池澤あやか
※写真、一部文章は日経BP社のSpecialコンテンツサイトから転載

スペシャルコンテンツ

特命デベロッパー・池澤あやかが行く!「IBM Cloud」で革新的アプリをつくる方法

お客様の顔色をうかがいながら提案型営業ボット作成に挑戦します。どこまで無料のIBM Cloud ライト・アカウントを使い倒せるのか。

IBM Cloud (Bluemix) とは

IBM Cloud (Bluemix) とは

アプリケーションを構築・管理・実行するためのクラウド基盤。インフラストラクチャー機能も統合し、ハイブリットクラウドによるイノベーションを実現するための最適なクラウド・プラットフォームです。

IBM Cloud にインフラストラクチャーの機能追加によるメリットは? ブログをチェック

アプリケーション開発を思い通りの方法で

Cloud Foundry, Docker, OpenStack, OpenWhiskの4つのテクノロジーから選んで、思い通りにアプリケーションが作れる。

CLOUD FOUNDRY
docker
openstack
openwhisk

たった30秒でできる、スピーディーな環境構築

好きな言語環境を選び、アプリケーション名を付けて、インスタンス数、メモリ容量を設定するだけ。ほんの30秒で環境構築が可能。

高品質で豊富な「API」「サービス」

カタログで提供されるサービスにはIBM製、サードパーティー製、そしてオープンソースのものが100以上も。エンジニアはこれらを組み合わせて、開発工数を減らすとともに、その価値を大幅に向上させることが可能。

高品質で豊富な「API」「サービス」の図

短期間での開発支援サービス

デザイン・シンキングなどの手法を用い、IBM Cloud上に短期間でプロトタイプを開発する支援サービス「IBM Cloud Garage」を提供

容易に構築できるハイブリッド・アプリケーション

さまざまな環境をまたがるハイブリッド・アプリケーションの開発と実装が容易に実現可能。

Public Dedicated Local

堅牢なセキュリティー

プラットフォームとインフラ両方にそれぞれ強固なセキュリティーを提供し、開発するアプリケーション自体のセキュリティーを維持強化するツールも提供。

IBM Cloudサービス全般におけるセキュリティ内容はIBMクラウド・セキュリティガイドブックにまとめて記述しております。

IBM Cloudの「金融機関等コンピューターシステムの安全対策基準」(FISC安全対策基準)への対応

お客様がクラウド・サービスを自社システムのインフラストラクチャーとして採用を検討される際、セキュリティーやコンプライアンスへの対応の調査を必ず行なわれることと思います。
弊社では、お客様のリスク評価を円滑に実施していただくために、公益財団法人金融情報システムセンター「金融機関等コンピューターシステムの安全対策基準・解説書(第8版追補改訂)」(FISC安対基準)をベンチマークし、弊社で自己評価を実施の上、第三者による支援として新日本監査法人による助言を受けました。

調査対象範囲

IBM Cloudサービスの特性上、PaaSサービスを対象範囲としていますが、それ以外の管理基準に関しては弊社のアプリケーション開発、運用支援等のサービスで対応可能かの確認を実施しました。

入手方法

資料の使い方

当資料についての詳細は、弊社担当営業にお問い合わせください。

IBM Cloud (Bluemix) でアプリケーションを作ろう

IBM Cloud (Bluemix) 応用編

:IBM Cloudライト・アカウントで使えるサービスによる応用コンテンツ

*2017年10月25日時点の情報です。最新の製品情報、画面とは異なる場合があります。