IBM は、 IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration (IBM i Merlin) により、ソフトウェア・モダナイゼーション機能を拡張します

日本 IBM のソフトウェア発表 JP22-01442022 年 5 月 3 日

Table of contents
概要概要Technical informationTechnical information
主要要件主要要件Ordering informationOrdering information
Planned availability datePlanned availability date契約条件契約条件
Program numberProgram numberPricesPrices
PublicationsPublications


ハイライト

Top rule

IBM® i Modernization Engine for Lifecycle Integration (IBM i Merlin) は、お客様が IBM i ソフトウェアを発展させるのに役立つように設計されたアプリケーション開発およびモダナイゼーションのフレームワークです。

IBM i Merlin:

  • Red Hat® OpenShift® コンテナで実行される一連のツールが含まれており、 IBM i アプリケーションのモダナイゼーションにおいてソフトウェア開発者をガイドし、支援します。
  • お客様のアプリケーションが、ハイブリッドクラウド、マルチプラット・フォームの継続的インテグレーション/継続的デリバリー (CI/CD) 実装の価値を実現できるようにします。
  • ハイブリッド・クラウド環境によりよく関与するために RESTful インターフェース接続およびエンタープライズ・メッセージ・テクノロジーを使用して、 IBM i ベースのビジネス機能とデータをサービスとして容易に公開できるようにします。
  • コンテナー内で実行され、ブラウザーを介してアクセス可能な統合開発環境 (IDE) を提供します。
  • RPG や COBOL などのネイティブの 統合言語環境® (ILE) 言語で作成された中核的なプログラム用操作 (*PGM) またはサービス・プログラム用操作 (*SRVPGM) を採用し、お客様がそれらを他の IBM i 仮想マシン (VM) に展開できる機会を提供します。


Back to topBack to top

概要

Top rule

今日の IBM i エコシステムでは、クラウド・テクノロジーの使用、DevOps と CICD プロセスの採用や、モノのインターネット (IoT) 、人工知能 (AI) などの概念を組み込むために、お客様はクラウド・テクノロジーの使用に挑んでいます。このような課題があることで、モダナイゼーションは IBM i のお客様にとって将来への必須のステップとなっています。

同時に、 IBM と業界は、ソリューション開発の未来にとってコンテナーが重要な技術の 1 つであるとして売り込んでいます。さらに、ほとんどの IBM のお客様は、お客様の戦略の一環としてハイブリッド・クラウドを使用しています。 IBM は、 IBM i Merlin の構築を通じて、 IBM i ソフトウェア開発者が DevOps、モジュール式、サービス指向の世界へ移行するタスクをより簡単に引き受けるようにするために、一連のガイドまたはパターンとして機能するコンテナー化されたアプリケーション・セットを提供します。 IBM i Merlin ツールは、お客様がオンプレミスの IT インフラストラクチャーと 1 つ以上のクラウドの組み合わせを使用することを容易にします。

IBM i Merlin の利点:

  • 統一・統合フレームワークを提供し、そこからツールを選択してソリューションを構築することができます。
  • 使いやすいグラフィカル・ユーザー・インターフェース (GUI) の提供を通じて、さまざまなツールの管理を支援します。 IBM i Merlinツール は OpenShift で実行されますが、コンテナーの管理方法の詳細は、 IBM i 上で長年作業してきたユーザーには透過的です。
  • それにより、 IBM i の運用および開発作業を支援するツールを高速にデプロイできます。
  • IBM i モダナイゼーション作業を容易にするための完全なツール・セットを提供することを目指しています。 IBM i をモダナイズするためのソフトウェア・バンドルをワンストップ・ショッピングで取得することができます。そのようなモダナイゼーションでは、プログラミング・ツール、CICD、既存のプログラムを API として公開することなどを対象としています。
  • 主に Red Hat OpenShift (OCP) on Power® をサポートしており、 Power システムへの投資を保護します。
  • 優れたエクスペリエンスと機能が利用可能なサードパーティー・ソフトウェアも備えた IBM i お客様向けのエンタープライズ・レベルのソリューションを提供します。

IBM i Merlin 使用事例:

