AI

コグニティブ時代における透明性と信頼性

記事をシェアする:

私たちは今、新たなテクノロジーが切り拓く新しい時代の誕生に立ち会っています。このテクノロジーは、IT業界が半世紀にわたり作り上げてきたタビュレーター(会計機)から始まるプログラマブルなシステムとは根本的に異なるものです。

一般に人工知能と言われている、この次世代のテクノロジーおよびコグニティブ・システムは、前例のない速さで生成されるあらゆる形式のデータを取り込み、理解することができます。そして、間もなく私達の仕事や生活のあらゆる場面に関わり、よりよいものへと変革する可能性を秘めています。IBM Watsonのようなコグニティブ・システムは、データにもとづき推論し、仮説を立て、判断することができます。重要なことは、こうしたシステムは単にプログラムされているのではなく、経験や人とのやりとり、そして判断された結果からシステムが自ら学習するということです。

過去、世界に変革をもたらしてきたテクノロジーと同じようにこのテクノロジーは大きな影響を与えると考えられることから、現時点では答えを見出せない数多くの疑問が生じています。この疑問に答えるには時間と研究やオープンな議論が必要になるでしょう。IBMは100年以上にわたり革新的なテクノロジーを発明して世の中に知らしめ、そのようなテクノロジーを責任を持って導入・利用するためのガイドを担ってきました。この経験から、私たちは何を開発し、世界に届けるべきなのか、そしていかに実践するべきかの指針を築くための実用主義と賢明さを教えられました。

今日のコグニティブ時代に向けて、IBMは以下の指針を確立しつつあります。

目的:IBMが開発し、取り組みを進めるAIおよびコグニティブ・システムは、人間の知性を拡張する(augment human intelligence)ためのものです。私たちのテクノロジー、製品、サービス、そしてポリシーは人間の能力、専門知識や可能性を向上し、拡張するためにデザインされます。この私たちの立場は単なる指針ではなく科学的な根拠にもとづいています。コグニティブ・システムは、現実的に意識を持ったり独立した存在となることはありません。むしろ、コグニティブ・システムはビジネスや社会機能のプロセス、システム、製品やサービスに組み込まれて行くもので、そのすべては人間がコントロールし続けます。

透明性: コグニティブ・システムが世界を変革するその可能性を発揮するためには、人々が自分の好みや判断、使い方に確信を持つことが不可欠です。そのために、IBMは以下を明らかにします。

  • 私たちが開発・導入するコグニティブ・ソリューションにおいて、AIを適用する時期と目的
  • コグニティブ・ソリューションに洞察をもたらすデータおよび専門知識の主な情報源、このようなシステムやソリューションをトレーニングする方法
  • お客様は自社のビジネス・モデルや知的財産を保有し、そして長年の経験から築き上げてきた強みをさらに強化するためにAIおよびコグニティブ・システムを活用できるという指針。私たちはお客様と協力してお客様のデータや洞察を保護し、お客様、ビジネス・パートナー各社、同業者が同じように取り組めるように働きかけます

スキル: 新時代の経済的・社会的なメリットを享受するには人間側も相応の対応が必要になります。これは、人間の知性と専門知識を拡張し、人間と連携して働くコグニティブ・テクノロジーにおいて特に重要です。そのために、IBMは学生や労働者、市民がコグニティブ・システムとの関係において安心、安全かつ効果的にスキルや知識を獲得することを支援し、またコグニティブ経済から生まれる新しい職種に従事することを支援します。

私たちは、1世紀以上にわたる経験と世界中のあらゆる産業や部門のお客様との日々の業務から、信頼を生む透明性および指針がビジネスと社会の双方に重要であることを学びました。しかしながら、私たちは皆、この先にもっと学ぶことがあると認識しています。そのような思いから、このような指針を発表することが業界全体、社会全体で、コグニティブな未来の経済的・社会的な可能性を実現するために答えられなくてはならない基本的な質問に関する意見交換の口火役となることを期待しています。

 

この記事は2017年1月17日(現地時間)に、IBM Corporationが公開したものの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://www.ibm.com/blogs/think/2017/01/ibm-cognitive-principles/

More AI stories
2020年3月25日

キャリア形成に積極的な“未来”を担う、女子学生とのメンタリングプログラム

女性がキャリアを継続していく上で直面する、さまざまな課題を社員自らが確認し、目標を掲げ、結果に結びつく施策を提 […]

さらに読む

2020年3月19日

AIとクラウド時代のスキル育成を支える「技術コミュニティ」の運営術

著者:向田 隆 IBMオープン・クラウド・センター、アソシエイトパートナー、ITコンサルタント。 日本IBMの […]

さらに読む

2020年3月16日

量子コンピューティング時代の到来―私たちの世界はどう変わるのか

高精度な長期的天気予報。複雑な分子の動きを研究することで発見された救命薬。化石燃料によって引き起こされる気候変 […]

さらに読む