ダイバーシティー&インクルージョン

「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」企業総合部門 従業員規模別 1,001名以上の部にて、日本IBMが第1位を受賞

記事をシェアする:

2016年に発足した日本最大規模の女性アワードである 「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」において、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)が、企業総合部門 従業員規模 1,001名以上の部で第1位を受賞したことが、Forbes Japanより発表されました。

企業部門総合ランキングは、260社以上の応募の中から、従業員100名以下、従業員101名以上1000名以下、従業員1001名以上の3つのカテゴリーに分けてそれぞれ上位10社が表彰され、10月6日(木)にForbesラウンジにて、授賞式が実施されました。

受賞スピーチをする日本IBM社長 山口 明夫の写真

受賞スピーチをする日本IBM社長 山口 明夫

企業総合部門 従業員規模別 第1位受賞各社による記念撮影

企業総合部門 従業員規模別 第1位受賞各社による記念撮影

「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」

Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022のロゴ画像Forbes JAPAN WOMEN AWARDは、Forbes JAPAN が主催し、女性向けのライフキャリア支援事業を展開するLiB協力のもと、 女性リーダー、プロフェッショナルを続々と輩出している企業と、自ら道を切り拓き自分らしく働く女性を讃えるアワードとして2016年より発足しました。

6回目の開催となる2022年は「女性活躍とダイバーシティ改革を、企業発の成長戦略へ」というアジェンダのもと、国内外の数々のリーダーを取り上げるForbes JAPANのグローバルな視点に加え、国内企業の人事担当者やD&I推進担当役員、社員等にサーベイを実施し、アドバイザー審査を経て、受賞企業・受賞者を決定しました。

評価ポイント – 社員一人ひとりの個がより輝く風土醸成

本年度のアワードは、下記、2つの指標を偏差値化して算定されています。

  • 女性社員に関する基礎数値
    厚生労働省の女性の活躍推進企業データベース登録されている企業を母集団として、規模別・業種別に偏差値化
  • 行動指標(取り組み/制度・施策の状況)
    女性活躍推進に向けて経営的、組織的、積極的に取り組み、制度・施策を実施されているかを偏差値化

日本IBMは、女性社員に関する基礎数値において、管理職割合と役員割合が同業種・同規模企業と比べて数値が全体的に高いだけでなく、しっかりと女性が経営に参画している実態が評価されました。

また、行動指標(取り組み/制度・施策の状況)においては、「New Way of Hybrid & Personalized Working(ハイブリッド&パーソナライズされた新しい働き方)」をはじめとする柔軟な働き方を提供している点が同業種・同規模企業と比べて評価されました。ジェンダーに関係なく、個人の実力を最大限に活用できるような組織風土が、高評価に寄与しました。

ダイバーシティー&インクルージョンのさらなる発展に向けて

日本IBMでは、働く場所と時間の柔軟性をさらに高めるとともに、採用時の大卒要件をなくすなど、これまでの常識や思い込みにとらわれず、社員一人ひとりの「個」が、より輝く環境づくりを推進しています。

日本IBMは、経営層が経営戦略としてダイバーシティー&インクルージョンを推進することの必要性を理解しています。ダイバーシティーを推進することが、最終的にはビジネスにもよい影響を与えることが立証されています。日本IBMが実施した調査結果では、好業績を生み出す企業は、女性がリーダー・ポジションを担っている割合が他企業よりも高く、2つの主な財務指標で他社を上回る結果となっています。

2022年8月、ダイバーシティー&インクルージョンの推進をさらに強化するため、日本IBMは、取締役副社長の福地敏行をチーフ・ダイバーシティー・オフィサー(CDO)に任命しました。また、Japan Women’s Council(JWC)COSMOSPwDA+LGBTQ+、介護などのコミュニティーが、活動を推進しています。

このように、「経営層がダイバーシティー&インクルージョン推進の重要性を理解していること」と、「社員が自分ごととして主体的に課題を認識して改善していること」が、日本IBMのダイバーシティー&インクルージョンにおける最大の強みです。

今後も、誰もが自然体で持てる力を100%発揮できる企業文化・風土の醸成を推進するため、人事はそのサポート役として効果的な施策展開を目指していきます。

日本IBMのダイバーシティー&インクルージョン 推進エリア日本IBMのダイバーシティー&インクルージョン 推進エリアを紹介する図


鳥居由起子

著者: 鳥居由起子 人事 Diversity & Inclusion Partner

日本IBMのコンサルタントとしてキャリアをスタート。人事領域へ異動後、新卒採用担当として、日本IBMおよびグループ会社の選考をリード。役員のPromotion/Development担当を経て、2022年8月よりDiversity & Inclusion Partnerに着任。日本IBM社員一人ひとりが自分らしく輝き続けられるよう、D&Iの文化醸成について、考える日々を送る。

More ダイバーシティー&インクルージョン stories
2022年11月10日

LGBTQ+の取り組み指標であるwork with Pride – PRIDE指標2022で、7年連続Gold受賞とレインボー認定を獲得

企業等の枠組みを超えてLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティー(以下、「LGBTQ+」)が働きやすい職場づくりを目指す任意団体work with Prideが、職場におけるLGBTQ+への取組みを評価する「PRID […]

さらに読む

2022年10月25日

変わる男性の育児休業取得とその効果 ~男性育休が「当たり前」となる組織を目指して~

男性育休に関する法改正のポイントと日本IBMの実績(2022年) 令和3年6月、厚生労働省により育児・介護休業法が改正されました。令和4年10月1日には「子の出生直後の時期における柔軟な育児休業の枠組みの創設」や「育児休 […]

さらに読む

2022年6月21日

IBMの新型コロナウイルス感染症への対応と出勤者数削減の実施状況

更新日:2022年6月21日/掲載日:2020年3月9日 IBMでは、お客様、パートナー様、および社員の健康を最優先に、各国の新型コロナウイルスによる感染症の拡大防止策や世界保健機関(WHO)の勧告などに基づき、勤務形態 […]

さらに読む