プログラム技術サポートの変更: IBM Business Automation Workflow 19.0.0.3 および IBM Integration Designer 19.0.0.2

日本 IBM のソフトウェア発表 JP22-02522022 年 4 月 26 日付

目次
概要概要製品の詳細説明製品の詳細説明
発効日発効日プログラム番号プログラム番号


概要

Top rule

IBM® Business Automation Workflow は、情報、プロセス、およびユーザーを統合して、オンプレミスまたはクラウドでのディジタル・ワークフローの自動化を支援します。 組織は、生産性を向上し、チーム間の共同作業を改善し、ケースを解決する新しい洞察を得て、より良いビジネスの成果を推進できるワークフローを作成することができます。

2022 年 10 月 31 日付で、長期サポート・リリース (LTSR) である Business Automation Workflow 19.0.0.3 は、製品の問題に対する修正とセキュリティーの更新を終了させていただきます。アクティブ・サポート (S&S) を受けている組織は、Business Automation Workflow 21.0.3 以降にアップグレード、あるいはその後継続して LTSR サポートを受けることができます。

2023 年 3 月 31 日付けで、LTSRである IBM Integration Designer 19.0.0.2 は、製品の問題に対する修正とセキュリティーの更新を終了させていただきます。アクティブ・サポート (S&S) を受けている組織は、Integration Designer 21.0.3 以降にアップグレード、あるいはその後継続して LTSR サポートを受けることができます。

LTSR は、製品の問題に対する修正とセキュリティーの更新を発効日から最短で 2 年間行います。プログラムの問題点修正とセキュリティー更新は、最も新しい 2 つの継続的デリバリー (CD) 更新と有効なすべての LTSR に対してのみ提供されていることにご注意ください。

Business Automation Workflow 19.0.0.3 は、長期サポート・リリース (LTSR) として公表され、元のリリース日である 2019 年 12 月 12 日から有効です。詳しくは、ソフトウェア発表レターをご覧ください JP20-0144(2020 年 2 月 18 日付).

Integration Designer 19.0.0.2 長期サポート・リリース (LTSR) として公表され、元のリリース日である 2019 年 6 月 27 日から有効です。詳しくは、ソフトウェア発表レターをご覧ください。 JP21-0185(2021 年 4 月 20 日付).

有効な LTSR のリストを含む Business Automation Workflow サポート ・ライフサイクルに関する 追加情報については、 IBM Business Automation Workflow および IBM Integration Designer ソフトウェア・サポート・ライフサイクル補足契約書 の Web ページをご覧ください。

CD サポート・ライフサイクル・ポリシーの表示については、 IBM 継続的デリバリー・サポート・ライフサイクル・ポリシー の Web サイトをご参照ください。



Back to top先頭へ戻る

Effective date

Top rule

April 26, 2022

Availability within a country is subject to local legal requirements.



Back to top先頭へ戻る

製品の詳細説明

Top rule

Business Automation Workflow は、ビジネス・プロセス管理機能とケース管理機能を 1 つの統合ワークフロー・ソリューションにまとめたものです。それは、情報プロセスとユーザーを統合し、業務をあらゆる視点から確認できるようにすることで、ビジネスの成果をより上げることが可能になります。機能には以下が含まれます。

  • 統合されたプロセス管理とケース管理。タスク業務を統合し、標準化することによって優先順位付けを簡単にし、反復可能なビジネス・ワークフローにおける、プロセスとケースのそれぞれを中心とした業務同士を組み合わせ、幅広い全社的なニーズに対応します。
  • サービスの向上 ワークフローの参加者とケース労働者にシステム、情報、および分析へのアクセス権を与えることにより、組織のエンゲージメントを促進し、トランザクション・ワークフローとケース・レゾリューションを加速します。
  • 意思決定の強化。組み込まれた可視性および強力なアナリティクスを使用して、ケースを迅速に解決し、IT チームとビジネス・チームの間のコラボレーションを強化するための最善策を識別します。
  • 管理可能な初期開始コスト。低い開始コストおよびサブスクリプション・ベースの使用量モデルによってプロジェクトを小規模構成で開始してから、初期段階のプロジェクトから全社規模のプログラムにいたるまでスムーズに拡張および対応できるようにします。

Integration Designer は、サービスの呼び出しと公開を行うために統合ロジックを作成するツールを提供し、アプリケーションおよびデータを統合するビジネス・プロセスを作成します。

情報リソース:



Back to top先頭へ戻る

アクセシビリティー情報

Top rule

標準へのアクセシビリティーの準拠に関する詳細が記述されている Accessibility Compliance Reports (旧称 VPAT) (Worldwide Consortium Web Content Accessibility Guidelines、European Standard EN 301 349、および US Section 508 を含む) は、 IBM Accessibility Conformance Reports Web サイトで確認できます。



Back to top先頭へ戻る

参照情報

Top rule

IBM Business Automation Workflow の追加情報については、以下のソフトウェア発表レターを参照してください。

  • ソフトウェア発表 JP21-0226(2021 年 5 月 4 日付)
  • ソフトウェア発表 JP20-0199(2020 年 6 月 23 日付)
  • ソフトウェア発表 JP20-0087(2020 年 5 月 5 日付)
  • ソフトウェア発表 JP20-0183(2020 年 3 月 24 日付)
  • ソフトウェア発表 JP20-0144(2020 年 2 月 18 日付)
  • ソフトウェア発表 JP19-0607(2019 年 11 月 19 日付)

IBM Integration Designer の追加情報については、以下のソフトウェア発表レターを参照してください。

  • ソフトウェア発表 JP19-0298(2019 年 5 月 14 日付)
  • ソフトウェア発表 JP18-0511(2018 年 9 月 11 日付)


Back to top先頭へ戻る

プログラム番号

Top rule

Program number VRM Program name
5737-H41 19.0.0.3 IBM Business Automation Workflow
5725-C97 19.0.0.2 IBM Integration Designer
商標

IBM および PartnerWorld は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。

他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標です。

ご利用条件

お客様の国で発表されて入手可能な IBM 製品およびサービスは、その時点で有効で適用可能な標準契約、条項、条件、および料金に基づいて発注できます。 IBM は、この発表をいつでも予告なしに変更または撤回する権利を留保します。この発表はお客様の参照用としてのみ提供されています。追加のご利用条件については、次の Web サイトでご確認ください。

ご利用条件

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

IBM 製品に関する最新情報については、 IBM 担当員または販売店にお問い合わせいただくか、 IBM Worldwide Contacts ページをご覧ください。

日本 IBM