere SW Auth User Initl    D54SDLL
 FT Lic + SW S&S 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW Auth User Lic +    D54N4LL
 SW S&S 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW Auth User Subsq    D54SELL
 FT Lic + SW S&S 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW AuthUsr SW S&S     D54N5LL
 Reinstate 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW FU SnglInst SW     D54NCLL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW FltUser SnglInst   E01MKLL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Application Dev for WebSphere SW FltUser SnglInst   D54NBLL
 Lic + SW S&S 12 Mo

パスポート・アドバンテージ ・トレードアップ・ライセンス

IBM Rational Business Developer

Precursor product           Trade-up product            Trade-up
                                                        part
                                                        number
 
IBM Rational Business
 Developer
VaGen or Informix 4GL       Ratl Bus Dev AthUsr from    D6114LL
                             VAGen or Informix 4GL
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer     Ratl Bus Dev FltUsr fr      D6115LL
 Authorized User(s)          Ratl Bus Dev Ext AthUsr
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo

IBM Rational Developer for System z

Precursor product           Trade-up product            Trade-up
                                                        part
                                                        number
 
IBM Rational Developer for
 System z
IBM Rational Developer for  RDi RPG COBOL +MT JE FUSI   D11PRLL
 i RPG & COBOL Tools         TUF RPG COBOL Tools FUSI
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
Competitive User            RDz Per AU for System z D0PZDLL
                             tradeup from Competitor
                             Trade Up Lic + SW S&S 12
                             Mo
IBM Rational Developer for  RDz Per FUSI for System z D0PZGLL
 System z trade up from RDz AU Trade
                             Up Lic + SW S&S 12 Mo

IBM Rational Developer for the Enterprise

Precursor product           Trade-up product            Trade-up
                                                        part
                                                        number
 
IBM Rational Developer for
 the Enterprise
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Authorized      D0ZQKLL
 AIX and Linux AIX COBOL     User Trade Up Lic + SW S&S
 Edition Authorized User     12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Authorized      D0ZQMLL
 System z Authorized User    User Trade Up Lic + SW S&S
                             12 Mo
Competitor                  IBM RDE Per Authorized      D0ZRELL
                             User Trade Up Lic + SW S&S
                             12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Authorized      D0ZQHLL
 Developer for WebSphere User Trade Up Lic + SW S&S
 Software Authorized User    12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Authorized      D0ZQILL
 Developer Authorized User   User Trade Up Lic + SW S&S
                             12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Authorized      D0ZQJLL
 AIX and Linux C/C++Edition  User Trade Up Lic + SW S&S
 Authorized User             12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Floating User   D0ZR2LL
 System z Floating User      Single Inst Trade Up Lic +
 Single Install              SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Floating User   D0ZR3LL
 the Enterprise Authorized   Single Inst Trade Up Lic +
 User                        SW S&S 12 Mo
Competitor                  IBM RDE Per Floating User   D0ZRGLL
                             Single Inst Trade Up Lic +
                             SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Floating User   D0ZR0LL
 AIX and Linux AIX COBOL     Single Inst Trade Up Lic +
 Edition FU                  SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Floating User   D0ZQXLL
 Developer for WebSphere Single Inst Trade Up Lic +
 Software FU                 SW S&S 12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Floating User   D0ZQYLL
 Developer FU                Single Inst Trade Up Lic +
                             SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Floating User   D0ZQZLL
 AIX and Linux C/C++Edition  Single Inst Trade Up Lic +
 FU                          SW S&S 12 Mo

Rational Application Developer

Precursor product           Trade-up product            Trade-up
                                                        part
                                                        number
 
IBM Rational Application
 Developer for WebSphere
 Software
Competitive Products A      RAD Auth Usr from           D54N8LL
                             Competitive (List 1) Trdup
                             Lic + SW S&S 12 Mo
Competitive Products B      RAD Auth Usr from           D54N9LL
                             Competitive (List 2) Trdup
                             Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    RAD Auth Usr from Rose Dev  D54N6LL
 Developer Standard Edition  for Java Auth Usr Trdup
 for WebSphere Lic + SW S&S 12 Mo
Rational Rose Developer     RAD Auth Usr from WSSD Usr  D54N7LL
 for Java or RWD Auth Usr Trdup Lic
                             + SW S&S 12 Mo
Competitive Products A      RAD FloatUser Single        D54NELL
                             Install from RWD Flt Usr
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    RAD FltUsr SingleInstall    D54NZLL
 Developer Standard Edition  from Competitive Products
 for WebSphere Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
Rational Rose Developer     RAD FltUsr SnglInst from    D54NFLL
 for Java WSAD User or RAD Ath User
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
RWD Floating User           RAD FltUsr SnlInst from     D54NDLL
                             Rose Dev for Java Flt Usr
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
WSSD Usr or RWD Auth Usr    Ratl App Dev for WebSphere D0DZPLL
                             AuthUser from RAD SE AU
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
WSAD User or RAD            Ratl App Dev for WebSphere D0DZNLL
 Authorized User             FU SnglInst from RAD SE
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo

