アプリケーション変革を促進

ほとんどの企業では、アプリケーションの20%しかクラウドに対応していません。残りの80%を迅速にモダナイズするにはどうすれば良いでしょうか。

アプリケーション変革を促進

ほとんどの企業では、アプリケーションの20%しかクラウドに対応していません。残りの80%を迅速にモダナイズするにはどうすれば良いでしょうか。

コンテナーを使用すると、クラウドへのアプリケーションの移行が簡単になります。パッケージングした製品をこの倉庫に運ぶより簡単です。

アプリケーションのクラウドへの移行

クラウド環境への移行は、運用面の時間短縮とパフォーマンス、ワークロードの拡張性、セキュリティーと安定性を向上させるのに役立ちます。IBMの再現性があり、安全でスケーラブルな手法により、基幹業務アプリケーションとワークロードをクラウドに移行できます。

アプリケーションのクラウドへの移行

コンテナーを使用すると、クラウドへのアプリケーションの移行が簡単になります。パッケージングした製品をこの倉庫に運ぶより簡単です。

クラウド環境への移行は、運用面の時間短縮とパフォーマンス、ワークロードの拡張性、セキュリティーと安定性を向上させるのに役立ちます。IBMの再現性があり、安全でスケーラブルな手法により、基幹業務アプリケーションとワークロードをクラウドに移行できます。

IBM Cloud上でVMwareを構築する「VMware on IBM Cloud」を採用し、環境の変化に柔軟に対応可能なハイブリッド・クラウド環境を構築

クラウド用にコア・アプリケーションをモダナイズ

クラウド用にコア・アプリケーションをモダナイズ

コア・アプリケーションの更新と最新化を求めている開発者は、必要なツールをすべてIBM Cloudで見つけることができます。

コンテナとKubernetesを使用してアプリケーションをモダナイズすると、可搬性と拡張性が大幅に高まり、簡単に複製できるようになります。IBMは、オープンソースのツールや充実したサービス・カタログ、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドにわたるアジャイルな統合を提供して、柔軟性と管理の最適なバランスを提供します

デジタル・トランスフォーメーションにコンテナが注目される理由

デジタル・トランスフォーメーションを遂げた先進企業では、クラウド活用とその特徴を活かしたコンテナ技術、そしてマイクロサービス開発手法が採用されています。また、コンテナ基盤としてはDocker、それを統合管理するKubernetesが主流となっています。
IBMはコンテナ採用の現状について調査を行いました(2017年調査)。この調査では、最も重要なソリューションと機能は何か、すぐに解決すべき重要な課題についてヒアリングを行い、コンテナ開発を採用することによってもたらされるビジネス上の利点についてまとめています。

コンテナ採用の利点 TOP3

59%
アプリケーションの品質の向上と、障害の削減

57%
アプリケーションのダウン時間の削減と関連するコストの削減

54%
従業員の生産性の向上

登録して読む:

登録して見る:

デジタル・トランスフォーメーションにコンテナが注目される理由

デジタル・トランスフォーメーションを遂げた先進企業では、クラウド活用とその特徴を活かしたコンテナ技術、そしてマイクロサービス開発手法が採用されています。また、コンテナ基盤としてはDocker、それを統合管理するKubernetesが主流となっています。
IBMはコンテナ採用の現状について調査を行いました(2017年調査)。この調査では、最も重要なソリューションと機能は何か、すぐに解決すべき重要な課題についてヒアリングを行い、コンテナ開発を採用することによってもたらされるビジネス上の利点についてまとめています。

コンテナ採用の利点 TOP3

59%
アプリケーションの品質の向上と、障害の削減

57%
アプリケーションのダウン時間の削減と関連するコストの削減

54%
従業員の生産性の向上

登録して読む:

登録して見る:

コア・アプリケーションの更新と最新化を求めている開発者は、必要なツールをすべてIBM Cloudで見つけることができます。
3人の開発者が、IBM Cloudプラットフォームを使用して、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションについて共同作業をしています。

新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの構築

クラウドネイティブ・アプリケーションは、継続的な開発とマイクロサービスを通じて、変革への過程を加速します。オープンソース・テクノロジーをもとに構築されたIBMのクラウド・プラットフォームには、幅広いクラウド・サービスのポートフォリオが用意されているため、クラウドネイティブへの対応をすぐに開始できます。

新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの構築

3人の開発者が、IBM Cloudプラットフォームを使用して、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションについて共同作業をしています。

クラウドネイティブ・アプリケーションは、継続的な開発とマイクロサービスを通じて、変革への過程を加速します。オープンソース・テクノロジーをもとに構築されたIBMのクラウド・プラットフォームには、幅広いクラウド・サービスのポートフォリオが用意されているため、クラウドネイティブへの対応をすぐに開始できます。