IBM Z

エキスパートが動画で紹介! 20分でわかるIBM z15テクノロジー

記事をシェアする:

プライバシーとセキュリティーを兼ね備えた理想的なハイブリッドクラウドの中核「IBM z15 シングルフレーム・モデル」

2020年4月15日に、IBM Zのニュー・モデルである、IBM z15 T02LinuxONE III model LT2が発表されました。
これらは、昨年2019年に発表されたIBM z15 T01のシングルフレーム・モデルです。

IBM Zは、デジタル変革(DX)時代と呼ばれる現在において、企業の基幹業務を支えるシステム基盤として、極めて高いセキュリティーとさまざまな機能を備えた最高峰のサーバーです。

大規模な投資で開発を行っており、半世紀にわたって進化を続けてきています。今回のアップデートによるIBM z15の新しい特長は、主に4つです。

  1. クラウドネイティブ環境への対応 – Red Hatと連携し「Red Hat OpenShift」ベースの環境に対応しました。
  2. あらゆる場所での暗号化 – IBM Zの中のデータだけでなく、外部にコピーされたデータもIBM Zのポリシーに沿って制御し保護できます。
  3. 短時間での回復 – システム停止から起動までの時間が短縮されました。
  4. 多様なお客さまのニーズに適合する設計 – フレームのサイズが19インチになり、シングルフレームから4フレームまで拡張できます。

 


20分でわかるIBM z15テクノロジー

今回は、IBMのエキスパートがIBM z15の新機能の特長について、20分にまとめた動画でお届けします。
IBM z15が実現するクラウドネイティブの世界を是非ご覧ください。


20分でわかる IBM z15 のテクノロジー

15:41

 

20分でわかる IBM z15 のテクノロジー

この動画をご覧いただき、IBM Zについてご興味をもたれた方は、ぜひIBM Z Japanのコミュニティーにご参加ください。
最新情報を随時掲載しています。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


More IBM Z stories

Red HatとIBM Zでさらに加速するアプリケーション開発

アプリケーションの開発・展開を加速させ、さらに大規模なシステムを管理するにはどうすればよいのか。 これは、ハイブリッドクラウド時代に世界中の企業が直面している課題であり、ITインフラをIBM ZやLinuxONEを活用し […]

さらに読む

IBM Z 移行の勘所 – お役立ちブログ情報編

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネスパートナー向けに、このたび、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役 […]

さらに読む

メインフレーム(IBM Z)の潜在能力の発揮

メインフレームは現在も企業の IT システムの極めて重要な役割を担う戦略的システムです。多くの大企業のアプリケーション資産において、高い割合のコア・ビジネスのアプリケーションおよびワークフローがメインフレーム上で実行され […]

さらに読む