  • DevOps および CICDの ツールおよび方法を通じてソフトウェアを開発することにより、変化するビジネス要件に対してより迅速に対応したいと考えているお客様
  • Git などの最新のソース管理エコシステムでソース・コードを管理する必要があるお客様
  • 最近の IT 技術者がより簡単に導入できる開発プラットフォームを希望する企業
  • ハイブリッド・クラウド環境に加わる必要がある既存のアプリケーションを備えた企業
  • IBM Db2® for i および既存の ILE ベースのアプリケーションに重要なデータとプロセスが実装されており、それらのアセットを REST API として公開する必要があるお客様
  • IT 環境にコンテナ・ベースのアプリケーションを組み込んでいる企業


Back to topBack to top

主要要件

Top rule

  • IBM i , Rational® Development Studio (5770-WDS)
  • Red Hat OpenShift プラットフォーム
  • IBM i 7.4 以降

詳しくは、 前提ハードウェア セクションおよび 前提ソフトウェア セクションを参照してください。



Back to topBack to top

Planned availability date

Top rule

May 20, 2022, in Passport Advantage®

Availability within a country is subject to local legal requirements.



Back to topBack to top

Program number

Top rule

Program number VRM Program name
5900-AN9 1.0.0 IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration


Back to topBack to top

Offering Information

Top rule

Product information is available on the IBM Offering Information website.

More information is also available on the Passport Advantage and Passport Advantage Express website.



Back to topBack to top

Publications

Top rule

None



Back to topBack to top

Services

Top rule

IBM Systems Lab Services

Systems Lab Services offers infrastructure services to help build hybrid cloud and enterprise IT solutions. From servers to storage systems and software, Systems Lab Services can help deploy the building blocks of a next-generation IT infrastructure to empower a client's business. Systems Lab Services consultants can perform infrastructure services for clients online or onsite, offering deep technical expertise, valuable tools, and successful methodologies. Systems Lab Services is designed to help clients solve business challenges, gain new skills, and apply best practices.

Systems Lab Services offers a wide range of infrastructure services for IBM Power servers, IBM Storage systems, IBM Z®, and IBM LinuxONE. Systems Lab Services has a global presence and can deploy experienced consultants online or onsite around the world.

For assistance, contact Systems Lab Services at ibmsls@us.ibm.com.

To learn more, see the IBM Systems Lab Services website.

IBM Consulting™

As transformation continues across every industry, businesses need a single partner to map their enterprise-wide business strategy and technology infrastructure. IBM Consulting is the business partner to help accelerate change across an organization. IBM specialists can help businesses succeed through finding collaborative ways of working that forge connections across people, technologies, and partner ecosystems. IBM Consulting brings together the business expertise and an ecosystem of technologies that help solve some of the biggest problems faced by organizations. With methods that get results faster, an integrated approach that is grounded in an open and flexible hybrid cloud architecture, and incorporating technology from IBM Research® and IBM Watson® AI, IBM Consulting enables businesses to lead change with confidence and deliver continuous improvement across a business and its bottom line.

For additional information, see the IBM Consulting website.

IBM Technology Support Services (TSS)

Get preventive maintenance, onsite and remote support, and gain actionable insights into critical business applications and IT systems. Speed developer innovation with support for over 240 open-source packages. Leverage powerful IBM analytics and AI-enabled tools to enable client teams to manage IT problems before they become emergencies.

TSS offers extensive IT maintenance and support services that cover more than one niche of a client's environment. TSS covers products from IBM and OEMs, including servers, storage, network, appliances, and software, to help clients ensure high availability across their data center and hybrid cloud environment.

For details on available services, see the Technology support for hybrid cloud environments website.

IBM Expert Labs

Expert Labs can help clients accelerate their projects and optimize value by leveraging their deep technical skills and knowledge. With more than 20 years of industry experience, these specialists know how to overcome the biggest challenges to deliver business results that can have an immediate impact.

Expert Labs' deep alignment with IBM product development allows for a strategic advantage as they are often the first in line to get access to new products, features, and early visibility into roadmaps. This connection with the development enables them to deliver First of a Kind implementations to address unique needs or expand a client's business with a flexible approach that works best for their organization.

For additional information, see the IBM Expert Labs website.

IBM Security® Expert Labs

With extensive consultative expertise on IBM Security software solutions, Security Expert Labs helps clients and partners modernize the security of their applications, data, and workforce. With an extensive portfolio of consulting and learning services, Expert Labs provides project-based and premier support service subscriptions.

