2021年2月16日

細胞の「ウォーリー」を探せ!――計画的にセレンディピティを創出し、ライフサイエンスに大変革を

偶然による価値ある発見を意味する「セレンディピティ」。その幸運な発見を、バイオや医学分野で計画的に創出する画期的な装置の開発が、世界から注目されている。 開発したのは東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授が率いる研究開 […]

さらに読む

2021年2月10日

がんと共に働く

日本人の2人に1人が生涯で「がん」になると言われている時代。私たちの周りには「がん」と向き合いながら働いている人は少なくありません。昨年より新型コロナウィルス感染症(以下、コロナ)防止対応を迫られ、自分自身だけでなく周囲 […]

さらに読む

2021年2月8日

オープンな量子ソフトウェア・エコシステムの構築に向けたIBMのロードマップ

量子コンピューティングは、パラダイムシフトの火付け役になろうとしています。自然の物理法則に根ざしたこの新興技術に依存するソフトウェアは、まもなくコンピューティングに革命をもたらす可能性があります。しかし、従来型コンピュー […]

さらに読む

2021年2月4日

デジタルサービス開発を実現する、SREを活用したバイモーダルIT運用

先日公開した「これからのデジタルサービス開発における10の提言(前編・後編)」では、業界でデジタル変革の必要性が高まる中、顧客接点であるフロントサービスに焦点をあて、これからの時代のデジタルサービス開発のあり方について解 […]

さらに読む

2021年2月2日

「ニューノーマルへの適応とDX実現への貢献に向けて」IJDSイノベーション開発センターの活動とは

日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社(IJDS)のイノベーション開発センターは、2014年7月に日本IBMが札幌に設立した国内初のニアショアセンター(国内のリモート開発センター)を母体として、金融分野のお客様を中 […]

さらに読む

2021年1月27日

科学で化学をミライする「AIによる未知の材料開発で持続可能な未来」

対話ロボット、音声アシスタント、自動運転や「討論するAI」。こうした多くの目に見えるAI応用に加え、目に見えないところでのAIの応用も活発になっています。その一つが「マテリアルズ・インフォマティクス」であり、これは専門家 […]

さらに読む

2021年1月24日

コロナで変わる住まいのニーズ――中古住宅のリノベーションで「自分らしい」暮らしを

自分のライフスタイルや働き方に合わせ、中古マンションを購入してリノベーションする消費者が増えている。住宅市場で築25~30年の中古物件が増える中、消費者も画一的な部屋ではなく、自分好みの間取りや内装を求めるようになってい […]

さらに読む

2021年1月21日

急速に変化する世界で事業継続性を支援するDynamic Deliveryモデルによってデジタル・リインベンションを加速

新型コロナウイルス感染症による混乱で、多くの企業がコグニティブ・エンタープライズやハイブリッド・マルチクラウドへの移行を加速することになりました。 新型コロナウイルス感染症の影響が世界中に広がるなか、変革のジャーニーは中 […]

さらに読む

2021年1月12日

「誰一人取り残さない」社会の実現へ――2021年4月、日本科学未来館の館長に就任する浅川智恵子IBMフェローに聞く

ホームページを声で読み上げるソフトウェアの開発は、PCやインターネットを通して、視覚障がい者にさまざまな情報へのアクセスを可能にした。その技術は、道案内をする音声ナビゲーション・システムなど多方面に応用され、視覚障がい者 […]

さらに読む