IBM Rational Developer for i と IBM Rational Developer for AIX and Linux のバージョン 9.1 では、重要な新機能が導入されています

日本 IBM のソフトウェア発表 JP14-0234
2014 年 4 月 28 日

目次
 製品の概要 製品の概要  製品資料 製品資料
 主要前提条件 主要前提条件  技術情報 技術情報
 出荷開始予定日 出荷開始予定日  発注情報 発注情報
 製品の機能詳細 製品の機能詳細  契約条件 契約条件
 開発意向表明 開発意向表明  料金 料金
 プログラム番号 プログラム番号  AP ディストリビューション AP ディストリビューション

(2014 年 5 月 29 日修正)

「前提ソフトウェア」セクションを変更。

Top rule
ハイライト
Bottom rule

Rational® Developer for i と Rational Developer for AIX® and Linux™ のバージョン 9.1 は、重要な新機能を提供します。製品の特長は以下のとおりです。

Rational Developer for i:

Rational Developer for AIX and Linux :

IBM® Rational Developer for i と IBM Rational Developer for AIX and Linux のバージョン 9.1 のその他の重要な製品情報:

  1. Rational 統合開発環境において、許可ユーザーのアクティベーション・キットを実行する方法が変更されています。詳しくは、以下をご覧ください。
    http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27041656
  2. 一部のバージョン 9.1 製品には、利便性を目的として、サード・パーティー製のオープン・ソース・ソフトウェア・コンポーネントが現存のままの状態で含まれている場合があります。詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。
  3. Rational Application Developer for WebSphere® Software、 Rational Developer for System z® 、 Rational Business Developer、 Rational Developer for the Enterprise など、 Rational IDE ポートフォリオの他の製品のバージョン 9.1 については、対応するソフトウェア発表レター JP14-0245 (2014 年 4 月 28 日付) を参照してください。 Rational Developer for the Enterprise は、 Rational Developer for i と Rational for AIX and Linux を含む製品バンドルです。


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品の概要
Bottom rule

IBM Rational の IDE (統合開発環境) ファミリーは、DevOps (開発と運用) 手法の下で、ソフトウェアの設計、作成、評価、初期の品質保証、および保守のアクティビティーを最適化できるように設計されています。IDE は、お客様が以下のような DevOps の目標を達成できるように支援することを目的としています。

IBM Rational の IDE ファミリーは、以下のハイレベル機能を提供します。

この発表レターは、以下の 2 つの IDE 製品について記載しています。

対応するソフトウェア発表レター JP14-0245 (2014 年 4 月 28 日付) には、以下を含むその他の Rational IDE ポートフォリオ製品の V9.1 について記載されています。

Rational Developer for i には、次の 3 つのエディションがあります。

Rational Developer for i V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能の詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。

Rational Developer for i V9.1 で導入される新機能の簡単な概要については、 ハイライト セクションを参照してください。非推奨機能や除去機能に関する情報、および新機能の完全な詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。

Rational Developer for AIX and Linux には、次の 2 つのエディションがあります。

Rational Developer for AIX and Linux V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能の詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。

Rational Developer for AIX and Linux V9.1 で導入される新機能の簡単な概要については、 ハイライト セクションを参照してください。非推奨機能や除去機能に関する情報、および新機能の完全な詳細については、 製品の機能詳細 セクションを参照してください。

また、 Rational Developer for i と Rational Developer for AIX and Linux は、お客様が初期トレーニング・コストを削減できるように設計されています。IDE は、さまざまなコード・アシスト、ウィザード、コンテキスト・ヘルプなどの学習支援機能を提供します。新規採用者の多くは、これらの IDE のベースとなる Eclipse ワークベンチ環境に既に慣れ親しんでいるはずです。

これらの IDE は、サーバー接続モードとサーバー切断モードの両方において開発をサポートします。接続されている間、ツールは、サーバー・サイドのエクスプローラー・サービスやデバッガー・サービスと統合されるとともに、さまざまな Power Systems™ のオペレーティング・システムや言語用の最適化 IBM コンパイラーとも統合されます。これらは、ターゲット・プラットフォームに合わせて最適化されているアプリケーションを開発するうえで重要な役割を果たし、お客様がそれらのプラットフォームにおいて投資収益率を最大化できるように支援します。