These services can help clients deploy and integrate IBM Security software, extend their team resources, and help guide and accelerate successful hybrid cloud solutions, including critical strategies such as zero trust. Remote and on-premises software deployment assistance is available for IBM Cloud Pak® for Security, IBM Security QRadar®/QRoC, IBM Security SOAR/Resilient®, IBM i2®, IBM Security Verify, IBM Security Guardium®, and IBM Security MaaS360®.

For more information, contact Security Expert Labs at sel@us.ibm.com.

For additional information, see the IBM Security Expert Labs website.



Back to topBack to top

Technical information

Top rule

Specified operating environment

Hardware requirements

An IBM Power server

Software requirements
  • IBM i 7.4, or later
  • IBM i with Rational Development Studio (5770-WDS)
  • Red Hat OpenShift Platform
IBM Support

IBM Support is your gateway to technical support tools and resources that are designed to help you save time and simplify support. IBM Support can help you find answers to questions, download fixes, troubleshoot, submit and track problem cases, and build skills. Learn and stay informed about the transformation of IBM Support, including new tools, new processes, and new capabilities, by going to the IBM Support Insider.

Additional IBM support

IBM Client Engineering for Systems

Client Engineering for Systems is a framework for accelerating digital transformation. It helps you generate innovative ideas and equips you with the practices, technologies, and expertise to turn those ideas into business value in weeks. When you work with Client Engineering for Systems, you bring pain points into focus. You empower your team to take manageable risks, adopt leading technologies, speed up solution development, and measure the value of everything you do. Client Engineering for Systems has experts and services to address a broad array of use cases, including capabilities for business transformation, hybrid cloud, analytics and AI, infrastructure systems, security, and more. Contact Client Engineering for Systems at sysgarage@ibm.com.

Planning information

Packaging

This offering is delivered through the internet as an electronic download. There is no physical media.



Back to topBack to top

Ordering information

Top rule

For ordering information, consult your IBM representative or IBM Business Partner, or go to the Passport Advantage website.

This program is available only through Passport Advantage.

Passport Advantage

New part numbers

IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration (5900-AN9) introduces the following part numbers:

Part number description Part number
IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration Virtual Processor Core License + SW Subscription & Support 12 Months D091ZZX
IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration Virtual Processor Core Annual SW Subscription & Support Renewal E091YZX
IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration Virtual Processor Core SW Subscription & Support Reinstatement 12 Months D0921ZX

Charge metric

The charge metric for this licensed product can be found in the following License Information document:

Program number License Information document title License Information document number
5900-AN9 IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration L-LHIH-CDFL7G

Select your language of choice and scroll down to the Charge Metrics section. Follow-on releases, if any, may have updated terms. See the License Information documents website for more information.



Back to topBack to top

契約条件

Top rule

この発表レターに記載されている情報は、参考のため、および便宜上の目的のためにのみ提供されています。 IBM とのあらゆる取引を規定する契約条件については、 IBM プログラムのご使用条件、 IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約、および IBM ソフトウェア・メンテナンス取得契約などの該当する契約書に記載されています。

本製品は、 パスポート・アドバンテージ を介してのみ提供されます。

ライセンス交付

お客様によるプログラムの使用は、 IBM プログラムのご使用条件(ライセンス情報およびライセンス証書(PoE)を含む)により規定されます。すべての許可使用に、PoE が必要です。 パスポート・アドバンテージ 以外から提供されるパーツ番号のみの製品 (適用される場合) は、使用を許諾されるだけで、ソフトウェア・メンテナンスは含まれません。

このソフトウェア・ライセンスには、ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (ソフトウェア・メンテナンスともいう) が含まれています。

ソフトウェア・メンテナンス

このプログラムは、 IBM プログラムのご使用条件 (IPLA) の下でライセンス交付を受け、これにより、プログラムのリリースおよびバージョンへの継続的なアクセスがサポートされます。 IBM では、各プログラムの初回のライセンス取得の際に、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートを組み込んでいます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。このプログラムの使用には、プログラム使用のための一括払いのライセンス使用料と、電話によるサポート (通常の営業時間中の音声による障害サポート) およびサポートの有効期間中のプログラムの更新、リリース、およびバージョンへのアクセスを含む拡張サポートに対して毎年の更改使用料が課せられます。

