主な強化ポイントが実現する「ビジネスのためのクラウド」

止められないシステムを持つエンタープライズにとって、可用性は最重要項目です。IBM Cloudはこうした多くのお客様のご要望にお応えし、東京の地で並外れた高可用性を実現する新たなアーキテクチャーを備え、大幅な機能強化をはたしました。

  • 高い可用性と品質を実現する「アベイラビリティー・ゾーン(AZ)」を採用
    1つのリージョンは1つまたは複数の「ゾーン」で構成されており、ゾーンは1つまたは 複数のデータセンターで構成されます。AZはダラス(US)、ワシントンDC、フランクフルト、ロンドン、シドニーの合計6リージョンでも採用されています。
  • 東京近郊に3つのゾーン(データセンター)を設置
    従来のデータセンターに新たに2つのゾーンを加え、合計3つのゾーンを東京地区に設置
  • ゾーン間のレイテンシ(通信遅延時間)は、2ms以下の低遅延

IBM Cloud の 「ゾーン」 はここが違う

「ゾーン」とは、地理的に異なる箇所に配置されたデータセンターを指しています。 東京リージョンは、3つのゾーンで構成されています。

 ゾーン(データセンター)、POP(ネットワーク・アクセス・ポイント)

  • 物理的にそれぞれ異なるデータセンターで構成されている
  • それぞれのゾーンは独立した電気系統、機器、ネットワーク機器で構成され、他のゾーンと共有しない
  • 各ゾーン間で共有された単一障害点は存在しない
  • ゾーン間は広帯域(1.2Tbps回線)・低遅延のネットワーク 複数本で接続されている
  • データセンター、サーバールーム、PODなどの物理的な境界を隠蔽し、1つのリージョンとして利用できる

 ゾーン(データセンター)、POP(ネットワーク・アクセス・ポイント)

複数のアベイラビリティー・ゾーン(AZ)でクラスタ構成するメリット

複数のAZを利用することで3つのデータセンターにまたがって構成することが可能となります。
AZは、独立した電源と冷却、そして他のゾーンから分離されたネットワーク・インフラストラクチャーを持つリージョン内で論理的かつ物理的に隔離されていて、ゾーン間の単一障害点を回避することによって耐障害性を強化します。

<従来>インターネット、ロードバランサー、APIサーバ #1(Active) 、APIサーバ #2(Active) 、APIサーバ #3(Active) 、<AZ上での構築ケース>インターネット、グローバル・ロードバランサー(Cloud Internet Services)、APIサーバ #1(Active) 、APIサーバ #2(Active) 、APIサーバ #3(Active)

また、リージョン内での高い帯域幅とゾーン間の低遅延による通信を保証し、各AZは、インフラストラクチャーからAI機能まで一貫性のあるIBM Cloudサービス群をお客様に提供します。

<従来>インターネット、ロードバランサー、APIサーバ #1(Active) 、APIサーバ #2(Active) 、APIサーバ #3(Active) 、<AZ上での構築ケース>インターネット、グローバル・ロードバランサー(Cloud Internet Services)、APIサーバ #1(Active) 、APIサーバ #2(Active) 、APIサーバ #3(Active)

  • まだある強化ポイント:さまざまな便利機能の追加
    1. 仮想サーバーの機能強化
      • 「Suspend Billing」で課金を一時停止可能に
      • 「Reserved」で1年または3年の予約で最大70%OFFに
      • 内蔵Diskがデフォルトで暗号化
    2. 仮想サーバーのラインナップの充実
    3. 物理サーバーのラインナップの充実
      • CPUラインナップに Skylake、Kaby Lakeが新たに登場
      • 不揮発性メモリ NVMe PCIe(750GBのSSD)が登場
      • GPUにV100登場
    4. オブジェクトストレージ→がますます使いやすく
      • 保管先をリージョンの中に閉じるか閉じないかが選択可能
      • コストを抑えた長期保管向き「Archive」機能搭載
      • アップロードを高速化できる「Aspera」が無料で利用可能
      • あなたのデータをあなたの鍵で暗号化する「BYOK」機能搭載

    こちらもぜひお試しください

高い可用性とスピード、そして使いやすさを兼ね備えた
「ビジネスのためのクラウド」まずはお試しください。