ドローンからの映像をリアルタイムにクラウド上に保存する方法とは?

AIを活用した新しいシステムの価値を最大限に高めるには?

屋根の損害状況から支払金の査定業務を支援するには、どのようにAIを活用したらいいでしょうか?

ドローンからの映像をリアルタイムにクラウド上に保存する方法とは?

AIを活用した新しいシステムの価値を最大限に高めるには?

屋根の損害状況から支払金の査定業務を支援するには、どのようにAIを活用したらいいでしょうか?

ドローンからの映像をリアルタイムにクラウド上に保存する方法とは?

ドローンからの映像データをリアルタイムで保存するには、クラウド上のオブジェクト・ストレージが最適です。

従来型の構造化データと比べて、非構造化データはデータ総量や必要となる頻度などの先読みが難しく、しかも今後、その利用割合は大きくなる一方です。

IBM Cloud Object Storageでは、データの総量やアクセス頻度などの点で、柔軟な価格体系が用意されており、テスト・開発環境としてはもちろん、本番環境としても様々なストレージのニーズに対応できるようになっています。

IBM Cloud上に保存した映像・画像データを、IBM Cloud上のアプリケーションでAIを活用して高度な分析処理を行うので、非常に効率的なアプローチです。

AI活用した新しいシステムの価値を最大限に高めるには?

従来、損害状況の確認は屋根に登り、損害箇所を目視確認する必要があり、時間もかかり、危険も伴いました。

ドローンの映像を切り取り、屋根の大きさなどのデータを取り入れ、IBM Watson のVisual Recognition(VR:画像認識)AIを活用することで、正常な屋根と損害のある屋根を判別し、損害状況の推測を自動化することが可能となります。

IBM Cloud上には、VRだけでなく、IBM Watsonの最新のAI技術がすぐに利用できる状態でカタログ化されています。

IBM Cloud上の180以上のAPIやサービスを組み合わせることで、アプリケーションの開発時間を短縮し、さらにクラウド上で迅速に展開していくことが可能です。

屋根の損害状況から支払金の査定業務支援するには、どのようにAIを活用したらいいでしょうか?

AIで屋根の損害状況の判断が迅速になっただけでは、ビジネスの変革とはなりません。

顧客情報や保険金支払い処理などの自社の基幹システムと新しいシステムが連携することにより、新しいシステムの価値が最大化されます。

クラウド上の新しいAIを活用したシステムと自社のシステムをセキュアに接続させるには、IBM Cloudのベア・メタル・サーバーを活用した、ハイブリッド・クラウドが最適なモデルです。

IBM Cloudのベア・メタルなら、クラウド上に自社専用のシステム環境を構築することができ、セキュリティー対策や運用ログなどの取得も自社のコントロール下に置くことができます。

さらに、ベア・メタル上にVMware環境を構築する「VMware on IBM Cloud」を活用し、自社ネットワークの拡張環境にすれば、使用するツールも同一のままで、シームレスにオンプレミス環境とクラウド環境を運用・管理することが可能となります。

無料でWatson含む多数のAPIとサービスが使える
IBM Cloudライト・アカウント新登場

ニュース・リリース

2017年11月8日
クラウド・ネイティブなアプリ開発環境をプライベート・クラウドで実現

2017年10月26日
リコー、IBMクラウドでビジネス向け テレビ会議・Web会議システムをグローバル展開

2017年10月25日
富士フイルムの情報システム・インフラ基盤に、IBMクラウドを採用

2017年10月23日
Akamai Content Delivery NetworkをIBMクラウドで企業に提供

お問い合わせはこちら

 

現在、担当者が対応できません。

チャット担当者が席を外しているか、お問い合わせが集中しています。
恐れ入りますが、お問い合わせは下記フォーム、またはお電話でお願いします。