ニュース

COVID-19 ハイパフォーマンス・コンピューティング・コンソーシアム

記事をシェアする:

当記事は、2020年3月27日時点での、The COVID-19 High Performance Computing Consortium サイト(英語)の内容の抄訳です。プロジェクトの進展に伴い、内容がアップデートされることがあります。最新の情報は、英語サイトをご確認ください。

 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の研究を支援するため、米国政府や産業界、学界のリーダーを結集し、世界で最も強力なハイパフォーマンス・コンピューティングの資源を利用できるようにします。
77万5千のCPUコア、3万4千のGPU、330ペタフロップスを超える処理能力を提供します。

COVID-19 ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC) コンソーシアム

COVID-19 High Performance Computing Consortiumは、ホワイトハウス科学技術政策局、米国エネルギー省、およびIBMが主導する官民連携による取り組みで、米国政府、産業界、学界の各リーダーを結集し、これらの組織が持つ、世界有数のコンピューティング資源を無償で提供します。

コンソーシアムのパートナーは以下のとおりです。

産業界

  • IBM
  • Amazon Web Services
  • Google Cloud
  • マイクロソフト

 
学術機関

  • マサチューセッツ工科大学
  • レンセラー工科大学
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校

 
エネルギー省管轄国立研究機関

  • アルゴンヌ国立研究所
  • ローレンス・リバモア国立研究所
  • ロスアラモス国立研究所
  • オークリッジ国立研究所
  • サンディア国立研究所

 
連邦機関

  • 国立科学財団 – ピッツバーグ・スーパーコンピューティング・センター
  • NASA

 
研究者はポータルサイト(英語)を通じてCOVID-19に関連する研究提案をコンソーシアムに提出します。提出された提案は審査の後、パートナー機関のいずれかのコンピューティング・リソースとマッチングされます。世界最高レベルの科学者とコンピューティング研究者で構成される専門家パネルが、提案者と協力してその研究提案が公衆衛生にもたらす恩恵を評価します。その際、迅速に結果を出せるプロジェクトに重点が置かれます。

COVID-19との戦いには、バイオインフォマティクス、伝染病学、分子モデリングなどの分野における広範な研究によって、私たちが直面している脅威を理解し、それに対処するための戦略を策定することが必要となります。この作業には、膨大な計算能力が必要です。COVID-19 ハイパフォーマンス・コンピューティング・コンソーシアムは、世界で最も強力かつ最先端のコンピューターの演算能力を集約して、COVID-19研究に携わる研究者たちが、複雑な計算科学研究プログラムを実行してこのウイルスに立ち向かえるよう支援します。

コンソーシアム(HPC)のシステムの概要 & 参加方法

コンソーシアムのメンバーは、小規模なクラスターから世界最大のスーパーコンピューターまで、広範にわたる演算能力を管理します。コンソーシアムのメンバーは、コンピューティング資源だけでなく、高い技術力と専門知識を提供して、COVID-19の研究者が複雑な計算科学研究プログラムを実行できるようにすることで、この重要な任務を支援します。この極めて重大な取り組みに多くの機関が参加できるようにしていきます。

現在コンソーシアムでは、16台のスーパーコンピューターへのアクセスを提供しています。これらを合計すると330ペタフロップスを超える処理能力、77万5,000基のCPUコア、および34,000基のGPUに上ります。これらの基本仕様は下記のとおりで、コる計画です。

コンソーシアムでは、この重要な取り組みに活用できるコンピューティング資源を提供できる、さらなるメンバーを募集しています。コンソーシアムへの参加についてのお問い合わせは、こちらCOVID19Tech@OSTP.eop.govにご連絡ください。

研究提案の提出

コンソーシアムの資源を希望する研究者の皆さんは、こちらのリンク(英語)から、企画書をご提ください。

研究者からの提案は、コンソーシアムの運営グループにより、潜在的な影響、計算の実行可能性、必要とされる資源の要件と時間軸などが検討されます。提案が受け入れられ、コンソーシアムのサポートを受けることになれば、コンソーシアムのメンバーが、立案チームと連携して、アクセスのためのプロセスや諸条件について話し合います。

これはCOVID-19に関する研究をサポートするためのボランティアによる社会事業であるため、立案チームはこのプロジェクト期間中の活動について定期的なブログを発行し、プロジェクト作業終了時には結果を公表することが期待されています。

* COVID-19 HPCコンソーシアム・サイト(英語)にアクセスまたは使用することにより、輸出および再輸出の管理に関する法律および規制を含む、適用されるすべての法律および規制を遵守することを認めるものとします。これらの条件に同意しない場合は、このサイトを使用しないでください。

 

More ニュース stories
2022年11月29日

賞金付き量子コンテスト「Open Science Prize 2022」の発表

今年のIBM QuantumのOpen Science Prizeの課題は、量子状態の準備です。 IBM Quantumは今年、3年目となるOpen Science Prizeを発表します。このコンテストは、量子コンピュ […]

さらに読む

2022年11月28日

The best of IBM Japan 2022

「The best of IBM Japan 2021」に引き続き、「日本」「日本人」という視点で選んだ2022年の日本IBMの10のトピックを紹介する「The best of IBM Japan 2022」を公開します […]

さらに読む

2022年11月10日

LGBTQ+の取り組み指標であるwork with Pride – PRIDE指標2022で、7年連続Gold受賞とレインボー認定を獲得

企業等の枠組みを超えてLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティー(以下、「LGBTQ+」)が働きやすい職場づくりを目指す任意団体work with Prideが、職場におけるLGBTQ+への取組みを評価する「PRID […]

さらに読む