1. 発表のタイプ:H/W新製品の発表
  2. カテゴリー:プリンター
  3. レター番号:IPS08091-4
  4. 発表日:20081217
  5. 更新日:20100420
  6. OfferID:5577C05; 5577D05
  7. 1章コメント履歴:[1-1]出荷開始予定日 発表日変更

InfoPrint5577 モデルC05/D05 の発表(保守サービス体系の変更)


[1]発表の概要



[1-1]製品の概要

2008年12月17日出荷開始いたしましたInfoPrint 5577モデルC05、モデルD05の保守サービス体系を
変更いたします。
詳細は[3-5]保証・保守についての章をご覧ください。

*************************************************:
本日付けで、InfoPrint 5577モデルC05、モデルD05印刷装置を発表いたします。
この印刷装置は、従来のInfoPrint 5577モデルC02、モデルD02印刷装置にSystem i とTelnet5250E(注)
によるLAN接続機能を追加したシリアルドット・マトリックスプリンターです。
本製品は、InfoPrint 5577モデルC02、モデルD02印刷装置 の後継機となる製品です。

(注)Telnet5250Eをご使用の際は、制限事項がありますので事前にお客様のご使用環境で問題のないことを
   ご確認ください。
   制限事項の詳細情報はwww.infoprint.com/jpの製品詳細ページを参照いただくか、弊社営業担当員に
   お尋ねください。 
   また、これら制限事項により運用上の問題が予想される場合はTelnet5250Eの標準サポート製品である
   5400エミュレーターII(製品番号:42R8850)のご使用をお勧めいたします。

Infoprint 5577シリーズは1985年発売以来 累計50万台以上の出荷実績を誇り20年間にわたりロング
セラーを続けるインパクトプリンターでクラス最高レベルの高速印字、複写機能、高耐久性、
多様な印刷機能、2次元シンボル(QRコード)への対応といったビジネスに欠かせない特徴を持ち、
お客様のオンデマンド・ビジネス実現に最適なプリンターです。 




InfoPrint5577 モデルC05、モデルD05印刷装置

製品番号
製品名
出荷開始予定日
5577-C05
InfoPrint 5577 モデル C05
2008年12月17日
5577-D05
InfoPrint 5577 モデル D05
2008年12月17日

その他

* RicohおよびRicohロゴは、株式会社リコーの日本およびその他の国における登録商標。
* IBMおよびIBMロゴは、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における
登録商標。
* InfoPrintは、株式会社リコーの米国およびその他の国における登録商標。
  これらの商標は商標権者からの許諾に基づき使用しています。
* InfoPrint Solutions CompanyはInfoPrint Solutions Company, LLCの米国およびその他の国における商標。
* 他の会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


[1-2]ハイライト

    • 従来のInfoPrint 5577モデルC02、モデルD02印刷装置の機能はそのままで標準でサポートしている
      イーサネット(100Base-TX/10Base-T)によるSystem iとの接続用に新たに
      Telnet5250E(注)の機能を追加しました。
      Telnet5250Eは、LAN(TCP/IP)接続でありながら、スプール管理やメッセージ表示などTwinax
      接続と変わらない使い勝手を提供します。
    • ネットワーク機能・Ethernet(100BASE-TX/ 10BASE-T) 及び USB ポートを標準搭載、
    PCやeServer等と自在な連携が可能です。
    • 用紙ハンドリングに優れたストレート・ペーパーパスを採用 特に複葉紙で安定した用紙送りを
    実現します。 
    連続紙では 前部にトラクターを装備、ミシン目カット機能で 用紙セットから 印字後の用紙の
    取り扱いが容易です。 また、複葉紙対応の自動給紙機構をオプションで用意しております。 
    • 自動紙厚調整機構により、複数の用紙を使用する場合に用紙厚の調整する手間を省き、
      適正な印字ヘッドと用紙表面との距離を適正に保ち用紙ジャム等の発生を防ぎ、
      印字品質を保ちます。
    • Infoprint 5577モデルD05は 高速印刷モードで300文字/秒 Infoprint 5577モデルC05は
      高速印刷モードで180文字/秒の印刷速度。
    • 最大複写枚数 オリジナル+7枚:5577-D05 オリジナル+5枚:5577-C05の複写を実現。