ライセンス情報 (LI) の資料番号

本発表レター内のオファリングには、以下のライセンス情報資料が適用されます。

プログラム ID ライセンス情報資料タイトル ライセンス情報資料番号
5900-AN9 IBM i Modernization Engine for Lifecycle Integration (IBM i Merlin) L-LHIH-CDFL7G

後続のリリースでは、契約条件が更新される可能性があります。詳しくは、 License Information documents Web サイトを参照してください。

限定保証の適用

あり

限定保証

IBM は、本プログラムが所定稼働環境で使用されている場合に、その仕様に従って動作することを保証いたします。かかる保証は、「プログラム」の変更の加えられていない部分についてのみ適用されるものとします。 IBM は、プログラムの実行が中断されないこと、またはその実行に誤りがないこと、あるいは IBM がすべてのプログラムの欠陥を修正することを保証するものではありません。「プログラム」の使用結果については、お客様の責任とします。

IBM は、お客様がプログラムの既知の問題点、問題点の修正、制限事項および迂回処置に関する情報を含む IBM データベースに追加料金なしでアクセスできるようにしています。詳細については、 IBM サポート・ガイド を参照してください。

IBM は、「プログラム」の当初の使用権の取得者が「プログラム」を取得してから最低 1 年間 (以下「保証期間」といいます。)、この情報を提供します。

プログラム技術サポート

標準サポート

プログラム製品のバージョンまたはリリースの技術サポートは、お客様のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが有効である限り、出荷開始予定日から最低 3 年間利用できます。

この技術サポートでは、プログラム製品のインストールおよび操作に関する製品固有の作業本位の質問について、 IBM からの (電話または電子的手段による) 支援を受けることができます。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートでは、プログラムの更新 (変更または修正)、各リリースおよびバージョンへのアクセスも可能となります。サポートの終了は、発表レターによって終了の 12 カ月前までにお客様に通知されます。

終了日以降へのサポートの延長も含め、 IBM から追加の技術サポートが必要な場合は、 IBM 担当員または IBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。この延長は有償でご利用いただけます。

IBM ソフトウェア・サポート・ライフサイクル・ポリシーの追加情報については、 標準と拡張 IBM サポート・ライフサイクル・ポリシー Web サイトを参照してください。

返金保証

なんらかの理由で本プログラムに満足いただけなかった場合は、オリジナル・ライセンス所有者である場合に限り、送り状の日付から 30 日以内に本プログラムとその PoE を販売元にお返しいただければ、お支払い額を返金いたします。本プログラムをダウンロードした場合の返金のお受け取り方法につきましては、本プログラムをお買い求めの販売元にお問い合わせください。

明確にするために、以下のことにご留意ください。(1) IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は当該プログラムの取得にのみ適用されます。(2) IBM のいずれかの On/Off Capacity on Demand (On/Off CoD) ソフトウェア契約のもとで取得されたプログラムの場合、この条件は適用されません。これは、これらの契約が、お客様が既に取得されて使用中のプログラムの みに適用されるためです。

ボリューム発注 (IVO)

なし

パスポート・アドバンテージ の適用

あり。情報は、 パスポート・アドバンテージ および パスポート・アドバンテージ ・エクスプレス の Web サイトでも参照できます。

ソフトウェア・サブスクリプションおよびサポートの適用

あり。ソフトウェア・サブスクリプション&サポート (「ソフトウェア・メンテナンス」ともいう) は、 パスポート・アドバンテージ および パスポート・アドバンテージ ・エクスプレスを介してご注文いただくライセンスに含まれています。製品のアップグレードとテクニカル・サポートは、契約に記述されているとおり、ソフトウェア・サブスクリプションおよびサポート・オファリングによって提供されます。製品アップグレードでは、対象ソフトウェアの最新バージョンおよびリリースが提供され、技術サポートでは、世界中の IBM サポート組織への音声および電子アクセスが提供されます。

取得された各プログラム・ライセンスには、1 年間のソフトウェア・サブスクリプション&サポートが含まれています。 ソフトウェア・サブスクリプション&サポートの初期期間は、更新オプション (利用可能な場合) を購入することによって延長できます。