Rational IDE は、以下を実現するプランニング、コラボレーション、および変更管理ソリューションである Rational Team Concert™ とシームレスに統合します。

これらは、以下の他の IBM DevOps およびモバイル・ソリューション・コンポーネントと組み合わせて使用できます。

IDE は、 Power Systems に合わせて最適化されている包括的な DevOps ライフサイクル・ソリューションの主要要素として機能するだけでなく、 AIX 、 IBM i、 Linux 、および Windows™ で Systems of Record を活用するセキュアなマルチチャネル (モバイル) アプリケーションの開発支援など、マルチプラットフォーム開発環境においても主要要素として機能します。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
主要前提条件
Bottom rule

詳しくは、『 前提ハードウェア 』および『 前提ソフトウェア 』のセクションを参照してください。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
出荷開始予定日
Bottom rule

各国語の出荷予定については、 各国語の出荷予定 セクションを参照してください。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品の機能詳細
Bottom rule

バージョン 9.1 に関する重要な注記:

  1. Rational 統合開発環境において、許可ユーザーのアクティベーション・キットを実行する方法が変更されています。詳しくは、以下をご覧ください。
    http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27041656
  2. これらの一部の製品には、通常、製品の所有者が製品と組み合わせて使用するサード・パーティー製のオープン・ソース・ソフトウェア・コンポーネントが部品表 (インストール可能イメージ) の一部として含まれている場合があります。これは、純粋にお客様の利便性を目的としています。これらのコンポーネントは現存のままの状態で提供され、 IBM はこれらのコンポーネントの技術サポートを提供する責任を一切負いません。これらのコンポーネントの技術サポートを提供する責任は、それらを作成するオープン・ソース・ソフトウェア・コミュニティーが負います。お客様は、それらのコミュニティーに直接技術サポートを依頼する責任を負います。また、これらのサード・パーティー・コンポーネントは、ソフトウェアのユーザー補助や国際化対応について、IBM 独自の内部規格に準拠していない場合があります (例: これらのコンポーネントが英語のみで提供される場合がある)。これらのサード・パーティー・ソフトウェアをインストールするためのサポートを提供する当該サード・パーティー・コンポーネントまたはソフトウェアとの特定の統合点を実装する社内作成ソフトウェアを IBM が提供する場合、 IBM は統合ソフトウェアまたはインストール・ソフトウェアの技術サポートを提供する責任を負います。現時点では、本発表レターの対象となる製品において、以下のサード・パーティー・コンポーネントが製品の部品表に現存のままの状態で含まれています。

Rational Developer for i のパッケージ

Rational Developer for i には、以下の 3 つのエディションがあります。

Rational Developer for i は開発者のデスクトップで稼働し、サーバー・サイドのエクスプローラー・サービスやデバッガー・サービスと統合されるとともに、サーバー・サイドの最適化 IBM i コンパイラーと統合されます。また、サーバーに接続されていない間も、多くの開発アクティビティーをサポートします。

Rational Developer for i V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能は以下のとおりです。

Rational Developer for i V9.1 の新機能

Rational Developer for i の非推奨機能

以下の機能は非推奨機能として指定され、将来のリリースで製品から除去される可能性があります。これらの機能が将来除去されることによって悪影響を受けると考えられるお客様は、 Rational クライアント・サポートにご連絡ください。それらのフィードバックが、将来の製品計画に考慮されることがあります。

Rational Developer for i の除去機能

以下の機能は既に非推奨機能として指定されており、V9.1 の時点で製品から除去されました。

Rational Developer for AIX and Linux のパッケージ

Rational Developer for AIX and Linux には、次の 2 つのエディションがあります。

Rational Developer for AIX and Linux V9.0 で提供され、V9.1 で引き続き提供される主要機能は以下のとおりです。

Rational Developer for AIX and Linux V9.1 の新機能

Rational Developer for AIX and Linux V9.1 で導入された主要な新機能は以下のとおりです。

Rational Developer for AIX and Linux の非推奨機能

両エディションにおいて、以下の機能は非推奨機能として指定され、将来のリリースで製品から除去される可能性があります。これらの機能が将来除去されることによって悪影響を受けると考えられるお客様は、 Rational クライアント・サポートにご連絡ください。それらのフィードバックが、将来の製品計画に考慮されることがあります。