パスポート・アドバンテージ による提供

Program name/description                                 Part
                                                         number
 
IBM RDE V9.1.0
IBM RATIONAL DEVELOPER FOR THE ENTERPRISE V9.1 MEDIA     BT0LDML
 PACK MP ML
RDz V9.1.0
IBM RATIONAL DEVELOPER FOR SYSTEM Z V9.1 MEDIA PACK MP   BT0LCML
 ML
Ratl Application Developer V9.1.0
IBM Rational Application Developer for WS Software V9.1  BT0L8ML
 MP ML Media Pack
Ratl Business Developer V9.1.0
IBM RATIONAL BUSINESS DEVELOPER V9.1 MEDIA PACK MP ML    BT0LBML

パスポート・アドバンテージ のお客様の場合: メディア・パックの使用許諾

リストされている製品のメンテナンスまたはサブスクリプションが有効であるお客様は、対応するメディア・パックを受け取る資格があります。 

Ratl Business Developer V9.1.0

Entitled maintenance        Media packs description     Part
offerings description                                   number
 
IBM Rational Business       IBM RATIONAL BUSINESS       BT0LBML
 Developer Authorized User   DEVELOPER V9.1 MEDIA PACK
                             MP ML
IBM Rational Business       IBM RATIONAL BUSINESS       BT0LBML
 Developer Floating User     DEVELOPER V9.1 MEDIA PACK
                             MP ML
IBM Rational Business       IBM RATIONAL BUSINESS       BT0LBML
 Developer for System z per  DEVELOPER V9.1 MEDIA PACK
 Authorized User             MP ML
IBM Rational Business       IBM RATIONAL BUSINESS       BT0LBML
 Developer for System z per  DEVELOPER V9.1 MEDIA PACK
 Floating User               MP ML

Ratl Application Developer V9.1.0

Entitled maintenance        Media packs description     Part
offerings description                                   number
 
IBM Rational Application    IBM Rational Application    BT0L8ML
 Developer for WebSphere Developer for WS Software
 Software Authorized User    V9.1 MP ML Media Pack
IBM Rational Application    IBM Rational Application    BT0L8ML
 Developer for WebSphere Developer for WS Software
 Software Authorized User    V9.1 MP ML Media Pack
 for System z
IBM Rational Application    IBM Rational Application    BT0L8ML
 Developer for WebSphere Developer for WS Software
 Software Floating User      V9.1 MP ML Media Pack
 Single Install
IBM Rational Application    IBM Rational Application    BT0L8ML
 Developer for WebSphere Developer for WS Software
 Software Floating User      V9.1 MP ML Media Pack
 Single Install for System
 z

IBM RDE V9.1.0

Entitled maintenance        Media packs description     Part
offerings description                                   number
 
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LDML
 the Enterprise per          THE ENTERPRISE V9.1 MEDIA
 Authorized User             PACK MP ML
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LDML
 the Enterprise per          THE ENTERPRISE V9.1 MEDIA
 Authorized User for System  PACK MP ML
 z
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LDML
 the Enterprise per          THE ENTERPRISE V9.1 MEDIA
 Floating User Single        PACK MP ML
 Install
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LDML
 the Enterprise per          THE ENTERPRISE V9.1 MEDIA
 Floating User Single        PACK MP ML
 Install for System z

RDz V9.1.0

Entitled maintenance        Media packs description     Part
offerings description                                   number
 
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LCML
 System z per Authorized     SYSTEM Z V9.1 MEDIA PACK
 User for System z MP ML
IBM Rational Developer for  IBM RATIONAL DEVELOPER FOR  BT0LCML
 System z per Floating User  SYSTEM Z V9.1 MEDIA PACK
 Single Install for System   MP ML
 z

