プログラム

共創テーマ

募集概要

よくあるご質問

プログラム

あらゆる枠を超えて、お客様のデジタル変革や広く社会課題の解決に取り組む、IBM。
そして、テクノロジーとオープンイノベーションで日本発の革新的事業の創出を目指す、
スタートアップとの共創プログラムIBM BlueHub。

シード・アーリーのスタートアップとともに、AI、ブロックチェーンなど先進テクノロジーの活用や、
企業や自治体とのオープンイノベーションを通じた事業開発など様々な共創に取り組んできました。

7期目を迎える今回では、テクノロジーの進化や生活の変化に伴う、
これまでにない新たな市場の創出やお客様へのより総合的な価値の提供のため、
スタートアップとIBMが未来を構想していきます。

多岐にわたる専門性を持つIBMメンバーだけでなく、経験豊富なVCメンターも参画し、
半年間、徹底して共創に取り組むプログラムです。

共創テーマ

01. テクノロジーで社会課題を解決する

具体的な共創のイメージ

  • 自動化ロボットの導入による人手不足解消や効率化など、産業全体における課題の解決
  • 災害現場でのドローン活用など、先端テクノロジーを活用した社会全体における課題の解決
  • AIとIoTによる作業員の安全管理・健康管理など、働き方における課題の解決 など

求めるスタートアップの領域例

  • ロボティクス / ドローン / IoT / エッジコンピューティング / センシング など

IBMのケイパビリティ

  • オープンなハイブリッド・マルチクラウド戦略の推進
  • AI、ブロックチェーンなど先進テクノロジーの活用 など

村澤 賢一

村澤 賢一
テクノロジー事業本部
コグニティブアプリケーション部
事業部長

テクノロジーはここ数年で大きな進化を遂げていますが、その一方で、人間の感情や生活スタイルはその進化スピードとの適度なバランスを見つけ出すことに苦心しており、社会課題の解決スピードが新たな課題の出現に追いつけない状態が続いているかのように感じられます。 私たちCognitive Applications事業では、こうした状況から抜け出るための、SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)を進めていきたいと考えています。スタートアップ企業様と切磋琢磨し、学び合う関係を通じて、課題解決策を共に社会へと実装していくパートナーとなることを楽しみにしています。


02. 産業をアップデートする

具体的な共創のイメージ

  • 異業種を含めた外部サービス連携やデジタルチャネルなどによるプロセス改善といった金融業界のデジタル変革
  • ビッグデータ解析による疾患の早期発見や、モバイルなどを活用した利便性の高い診療システムといったヘルスケア、医療のデジタル変革 など

求めるスタートアップの領域例

  • FinTech / セキュリティ / デジタルヘルス / 遠隔医療 など

IBMのケイパビリティ

  • デジタルサービス・プラットフォームの活用
  • 各業界に精通した専門性とコンサルティング など

金子 達哉

金子 達哉
グローバル・ビジネス・サービス事業部
デジタルニューワールド推進部
シニアパートナー

Digital New World Promotionでは、テクノロジーを用いた医療・製薬分野における付加価値の創出にとどまらず、「人」に関わる課題、例えば、高齢化、労働力人口減少に伴う人材確保難という課題に取り組んでいます。昨今は病院をはじめとする医療施設向け、製薬企業向けのみでなく、中央官庁、地方自治体、保険会社などにもサービスを提供しており、その先のお客様として一般消費者がいるため、ToB向けだけでなくToC向けの領域にアプローチしているスタートアップ企業様にもぜひ応募していただき、新しい未来を描いていきたいと考えております。


03. 業務改革で企業経営にインパクトを与える

具体的な共創のイメージ

  • ローカルな慣習やルールに基づく業務アプリケーションとの連携による、基幹業務システムの価値の最大化
  • SFAと連携した通話音声解析による営業活動成果の最大化やBPO現場の定型業務へのRPA導入による更なる効率化 など

