マルチクラウドの管理

98%の組織が、2021年までにマルチクラウド・アーキテクチャーを採用しようと計画しています。しかし、マルチクラウド管理の戦略を持っているのは、わずか41%に過ぎません。しかし幸運にも、マルチクラウドの管理は簡単になりました。

マルチクラウドの管理

98%の組織が、2021年までにマルチクラウド・アーキテクチャーを採用しようと計画しています。しかし、マルチクラウド管理の戦略を持っているのは、わずか41%に過ぎません。しかし幸運にも、マルチクラウドの管理は簡単になりました。

マルチクラウドでのデリバリーの強化

マルチクラウドでのデリバリーの強化

オフィスで二人の同僚が並んで仕事をしています。どのクラウド・ベンダーを使用していても、IBMのツールは、彼らがクラウドを安全に管理、拡張、統合するのに役立ちます。

今日のITアーキテクチャーは、異なるデリバリー・モデルを持つさまざまなプロバイダーの複数のクラウドで構成されています。これらのクラウドには、セキュリティー、高可用性を備えた一貫性のある管理を行うことが必要です。IBMは、どこのベンダーのクラウドでも、それらを最適化するための可視性と専門知識を提供します。

マルチクラウド 環境の運用管理

急速にマルチクラウドの利用が進む中、運用管理が大きな課題となってきています。最終的にエンタープライズアプリケーションをクラウドで活用し、「運用のための運用」をなくし「クラウドを賢く使う運用」が求められるようになっています。

登録して読む:

オフィスで二人の同僚が並んで仕事をしています。どのクラウド・ベンダーを使用していても、IBMのツールは、彼らがクラウドを安全に管理、拡張、統合するのに役立ちます。

近年、マルチクラウド化が進んでいる。東京海上日動も例外ではなく、2017年には外部に委託しているサービスの総数はクラウドを含め87件まで膨れ上がっていたという。いかにして、この課題を解決したのか?

複数クラウド環境のナビゲーションは、扱いにくいことがあります。マルチクラウド・マネージャーが、正しい取り扱いを支援してくれます。

一貫性を持ってクラウドを管理

複数のクラウド・ベンダーを使用すると、アクセス、セキュリティー、コンプライアンス、コストを一貫して監視することが困難になります。IBMは、あらゆるクラウド環境でアプリケーションのパフォーマンスとコストを管理できるソリューションを提供します。パブリック・クラウドや従来型のプライベート・クラウド、あるいは複数のベンダーを組み合わせたマルチクラウドなど、クラウドのタイプを問いません。

一貫性を持ってクラウドを管理

複数クラウド環境のナビゲーションは、扱いにくいことがあります。マルチクラウド・マネージャーが、正しい取り扱いを支援してくれます。

複数のクラウド・ベンダーを使用すると、アクセス、セキュリティー、コンプライアンス、コストを一貫して監視することが困難になります。IBMは、あらゆるクラウド環境でアプリケーションのパフォーマンスとコストを管理できるソリューションを提供します。パブリック・クラウドや従来型のプライベート・クラウド、あるいは複数のベンダーを組み合わせたマルチクラウドなど、クラウドのタイプを問いません。

.