クロスプラットフォーム製品

System z 上で使用するためのクロスプラットフォーム製品

この製品を使用して System z サーバーにデプロイするコードを開発する場合、またはこの製品で分散サーバーと System z サーバーの間の通信またはデータ転送を行う場合は、以下のパーツ番号で発注をしてください。それ以外の場合は、本発表レター上の他のパーツ番号で発注してください。これらのパーツ番号は、本発表レター上の他の番号と同じ機能と権限を提供します。

IBM Rational Business Developer

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Business Developer
Ratl Business Developer Per Auth.User for System z E03SWLL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Business Developer Per Auth.User for System z D0BJ8LL
 Initl FT Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Auth.User for System z Lic   D6109LL
 + SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Auth.User for System z SW    D610ALL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Per Auth.User for System z E0825LL
 Subsq FT Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Float.User for System z E03SVLL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Business Developer Per Float.User for System z D0BJ7LL
 Initl FT Lic+S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Float.User for System z Lic  D6107LL
 + SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Per Float.User for System z SW   D6108LL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Per Float.User for System z E0824LL
 Subsq FT Lic+S&S 12 Mo

IBM Rational Business Developer Extension for VSE

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Business Developer Extension for VSE
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User Sys z SW   D07A3LL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User System z E0668LL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Auth User System z D07A2LL
 Lic + SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Float User Sys z SW  D079RLL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Floating User Sys z  D079QLL
 Lic + SW S&S 12 Mo
Ratl Business Developer Ext for VSE Floating User Sys z  E0662LL
 Annual SW S&S Rnwl

IBM Rational Application Developer for WebSphere Software

Part description                                         Part
                                                         number
 
IBM Rational Application Developer for WebSphere
 Software
Ratl Application Dev for WebSphere SW AU for zSer        E035NLL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Application Dev for WebSphere SW AU for zSer Lic +  D59WCLL
 SW S&S 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW AU for zSer SW     D59WDLL
 S&S Reinstate 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW FU SI Sysz SW S&S  D59WBLL
 Reinstate 12 Mo
Ratl Application Dev for WebSphere SW FU SnglInst Sysz   E035MLL
 Annual SW S&S Rnwl
Ratl Application Dev for WebSphere SW FU SnglInst Sysz   D59WALL
 Lic + SW S&S 12 Mo

System z IFL エンジンおよび/または zEnterprise® BladeCenter® Extension 上で使用するためのクロスプラットフォーム製品

この製品を zEnterprise BladeCenter Extension、または System z IFL エンジンの Linux オペレーティング・システム (またはその両方) で実行する場合は、以下のパーツ番号で発注してください。この製品をこれらの環境で実行しない場合は、本発表レター上の別のパーツ番号のセットで発注してください。 これらのパーツ番号は、本発表レター上の他の番号と同じ機能と権限を提供します。

クロスプラットフォーム製品用のトレードアップ・ライセンス

IBM Rational Developer for the Enterprise

Precursor product           Trade-up product            Part
                                                        number
 
IBM Rational Developer for
 the Enterprise
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQVLL
 System z Authorized User    System z Trade Up Lic + SW
                             S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQTLL
 AIX and Linux AIX COBOL     System z Trade Up Lic + SW
 Edition Authorized User     S&S 12 Mo
Competitor                  IBM RDE Per Auth.User for   D0ZRFLL
                             System z Trade Up Lic + SW
                             S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQWLL
 System z Authorized User    System z Trade Up Lic + SW
 for System z S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQSLL
 AIX and Linux C/C++         System z Trade Up Lic + SW
 Edition Authorized User     S&S 12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQPLL
 Developer for WebSphere System z Trade Up Lic + SW
 Software AU for System z S&S 12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQNLL
 Developer for WebSphere System z Trade Up Lic + SW
 Software Authorized User    S&S 12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQRLL
 Developer Authorized User   System z Trade Up Lic + SW
 for System z S&S 12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Auth.User for   D0ZQQLL
 Developer Authorized User   System z Trade Up Lic + SW
                             S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Float User      D0ZRCLL
 System z Floating User      Sngl In Systemz Trade Up
 Single Install for System   Lic + SW S&S 12 Mo
 z
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Float User      D0ZR9LL
 AIX and Linux AIX COBOL     Sngl In Systemz Trade Up
 Edition FU                  Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Float User      D0ZRDLL
 the Enterprise Authorized   Sngl In Systemz Trade Up
 User for System z Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Float User      D0ZRBLL
 System z Floating User      Sngl In Systemz Trade Up
 Single Install              Lic + SW S&S 12 Mo
Competitor                  IBM RDE Per Float User      D0ZRHLL
                             Sngl In Systemz Trade Up
                             Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Float User      D0ZR5LL
 Developer for WebSphere Sngl In Systemz Trade Up
 Software FU Sys z           Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    IBM RDE Per Float User      D0ZR4LL
 Developer for WebSphere Sngl In Systemz Trade Up
 Software FU                 Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Float User      D0ZR6LL
 Developer FU                Sngl In Systemz Trade Up
                             Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Developer for  IBM RDE Per Float User      D0ZR8LL
 AIX and Linux C/C++Edition  Sngl In Systemz Trade Up
 FU                          Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Business       IBM RDE Per Float User      D0ZR7LL
 Developer FU for System z Sngl In Systemz Trade Up
                             Lic + SW S&S 12 Mo

