記事をシェアする:

経済産業省がDX推進ガイドライン(*)を公表するなど、デジタル技術活用の機運が高まっている。多くの企業が取り組もうとしているデジタル技術の1つはAIだが、「何が必要なのか」「何から着手するべきか」など分からないことが多いのではないだろうか。そこで、お客様にAI活用を提案する機会が多い、と上司から太鼓判を押されている菅田丈士と児玉尚子に話を聞いた。(聞き手:黒澤)

対談する児玉尚子と菅田丈士

IBM大阪事業所からリモート参加した児玉尚子(左)と、菅田丈士(右)

–AIの活用について、お客様から相談を寄せられていますか?

菅田:年々、増えています。最近は機械学習の相談が多いですね。
児玉:画像認識を検品業務に使えないか、といった問い合わせをいただきます。
菅田:AIを使わなきゃ、という雰囲気を感じますね。

–お二人は、お客様にどのようなAI活用の提案をしていますか?

菅田:少し前まではAIは研究者や専門家が必要な技術でしたが、今はコーディング不要で、GUIで簡単に扱えるAI開発ツールが揃っています。そういったツールを活用して実際に動くAIを見ていただき、「AIとは何か?」の理解を深めていただきながら提案を進めています。
児玉:私も同様です。アイディアをお持ちでも、「AIスキルが無い」と仰られるお客様も多いので、AI開発ツールと一緒にご紹介しています。例えば、検品などの目視で判断する業務があれば、画像のディープラーニング向けツールであるIBM PowerAI Visionを使うAI活用を提案しています。
菅田:画像処理ではなく、蓄積された業務データから、需要予測や品質管理などをしたいという場合には、機械学習に簡単に取り組めるH2O Driverless AIをご紹介してます。
児玉:ツールが成熟してきたので、開発ツールの使い方は短期間で習得できますよね。でも、AIに学習させるデータは、お客様が準備する必要があることは変わらないので、AIの検討を始めた結果、業務データの「見える化」をしなくてはならない、と真剣に考え始めるお客様も多いですね。
菅田:そういったお客様には、IBM Db2 Web Query for i を使ってデータ資産の「見える化」も進めながら、お客様と一緒になってAI活用の提案を具体化させています。

ガートナー・ジャパンの2019年5月27日付プレスリリース『ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表』によると、日本では、「半数以上の企業がデータを利活用しているものの、利用可能なデータから何らかのビジネス成果を得ている企業は、全体の3分の1にすぎない現状」とのこと。
データ・サイエンティストの採用や育成が容易でない場合、データの「見える化」を実現するために機械学習やツールが果たす役割は重要、と言える。

 

–AIの活用や検討が進むにつれて、機械学習に精通していて「Python」を中心とするプログラミング言語の造詣があるAIエンジニアの需要が高まっています。一方で、AIはデータを学習しなくてはAIになれませんよね。

児玉:AIエンジニアは、データと、データの前提である業務の両方に興味を持つ必要があると思います。
菅田:企業でAIモデルを開発して学習させることは、AIスキルとは別に、対象となる業務を理解することから始まると思います。業務を深く知ることがAIエンジニアとして価値につながるのではないでしょうか。
児玉:業務のためにAIを使うのですから、業務で使われているデータを理解しないと結果の評価も難しいですね。
菅田:IBM iは基幹業務用でAIから遠い、という先入観を持たれがちですが、IBM i はPythonも実行できますからAIのプラットフォームとも言えるのです。
黒澤:念の為…Power SystemsのLinux環境ではなく、IBM i 環境にPythonを導入して実行できる、ということですね?
菅田:その通りです。Pythonやnode.jsといったオープン・ソース・ソフトウェアをIBM i はサポートしています。AIのためにデータを動かすことなく、データが存在する場所でAIを実行できるのです。これは、業務アプリケーションとデータベースが一体となっているIBM i の優位性だと思います。

IBM i は、RISCプロセッサー搭載サーバー IBM Power Systems向けのオペレーティング・システム。Integration(統合)を意味する「i」を冠しているIBM i は、サーバーとストレージ(IBM Power Systemsのサーバーと内蔵ストレージ)、オペレーティング・システム(IBM i)、データベース(IBM Db2 for i )を垂直統合して、様々な業務アプリケーションを支えている。
日本IBMは、IBM i のためのイベント『IBM i World』を2015年から実施しており、今年は7月2日(大阪)、7月4日(東京)に開催する。

 

–今年のIBM i Worldで注目いただきたい内容を、お二人から紹介してください。

菅田:お客様講演は、基幹システムとAIの連携がテーマなので、AIへの取り組みを検討している皆様には、ぜひ、参加していただきたいですね。
児玉:最初のセッションでは、今年の4月に発表されたIBM iのメジャー・リリースである、IBM i 7.4が紹介されます。最新情報が満載だと思います。
菅田:AIの時代になり、データを扱う基幹業務のためのシステムは、安定性と資産継承性に着目するべきではないかと思います。一般的に、OSのバージョンアップやハードウェアの変更は、移行のための検証が必要です。一方、IBM iはバージョンアップは容易ですし、資産継承性が高く、継続的に機能が拡張されています。
児玉:IBM i は運用容易性や堅牢性が高く評価されています。メンテナンスに割くワークロードが最小化できます。
菅田:安定してますからね、IBM i は。AIエンジニアにとって、AIにじっくりと取り組めることは、IBM i ならではのメリットと言えるのではないでしょうか。
黒澤:児玉さん、菅田さん、ありがとうございました。なお、7月4日のIBM i Worldは、サテライト会場として9つのIBMの事業所が用意されていますし、Webライブ中継による聴講も可能です。自社データのある場所でPythonなどを実行して業務へのAIの活用を目指したい皆様、IBM i World 2019に積極的にご参加ください。

(*)デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン Ver. 1.0 (平成30年12月)

関連記事

菅田丈士と児玉尚子が紹介した製品に関するWebと記事


More IBM i stories

世界最強の商用スパコン

世界130カ国以上で事業を展開するフランスのグローバル・エネルギー企業である「トタル」。日本との関わりも深く、 […]

さらに読む

AIがバスケットボールのハイライト動画を20秒で制作 – 中国テンセント社事例

今年も、世界中のバスケットボールファンが注目の、北米プロバスケリーグの最終決戦「NBAファイナル2019」が5 […]

さらに読む

Red Hat Enterprise Linux 8で加速するオープン・イノベーション

IBM Power Systems, IBM Z, LinuxONE IBMとRed Hatは、18年以上にわ […]

さらに読む