オンデマンドで拡張できる、イベント駆動型アプリの作成と実行

IBM Functionsのサーバーレス・アーキテクチャーは、小規模で重複のない、独立したアクション・セットとしてアプリケーション開発を加速します。インフラストラクチャーを取り除くことで、IBM Functionsは小さなチームのメンバーの負荷を軽減できます。すなわち、同時にコードの異なる部分を迅速に作業可能にし、お客様が望むユーザー・エクスペリエンスの創出に全体的なフォーカスを当てます。

アクションを接続した柔軟で拡張が容易なシーケンス

IBM Functionsはサーバーレスで、ビジネス・ルールを使用してイベント、トリガー、アクションを互いに結びつけます。IBM Functionsアクションは、必要に応じて自動的に実行されます。そのサーバーレス・アーキテクチャーでは、モバイルでのユーザー・エクスペリエンスの急速な需要拡大に合うよう、アクション・シーケンスの迅速でスケーラブルな作成および変更が促進されます。

IBM FunctionsでIoTのビジネス・ケースを推進

Skylinkは、IBM Cloud FunctionsをCloudant、Alchemy、Watsonサービスと共に使用し、ドローンにより撮影された映像をリアルタイムで分析しタグ付けするアプリケーションです。

オープン・エンドのエコシステムの探索

オープン・エンドのエコシステムの探索

IBM Functionsは、拡張するリポジトリーをブロックのように誰でも貢献できるIBM Functionsアクション・コードで、オープンなエコシステムを提供します。

開発のスピードとシンプル化

開発のスピードとシンプル化

IBM Functionsはアプリケーション開発を加速し、イベント駆動型の世界に対応して実行されるアクション・シーケンスを持つアプリを開発者が迅速に構築できるようにします。

コグニティブ・サービスの利点を活用

コグニティブ・サービスの利点を活用

IBM Functionsは、イベント・トリガー・アクションのワークフロー内でWatson APIへの簡単なアクセスを提供することにより、ワークフロー固有のアプリケーション・データのコグニティブ分析を行います。

実際に使用した分のみの支払

実際に使用した分のみの支払

事前の割り当て容量ではなく、実際に使用した分のみのシンプルな支払です。費用が増えるのは、IBM Functions集中型ソリューションをさらに構成する場合、またはより大きな負荷をサポートするよう既存のソリューションを拡張する場合のみです。

仕組み

アプリケーションをIBM Functionsに構築するにはどうすればよいのでしょう

IBM Functionsは、イベントとトリガーをアクションに結合するルールにより動作します。Webおよびモバイルのアプリケーションは、IBM FunctionsアクションをモバイルSDK経由のAPI呼び出しで直接起動することがよくあります。さらに一般的には、Watsonまたは他のIBM Cloudサービスは、IBM Functionsアクションが応答するイベントを生成して、IBM Functionsアクションを起動します。

IBM Functionsはどのように作動するのでしょう

イベントまたはAPI呼び出しがアクションを起動すると、IBM Functionsはコンテナーを作成して、使用されるプログラミング言語に適切なランタイムでアクションを実行します。IBM FunctionsはDockerコンテナーにパッケージされたカスタム・コードのアクションも実行できます。

パフォーマンスをモニターするにはどうすればよいのでしょう

IBM Functionsアクションのダッシュボードのグラフィカル・サマリーを使用して、パフォーマンスと正常性をトラックします。

ユース・ケース: ビデオを検索可能にする

特徴

複数のプログラミング言語

サポートする言語の拡張リスト内で、IBM FunctionsアクションをNode.jsおよびSwiftで作成できます。

非同期コンピューティング

IBM Functionsはパブリケーション/サブスクリプション・メッセージ・キューを使用し、そのトリガーを常にオンにしてトリガーされたアクションを効率的に非同期にします。IBM Functionsは、必要な場合に限りコンピュート・リソースを使用します。

アクションのチェーニング

IBM Functionsアクションのシーケンスでは、言語は関係ありません。さまざまなチームが作成したマイクロサービスを接続できるようになり、望み通りのビジネス成果を達成できます。

統合されたコンテナー・サポート

IBM FunctionsアクションをDockerコンテナー内で実行するため、ベンダー・ロックインによるリスクがなくなります。また、チームはIBM Functionsアクションでレガシー・コードでも柔軟に再使用できます。

今すぐIBM Cloudのライト・アカウントに登録

IBM Cloudライトに登録して、Webアプリやモバイル・アプリの構築を開始してみましょう。