コンテナ基盤でデジタルトランスフォーメーションを実現

マルチ・クラウド環境にマイクロサービスを構築し、ビジネスにスピードある変革と成功をもたらします

デジタルトランスフォーメーション成功事例に学ぶ

デジタルトランスフォーメーションを遂げた先進企業では、クラウド活用とその特徴を活かしたコンテナ技術、そしてマイクロサービス開発手法が採用されています。また、コンテナ基盤としてはDocker、それを統合管理するKubernatesが主流となっています。

IBMはコンテナ採用の現状について調査を行いました(2017年調査)。この調査では、最も重要なソリューションと機能は何か、すぐに解決すべき重要な課題についてヒアリングを行い、コンテナ開発を採用することによってもたらされるビジネス上の利点についてまとめています。

コンテナ採用の利点 TOP3

59%59%
アプリケーションの品質の向上と、障害の削減

57%57%
アプリケーションのダウン時間の削減と関連するコストの削減

54%54%
従業員の生産性の向上

開発手法”マイクロサービス”とは

デジタルトランスフォーメションによるビジネスモデルの高速な変革に最も適しているのが、マイクロサービス・アーキテクチャーによるアプリケーション開発です。
これは、従来型の必要となる機能を1つのバイナリーで提供するモノリシックなシステムに対して、システムの各機能(サービス)をそれぞれ独立してリリース可能なモジュールとして提供します。これにより、アプリケーション改修や、スケールイン/スケールアウトが迅速かつ容易に実施できます。

変化に対応できるマイクロサービス・アーキテクチャ,モノリシック,マイクロサービス,必要となる機能を1つのバイナリーで提供,各機能も互いに結び付きが強い,各機能をモジュール化して提供,各機能の依存性はできるだけ分離

マイクロサービスの利点:

  • 俊敏性と生産性
    作成するコードの量が著しく減少し、保守が大幅に簡素化できるので、新規ビジネス創出やニーズの変化に迅速対応することができます。
  • 拡張性
    他のマイクロサービス・コンポーネントとは無関係に、実行時にコンポーネントの規模を変更できることで、限られたリソースの有効活用、ビジネス・ピークに合わせたワークロードの変動に迅速に対応できます。
  • 回復力
    他のコンポーネントの障害に左右されにくく、回復力を高めます。ビジネス継続を求められる重要なシステムの要件にも対応します。

親和性の高いコンテナ技術とマイクロサービスのアプリケーションにより、これまでにないスピードでの新規展開や変化するニーズへの迅速な対応を実現します。

 

マイクロサービスの基盤となるコンテナ

コンテナとは、アプリケーションの実行に必要なOS のライブラリやランタイムをアプリケーションと共にパッケージ化し、開発、テスト、本番環境への簡単な移行や、高速起動、高速スケールを実現します。
オンプレ環境とクラウドの双方向の展開も容易です。ビジネス・スピードやニーズの変化に対応できます。

軽い

コンテナ起動は秒単位である

ポータブル

必要なコードセットをOSの違いを意識せずまとめる事ができる

効率が良い

仮想サーバーや物理サーバー上に同居できる

 

企業のためのコンテナ基盤を構築するIBM Cloud Private

IBM Cloud Private は、マイクロサービスを構築・展開するための、開発 / DevOps / 運用基盤です。コンテナ(Docker)、Kubernetes、Cloud Foundry など主流となるオープン・テクノロジーを採用し、オンプレミス、プライベート、パブリック、マルチベンダーに渡るマルチクラウド環境で、クラウド・ネイティブな開発はもちろんアプリケションのモダナイゼーションにも対応します。まさに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支える基盤です。
マイクロサービスの開発から運用までのライフサイクルを強力にサポートするツール群も備えております。
IBM Cloud Private を利用することにより、これまでにないスピードでのアプリケーション開発や継続的メンテナンスを実現し、変化する市場や顧客ニーズへ柔軟に対応できます。
また、IBM Cloud Privateは、稼働するインフラを選びません。VMware やOpenStack、IBM Cloud および他社クラウド、さらにIBM Power Systems(Linux) やIBM Z(Linux) までも対象です。
IBM Cloud Private は企業に多くのメリットを提供します。

  • アプリケーションの作成や変更、リリース作業を迅速にできるので、ビジネス・ニーズ、顧客のニーズの変化に強くなる
  • コンテナ・イメージの脆弱性検査により、セキュリティーを確保できる
  • 最良のオープン・テクノロジーの選択と、IBM のサポートにより企業で利用するための要件を満たすことができる
  • 既存資産(ライセンス、ビジネス・ロジック、技術者スキル)を活用しながら、段階的なクラウド化の移行や、アプリケーションの開発で、投資の最適化を図れる

DevOps ツールチェーン,Transformation Advisor, Jenkins GitLab Maven, microclimate Web IDE統合. 運用管理/課金,モニタリング Prometheus Grafana,  ログ集約基盤 ELK Stack, Product Insights. セキュリティ, 脆弱性アドバイサー ,  ロー ルバースアクセス制御,  ディスク暗号化,    コンプライアンス対応.HELM. IBMミドルウ工ア/OSS,ソリユ一シヨン・力夕ログ. IBM WebSphere. MQ. IBM DB2. IBM DSX. IBM Blockchain. オープンソース·ソフトウェア. IBM Cloud Automation Manager. Terraform Chef.従来型ワ一クロ一ド.マルチクラウ ドでの構築自動化. docker & Kubernetes. クラウ ドネイテイ ブ ・ アプリ.コンテナ一環境の活用. お客樣管理のシステム基盤(オンプレミス&クラワド). VMWare. openstack. Power Systems. IBM Z. IBM Cloud. 他社クラゥ ド