自社のファイアウォールで保護されたクラウド・プラットフォーム

IBM Cloud PrivateはKubernetesベースのワークロードをデプロイします。コグニティブなアプリやエンタープライズ・アプリを素早く構築、管理できるKubernetesを体験してみましょう。

APIでワークロードをよりスマートにし、アクセシビリティーと拡張性を向上

完全なデプロイメント・ソリューション

アプリとサービスの開発に集中

アプリとサービスの開発に集中

IBM Cloud Privateは、自社のハードウェア環境または事前統合されたコンバージド・インフラストラクチャーの上のサービスとして提供されます。IBMはお客様のITチームとコラボレーションしながら、更新、プラットフォームの正常性、パッチ、セキュリティー修正に関してお客様の環境を常に最新の状態にして、アプリやサービスの準備が整った状態を維持します。

インフラストラクチャーの拡張

インフラストラクチャーの拡張

最新のクラウド・プラットフォーム上で従来からのメインフレームやSOA、プロセスあるいはデータを活用できます。IBM Cloud Privateはお客様のデータ・センター内で既存システムの近くでデプロイされるため、ハイブリッド・アプリケーションのパフォーマンス改善に役立ちます。

ユーザー管理

よく利用されるミドルウェアをコンテナー化

従来のミドルウェアに、パッケージされたワークロードを提供します。既存ミドルウェアを使用しつつ、スケーリングやアジリティーの改善に集中できるように、IBM Cloud PrivateはIBM Db2、IBM MQ、Redisその他をサポートします。

APIの作成、公開、安全な管理

既存のシステムやデータを安全にクラウドに拡張します。APIを作成してIBM Cloudプライベート・カタログに公開し、そのアクセス権を制御するためのルールとポリシーを作成します。

セキュリティー・インテリジェンス

IBM Cloud privateは、ファイアウォールの内側に配置され、市場をリードするIBMのセキュリティー・インテリジェンスとエッジ保護テクノロジーとインテグレーションされています。このテクノロジーは、企業で1日に数十億ものセキュリティー・インシデントを管理するのに利用されています。

デプロイメントの柔軟性

同一アプライアンスへの重要ワークロードの導入を迅速かつシンプルに実行できます。すぐにクラウドを一通り使用できるIBM Cloud privateか自社のハードウェアを活用するソリューションから選択できます。いずれのデプロイメント・オプションでもIBMのPureApplicationソフトウェアを活用できます。それによって、クラウド・ネイティブなアプリとこれらのより複雑なミドルウェア・アプリケーションを1つの集中型インフラストラクチャーの下で結合することが可能になります。

アーキテクチャー

アーキテクチャー

IBM Cloud Privateのアーキテクト・ガイドで、プラットフォームとリレー・インフラストラクチャーを形成する、IBMからお客様のデータ・センターにまでわたるサービス、プロセス、コンポーネントについて段階的に説明します。

新しいIBM Cloud Privateをお試しください

管理コンソール

管理コンソール

管理コンソールがチームを制御します。プラットフォーム管理をIBM Cloudチームと連携して行うことで、ユーザーの追加、カタログの管理、問題の解決、既存システムとの接続の促進により多くの時間を充てることができます。

シンジケートされたカタログ

シンジケートされたカタログ

アプリやサービスを構成および拡張するために、IBM Cloudカタログからサービスを選択します。Public、Dedicated、Privateのデプロイメントから、承認済みのサービスを参照できます。サービスへのアクセスの公開と管理をカタログを通して行います。

IBM Cloudコンソールの機能

カタログ管理

サービスを分離し、企業にアクセス権限を付与してサービスを選択できるようにします。

組織管理

組織を容易に作成、管理、削除、検索できます。容量の使用状況を表示し、必要に応じて組織の計画を変更できます。

ユーザー管理

LDAPにインテグレーションされるため、IBM Cloudアカウント内でのユーザーの検索、グループへのユーザーの追加、アクセス権の制御、組織の作成を容易に実行できます。

システム更新

企業のタイムラインに記述されたシステム情報やスケジュールの更新情報を表示します。緊急度と応答の必要性に応じて更新にラベル付けします。

リソースと情報

使用状況に関するリアルタイムのホーム・ページ情報です。メモリー、ディスク、CPUの使用状況に関する情報がパーセンテージで表示されます。

レポートとログ

ユーザー・アクセス、管理イベント、アンチウィルスの状況、DataPowerレポート、ファイアウォール、ログイン監査、サーバー・ログインを記録します。特定の日付をチェックし、レポートをダウンロードできます。

IBM Cloud privateについての詳細

IBM developerWorksコミュニティーとIBM Knowledge Centerを参照してください。

IBM Cloud Private環境の構築を、エキスパートがお手伝いします。