Rational Developer for AIX and Linux の除去機能

以下の機能は既に非推奨機能として指定されており、V9.1 の時点で製品から除去されました。

アクセシビリティー情報

アクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている米国リハビリテーション法第 508 条の Voluntary Product Accessibility Template (VPAT) を以下の Web サイトから請求できます。

http://www.ibm.com/able/product_accessibility/index.html


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
開発意向表明
Bottom rule

IBM は、XL C/C++ および XL Fortran コンパイラーを提供し、Ubuntu Server など、最新の Linux ディストリビューションをサポートする POWER8™ テクノロジーで構築された新しい Linux のみをベースにした Power Systems を補完します。

IBM は、IDE (統合開発環境) をアップデートし、新しい Linux ディストリビューションと、 Linux のみをベースにした Power Systems 向けに計画された XL C/C++ コンパイラーをサポートする予定です。詳細:

全体的な目標として、Linux のみをベースにした Power Systems 向けに計画された XL C/C++ コンパイラーと組み合わせて使用することで、 Power Linux Systems に合わせて最適化された包括的なアプリケーションの開発、移植、および最適化ソリューションの主要要素として Rational IDE が機能できるようにする予定です。

機能、価値提案、システム要件、料金、トライアル・バージョンの利用など、統合開発環境の完全な情報については、次の Web サイトを参照してください。

http://www-03.ibm.com/software/products/en/developer

そこから目的の IDE に関する詳細情報にナビゲートしてください。

具体的な製品化の最終決定は、あくまでも IBM の技術上及び経営上の判断に基づいて行われます。今後の製品に関する情報は、IBM の製品の一般的な方向性を示すことを目的としたものであり、発注の意思決定のための判断基準の利用を意図したものではありません。今後の製品に関する情報は、いかなる資料、 コード、または機能性の提供というコミットメント、約束、または法律上の義務について 言及するものでもありません。今後の製品に関する情報は、いかなる契約にも含めることはできません。IBM 製品について記載される今後のいかなるフィーチャーまたは機能の開発、発表、および時期は、IBM の判断で決定されます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
各国語の出荷予定
Bottom rule

Rational Developer for i
 
                                Availability
Description                     date               Language

IBM Rational Developer for i    Passport           French
 RPG and COBOL Tools            Advantage:         Korean
 V9.1  (Multilingual media)      eGA May 23, 2014  Simplified Chinese
                                 pGA June 6, 2014  Spanish
                                                   Portuguese-Brazilian
                                AAS:               German
                                 June 13, 2014     Japanese
                                                   Traditional Chinese
                                                   Italian
                                                   English US
 
IBM Rational Developer for i    Passport           French
 RPG and COBOL +                Advantage:         Korean
 Modernization Tools, Java eGA May 23, 2014  Simplified Chinese
 Edition                         pGA June 6, 2014  Spanish
 V9.1  (Multilingual media)                        Portuguese-Brazilian
                                AAS:               German
                                 June 13, 2014     Japanese
                                                   Traditional Chinese
                                                   Italian
                                                   English US
 
IBM Rational Developer for i    Passport           French
 RPG and COBOL +                Advantage:         Korean
 Modernization Tools, EGL        eGA May 23, 2014  Simplified Chinese
 Edition                         pGA June 6, 2014  Spanish
 V9.1  (Multilingual media)                        Portuguese-Brazilian
                                AAS:               German
                                 June 13, 2014     Japanese
                                                   Traditional Chinese
                                                   Italian
 
Rational Developer for AIX and Linux
 
 
IBM Rational Developer for      Passport           French
 AIX and Linux C/C++ Edition    Advantage:         Korean
 V9.1  (Multilingual media)      eGA May 23, 2014  Simplified Chinese
                                 pGA June 6, 2014  Spanish
                                                   Portuguese-Brazilian
                                AAS:               German
                                 June 13, 2014     Japanese
                                                   Traditional Chinese
                                                   Italian
                                                   English US
 
