SAP用のリソースをオーバーヘッドなしで迅速にデプロイ

SAP HANAまたはSAP NetWeaverソリューションの上で稼働する、ビジネス上クリティカルなSAPアプリケーションを、クラウドに移行します。SAP HANAおよびSAP NetWeaverの両方がIBM Cloudベア・メタル・サーバーでテストされて実行環境としての認定を取得済みです。これにより、クラウド環境の構築を迅速化し、管理の合理化を実現し、容易に、そして優れたコスト効率でスケールアップまたはスケールアウトすることができます。

開発に集中できる

コンピュート・リソースを素早くデプロイ

リソースをプライベート環境に追加するよりも早く、SAPワークロードをクラウドに移行できます。

インフラストラクチャーの拡張

インフラストラクチャーへの投資を最大限に活かす

SAPワークロードに最適な構成で、ユーザー自身のハードウェアの稼働にかかるオーバーヘッドなしで、投資を超える価値を生み出します。

ユーザー管理

限られた自社環境のIT人材を後押し

IT予算には余裕がありません。自社独自のアーキテクチャーにではなく、クラウド・リソースとクラウドの専門家に投資をすることで、SAPに関する投資を有効に使いましょう。

開発に集中できる

プライベート・クラウドのキャパシティー・プランニングを最小化

プライベート・クラウドの余裕がないですか? 問題ありません。IBM Cloudに構築済みのインフラストラクチャーがあるので、サード・パーティーのデータ・センターを借りる必要はありません。

インフラストラクチャーの拡張

柔軟なキャパシティー・スケジューリング

時間を節約し、煩わしいことを省きましょう。プライベート・クラウドを構築することなく、ワークロードが増えたら容易に拡大できます。

ユーザー管理

既存のエンタープライズ・プライベート・クラウド・アーキテクチャーの最適化

ワークロードにはどれ1つとして同じものはありません。ハイブリッドの場合には、SAP用に認定を受けたIaaSのベア・メタルを貴社のクラウド環境に追加し、ビジネスをより円滑に進めましょう。