Rational Application Developer

Precursor product           Trade-up product            Part
                                                        number
 
IBM Rational Application
 Developer for WebSphere
 Software
Competitive Products A      RAD Auth Usrz from          D59WKLL
                             Competitive (List 1) Trdup
                             Lic + SW S&S 12 Mo
Competitive Products B      RAD Auth Usrz from          D59WLLL
                             Competitive (List 2) Trdup
                             Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    RAD Auth Usrz from Rose     D59WILL
 Developer Standard Edition  Dev Java Auth Usr Trdup
 for WebSphere Lic + SW S&S 12 Mo
Rational Rose Developer     RAD Auth Usrz from WSSD     D59WJLL
 for Java Auth Usr or RWD Auth Usr
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
Competitive Products A      RAD FU SnglInst Sysz frm    D59WELL
                             Rose Dev for Java Flt Usr
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
IBM Rational Application    RAD FU SnglInst Sysz from   D59WHLL
 Developer Standard Edition  Competitive Trdup Lic + SW
 for WebSphere S&S 12 Mo
Rational Rose Developer     RAD FU SnglInst Sysz from   D59WFLL
 for Java RWD Flt Usr Trdup Lic + SW
                             S&S 12 Mo
RWD Floating User           RAD FU SnglInst Sysz from   D59WGLL
                             WSAD or RAD Ath User Trdup
                             Lic + SW S&S 12 Mo
WSSD Usr or RWD Auth Usr    Ratl App Dev for WebSphere D0DZRLL
                             AU System z from RAD SE
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo
WSAD User or RAD            Ratl App Dev for WebSphere D0DZQLL
 Authorized User             FU SI Sysz from RAD SE
                             Trdup Lic + SW S&S 12 Mo



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
契約条件
Bottom rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

ライセンス交付

ライセンス情報文書およびライセンス証書 (PoE) を含む IBM プログラムのご使用条件は、お客様によるプログラムの使用を規定します。すべての許可使用に、PoE が必要です。

パスポート・アドバンテージ 以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (適用される場合) は、使用を許諾されるだけで、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) が含まれています。

ライセンス情報番号
Program name                              Program    LI number
                                          number
 
IBM Rational Business Developer           5724-S50   L-MEVS-9GUNQA
                                                      /
                                                      L-MEVS-9GUR2Z
IBM Rational Developer for System z 5724-T07   L-DCWN-9G7J6Y
IBM Rational Developer for the            5725-K78   L-DCWN-9G7J6Y
 Enterprise
Rational Application Developer            5724-J19   L-MCHN-9GHRH4

このプログラムのライセンス情報は、次の IBM Software License Agreement Web サイトで参照できます。

http://www.ibm.com/software/sla/sladb.nsf
限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、「プログラム」について、お客様が「プログラム」を IBM 所定の稼動環境で使用する限り、IBM 所定の仕様に合致することを保証します。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、「プログラム」の実行が中断しないこともしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されることを保証しません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様に対して、既知の「プログラム」の誤り、誤りの修正、制限事項および回避措置に関する情報を含んだ IBM データベースへのアクセスを追加料金無しで提供します。詳細については、以下の Web サイトにある「 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック」を参照してください。

http://www.ibm.com/support/handbook

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間(以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、一般出荷可能日から最低 3 年間、お客様のソフトウェア・メンテナンスが有効である限り利用することができます。この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・メンテナンスは、プログラムの更新 (モディフィケーションまたはフィックス)、リリース、およびバージョンへのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

返金保証

明確にするために、以下のことにご留意ください。なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージの適用

あり。以下の パスポート・アドバンテージ Web サイトを通じて提供されます。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

本製品は、 パスポート・アドバンテージ を介してのみ提供されます。本製品は、パッケージ製品としては提供されません。

使用制限

あり。詳細については、以下の IBM Software License Agreement Web サイトにあるライセンス情報 (LI) の文書を参照してください。

http://www.ibm.com/software/sla/sladb.nsf
ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