IBM Rational Developer for      Passport           French
 AIX and Linux AIX COBOL        Advantage:         Korean
 Edition                         eGA May 23, 2014  Simplified Chinese
 V9.1  (Multilingual media)      pGA June 6, 2014  Spanish
                                                   Portuguese-Brazilian
                                AAS:               German
                                 June 13, 2014     Japanese
                                                   Traditional Chinese
                                                   Italian
                                                   English US
 


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
プログラム番号
Bottom rule

Program           Program
number     VRM    name
 
Passport Advantage:
 
5724-Y99   9.1    IBM Rational Developer for i
 
5725-L11   9.1    IBM Rational Developer for AIX and Linux
 
Advanced Administration System (AAS):
 
5733-RDW   9.1    IBM Rational Developer for i
 
5733-RDX   9.1    IBM Rational Developer for AIX and Linux
 

製品識別番号

Program    SWMA PID  SWMA PID
PID number number    decription
 
5733-RDW   5660-RDW  Rational Developer for i
                      N/C Registration and 1-year renewal
 
           5661-RDW  Rational Developer for i
                      1 year after license
 
           5662-RDW  Rational Developer for i
                      3-year registration
 
           5663-RDW  Rational Developer for i
                      3-year renewal
 
           5664-RDW  Rational Developer for i

Program    SWMA PID  SWMA PID
PID number number    decription

5733-RDX   5660-RDX  Rational Developer for AIX and Linux
                      N/C Registration and 1-year renewal
 
           5661-RDX  Rational Developer for AIX and Linux
                      1 year after license
 
           5662-RDX  Rational Developer for AIX and Linux
                      3-year registration
 
           5663-RDX  Rational Developer for AIX and Linux
                      3-year renewal
 
           5664-RDX  Rational Developer for AIX and Linux
                      3 year after license



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
オファリング情報
Bottom rule

製品情報は、以下の Offering Information Web サイトで入手可能です。

http://www.ibm.com/common/ssi

以下の パスポート・アドバンテージ® Web サイトもご覧ください。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
製品資料
Bottom rule

これらのプログラムに付属の出版物はありません。

IBM Publications Center

http://www.ibm.com/shop/publications/order

Publications Center は、70,000 品目のカタログと、 IBM 製品出版物およびマーケティング資料のための全世界に対する中央リポジトリーです。広範な検索機能が提供されています。発注の支払オプションとしては、クレジット・カード (米国) を使用するか、または 20 カ国でお客様番号を利用できます。さまざまなファイル形式の多数の出版物をオンラインで利用することができ、それらすべてをすべての国で無料でダウンロードできます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
技術情報
Bottom rule

所定稼働環境

前提ハードウェア

Rational Developer for i RPG and COBOL Tools V9.1

Rational Developer for i RPG and COBOL + Modernization Tools Java Edition V9.1

Rational Developer for i RPG and COBOL + Modernization Tools EGL Edition V9.1

このエディションは、 Rational Developer for i RPG and COBOL Tools V9.1 と Rational Business Developer V9.1 を含むソフトウェア・バンドルです。

Rational Developer for AIX and Linux C/C++ Edition および Rational Developer for AIX and Linux AIX COBOL Edition V9.1

前提ソフトウェア

Rational Developer for i V9.1

サーバー (IDE の接続先):

デスクトップ (IDE の稼働場所):

Rational Developer for AIX and Linux C/C++ Edition V9.1

サーバー (IDE の接続先):

デスクトップ (IDE の稼働場所):

Rational Developer for AIX and Linux AIX COBOL Edition V9.1

サーバー (IDE の接続先):

デスクトップ (IDE の稼働場所):

プログラムの仕様と所定稼働環境に関する情報は、プログラムに付属する readme ファイルなどの資料 (存在する場合)、または IBM が公開するその他の情報 (発表レターなど) に記載されています。資料やプログラムに関するその他のコンテンツは、英語以外の言語では提供されない場合があります。

制限事項

追加情報については、本発表の 契約条件 セクションの 使用制限 、または、 IBM Software License Agreement Web サイトで提供されているライセンス情報の資料を参照してください。

http://www.ibm.com/software/sla/sladb.nsf

計画情報

パッケージング

Rational Developer for i RPG and COBOL Tools V9.1

Rational Developer for i RPG and COBOL Tools+ Modernization Tools Java Edition V9.1

Rational Developer for i RPG and COBOL Tools + Modernization Tools EGL Edition V9.1

