ニュース:

IBM、Intel、HyTrustがIBM Cloud Secure Virtualizationを発表。

IBM Cloud Secure Virtualization

IBM Cloud Secure Virtualizationが、規制の厳しい業界の組織のコンプライアンスとセキュリティーの要求をいかに簡素化するかをご覧ください。

仮想化リソースの安全性の確保

ワークロードをクラウドに移行しなければならない、あるいは移行したいが、貴重なデータの保護に対して不安を感じている組織のため、IBM Cloud、Intel、HyTrustは力を結集し、セキュリティーとコンプライアンスの結合された自動化ソリューションを作成しました。

IBM Cloud Secure Virtualizationは、IBM Cloudベア・メタル・サーバーとVMware Cloud Foundationの力を結合し、HyTrustセキュリティー・ソフトウェアとIntel TXT対応ハードウェアで補強されたソリューション・スタックです。

このソリューションでは、強化されたセキュリティーに加え、デプロイメントから継続的な管理まで自動化を活用し、連続的モニタリングとリアルタイムのレポート作成の機能により、セキュリティー・ポリシーを支持して規制または業界のコンプライアンス要件に対応する能力を提供します。

IBM Cloud Secure Virtualizationは、ワークロード・セキュリティー、コンプライアンスの対応、および暗号化機能を、マイクロチップ・レベルまで提供します。

データ主権のコンプライアンス

データ主権に関する新しい政府規制により、クラウドのデリバリー・モデルが複雑になる恐れがあり、複数の国で経営している企業にとっては新しい懸念となります。

監査リスクの削減

ソリューションでは、要件への対応について合理化された証明を監査員に提供するため、主要な規格に対する連続的モニタリングとリアルタイムのコンプライアンス・レポート作成を提供します。

セキュリティー管理機能

ITリーダーは、様々なユース・ケースをサポートし、機密データが格納されている場所を見つけ、機密データの処理方法を監査し、そういったデータを損失から保護するエンタープライズ対応のクラウド・サービスを特定する方法を求めています。

IBM Cloud、Intel、HyTrustのコラボレーションにより、ジオフェンシングや信頼できる計算ツールなどの主要な概念と、強力な新しいユース・ケースを可能にするソリューションが作成されました

許可されたワークロードのデプロイメント

Intel TXTでは、ブートおよび起動の環境(例: BIOS、OSローダー、および仮想マシン・マネージャー)でのコンポーネントの整合性の評価が可能です。

差別化された利点

ハードウェア/マイクロチップ・レベルのジオフェンシング・データにより、お客様は、自分たちのデータを移動できるかどうかをより制御できるようになります。

セキュリティーの認識

お客様は、知的財産、製法、財務データなどといった機密情報を保護する必要があり、データ・セキュリティーの懸念や規制遵守のコストと複雑性の理由から、ワークロードをクラウドに移行することを恐れたり、気が進まなかったり、あるいは移行できなかったりします。このソリューションでは、セキュリティーの認識を向上させます。

「このソリューションは、一般的な幅広い規制環境、特に、不明瞭なEU GDPRのデータのジオフェンシングの法的マンデートに関連する課題に直接的に対処できます。」

– Chris Krueger氏、サイバー・セキュリティーのアドバイザリーおよび評価サービスの
トップ・プロバイダーであるCoalfire Systems社クラウドおよび仮想化担当主任

今すぐIBM Cloudのライト・アカウントに登録

IBM Cloudライトに登録して、Webアプリやモバイル・アプリの構築を開始してみましょう。

今すぐ始める