IBM Cloud
ゲオが抱えていた課題

「素早く顧客ニーズを知るためのデータ分析環境の追求」

ビジネス拡大を支える「思い立ったときに、すぐに確かめる」アドホック分析を活用したデータ・ドリブン・マーケティング。データのクラウド移行と、顧客ニーズを素早く分析する環境構築が求められていました。

ゲオが採用したIBM Cloudソリューション

「他社クラウドでは実現できなかった、分析ノウハウのクラウド継承」

オンプレミスで利用してたSAP アプリケーションやSQL文を変更することなく、毎月約1億レコードのデータをクラウド環境へ移行。店舗の陳列の最適化や900万人の顧客へのレコメンド強化により、一人当たりのレンタル利用額約250%増化をIBM Cloudで実現しました。

ビジネスのためのクラウド「IBM Cloud