(注)Telnet5250Eをご使用の際は、制限事項がありますので事前にお客様のご使用環境で問題のないことを
   ご確認ください。
   制限事項の詳細情報はwww.infoprint.com/jpの製品詳細ページを参照いただくか、弊社営業担当員に
   お尋ねください。 
   また、これら制限事項により運用上の問題が予想される場合はTelnet5250Eの標準サポート製品である
   5400エミュレーターII(製品番号:42R8850)のご使用をお勧めいたします。


[1-3]お勧めしたいお客様


Infoprint 5577 モデルC05,D05は 5577-C02/D02の後継機です。
 斜め45度のストレートペーパーパスの採用により、特に 複写用紙について安定した用紙送りを実現して
 おります。 


[1-4]販売窓口とオーダリング情報


プリンター本体

製品番号
製品名
ダイレクト価格
(税別/円)
ダイレクト価格
(税込/円)
Jan Code
5577-C05
Infoprint 5577 モデルC05
368,000
386,400
4571297110285
5577-D05
Infoprint 5577 モデルD05
468,000
491,400
4571297110292


オプション
製品番号
製品名
ダイレクト価格
(税別/円)
ダイレクト価格
(税込/円)
Jan Code
38R5090
自動給紙機構
85,000
89,250
4968665495745
38R5090は5577-C02/D02と共通です。


製品、サービス等詳細については、弊社またはビジネス・パートナーの営業担当員にご相談ください。


[1-5]CRU(Customer Replaceable Unit)について

プリンターの構成部品の一部は、お客様にて交換できるように設計されております。このような考えに
基づいて設計された部品をCRU(お客様による交換可能部品)と呼びます。 (CRU=Customer Replaceable
Unit、以下CRU) ハードウェア障害の場合、InfoPrint障害受付 または InfoPrintサービス・センター*に
ご連絡をしていただき、故障内容を確認させていただきます。

問題判別の結果、障害箇所が一箇所に特定できその部品がCRUの場合、弊社はお客様に合意をいただ
いた上で、CRUをお客様ご自身で交換していただくために提供します
   - オンサイトサービス対象製品の場合は 弊社技術員はお客様サイトへは訪問いたしませんが 
     交換用のCRUをお送りしお客様ご自身で交換作業となります。
   - クーリエサービスの場合は弊社は交換用のCRUをお送りしお客様ご自身で交換作業となります。
     機器の引き取り・返送時間、修理時間の短縮が可能となります。

障害箇所が特定できない場合や故障部品がCRU以外の場合には、オンサイトサービス対象製品は
技術員がお客様の設置場所に お伺いして修理をいたします。 クーリエサービス対象製品は機器の
引き取り・修理・返送となります。
また、交換しました部品については弊社にご返却いただきます。(送付・返送に関わる費 用は
弊社にて負担いたします。)

*オンサイトサービス対象製品については InfoPrint障害受付へ、クーリエサービスの場合は
 InfoPrintサービス・センターへご連絡ください。 


InfoPrint障害受付
電話: 0120-726-888
受付時間: 月曜日~日曜日 00:00~24:00
InfoPrintサービス・センター
電話: 0120-197-333
受付時間: 月曜日~日曜日 09:00~18:00
(毎月第2日曜日、祝日*、12月30日~1月3日を除く)
  * 国民の祝日に関する法律の定める休日を含みます


ThinkPad ( ノートブック製品 ) 、ThinkCentre ( デスクトップ製品 ) およびその他のPC製品はLenovo社の製品です。このページはIBMおよびLenovo社のThinkPad ThinkCentreの両サイトへのリンクを含んでいます。詳細はこちら