z Systems 長距離カップリング

開発意向表明開発意向表明AP ディストリビューションAP ディストリビューション


Top rule
開発意向表明
Bottom rule

IBM は 2017 年に、HCA3-O LR 長距離カップリング・リンクの置き換え製品を提供する予定です。

置き換えとなる長距離カップリング・リンクは、 IBM z13™ および z13s 以降のサーバー上で出荷される予定で、 IBM® zEC12/zBC12 または以前のバージョンでは使用できません。高品質な高密度波長分割多重方式 (DWDM) デバイスにより、無中継で 10 Km および 100 Km の距離を扱う予定です。この新規リンクは、使用可能な入出力スロットを備えた PCIe I/O ドロワーを必要とする予定であり、InfiniBand 1x カップリング・リンクと同じファイバー・リンクを使用することになります。

IBM は、ハイエンド z Systems™ の1x IFB InfiniBand カップリング・リンクの HCA3-O LR ファンアウトに対するサポートを終了する予定です。

IBM z13 は、HCA3-O LR 1x IFB InfiniBand カップリング・リンクおよび HCA3-O 12x IFB InfiniBand カップリング・リンクをサポートする最後のハイエンド z Systems サーバーになります。

z Systems をご使用のお客様は、これらの InfiniBand カップリング・リンクから移行することを計画する必要があります。高速な短距離カップリング接続の場合、エンタープライズは Integrated Coupling Adapter (ICA-SR) に移行する必要があります。長距離カップリング接続の場合、エンタープライズは置き換えとなる新規の長距離カップリング・リンクに、使用可能となる時点以降にて移行する必要があります。DWDM を必要とする長距離カップリング接続の場合、エンタープライズは、置き換えが計画されている長距離カップリング・リンクに適した、望ましい DWDM ベンダーの計画を検討する必要があります。

IBM は、ミッドレンジ z Systems の 1x IFB InfiniBand カップリング・リンクの HCA3-O LR ファンアウトに対するサポートを終了する予定です。

IBM z13s は、HCA3-O LR 1x IFB InfiniBand カップリング・リンクをサポートする最後のミッドレンジ z Systems サーバーです。ミッドレンジ z Systems をご使用のお客様は、InfiniBand リンクから、置き換えとなる新規の長距離リンクが使用可能になった時点で移行することを計画する必要があります。

注: zBC12 および zEC12 は、IBM z13s 後継世代のミッドレンジ z Systems との長距離カップリング接続はサポートされない予定です。将来の接続のために、 IBM z13 、 IBM z13s、および今後のサーバー世代において置き換えとなる長距離リンクへの移行を検討する必要があります。

注: IBM z13 後継世代のハイエンド z Systems サーバーは、HCA3-O LR 1x IFB InfiniBand カップリング・リンクを引き続きサポートします。

注: 以下の SOD は、すでにハードウェア発表レター JG16-0002 で発行済みです。

ミッドレンジ z Systems の 12x IFB InfiniBand カップリング・リンクの HCA3-O Fanout に対するサポートの廃止。

IBM z13s は、HCA3-O (#0171) 12x IFB InfiniBand カップリング・リンクをサポートする最後のミッドレンジ z Systems サーバーになります。ミッドレンジ z Systems Enterprise は、高速な短距離カップリング接続のために、引き続き Integrated Coupling Adapter (ICA-SR) (#0172) に移行する必要があります。

注: zBC12 および zEC12 は、IBM z13s 後継のミッドレンジ z Systems 世代との短距離カップリング接続がサポートされていません。将来の接続のために、 IBM z13 、 IBM z13s および今後のサーバー世代における Integrated Coupling Adapter (ICA-SR) (#0172) への移行を検討する必要があります。

注: IBM z13 後継世代のハイエンド z Systems サーバーは、HCA3-O 12x IFB InfiniBand カップリング・リンクを引き続きサポートします。



Back to top

Top rule
AP ディストリビューション
Bottom rule
Country/Region Announced
AP IOT
ASEAN * あり
India/South Asia ** あり
Australia あり
香港 あり
Macao SAR of the PRC あり
Mongolia あり
New Zealand あり
People's Republic of China あり
South Korea あり
Taiwan あり
Japan IOT
Japan あり

*ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、東ティモール、およびベトナム

**バングラデシュ、ブータン、インド、モルジブ、ネパール、およびスリランカ

商標

z Systems および IBM z13 は、IBM Corporation の米国およびその他の国における商標です。

IBM は、IBM Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

その他の会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれの会社の商標またはサービス・マークです。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を保留します。この発表は情報提供のみを目的としています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM