ハイブリッド・クラウド環境、オンプレミス環境の最適化と保護

運用、アプリケーション、マルチクラウドのインテリジェントな管理ソリューションが、いかにして俊敏性と柔軟性を高めるかを説明します。

概要

概要

それぞれのビジネス・ニーズを満たし、今日の目まぐるしく変化する環境で競争力を維持するため、気づけばさまざまなクラウド・ベンダーのインフラストラクチャーとソリューションを採用していませんか。ハイブリッド・クラウド環境とマルチクラウド環境は、新たなインフラ標準になってきています。

しかし、複数のプロバイダーにまたがるクラウド・サービスやデータの管理が負担になり始めています。クラウド・サービスでは各サービスごとに独自のツールを使用するので、複雑さとコストが増える可能性もあります。新しい管理ソリューションとデリバリー方式は、性能の最適化、コストの抑制、クラウド・アクセスの高速化に役立ちます。また、配置場所がデータセンターかクラウドかに関係なく、アプリケーション、環境、およびデータをまとめて保護することができます。

どのようにお考えですか?

自社のマルチクラウド環境では、可視性とコントロールが低下しているため、サービス・レベルの達成に不安を抱えている。

% が「はい」と回答

 

% が「いいえ」と回答

 

はい

 

マルチクラウド環境では、困難な課題が多数発生します。ただし、コントロールを取り戻すべく、IT管理ツールの強化と、インテリジェンスおよび自動化機能との統合が進んでいます。

続きを読む

いいえ

 

お使いの環境が拡張を続けると、可視性やコントロールの不備が問題となる可能性があります。そのときに備えて、オンプレミス・インフラストラクチャー、クラウド環境、 およびアプリケーションを横断的に管理できるソリューションを検討してください。

続きを読む
 

ハイブリッド・クラウドおよびマルチクラウドでのデリバリーの強化

ハイブリッド・クラウドおよびマルチクラウドでのデリバリーの強化

混在環境で開発、デプロイを行い、要件に応じてITをカスタマイズする

例えば、プラットフォーム・サービスに素早くアクセスできるよう、開発はパブリック・クラウド上で行い、規制対象となるワークロードはプライベート・クラウドでデプロイします。

このような俊敏性を得るためには、オープン・スタンダードのツール、利用可能なパターンへのセルフサービス・アクセス、および組み込まれたガバナンスを提供する単一のインターフェースを使用すると、すべてのクラウド環境を調整できるようになります。

もう一つの選択肢はIT as a Service(ITaaS)です。ここでは、ユーザーが必要とするITサービスを実施できる仲介型のマルチベンダー・サービスを提供しているベンダーを選択します。各サービスは、最適なクラウド・モデルにデプロイされます。ITaaSを検討する際、AIによる事前対応型の監視、自動化された問題解決、利用状況とコストに関する洞察が含まれていることも確認してください。

どのようにお考えですか?

必要な先進機能を利用するために、採用するクラウド・ベンダーが増え続けた結果、効率性とコストの最適化に苦慮している。

 %が「はい」と回答

 

 %が「いいえ」と回答

 

はい

 

クラウドから最大の効果を得ることが難しいと感じているのは、決して少なくありません。セキュリティー、効率性、およびコストを管理する手段として、多くの企業がサービス・パートナーを採用しています。

クラウド管理の解決事例を見る 続きを見る

いいえ

 

マルチクラウド環境で、適切な可視性とコントロールが機能していることは素晴らしいことです。ただし、変革が急速に進んでいることを考えると、現在の運用能力を今後も維持できるよう計画しておくことをお勧めします。

クラウド管理の解決事例を見る 続きを読む
 

ハイブリッド・クラウドとマルチクラウドでのアプリケーションとデータの統合

ハイブリッド・クラウドとマルチクラウドでのアプリケーションとデータの統合

アプリケーションとデータを最大限活用する

オンプレミスの従来型のエンタープライズ・アプリケーションと、プライベート・クラウド環境や新しい軽いパブリック・クラウド・サービスを接続するために、複数のクラウド・ドメイン間でアプリケーションとデータを統合します。新しいサービスと接続は、通常、IT部門が集中して管理するわけではないため、個別に接続した複雑なネットワークが形成される場合があります。そこで必要となるのが、複数の部門間での統合とデータの移動を標準化し、変革の進行を遅らせることなくコントロールを維持することです。

 

アジャイル型のマルチクラウド統合アーキテクチャーでユーザーが最終的に実行できる機能

  • APIを使用した内部および外部サービスへのアクセスを管理する。
  • オンプレミスとクラウドのアプリケーションを接続し、ビジネスの変革を促進する。
  • APIによって移動されるデータ、およびその背後にあるシステムを保護する。
  • アプリケーション境界を越えて信頼できるメッセージ通信を実行する。
  • 迅速、安全、かつ想定通りに大量のデータを移動する。
  • 一貫性のあるビジネス・ビューを提供できるよう、データを浄化および作成する。

可視化とコントロールの確保

可視化とコントロールの確保

組み込みの分析および自動化機能による事前対応型のデータ管理

マルチクラウドは複雑で、現状では企業やその部門が独自に管理できる範囲を超えていることもあります。ハイブリッド・クラウド/マルチクラウド環境の性能と可用性を事前対応型で管理するには、AI搭載の自動化機能と分析機能が組み込まれた管理ソリューションを使用します。AIや機械学習などの自己学習機能は、予測的な分析を行います。この機能を自動化と組み合わせると、誤った警告を低減でき、多くの場合性能の大幅な低下や機能停止が起こる前に、実際の問題を解決できます。

リソースや技術力の欠如が心配な場合は、マネージド・サービスのアプローチが役に立ちます。マネージド・サービスは、すべてのクラウド機能を含めた環境に対応しているため、ユーザーは変革に専念することができます。先進テクノロジーに関する専門知識と経験があり、主流のクラウド・ベンダーとつながりのあるプロバイダーを探してください。専門のプロバイダーは、統合後のマルチクラウド環境でお客様がアイデアを市場に投入するための支援を行います。

 

DevOpsを採用し、高品質、高性能のアプリケーションを作成する

複数クラウドにまたがったアプリケーションの管理に、DevOpsやエンドツーエンドのアプリケーション・パフォーマンス管理 (APM) をプロセスに組み込むと、より高い俊敏性が得られます。例えば、現在のアプリケーション反復サイクルの速度を考えると、開発環境と生産環境の両方において性能の監視が必要不可欠です。

より良い成果を得るには、まずDevOpsの手法を取り入れると共に、複数のデリバリー・モデル(パブリック・クラウド、プライベート・クラウド、SaaS、オンプレミスIT)を可視化するツールを選択します。次に、デザイン思考、リーン・スタートアップ、アジャイル開発、継続的デリバリーなどの反復メソッドや管理アプローチのスキルを組織として身に付けます。

より統合されたアプローチとこれらの新しい手法を、継続的デリバリーを支える強力な自動化と組み合わせるDevOps手法が、成功を勝ち取るためには非常に重要になってきます。

マルチクラウド環境の 保護

マルチクラウド環境の保護

マルチクラウド・アプリケーションとワークロードの増加に伴い、IT統合の規模も拡大しています。これはつまり、セキュリティー・リスクや障害が発生する可能性のある接続ポイントが増加していることを意味します。

マルチクラウドITの安全性を確保する最善の選択肢は、事業継続性と回復力に対してソフトウェア定義のアプローチを展開することです。これには、以下のように多くの利点があります。

  • 自動化とオーケストレーションによる可視化: 集約したダッシュボードで自動化とオーケストレーションをリンクすることで、可視性を高め、回復力を管理し、目標とする回復時間を大幅に短縮することができます。
  • 洞察を活用した事前対応型管理: 診断、予測、および主な脅威に関するデータを統合することで、より適切な決定を事前に下すことができます。
  • 単一ビュー: 単一のインターフェースと一連のツールを使用して、すべての複製 および復旧プロセスを制御します。
  • 柔軟性: ビジネスや規制の変化に伴い、データ保護ポリシーも変更される場合があります。ソフトウェア定義によるアプローチは、こうした変更に対応できます。
 

ある保険会社でマネージド・クラウドの自然言語処理分析ソリューションをコールセンターで活用したところ、過去最高の顧客満足度を実現することができました。1

 

マイ・コレクション

PDFファイルはここに保管されます。

表示またはダウンロードしたいPDFファイルを選択してください。

コレクションにPDFファイルを追加するには「+」 記号をクリックします。

PDFファイ ルが選択されていません。

You have selected 0 個のPDFファイルが選択されています

まとめ

エキスパートに相談する

エキスパートに相談する。具体的な相談はこちらへ。検討されている内容を伺いながら、最適なプランをご提案させていただきます。

メールを送る