ITコラム

第1回 紛争事例に学ぶ「ITユーザーの心得」

記事をシェアする:

この連載では、3回にわたって日本IBMとのコラボレーション企画として、複雑なクラウド環境やデータ環境が引き起こす紛争の事例をご紹介したいと思います。現在、IBMではハイブリッドクラウドやハイブリッドクラウド環境の最適化や管理に力を入れており、今回このような企画が実現することになりました。

クラウドに関連する判例は、実のところまだあまり たくさん出てきてはいないのですが、これからどんどん出てくるのではないかと思います。この3回でご紹介していく事例は、クラウドにおける今後の試金石となるような象徴的な判例とも言えますので、みなさんもよく目を通しておいてください。

※本記事は、2019年8月に EnterpriseZine(エンタープライズジン)にて掲載されたものを転載しています。

第1回のテーマは、クラウド上(事件当時の言い方を借りるとレンタルサーバ上)に置いたデータ消失について

さまざまなベンダのクラウドを採用したり、中途半端なクラウド化のまま放置されている……クラウド化がもはや当たり前となった現在、こうした状況にある企業は多いのではないでしょうか。

 

【紛争事例-1】プロバイダー側のミスなのに…クラウド上のデータが滅失、ユーザーが払った代償は?

今回は、クラウド上(事件当時の言い方を借りるとレンタルサーバ上)に置いたデータ消失に関する裁判の例を紹介したいと思います。 データをインターネット上のサーバーに置くという利用法は、クラウド の使い方として最も古く、かつ一般的でもあり、この連載の読者の皆様の中でもかなり多くの方が利用されていると思います。

またクラウドベンダー側も、こうしたデータ消失が起きないようにとさまざまな安全策をとっています。それでも最後の最後は、ユーザとベンダーがやるべきことを行っていなければ、この事件のように事業に重大な影響をもたらす 結果となってしまいます。事件の概要の続きをお読みください。(要登録)

3回シリーズ「紛争事例に学ぶ」

第2回「品質が期待以下だった場合、クラウドサービスは途中解約できるのか?」
第3回「データ移行の責任は誰が負うのか?」

More ITコラム stories
2019年12月6日

クラウド・ネイティブという考え方――これからのIT基礎知識 Vol.4

最終回のこのページでは、クラウド・ネイティブの代表的なアプローチであるコンテナ・オーケストレーター(ここではK […]

さらに読む

2019年12月2日

クラウド・ネイティブという考え方――これからのIT基礎知識 Vol.2

クラウド・ネイティブ基礎知識解説の連載2回目。イミュータブル・インフラストラクチャーを取り上げる。コンテナ移行 […]

さらに読む

2019年12月2日

クラウド・ネイティブという考え方――これからのIT基礎知識 Vol.1

OpenShift/Kubernetesの導入で成果をあげる道 CNCF(Cloud Native Compu […]

さらに読む