大麦からバーへ:
デジタル統合の旅

透過的なデジタル統合戦略を通じて、ハイネケンの EverGreen 戦略を実現します
執筆者:Leah Valentine
読了時間:5分

自然界では、常緑樹は非常に回復力があり、外部の変化に適応し、毎年緑を維持しています。

オランダの醸造会社 HEINEKEN NV (ハイネケン NV) は、この回復力に刺激を受け、EverGreen というイニシアチブを発展させました。これは、飲料業界や世界全体の変化に対して会社を適応させ、新しくしつつ会社を成長させ続けるよう設計された一連の目標です。

EverGreen イニシアチブは、顧客中心主義、環境と社会的に対する責任、生産性の向上を求めています。 その目標の 1 つは、ハイネケンを世界の「最適接続されたブリューワー (Best Connected Brewer)」にすることです。 ハイネケンのデジタル統合のプロダクト・オーナーである Guus Groeneweg 氏は、この戦略に対する彼のアプローチについて次のように説明しています。「最適接続されたブリューワーとは、私にとって、すべてのアプリケーションとデバイスにデジタル統合を導入するのにかかる時間を最小限に抑えること、統合のための高性能で安定したプラットフォームを提供すること、再利用可能なデジタル統合資産を開発することの 3 つです。」

そのため、Groeneweg 氏は IBM® Consulting と協力して、醸造業者、顧客、ビジネス・パートナーから成るハイネケンの世界的なネットワークを接続する一連の統合機能を発展させることにしました。 チームは一緒に、従来の統合プラットフォーム、サービスとしての統合プラットフォーム (iPaas)、イベントと API 管理のソリューション(IBM API Connect® を含む)を組み合わせて使用し、ハイネケンのすべての運営会社 (OpCos) が効率的に通信できるようにしました。データはクラウドにあっても、オンプレミスにあっても関係ありません。

ハイネケンのグラスで乾杯する手

デジタル統合プラットフォームの接続数

何千もの

ビジネス・クリティカルなアプリケーション

プラットフォームの取り扱い

100%

のハイネケンの銀行支払い

ハイネケンがプラットフォームで処理するメッセージ数

2,400 万

すべてのビジネス部門全体での 1 カ月のメッセージ

「最適接続されたブリューワー」とは、私にとって、すべてのアプリケーションとデバイスにデジタル統合を導入するのにかかる時間を最小限に抑えること、統合のための高性能で安定したプラットフォームを提供すること、再利用可能なデジタル統合資産を開発することの 3 つです。
Guus Groeneweg 氏
デジタル統合プロダクト・オーナー/ハイネケン NV
お祝いの場面でのハイネケンのボトル
OpCo が来て「アプリケーション Y と Z の間のカスタマー・インターフェイスからのデータが必要です」と言ったら、私は、API Connect セルフサービス・ポータルを指さして、この API のキーを取得する方法を説明します。それで、すぐに統合の使用を開始できます。
Guus Groeneweg 氏
デジタル統合プロダクト・オーナー/ハイネケン NV
最高につながった存在になる
OpCo が来て「アプリケーション Y と Z の間のカスタマー・インターフェイスからのデータが必要です」と言ったら、私は、API Connect セルフサービス・ポータルを指さして、この API のキーを取得する方法を説明します。それで、すぐに統合の使用を開始できます。
Guus Groeneweg 氏
デジタル統合プロダクト・オーナー/ハイネケン NV

1864 年の設立以来、ハイネケンは数十の OpCo を擁する世界的な企業に成長しました。その多くは、元の事業体制を維持したままの買収でした。 これらのさまざまな事業部門は世界中に分散しており、ユニークな地元の飲料ブランドを製造し続けています。ブランド数は、グローバルとローカルあわせておよそ350にものぼります。 ハイネケン社は、時間の経過とともにより一貫性のある IT ランドスケープに移行することを計画していますが、今日でもそれはかなり異種なものが含まれた状態です。 これは、世界の「最適接続されたブリューワー」になるという目標にとって重要な課題になっています。

以前は、ハイネケンのアプリケーションは相互に個別に接続されていました。この設定では、変更への対応が非常に遅く、管理と監視が非常に困難でした。 チームの目標を達成するために、Groeneweg 氏は、柔軟性があり、再利用可能で、管理が容易な最新の統合アーキテクチャーを必要としていました。