あり。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートは、 パスポート・アドバンテージ および パスポート・アドバンテージ・ エクスプレス を通じて購入されたライセンスに含まれています。製品アップグレードおよび技術サポートは、契約に記載されたソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれる) のオファリングによって提供されます。製品のアップグレードはお客様が使用許諾を受けているソフトウェアの最新バージョンおよびリリースを提供し、技術サポートではお客様からの音声および電子的なアクセスによるお問い合わせに対して各国の IBM サポート・センターが対応いたします。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間(公表されている基本シフト時間)内に、お客様の情報システム(IS)技術サポート担当者に対して、電話および(利用できる場合は)電子アクセスを通じて支援を提供いたします。(この支援は、お客様のエンド・ユーザーにはご利用いただけません。) IBM では、重大度 1 の支援は、通年 1 日 24 時間 週 7 日体制で提供します。詳細については、以下 Web サイトの「 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック」をご覧ください。

http://www.ibm.com/support/handbook

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外の環境でのプログラムの使用、または該当契約のもとで IBM が責任を負わない製品に起因する障害に対する支援は含まれていません。

インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約および IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ ・ エクスプレス 契約の追加情報については、次の パスポート・アドバンテージ Web サイトにアクセスしてください。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage
System i® ソフトウェア・メンテナンスの適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外

適切なセキュリティー実施について

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他のシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、セキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。 IBM では、システムおよび製品が第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けないことを保証することはできません。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
IBM エレクトロニック・サービス
Bottom rule

エレクトロニック・サービス・エージェント™ および IBM エレクトロニック・サポート Web ポータルは、迅速で、卓越したサポートを IBM システムのお客様に提供するために提供されています。 IBM エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、追加料金不要のツールで、システム・エラー、パフォーマンス問題、インベントリーなどのハードウェア・イベントをプロアクティブにモニターおよび報告します。 エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、お客様が企業の戦略的ビジネス・イニシアチブに集中し、時間を節約して、日常的な IT メンテナンス問題への対応の労力を軽減できるように支援します。このツールで使用可能になるサーバーは、追加料金なしで、 IBM サポートが 24 時間リモートでモニターします。

AIX 5.3、 AIX 6.1、および AIX 7.1 の基本オペレーティング・システムに新たに組み込まれた エレクトロニック・サービス・エージェント は、システム障害および使用状況の問題を IBM に電子的に自動報告するように設計されています。これにより、問題解決が迅速化され、可用性が向上します。 エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールが収集したシステム構成およびインベントリー情報は、セキュアなエレクトロニック・サポート Web ポータルでも表示できます。これらの情報は、お客様と IBM サポート・チームが問題の判別および解決を改善する目的で使用されます。ツールのメインメニューにアクセスするには、「smitty esa_main」と入力してから、「 Electronic Service Agent の構成」を選択します。また ESA には、強力な Web ユーザー・インターフェースが新たに組み込まれ、管理者が状況、ツール設定、問題情報、およびフィルターに簡単にアクセスできるようになりました。 エレクトロニック・サービス・エージェント の構成方法と使用方法に関する詳細情報および資料は、次の Web サイトを参照してください。

http://www.ibm.com/support/electronic

IBM エレクトロニック・サポート・ポータルは、 IBM のインターネット・サービスおよびサポートにアクセスするのに従来使用されていた複数のエントリー・ポイントに代わる、単一のインターネット・エントリー・ポイントになります。このポータルでは、技術的な問題の解決を支援するための IBM リソースに簡単にアクセスできます。My システム機能およびプレミアム検索機能により、 エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツール対応のお客様は、より簡単にシステム・インベントリーの追跡、および関連修正の検索が行えます。

メリット

アップタイムの増大: エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、ハードウェア・エラー・レポートをより迅速に提供し、システム情報を IBM サポートにアップロードすることで、保証またはメンテナンス契約を強化できるように設計されています。これにより、「症状」をモニターし、エラーを診断して、 IBM サポートに手動で電話して問題記録をオープンするという無駄な時間を短縮できます。1 日 24 時間 週 7 日のモニター機能および報告機能により、深夜にエラーが発生した場合でも、人の介入や時間外のお客様担当者に頼る必要がなくなります。