ソフトウェアのサブスクリプション&サポートの有効期間中は、お客様の通常の短期インストール作業や使用 (使用方法) についての疑問、およびコード関連の質問などについて、 IBM が支援いたします。 IBM は、お近くの IBM サポート・センターの通常の営業時間 (公表されている基本シフト時間) 内に、お客様の情報システム (IS) 技術サポート担当者に対してのみ、電話および (利用できる場合は) 電子アクセスを通じて支援を提供いたします。(この支援は、お客様のユーザーにはご利用いただけません。) IBM では、重大度 1 の支援は、通年 1 日 24 時間、週 7 日体制で提供します。詳しくは、 IBM サポート・ガイド を参照してください。ソフトウェア・サブスクリプション&サポートには、アプリケーションの設計および開発、所定稼働環境以外の環境でのプログラムの使用、または該当契約のもとで IBM が責任を負わない製品に起因する障害に対する支援は含まれていません。

作成されたお客様との契約書に別途指定されていない限り、 IBM は、 IBM が提供していないサード・パーティー製品をサポートしません。対象範囲内のサポートを受けるために IBM に連絡する場合は、必ず IBM が IBM サポート・ガイド で提供する問題判別およびその他の指示に従ってください。

インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ 契約および IBM インターナショナル・ パスポート・アドバンテージ ・エクスプレス契約の追加情報については、 パスポート・アドバンテージ および パスポート・アドバンテージ ・エクスプレス Web サイトを参照してください。

可変課金の適用

なし

教育機関向け割引の利用

適用外



Back to topBack to top

Statement of good security practices

Top rule

IT system security involves protecting systems and information through intrusion prevention, detection, and response to improper access from within and outside your enterprise. Improper access can result in information being altered, destroyed, or misappropriated or can result in misuse of your systems to attack others. Without a comprehensive approach to security, no IT system or product should be considered completely secure and no single product or security measure can be completely effective in preventing improper access. IBM systems and products are designed to be part of a regulatory compliant, comprehensive security approach, which will necessarily involve additional operational procedures, and may require other systems, products, or services to be most effective.

Important: IBM does not warrant that any systems, products, or services are immune from, or will make your enterprise immune from, the malicious or illegal conduct of any party.



Back to topBack to top

Prices

Top rule

For all local charges, contact your IBM representative.

Business Partner information

If you are an IBM Business Partner acquiring products from IBM, you may link to Passport Advantage Online for resellers where you can obtain Business Partner pricing information. An IBMid and password are required to access the IBM Passport Advantage or IBM PartnerWorld® website.

Passport Advantage

For Passport Advantage information and charges, contact your IBM representative. Additional information is also available on the Passport Advantage and Passport Advantage Express website.

IBM Global Financing

IBM Global Financing offers competitive financing to credit-qualified clients to assist them in acquiring IT solutions. Offerings include financing for IT acquisition, including hardware, software, and services, from both IBM and other manufacturers or vendors. Offerings (for all client segments: small, medium, and large enterprise), rates, terms, and availability can vary by country. Contact your local IBM Global Financing organization or go to the IBM Global Financing website for more information.

IBM Global Financing offerings are provided through IBM Credit LLC in the United States, and other IBM subsidiaries and divisions worldwide to qualified commercial and government clients. Rates are based on a client's credit rating, financing terms, offering type, equipment type, and options, and may vary by country. Other restrictions may apply. Rates and offerings are subject to change, extension, or withdrawal without notice.

Trademarks

IBM Consulting is a trademark of IBM Corporation in the United States, other countries, or both.

IBM, Integrated Language Environment, Power, Db2, Rational, Passport Advantage, IBM Z, PartnerWorld, IBM Research, IBM Watson, IBM Security, IBM Cloud Pak, QRadar, Resilient, i2, Guardium and MaaS360 are registered trademarks of IBM Corporation in the United States, other countries, or both.

Red Hat and OpenShift are registered trademarks of Red Hat Inc. in the U.S. and other countries.

The registered trademark Linux® is used pursuant to a sublicense from the Linux Foundation, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world­wide basis.

Other company, product, and service names may be trademarks or service marks of others.

Terms of use

IBM products and services which are announced and available in your country can be ordered under the applicable standard agreements, terms, conditions, and prices in effect at the time. IBM reserves the right to modify or withdraw this announcement at any time without notice. This announcement is provided for your information only. Additional terms of use are located at

Terms of use

この製品発表レターは、IBM Corporation が発表した時点での製品発表レターの抄訳です。

For the most current information regarding IBM products, consult your IBM representative or reseller, or go to the IBM worldwide contacts page

IBM Japan