プログラム

共創テーマ

募集概要

よくあるご質問

プログラム

IBM BlueHubは、日本IBMが推進しているスタートアップとの共創プログラムです。

先進テクノロジーの活用支援やIBMの顧客企業とのオープンイノベーション、
ベンチャーキャピタルからのメンタリングなどを通じて、スタートアップと共に新たなビジネスの創出を目指しています。

第6期となる今回も、新たなビジネスの共創にチャレンジするスタートアップを広く募集します。

共創テーマ

01. テクノロジーで社会課題を解決する

具体的な取り組み例

  • 自動化ロボットの導入による人手不足解消や効率化など産業全体における課題の解決
  • 災害現場でのドローン活用など社会全体における課題の解決」に更新

求めるスタートアップ領域

  • ロボティクス、ドローン、IoT、エッジコンピューティング、センシング など

IBMが提供するリソース

  • AI/Watson、Blockchainなどテクノロジーの提供や、戦略コンサルティング・デザインチームなどと連携したIBMクライアントへの共同提案 など

02. 産業をアップデートする

具体的な取り組み例

  • AI+IoTを活用したスマートファクトリーへの変革
  • インダストリー4.0時代の製造業デジタルSCM改革
  • デジタル・テクノロジーによる金融ビジネス変革

求めるスタートアップ領域

  • IoT、ロボティクス、ファクトリーオートメーション、FinTech、セキュリティ など

IBMが提供するリソース

  • AI/Watson、Blockchainなどテクノロジーの提供や、金融、製造・流通などの業界別コンサルティングチームと連携したIBMクライアントへの共同提案 など

03. 業務改革で企業経営にインパクトを与える

具体的な取り組み例

  • SFAと連携した通話音声解析による営業活動成果の最大化
  • BPO現場の定型業務へのRPA導入による更なる効率化

求めるスタートアップ領域

  • SaaS、SFA/CRM、RPA/自動化、人事、財務 など

IBMが提供するリソース

  • AI/Watson、Blockchainなどテクノロジーの提供や、営業支援、人事・財務などのクラウドサービス、BPOなどの機能別コンサルティングチームと連携したIBMクライアントへの共同提案 など

募集概要

応募条件

  • 株式未上場のスタートアップ企業
    (これまでのシード/アーリーのスタートアップも含めて、広く募集しています)
  • プロダクトやサービス、もしくはそのプロトタイプがあることが望ましい
  • メンバーに技術者がいる、もしくは協力が得られることが望ましい

応募期限

2019年8月25日(日)

説明会

  第1回 第2回
<開催概要> 日時:2019年7月22日(月)
時間:18:30〜20:00
場所:東京ミッドタウン日比谷 BASE Q ホール2
費用:無料
日時:2019年8月6日(火)
時間:18:30〜20:00
場所:東京ミッドタウン日比谷 BASE Q ホール2
費用:無料
<申し込みサイト>

<開催概要>

第1回

日時:2019年7月22日(月)
時間:18:30〜20:00
場所:東京ミッドタウン日比谷 BASE Q ホール2
費用:無料

第2回

日時:2019年8月6日(火)
時間:18:30〜20:00
場所:東京ミッドタウン日比谷 BASE Q ホール2
費用:無料


<申し込みサイト>

採択までのスケジュール

first step

募集期間

7月3日〜8月25日

second step

1次選考
(書類)

8月下旬〜9月上旬

third step

2次選考
(面談)

9月上旬

fourth step

結果連絡

9月中旬

fifth step

キックオフ

10月上旬
※合宿形式予定

プログラム期間

半年間(2019年10月上旬 キックオフ ~ 2020年3月中旬 デモデイ)

参加のメリット

多様な専門性によるメンタリング


IBMの研究者、技術者、戦略コンサルタント、
デザイナーが技術からビジネスまで
多様な専門性・知見を活用することで課題を解決

事業開発の支援


IBMクライアントとのオープンイノベーションや
IBMのメディアやイベントを通じて事業開発の
機会を提供することでグロースを支援

IBMテクノロジーの無償提供


AI/WatsonやBlockchainなど様々な機能が使える
IBM Cloudや、一部製品を無償で活用することで
プロダクト/サービスの機能を強化
(無償枠の上限あり)

外部メンターによるアドバイス


複数のベンチャーキャピタルや外部有識者などが
外部メンターとして、資金調達などの課題の
解決へ向けたアドバイスを提供

よくあるご質問

Watson APIを始めIBMテクノロジーの活用は必須ですか?

必須ではありませんが、IBMの研究者、技術者が支援しますので、IBMの先進テクノロジーの活用を推奨しています。

プログラム期間中にどのようなサポートを受けられますか?

IBMや参画するベンチャーキャピタルが持つリソースやソリューション、またネットワークを提供し、事業化の推進を後押しします。

  • メンタリングや相談を随時できる環境を提供いたします
  • 必要なリソースやネットワークを紹介いたします(お約束するものではありません)
  • 隔週に1回の目安で定期ミーティングを開催し、KPI進捗確認やアドバイス提供を行います(各起業家・事業家のペースに合わせます)
  • Watsonなど様々な機能が使えるIBM Cloudや一部製品を無償で提供し、構築を支援いたします(別途プログラムへの申し込みが必要となります)

メンタリングはどこで実施されますか?

隔週のメンタリングでは、IBMのオフィス(WeWork Ginza Six・丸の内永楽ビルディング・本社など)の利用が可能です。ご参加いただく各社とメンター含め、最適な場所を設定いたします。

地方を拠点にしています。メンタリングをリモートで受けることはできますか?

はい、可能です。中間報告会やDemodayなどのタイミングでは現地参加をお願いします。

全てのメンタリングはIBMからですか?

IBMはテクニカル面及び、外部企業との協業の機会を提供します。ビジネスやファイナンスについてはベンチャーキャピタルからのメンタリングに加え、各社の状況に合わせた外部メンターを必要に応じてアサインします。

出資は受けられますか?

プログラムは、IBMからの出資を前提としていません。参画するベンチャーキャピタルなどから出資する可能性はありますが、別途各社の審査が必要となります。

他の同様のプログラムと同時に受けることはできますか?

はい、可能です。他の同様のプログラムと同時期に参加いただいて問題ありません。

何社採択される予定でしょうか?

5社の予定です。

お問い合わせはこちら

IBM BlueHubについての
お問い合わせ