セキュリティー

エレクトロニック・サービス・エージェント ・ツールは、 IBM でのデータのモニター、報告、および保管をセキュアに行えるように設計されています。 エレクトロニック・サービス・エージェント・ ツールは、インターネット (HTTPS または VPN) またはモデムのいずれかを介してセキュアに送信します。また、お客様のサイトからの出口を一元化するゲートウェイを通じてセキュアに通信するように構成できます。通信は片方向です。 エレクトロニック・サービス・エージェント を起動しても、 IBM がお客様のシステムに侵入できるようにはなりません。システム・インベントリー情報は、 IBM のファイアウォールで保護されているセキュアなデータベースで保管されます。お客様および IBM 以外はこれを表示できません。お客様のビジネス・アプリケーションやビジネス・データが IBM に送信されることは絶対にありません。

より正確な報告

サービス・リクエストと並行して、システム情報およびエラー・ログが IBM サポートに自動的にアップロードされるため、お客様がシステム情報を探し出して送信する必要はありません。これにより、エラーの誤報告や誤診断のリスクが軽減されます。いったん IBM に送信された問題エラー・データは、データ知識管理システムを通り、その問題の記録に知識アーティクルが追加されます。

カスタマイズ・サポート

お客様は、起動中に入力された IBM ID を使用して、以下の URL にあるエレクトロニック・サポート Web サイトの「My システム」セクションおよび「プレミアム検索」セクションでシステム情報およびサポート情報を表示できます。

http://www.ibm.com/support/electronic

My システムは、 エレクトロニック・サービス・エージェント がシステムから収集した情報を使用して、導入済みのハードウェアおよびソフトウェアの価値あるレポートを提供します。レポートは、お客様の IBM ID に関連付けられているすべてのシステムについて提供されます。プレミアム検索は、検索機能と、 エレクトロニック・サービス・エージェント の情報の価値を結合し、技術サポート知識ベースの拡張検索機能を提供します。プレミアム検索、およびシステムから収集された エレクトロニック・サービス・エージェント の情報を活用することで、お客様のシステムのみに該当する検索結果を表示できます。

IBM エレクトロニック・サービスの能力の活用方法に関する詳細は、 IBM システム・サービス担当者にお問い合わせいただくか、次の Web サイトを参照してください。

http://www.ibm.com/support/electronic


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
料金
Bottom rule

パスポート・アドバンテージ

パスポート・アドバンテージに関する情報および料金については、 IBM 担当員または Software Value Plus について認定された IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。追加情報は以下のサイトでも参照できます。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

ビジネス・パートナー様向けの情報

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を入手するワークステーション・ソフトウェアのディストリビューター) の場合は、販売店のためのパスポート・アドバンテージ・オンラインにリンクして、ビジネス・パートナー向けの料金設定情報を取得できます。 IBM ID とパスワードが必要です。

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を入手するワークステーション・ソフトウェアのディストリビューター) の場合は、Web Ordering System (WOS) または Partner Sales Support Center (PSSC) にリンクすることができます。 IBM ID とパスワードが必要です。

WOS

https://www-607.ibm.com/software/partners/jp/order/wos_i/top/boot.wss

PSSC

https://www-304.ibm.com/partnerworld/mem/pat/pat_sol_ssc_jp.html

AP ディストリビューション

Country/Region                                           Announced
 
AP IOT
 ASEAN*                                                   Yes
 India/South Asia**                                       Yes
 Australia                                                Yes
 People's Republic of China                               Yes
 Hong Kong S.A.R. of the PRC                              Yes
 Macao S.A.R. of the PRC                                  Yes
 Taiwan                                                   Yes
 South Korea                                              Yes
 New Zealand                                              Yes
Japan IOT
 Japan                                                    Yes

*  Brunei Darussalam, Indonesia, Cambodia, Lao People's Democratic
   Republic, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam
** Bangladesh, Bhutan, India, Sri Lanka, Maldives, Nepal, and 
   Afghanistan

商標

IMS、Rational Team Concert、Power Systems、Power Systems Software、Jazz、POWER8 および Electronic Service Agent は、世界の多くの国における International Business Machines Corporation の商標です。

Rational、 WebSphere、System z、DB2、CICS、IBM、AIX、Passport Advantage、z/OS、DataPower、Power、zEnterprise、Worklight、VisualAge、Express、PureApplication、RequisitePro、ClearCase、CICS Explorer、Informix、BladeCenter および System i は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標です。

UNIX は、The Open Group の米国およびその他の国における登録商標です。

Windows および Microsoft は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

http://www.ibm.com/legal/jp/ja/

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/planetwide/jp/