Rational Developer for AIX and Linux C/C++ Edition V9.1

Rational Developer for AIX and Linux AIX COBOL Edition V9.1

このプログラムを Web サイトからダウンロードした場合は、適用される IBM プログラムのご使用条件、および該当する場合はライセンス情報 (LI) が含まれており、これらは、当プログラムのインストール時に同意・不同意を確認するために表示されます。ライセンスおよびライセンス情報 (LI) は、将来の参照のために LICENSE.TXT などのファイル名でディレクトリーに保管されます。

セキュリティー、監査性およびコントロール

本発表の製品は、各オペレーティング・システムのセキュリティー機能および監査機能を使用します。アプリケーション・システムや通信機能でのセキュリティー機能、管理手順、および適切な制御を、評価、選択、実装することは、お客様の責任で行っていただきます。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
発注情報
Bottom rule

Product identifier
description               PID        Product group      Product category
 
IBM Rational Developer    5724-Y99   IBM Rational Enterprise
 for i                                                  Modernization
 
IBM Rational Developer    5733-RDW   IBM Rational Enterprise
 for i                                                  Modernization
 
IBM Rational Developer    5725-L11   IBM Rational Enterprise
 for AIX and Linux Modernization
 
IBM Rational Developer    5733-RDX   IBM Rational Enterprise
 for AIX and Linux Modernization
 

パスポート・アドバンテージ

 
                                                           Part
Program name/Description                                   number

IBM Rational Developer for i:
 
 
RPG and COBOL Tools AU Lic+S&S 12 Mo                       D0C5FLL
 
RPG and COBOL Tools AU Annual SW S&S Renewal               E08DBLL
 
RPG and COBOL Tools AU SW S&S Reinstatement 12 Mo          D0C5GLL
 
RPG and COBOL Tools FUSI Lic+S&S 12 Mo                     D0C5ILL
 
RPG and COBOL Tools FUSI Annual SW S&S Renewal             E08DCLL
 
RPG and COBOL Tools FUSI SW S&S Reinstatement 12 Mo        D0C5JLL
 
RPG and COBOL Tools FUSI Initial Fixed Term Lic+S&S 12 Mo  D0LJWLL
 
RPG and COBOL Tools FUSI Subseq Fixed Term Lic+S&S 12 Mo   E0CXMLL
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          D0ZN3LL
 AU Lic+S&S 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          E0HMQLL
 AU Annual SW S&S Renewal
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          D0ZNALL
 AU SW S&S Reinstatement 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          D0ZN4LL
 FUSI Lic+S&S 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          E0HMRLL
 FUSI Annual SW S&S Renewal
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          D0ZNBLL
 FUSI SW S&S Reinstatement 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          D0ZNSLL
 FUSI Initial Fixed Term Lic+S&S 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, Java Edition          E0HMXLL
 FUSI Subsequent Fixed Term Lic+S&S 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, EGL Edition           D0ZN5LL
 AU Lic+S&S 12 Mo
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, EGL Edition           E0HMSLL
 AU Annual SW S&S Renewal
 
RPG and COBOL + Modernization Tools, EGL Edition           D0ZNCLL
 AU SW S&S Reinstatement 12 Mo
 
 
IBM Rational Developer for AIX and Linux:
 