ハイネケン社と IBM は、いくつかの主要な統合から始めて、この強化された統合機能のセットを開発するために協力しました。 今日、ハイネケン社は、世界中の OpCo とビジネス・プロセスを接続する包括的なマルチクラウド統合戦略への道を進んでいます。

Groeneweg 氏は、ソリューションの複雑さについて次のように説明しています。「メキシコのバーの所有者が、B2B ポータルを使用して携帯電話から販売注文を送信する場合、バックエンドで処理して、その後、支払いを行う必要があります。 ビールは配達する必要があり、醸造所のピッキング・リストはラベル・プリンターのロール・アウトなどを行う必要があります。」

「私のチームが行っているのは、エンドツーエンドのプロセス全体が正しく機能することを確認することです。 統合はこれらすべての接着剤です。これにより、バリュー・チェーン内のすべてのプロセスとアプリケーションが通信できるようになります」と彼は言います。 これらのデジタル統合はすべて、グローバルなデジタル統合チームによって開発、運用、監視されています。

IBM API Connect プラットフォームは、新しいソリューションの重要なコンポーネントです。 このセルフサービス API 管理プラットフォームにより、組織内外のすべての人が API ベースの統合の開発にアクセスできるようになります。 世界中の開発チームは、エンタープライズ・データ・モデルに従って、ハイネケン API を使用できます。 デジタル統合チームは、すべてのプラットフォームで 3,000 を超える統合のカタログを作成しました。

OpCo が来て「アプリケーション Y と Z の間のカスタマー・インターフェイスからのデータが必要です」と言ったら、私は、API Connect セルフサービス・ポータルを指さして、この API のキーを取得する方法を説明します。それで、すぐに統合の使用を開始できます」と Groeneweg 氏は語ります。

完全な統合セットアップは世界中のユーザーに対して透過的であり、Groeneweg 氏は、統合プラットフォームが実現している価値をビジネス・ユーザーに示す機会を得ました。 「私は統合のブラック・ボックスを開きたかったのです。 非常に複雑でオタクっぽいですが、統合の価値を自分の目で見てもらいたいと思いました。」

カスタム開発された監視ソフトウェアを通じて、人々は世界地図上の OpCo をクリックして、どのプラットフォームでどのインターフェイスが実行されているか、これらの統合を超える価値は何か、呼び出される頻度、過去 24 時間に問題があった場合、その場合はどうすればよいですか、を確認できます。」と Groeneweg 氏は説明します。

未来への構想

新しい統合機能のセットは、ハイネケンを世界の「最適接続されたブリューワー」になるという目標に向けて動かすのに役立っただけでなく、統合は会社の EverGreen 戦略の貴重な部分になりました。 「お客様がハイネケンを見ることができるため、ハイネケン内での統合の位置付けは大きく変わりました。 彼らはもう問題を解決するために私の介入を必要としません。 それは2年前とはまったく違っていました」と Groeneweg 氏は語ります。

同氏は、しかし、それだけが変わったわけではない、とも付言します。 「統合チームは、ハイネケンのコア・ビジネス・プロセスに非常に近づいています。 すでにメキシコでは、70,000 軒のバーやレストランが突然私のお客様になりました。 それは私のお客様の利害関係者グループに起きた興味深い変化でした」と述べています。

Groeneweg 氏は、今後も企業プロセスに透明性を構築し続けることを望んでいます。 「もっと物事を作り上げていきたいです。 私の目標は、統合の極端な可観測性です。これにより、送信システムと受信システム、さらには監視している 3,000 の統合に関するエンドツーエンドの洞察を得ることができます。 素晴らしいのはまだこれからですね」と同氏はまとめました。

HEINEKEN NVのロゴ
ハイネケン NV について

ハイネケン社外部リンクは、オランダの醸造会社で、1864 年にアムステルダムのジェラルド・アドリアーン・ハイネケンによって設立されました。 ハイネケンは現在、70 を超える国に 165 カ所以上の醸造所を所有しています。 300 以上の国際、地域、地元、特産のビールとサイダーを生産し、約 80,000 人を雇用しています。

ソリューション・コンポーネント
HEINEKEN NVのロゴ
ハイネケン NV について

ハイネケン社外部リンクは、オランダの醸造会社で、1864 年にアムステルダムのジェラルド・アドリアーン・ハイネケンによって設立されました。 ハイネケンは現在、70 を超える国に 165 カ所以上の醸造所を所有しています。 300 以上の国際、地域、地元、特産のビールとサイダーを生産し、約 80,000 人を雇用しています。

ソリューション・コンポーネント