求めるスタートアップの領域例

  • SaaS / SFA・CRM / RPA・自動化 / 人事・財務  など

IBMのケイパビリティ

  • 顧客体験やデザインのコンサルティング
  • 業務改革やシステム導入のコンサルティング など

中村 健一

中村 健一
グローバル・ビジネス・サービス事業部
ワークデイプラクティスリーダー
アソシエイト・パートナー

基幹業務のデータと最新のテクノロジーの掛け合わせによる情報の大動脈を創ることが、デジタルトランスフォーメーションを進める上で喫緊の課題です。 スタートアップ企業様と共創し、グローバルスタンダードの基幹業務アプリケーションを補完する日本発の細やかなサービスを提供することで、従来のERP導入などでは達成できなかった基幹業務改革・システム刷新を大きく進める可能性があると期待しております。企業経営・業務改革に大きなインパクトを与えたいと思われているスタートアップ企業様のご応募をお待ちしております。


募集概要

応募条件

  • プロダクトやサービス、もしくはそのプロトタイプをお持ちのスタートアップ企業
  • メンバーに技術者がいる、もしくは協力が得られることが望ましい

応募期限

2021年6月30日(水)

説明会

<開催概要>

日時:2021年6月3日(木)
時間:17:00-18:00
場所:オンライン
費用:無料


<申し込みサイト>

採択までのスケジュール

first step

募集期間
4月26日~6月30日

second step

プログラム
説明会

6月3日

third step

1次選考
(書類)

7月上旬

fourth step

2次選考
(面談)

7月中旬

fifth step

結果連絡
7月下旬
 

プログラム期間

半年間

(2021年7月下旬 キックオフ~2021年12月下旬 デモデイ)

参加メリット

事業開発の支援


IBMクライアントとのオープン・イノベーションやIBMのメディアやイベントを通じて、事業開発の機会を提供することでグロースを支援

多様な専門性との共創


IBMの研究者/技術者/戦略コンサルタント/デザイナーなどが技術からビジネスまで多様な専門性・知見を活用することで課題を解決

IBMテクノロジーの無償提供


AI/WatsonやBlockchainなど様々な機能が使えるIBM Cloudや、一部製品を無償で活用することでプロダクト/サービスの機能を強化(無償枠の上限あり)

VCメンターによるメンタリング


複数のベンチャーキャピタルや外部有識者などが外部メンターとして、資金調達などの課題の解決へ向けたアドバイスを提供

採択企業とのネットワーク


プログラムの参画後、資金調達率60%を超える卒業生や同期生とのネットワークの提供

よくあるご質問

何社採択される予定ですか?

毎年5社程度採択していますが、採択企業数の上限は設けていません。

他のアクセラレータプログラムなどと同時に受けることはできますか?

はい、可能です。他の同様のプログラムと同時期に参加いただいて問題ありません。

IBM BlueHubはどのようなビジネスプラン(サービス)にフォーカスしていますか?

IBMは、あらゆる枠を超えて、お客様のデジタル変革や広く社会課題の解決に取り組んでいます。スタートアップとの共創プログラムIBM BlueHubでは、テクノロジーとオープンイノベーションで日本発の革新的事業の創出を目指しています。

IBMテクノロジーの活用は必須ですか?

必須ではありませんが、IBMテクノロジーの活用に向けて、 IBMエンジニアから先進テクノロジーの活用支援を受けることが可能です。

プログラム期間中にどのようなサポートが受けられますか?

日本IBMが複数のパートナーと協力し、事業開発、先進テクノロジー活用など様々なサポートを提供します。 ・技術からビジネスまでIBMの多様な専門性・知見を活用して、事業成長に向けた各種課題を解決できる ・IBMクライアントとの協業を通じて事業開発の機会が得られる ・無償提供されるIBMテクノロジーを活用し、短期間にプロダクト/サービスの機能を強化できる ・デモデイや関連イベントへの登壇・出展などによりプロモーションの機会が得られる

プログラムはどこで実施されますか?

隔週に1回のミィーティングは、Web/リモートでの実施を想定しています。ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大が落ち着き次第、対面での実施も検討していきます。

出資は受けられますか?

プログラムは、IBMからの出資を前提としていません。参画するベンチャーキャピタルなどから出資する可能性はありますが、別途各社の審査が必要となります。

プログラム卒業後の資金調達率はどれぐらいでしょうか?

約60%以上のスタートアップ企業様が後続の資金調達に成功しています。(2020年調査)