C/C++ Edition AU Lic+S&S 12 Mo                             D0ZN6LL
 
C/C++ Edition AU Annual SW S&S Renewal                     E0HMTLL
 
C/C++ Edition AU SW S&S Reinstatement 12 Mo                D0ZNDLL
 
C/C++ Edition FUSI Lic+S&S 12 Mo                           D0ZN7LL
 
C/C++ Edition FUSI Annual SW S&S Renewal                   E0HMULL
 
C/C++ Edition FUSI SW S&S Reinstatement 12 Mo              D0ZNELL
 
C/C++ Edition FUSI Initial Fixed Term Lic+S&S 12 Mo        D0ZNULL
 
C/C++ Edition FUSI Subsequent Fixed Term Lic+S&S 12 Mo     E0HMZLL
 
COBOL Edition AU Lic+S&S 12 Mo                             D0ZN8LL
 
COBOL Edition AU Annual SW S&S Renewal                     E0HMVLL
 
COBOL Edition AU SW S&S Reinstatement 12 Mo                D0ZNFLL
 
COBOL Edition FUSI Lic+S&S 12 Mo                           D0ZN9LL
 
COBOL Edition FUSI Annual SW S&S Renewal                   E0HMWLL
 
COBOL Edition FUSI SW S&S Reinstatement 12 Mo              D0ZNGLL
 
COBOL Edition FUSI Initial Fixed Term Lic+S&S 12m          D0ZNWLL
 
COBOL Edition FUSI Subseq Fixed Term Lic+S&S 12m           E0HN1LL
 

パスポート・アドバンテージ のお客様: メディア・パックのライセンス詳細

リストされている製品のメンテナンスまたはサブスクリプションが有効であるお客様は、対応するメディア・パックを受け取る資格があります。 

 
Media pack description                                        Part number
 
Rational Developer for i RPG and COBOL Tools V9.1             BA18EML
 
Rational Developer for i RPG and COBOL + Modernization        BA18FML
 Tools, Java Edition V9.1
 
Rational Developer for i RPG and COBOL + Modernization        BA18GML
 Tools, EGL Edition V9.1
 
Rational Developer for AIX and Linux C/C++ Edition V9.1       BA18HML
 
Rational Developer for AIX and Linux AIX COBOL Edition V9.1   BT0LEML
 
サプライ・フィーチャー
  
  Description                                               Feature

  Rational Developer for i RPG and COBOL                    5819
   Tools 9.1 (5733-RDW)
 
  Rational Developer for i RPG and COBOL                    5820
   + Modernization Tools, Java Edition 9.1
   (5733-RDW)
 
  Rational Developer for i RPG and COBOL                    5821
   + Modernization Tools, EGL Edition 9.1
   (5733-RDW)
 
  Rational Developer for AIX and Linux 5819
 C/C++ Edition 9.1 (5733-RDX)
 
  Rational Developer for AIX and Linux 5820
   AIX COBOL Edition 9.1 (5733-RDX)
 

課金単位

Product name                         PID        Charge metric

IBM Rational Developer for i         5733-RDW   Authorized User
 RPG and COBOL Tools
 
IBM Rational Developer for i         5733-RDW   Authorized User
 RPG and COBOL + Modernization
 Tools, Java Edition
 
IBM Rational Developer for i         5733-RDW   Authorized User
 RPG and COBOL + Modernization
 Tools, EGL Edition
 
IBM Rational Developer for AIX and   5733-RDX   Authorized User
 Linux C/C++ Edition
 
IBM Rational Developer for AIX and   5733-RDX   Authorized User
 Linux AIX COBOL Edition
 
IBM Rational Developer for i         5724-Y99   Authorized User
 RPG and COBOL Tools                            Floating User Single
                                                  Install
                                                Fixed term Floating
                                                  User Single Install
 
IBM Rational Developer for i         5724-Y99   Authorized User
 RPG and COBOL +                                Floating User Single
 Modernizaton Tools, Java Install
 Edition                                        Fixed term Floating
                                                  User Single Install
 
IBM Rational Developer for i         5724-Y99   Authorized User
 RPG and COBOL +
 Modernizaton Tools, EGL
 Edition
 
IBM Rational Developer for AIX and   5725-L11   Authorized User
 Linux C/C++ Edition                            Floating User Single
                                                 Install
                                                Fixed term Floating
                                                  User Single Install
 
IBM Rational Developer for AIX and   5725-L11   Authorized User
 Linux AIX COBOL Edition                        Floating User Single
                                                 Install
                                                Fixed term Floating
                                                  User Single Install
 


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
契約条件
Bottom rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

ライセンス交付

ライセンス情報文書およびライセンス証書 (PoE) を含む IBM プログラムのご使用条件は、お客様によるプログラムの使用を規定します。すべての許可使用に、PoE が必要です。 パスポート・アドバンテージ 以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (適用される場合) は、使用を許諾されるだけで、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) が含まれています。

ソフトウェア・メンテナンス取得契約

IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約 (Z125-6011) は、サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスとも言う) として適用されます。お客様の署名は必要ありません。

これらのプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA)、および関連するソフトウェア・メンテナンス取得契約の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。 IBM は、お客様が取得された各プログラムの初期ライセンス取得に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) を組み込んでいます。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) の初期保守期間は、更新オプション (選択可能な場合) を注文することによって延長できます。これらのプログラムには、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料と、電話によるサポート (通常の営業時間中の電話による障害サポート) ならびにサポートの有効期間中のプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスを含む拡張サポートに対する毎年の使用料が課せられます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

Rational Developer for i V9.1 の LI 番号: L-JWOG-9GNQFJ

Rational Developer for AIX and Linux V9.1 の LI 番号: L-JWOG-9GNQLM

このプログラムのライセンス情報は、次の IBM Software License Agreement Web サイトで参照できます。

http://www.ibm.com/software/sla/sladb.nsf
限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、「プログラム」について、お客様が「プログラム」を IBM 所定の稼動環境で使用する限り、IBM 所定の仕様に合致することを保証します。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、「プログラム」の実行が中断しないこともしくはその実行に誤りがないこと、または、すべての誤りが修正されることを保証しません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様に対して、既知の「プログラム」の誤り、誤りの修正、制限事項および回避措置に関する情報を含んだ IBM データベースへのアクセスを追加料金無しで提供します。詳細については、以下の Web サイトにある「 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック」を参照してください。

http://www.ibm.com/support/handbook

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間(以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、一般出荷可能日から最低 5 年間、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」とも呼ばれます) が有効である限り利用することができます。 この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンス) は、プログラムの更新 (モディフィケーションまたはフィックス)、リリース、およびバージョンへのアクセスも提供します。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有料でご利用いただけます。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。(1) IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 製品のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は、当該プログラムの最初の取得にのみ適用されます。(2) IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア製品のもとで取得されたプログラムの場合、これらの製品は、すでに取得されて使用中のプログラムに適用されるので、この条件は適用されません。

ボリューム発注 (IVO)

あり。 IBM 担当員にお問い合わせください。

IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約
パスポート・アドバンテージの適用

あり。以下の パスポート・アドバンテージ Web サイトを通じて提供されます。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage
使用制限

あり。当該情報については、 IBM Software License Agreement Web サイトにあるライセンス情報 (LI) 資料を参照してください。

http://www.ibm.com/software/sla/sladb.nsf
ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの適用

あり。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスとも呼ばれる) は、 パスポート・アドバンテージ 契約に含まれることになりました。この発表レターで発表された製品のインストールとテクニカル・サポートは、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約によって提供されます。この有料サービスは、 IBM サポート組織への音声アクセスおよび電子的アクセスを提供することにより、お客様の生産性を向上させます。

IBM では、各プログラムの初回のライセンス取得の際に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートを組み込んでいます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプションを購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間 (公表されている基本シフト時間) 内に、お客様の情報システム (IS) 技術サポート担当者に対してのみ、電話および (利用できる場合は) 電子アクセスを通じて支援を提供いたします。(この支援は、お客様のエンド・ユーザーにはご利用いただけません。) IBM は、重大度 1 の支援を 24 時間 365 日行っています。 詳細については、以下 Web サイトの「 IBM ソフトウェア・サポート・ハンドブック」をご覧ください。

http://www.ibm.com/support/handbook

ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計と開発、所定稼働環境以外でのプログラムの使用、または製品に起因しても本契約の下で IBM の責任に属さない障害に関する支援は含まれません。

パスポート・アドバンテージ 契約について詳しくは、次の パスポート・アドバンテージ Web サイトを参照してください。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

配布されたすべてのソフトウェア・ライセンスには、12 カ月間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれており、合理的に IBM ソフトウェアを取得して、すべてのライセンスにテクニカル・サポートの適応範囲が及ぶようになっています。取得の日から合計 3 年間まで適用範囲の延長を選択することもできます。

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
適切なセキュリティー実施について
Bottom rule

IT システム・セキュリティーには、企業内外からの不正アクセスの防止、検出、および対応によって、システムや情報を保護することが求められます。不適切なアクセスにより、情報の改ざん、破壊、または悪用を招くおそれがあるほか、システムが誤用された場合は他者へのシステムを攻撃してしまうおそれがあります。セキュリティーに対して包括的なアプローチをとらない IT システムや IT 製品は、完全にセキュアであるとみなすべきではなく、また単一の製品や単一のセキュリティー対策で極めて効果的に不正アクセスを防止できるものはありません。 IBM システムおよび製品は、セキュリティーに関する包括的な取り組みの一環として設計されています。これには必然的に追加の運用手順が含まれ、これを最も効果的なものとするには、他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合もあります。 IBM では、システムおよび製品が第三者の悪質な行為、および不正な行為による影響を受けないことを保証することはできません。



 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
料金
Bottom rule

ビジネス・パートナー様向けの情報

IBM ビジネス・パートナー (IBM から製品を入手するワークステーション・ソフトウェアのディストリビューター) の場合は、Web Ordering System (WOS) または Partner Sales Support Center (PSSC) にリンクすることができます。

IBM ID とパスワードが必要です。

WOS

https://www-607.ibm.com/software/partners/jp/order/wos_i/top/boot.wss

PSSC

https://www-304.ibm.com/partnerworld/mem/pat/pat_sol_ssc_jp.html

パスポート・アドバンテージ

パスポート・アドバンテージ に関する情報および料金については、 IBM 担当員または Software Value Plus について認定された IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。追加情報は以下のサイトでも参照できます。

http://www.ibm.com/software/passportadvantage

IBM グローバル・ファイナンシング

IBM グローバル・ファイナンシングは、信用資格のあるお客様が IT ソリューションを獲得するのを支援するために、競争力のある資金調達を用意しています。商品には、 IBM 、他メーカー、または他ベンダーのハードウェア、ソフトウェア、サービスを含む IT ソリューションの取得に対する融資などがあります。 オファリング (すべてのカスタマー・セグメント、すなわち小企業、中企業、および大企業用)、レート、条件、およびアベイラビリティーは、国によって異なる場合があります。お客様の地域の IBM グローバル・ファイナンシング組織にお問い合わせいただくか、以下の Web サイトをご覧ください。

http://www.ibm.com/financing

IBM グローバル・ファイナンシングのオファリングは、 IBM Credit LLC を通して (米国の場合)、またその他の IBM 子会社および部門を通して (全世界)、有資格の企業および官公庁のお客様に提供されます。レートは、お客様の信用格付け、資金調達条件、オファリングのタイプ、装置のタイプ、およびオプションに基づき、 国により異なる場合があります。その他の制限がある場合もあります。レートおよびオファリングは、予告なしに変更、拡張、または撤回される場合があります。

IBM グローバル・ファイナンシングによる資金調達は、お客様が現金および信用取引限度を保持するのに役立ち、現在の予算限度内でより多くのテクノロジー獲得を可能にし、経済的に有望な新テクノロジーの実装を促進し、決済および条件の柔軟性を提供し、プロジェクト・コストを予想利益に一致させる助けとなります。資金調達は信用資格のある全世界のお客様にご利用いただけます。

ファイナンシングの詳細については、以下の Web ページをご参照ください。

http://www.ibm.com/financing


 先頭へ戻る 先頭へ戻る
 
Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule

Country/Region             Announced

AP IOT
 ASEAN*                      Yes
 India/South Asia**          Yes
 Australia                   Yes
 People's Republic of China  Yes
 Hong Kong S.A.R of the PRC  Yes
 Macao S.A.R of the PRC      Yes
 Taiwan                      Yes
 South Korea                 Yes
 New Zealand                 Yes
Japan IOT
 Japan                       Yes
 
 *  Brunei Darussalam, Indonesia, Cambodia, Lao People's Democratic
    Republic, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam
 ** Bangladesh, Bhutan, India, Sri Lanka, Maldives, Nepal, and
    Afghanistan

商標

Power Systems、Rational Team Concert、IMS、Power Systems Software、Jazz、PureFlex、および POWER8 は、世界の多くの国における International Business Machines Corporation の商標です。

Rational、AIX、IBM、WebSphere、System z、Worklight、Passport Advantage、PartnerWorld、Express、z/OS、CICS、DB2、DataPower、Power、zEnterprise、VisualAge、ClearCase、RequisitePro、および System p は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標です。

Windows および Microsoft は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標です。

UNIX は、The Open Group の米国およびその他の国における登録商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

http://www.ibm.com/legal/jp/ja/

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

http://www.ibm.com/planetwide/jp/